明治維新後、鹿鳴館時代あたりの、華族の物語で面白いのってないでしょうか?
できたら、上流社会の軋轢なんかを描いたものがいいのですが。
ご存知の方、教えてください。
ちなみに三島由紀夫の『鹿鳴館』は読みました。

A 回答 (3件)

 林真理子さんの「ミカドの淑女(おんな)」はいかがですか?丁度鹿鳴館の時代を舞台にしていますし、良いと思います。



 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、林真理子ですか!
大好きな作家なのですが、これだけ読んでませんでした(笑)。
どうもありがとうございます。
図書館で借りてきます。

お礼日時:2004/07/05 20:01

山田風太郎の明治シリーズはどうでしょう。



華族がメインではありませんが様子がよくわかり面白いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

様子がよく判るのですな。
さっそく図書館で借りてきます。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2004/07/05 20:02

参考URLでは投稿できるようなので、質問してみてはどうですか。

きっと詳しい方がいらっしゃると思います。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200309/2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。さっそく行って来ます。

お礼日時:2004/07/05 20:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q華族を描いた小説

明治以降に誕生した「華族」を描いた小説(それが主題でなくても作中に登場すれば可です)を探しています。

時代は、明治・大正・昭和、いずれでも結構です。

ちなみに、山田風太郎シリーズと、林真理子の「ミカドの淑女」は既読しております。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

明治なら徳富蘆花の「不帰如(ほととぎす)」「黒潮」などです
子爵家の次男坊だった武者小路実篤にも幾つかの自伝小説があります、「一人の男」「或る男」など


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報