横光利一の作品「蝿」の中で「種蓮華を叩く音」という表現が出てきます。
それは野草のレンゲなのでしょうか?レンゲは叩くものなのでしょうか?
そして音がするものなのでしょうか。手がかりがなくて困っています。
もしかするとレンゲの種は叩いて落とすものなのかもしれませんが・・・。
教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(補足)



す‐の‐み【蓮の実】
ハスに結ぶ実。未熟のものは軟らかで甘味があり、生食に適する。また、乾燥して菓子の材料にする。



はす【×蓮】ワ
《「はちす」の音変化》スイレン科の水生の多年草。根茎は節が多く、晩秋に末端部が肥厚し、蓮根(れんこん)といい、食用。葉は円形で長い柄をもち水上に出る。夏、水上に花茎を伸ばし、紅・淡紅・白色などの大きな花を開く。花のあと、花托(かたく)が肥大して逆円錐状になり、ハチの巣のような穴の中に種子ができ、食用。インドの原産で、古く中国から渡来し、池・沼などに栽培される。蓮華(れんげ)。
    • good
    • 0

http://www2u.biglobe.ne.jp/~denthata/tsuyoshi/ka …

蓮華の種を見たことがありますか。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~denthata/tsuyoshi/ka …




ハスの種を叩いて落とすという文字通りそのものです。




蓮華 → 蓮(ハス)

はす【蓮・藕】
(「はちす」の略) スイレン科の多年草。インドなどの原産。古く大陸から渡来した。仏教とのかかわりが強く、寺院の池、また池沼・水田などに栽培。長い根茎は先端にゆくほど肥大し、ひげ根を出す。葉は水面にぬき出て、円く楯形で直径60センチメートルに達し、長柄がある。夏、白色または紅色などの花を開く。普通16弁。果実・根茎(蓮根(れんこん))などを食用。古名、はちす。








(参考)

http://sun-cc.juen.ac.jp:8080/~yuji/yokomitu,hae …

http://www.aozora.gr.jp/cards/yokomitsu/htmlfile …





 

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~denthata/tsuyoshi/ka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
この場合の蓮華はレンゲ草ではないということでしょうか。
参考URLの写真はレンゲ草に見えるのですが・・・。
そして具体的に「叩く」というのはどういう感じでするのでしょうか。
例えば手で叩くとか棒を使うとか・・・。
詳しく教えていただけると更にありがたいです。
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/18 12:17

私も答えを知りたいと思って注目しているのですが,なかなか回答がつきませんね。

ほんの半世紀ちょっと前のことですから,年輩の人ならだれなりと知っていそうなものです。ひょっとして「横光利一の『蝿』」という質問のタイトルでは文学に興味のない人は中を読んでさえくれないのではないでしょうか。「種蓮華(たねれんげ)って何?」みたいなタイトルにして,植物とか農業(?)とかのカテゴリーで質問し直してみては?

それとももう別のルートで解決したのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。質問の仕方にも工夫が必要ですよね。
次回、質問する時には注意してみます。

お礼日時:2001/06/18 11:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の文学について!いい作者を教えてください!

日本の文学について!いい作者を教えてください!

最近、『夏目漱石』と『芥川龍之介』と『太宰治』と『村上春樹』の作品を読んでいます。
でも、彼ら以外にいい作者をもっと知りたいと思います!もしよければ、いい作者と作品をお勧めしていただけますか?
本当に日本の文学に興味があります!夢は上代日本語を習って、源氏物語を読むことなんです★

では、お願いします☆彡

Aベストアンサー

大岡昇平→「野火」「武蔵野夫人」「俘虜記」など。戦中の話が結構生々しいので人を選ぶかも
吉川英治→「宮本武蔵」「新書太閤記」など。「宮本武蔵」は「バガボンド」という漫画にもなっててこちらも面白いです。日本史が頭に入ってないとキツいかも。
川端康成→「伊豆の踊子」「雪国」など。言わずと知れたノーベル賞作家です。
三島由紀夫→「金閣寺」「潮騒」など。本人の思想はなかなか過激ですが、それは別にしても作品は面白いです。

