自動車の中古車の販売、買取事業での起業を考えています。
公認会計士や司法書士の方いらっしゃいましたらお力になって下さい。
↓↓↓↓↓

起業の準備を進めている時に、「株式の発行価格の2分の1以上は資本金としなければいけない」という決まりがある事を知ったのですが

例えば...

①事業資金1000万ある状態で設立して
資本金500万
資本準備金500万
でスタートし、
登記終了後、会社を運営中に銀行又は日本公庫などから1000万の融資を受けた場合
資本金500
資本準備金1500
にする事は出来ますか?

この場合は...
資本金1000
資本準備金1000
にしないといけないですか?

目的としては資本金を削らずに、資本準備金のみで会社を回したいので出来る限り資本準備金の方に事業資金をもっていきたいからです。


全く会社法の知識もないので、詳しくご回答頂けるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まず最初に理解いただきたいのは、金融機関からの融資(=借入金)はあくまでも「負債」であり、株主からの払い込み金である資本金や資本準備金等の「資本」とは明確に区別しないといけません。



 次に、資本準備金の使い方ですが、確かに質問者さんの仰るとおり、株主による払込金のうち1/2を超えない額は資本金として計上しないことができますが(会社法445条2項)、その計上しない額については資本準備金としなければなりません。
 そして、この資本準備金を取り崩せる目的は①資本金への組み入れ、または②欠損金の補てん に限られており、さらに①の場合を除いては別途「債権者保護手続き」が必要となります。

 こうしたことから、資本準備金を安易に運転資金に充てることは会社法や税法上の法令違反となりますので絶対に避け、当面は銀行などからの融資を通常の運転資金に充てるなどして下さい。
    • good
    • 4

専門家紹介

行政書士_小山信浩

職業:行政書士

「行政書士業務」に関するご相談は行政書士の小山信浩にお任せください。

 行政書士は、街の身近な法律家です。これからの高齢化社会において私たちが避けて通れない相続や遺言、成年後見といった問題から、新たにビジネスを始める方のための会社設立や様々な許認可手続き、また、日本で暮らす外国人の方のための在留資格申請etc.
 誰に聞けばよいのかわからない、日常生活やビジネスでのお困りごとは、ぜひお気軽にご相談下さい。

http://nokoyama22013.wix.com/nk-office

詳しくはこちら

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出資金を資本金と資本準備金に分けた場合の1株の価値

法人が出資して株式会社を設立した時の株券の簿価について教えて下さい。
会社法445条では、株主が出資した額の半分を資本金、半分を資本準備金とすることが出来ることとなっています。
例えば、1000万円出資して500万円の資本金、500万円の資本準備金で会社を設立し、100株の株式を発行した時、1株の簿価はいくらになるのでしょうか。
株券の簿価は資本金/株数と考えると5万円になります。
しかしこれでは出資者は1000万円出資したのに、5000万円の有価証券しか手に入らないことになるのではないでしょうか?
また、現物出資した場合でも、資本金と資本準備金に分けることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

1点目。有価証券とか投資有価証券とかの取得時の簿価は、購入対価と取得に直接かかった費用との合計だ。だから1千万出資したらその簿価は少なくとも1千万。100株なら1株当たりはその100分の1。

2点目。445条の「給付」には現物出資が含まれる。

Q個人事業主申請 起業日以前の、起業準備の費用を経費にできますか。

教えて下さい。

今年、初めて開業しました。収入が見込めたので個人主事業申請を税務署にしてきました。青色にしました。

起業日は申請する日から二ヶ月前にしか遡れないということでしたから、その様にしてきました。

が、その起業日以前に発生した経費を、経費としておとすことは出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

可能です。

起業の際には通常「創業費」「開業費」の費用の支出があります。

「創業費」とは設立するまでにかかった費用です。
「開業費」とは設立してから営業するまでの準備にかかった費用で、具体的には、業務用の消耗品の購入費、印鑑や名刺の作成費、広告用チラシ等の作成費、調査費や資料代、接待費、準備活動に要した交通費 等です。

税務上は下記の処理を任意に選択できます。
1.繰延資産に計上して、5年間で償却する(5年以内でも未償却残高を一気に計上することもできます)
2.開業年度に一括して経費に計上。

創立費・開発費は5年以内に任意な金額を償却(任意償却)できますので、一括経費にするか、資産として繰越すかは、期末時に決算をして利益が確定してから決めても良いと思います。

具体的な処理としては、例えば開業費であれば、
開業までに支出した金額を「開業費」(繰延資産)としていったん計上して、決算時に「繰延資産償却費(開業費償却)××/開業費××」という仕訳を行います。

Q最低資本金が満たない起業(俗に言う1円起業)の登記について

ふと思ったのですが、
これから調査書や設立登記申請書を書こうと思いました。
ただ、出資払込金保管証明書というものが
ひな型には書いてありますが、
この場合は通帳に振り込んだ人の名前が記載されている面を
コピーすればいいということですが、
出資払込金保管証明書はでませんよね?