最近の作家でも良いなら伊坂幸太郎(村上春樹系列と言えなくも無い)・東野圭吾(ミステリー中心)・宮部みゆき(ミステリー中心)・山本兼一(歴史小説)・伊藤計劃(SF)なんかもオススメです。

参考になれば幸いです。

Q横光利一と川端康成

1987年に見つかった川端康成の初期作品が実は横光利一の作品だと判明して大騒ぎになる事件があった。と聞きました。作品の題名がお分かりになる方教えて下さい。

Aベストアンサー

作品名がついていないということで発表時は「世の終り」という仮題がつけられたとのことです。詳細は以下をご参照ください。

参考URL:http://www2.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=147679&log=20060630

Q純文学と大衆小説の違いについて教えてください! 純文学 →読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思う

純文学と大衆小説の違いについて教えてください!
純文学
→読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思うことを作者のセンスで書いたもの。
大衆小説
→読者を意識し、読者が読みやすく親しみやすいよう書かれたもの。

自分なりに説明してみるとこんな感じなんですけど、こういう認識でいいんでしょうか…。よくわからないのでお願いします。

Aベストアンサー

大衆小説は、おもに筋や展開の面白さで読ませるもので、読者は基本的に、主人公や周囲の人物に感情移入して、ハラハラドキドキできればそれでいい、というものです。

純文学は、ストーリーはそこまで重要ではなく、言葉や表現そのものの奇抜さや面白さを味わわせたり、普通なら思いもしないような感覚や感情を描いたりするものですね。

Q横光利一の小説『街の底』にある「理亭」の意味

横光利一の小説『街の底』の冒頭部にある「理亭」という店(?)の意味が分かりません、と日本文学を研究しているフランス人にきかれました。どなたかご存じありませんか。該当箇所を以下にあげておきます。

「その横は花屋である。花屋の娘は花よりも穢(けが)れていた。だが、その花の中から時々馬鹿げた小僧の顔がうっとりと現れる。その横の洋服屋では首のない人間がぶらりと下がり、主人は貧血の指先で耳を掘りながら向いの理亭の匂いを嗅いでいた。」

Aベストアンサー

 勝手に解釈して“調理亭”か“料理亭”をいい、匂いがでるのなら焼いたり、煮たりするものだと存じました。
 多分朝鮮料理みたいなものかもしれません。でも当時、普通の街では非常に稀にしかありませんでしたろうから、単に煮物だの焼き魚だのの匂いだと存じます。

Q平成の文学作者で有名な人は誰ですか。

平成の文学作者で思い当たる人は、
大江健三郎さんと村上春樹さんだけです。
他にも有名な人はいますか。

Aベストアンサー

もう少し長生きしていれば、阿部公房はノーベル文学賞をもらえたでしょう。
柔らかな哲学を兼ね備えているという点では、谷川俊太郎。
別役実などは、ベケットの流れを受け継いだ特異な戯曲者です。

Q「押絵と旅する男」の中で'お富士さまの作りもの'は何ですか?

江戸川乱歩さんの「押絵と旅する男」を読んでいる外国人です。

作品の中で次のような部分があります。

"その頃の浅草公園といえば、名物がまず蜘蛛男の見世物、娘剣舞に、玉乗り、源水のコマ廻しに、のぞきからくりなどで、せいぜい変ったところが、お富士さまの作りものに、メーズといって、八陣隠れ杉の見世物ぐらいでございましたからね。"

ネットで検索してみましたが'お富士さまの作りもの'は説明を見つけることができませんでした。

どなたかわかる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは、浅草の六区に一時期あった、はりぼての富士山の事です。
引用文献より
「2)富士山の見せ物
 浅草寺五重塔は明治初年、修理の資金を調達するために工事用足場を有料で公開したところ大当たりで、1886(明治19)年には修理のめどが付いた。
 これを見ていた香具師寺田為吉は、翌年11月、六区4号地に木骨石灰塗り込めのハリボテ富士山を作り、富士山縦覧場として行楽客を集めた。高さ32.4m、裾周り270m、頂上の広さ25坪で、螺旋状登山路を作り、頂上を展望台にした。結局台風で壊れ、2年半で取り壊されてしまったが、跡地はパノラマ館となり、現在はROXがある浅草の一等地である。」
なお、ここに記載されているパノラマ館も江戸川乱歩の小説には良く登場します。

Q文学関係のコンクールの一覧ってありませんか?

文学関係のコンクールの一覧ってありませんか?

どこかwebにそんな一覧があればいいのですが、ググってみても、読書感想文ぐらいしか出てこないです。
随筆コンクールとか川柳コンクールとかありますよね。
そういったものを探すコツとかでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

有名なサイト(雑誌)ですから、ご存知かも知れませんが、
「公募ガイド」なんていうのがあります。

雑誌は毎月600円ぐらいですし、公立の図書館にも
置いてあったりします。

最近は携帯サイトなんていうのもあるみたいですが、
利用したことがないので、システムや利用料は不明です。

参考URL:http://www.koubo.co.jp/

Q馬が走るときの轡(くつわ)を鳴らす音とはどんな音?

馬が走るときの轡(くつわ)を鳴らす音、とある文学で読みました。馬と無縁の生活なので、イメージできません。どのような音がしますか?ほかの音にたとえて教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
轡は概ね金属製ですので金属同士が軽くぶつかったり擦れたりする「がちゃがちゃ」という音が致します。
バッタのような昆虫に「くつわ虫」というものがおりますが、泣き声が「がちゃがちゃ」と轡が出す音のようであるとつけられた名です。
別の音に例えますと・・・何でしょうか、例えば鍵束のようなものを少し大きく振りますと鍵同士がぶつかったり擦れたりで「がちゃがちゃ」という音が出ますよね。
あのような感じでしょうか(もう少し重たいかもしれません)。

Q枕草子  文学のジャンルと作者の四季に対する気持ち

清少納言の枕草子についてです。
作者は春夏秋冬、それぞれの季節のどんな時の、どのような場面・情景が良いと言っているのですか?

そして、枕草子の文学のジャンルは何ですか?

Aベストアンサー

枕草子の本文はちゃんと読みましたか?

>それぞれの季節のどんな時の、どのような場面・情景が良いと言っているのですか?
これを回答するとそのまま原文の訳になってしまうような気がするのですが…。
なんて言ったってまさに枕草子の第一段はこれについて書かれているのですから。

一応答えますと、春は夜明け・夏は夜・秋は夕暮れ・冬は早朝が良いと言っています。
けど、その後は情景をうたっている文なので、自分で読む込むことが大切だと思いますよ。

ただ、どうしても分からない場合は、以下のサイトを利用すると参考になると思います。
(http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/kotenpeji.htm)

また、枕草子のジャンルは、「随筆」になります。
枕草子は日本最古の随筆文学、そして方丈記・徒然草と並ぶ三大随筆の一つでもあります。

Q小説版「世にも奇妙な物語」の中で、駄菓子屋?の中にある封印を解いてしまい、闇が溢れるシーンがある・・

世にも奇妙な物語の小説版で、

駄菓子屋さんに、なんか霊媒師だかの末裔のおばあさんがいて。

子供達にビー玉をあげている。

そこに、ビルだかなんだかを建てるために、

立ち退けとヤクザがやってきて、

お店の奥にある、封印された箱を開けてしまい、


人間が過去に追いやった、

「闇に生きる者」が解き放たれてしまう。

ヤクザは「食われてしまい」



しかし、ビー玉を持っているものだけは、救われる。

このビー玉は、

闇を封印した坊さんの持っていた、数珠だった。



みたいな話です。



知っているかたがいたら!!!

Aベストアンサー

これかな↓
http://yonikimo.com/db/public/5.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報