そうすると、調査書や設立登記申請書には
出資払込金保管証明書にはまった触れないで
いいのでしょうか?

あと(1円起業で)設立登記申請書や登記の
段階でポイントになる点を教えてください。

当方は経済産業省の認定は終わったばかりです。

Aベストアンサー

○設立手順
法務局で類似商号調査と事業目的の適格性の確認
     ↓
定款の作成
     ↓
公証役場で定款認証
     ↓
会社の代表印を注文(登記申請書類の提出までに出来上がればOK)
     ↓
確認申請書の作成(※確認会社特有の手続)
     ↓
経済産業局へ確認申請(※確認会社特有の手続)

経済産業局から確認書の交付(申請から約1週間で交付)
     ↓
金融機関へ資本金の払い込み
     ↓
登記申請書類などを作成
     ↓
法務局へ登記申請書類などを提出
     ↓
会社設立登記完了
     ↓
経済産業局へ会社設立届を提出(※確認会社特有の手続)
     ↓
税金関係と社会保険関係の諸届

○資本金払い込みについて
1円会社(確認会社)の設立の場合には、通常の会社設立のときに必要な「払込取扱金融機関が発行する払込金保管証明書」の取得が任意となりました。
1円会社(確認会社)の設立の資本金の払い込み方法は、
(確認有限会社の場合)
ⅰ資本金を取締役の名義の銀行口座へ振り込む
ⅱ払込み証明書を作成して、通帳のコピーとホチキス綴じする
(確認株式会社の場合)
ⅰ資本金を出資者の名義の銀行口座へ振り込む
ⅱ払込み証明書を作成して、通帳のコピーとホチキス綴じする
 この払込み証明書と通帳のコピーをホチキス綴じしたものを登記申請する際に添付します。

○設立手順
法務局で類似商号調査と事業目的の適格性の確認
     ↓
定款の作成
     ↓
公証役場で定款認証
     ↓
会社の代表印を注文(登記申請書類の提出までに出来上がればOK)
     ↓
確認申請書の作成(※確認会社特有の手続)
     ↓
経済産業局へ確認申請(※確認会社特有の手続)

経済産業局から確認書の交付(申請から約1週間で交付)
     ↓
金融機関へ資本金の払い込み
     ↓
登記申請書類などを作成
     ↓
法務局へ登記申請書類などを...続きを読む

Q資本金500万円の株式会社設立は1株1万円でOK?

質問です。9月中旬をめどに取締役1名の株式会社を設立する予定です。
資本金500万円ですが、1株1万円で大丈夫ですか?
他の株単位に設定するメリットとデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

私の会社では、額面は5万円ですね。
最近の会社では、5万円や1万円が多いと思いますが、昔からの会社はもっと小さい額面だったようですね。法律などでは、額面単位などは定めがなかったはずですので、自由に決めてかまわないことでしょう。

額面が変わったりした際にはやむをえないことかもしれませんが、そのような理由もなく、端株などを作ることは普通考えられないと思います。
ですので、額面を大きくし過ぎると、増資や株の売買などの名義変更で分けにくくなってしまいます。
大きい額面から小さい額面であれば、端株のでないようにすることも可能だと思いますし、変更も難しいものでもないと思います。しかし、登記事項だと思いますので、変更などをする際には登記費用なども生じる可能性があるので、注意が必要でしょうね。

Q1000万円の資本金で貴方は何をしますか?

この度どうにかこうにか一千万円を貯めることが出来ました。
飲食店を開こうと一生懸命頑張ってきました。
実際一千万円というお金が手元にあると何でも出来るような気がしてきます。
勿論大きなことは出来ませんが、他に可能性があるのなら今からでも
方向転換してもよいのでは?と思う今日この頃です。
そこでこの質問を読んでくださった皆様に、いろんなアイディアを頂いて他の可能性を見つけてみたいと思います。
どうか協力してください。

Aベストアンサー

 38453845さん こんばんは

 1000万円有れば大きな事業をする事は出来ませんが、街場の商店なら殆どの商売をする事が可能です。もちろん1000万円で全ての予算が賄えるとは思いません。足らない分は国金等の低利の所から借入して充当すれば何とかなる金額です。

 新たなアイデアで始めるのも良いと思います。ただしアイデアしだいで失敗する可能性も有ります。元々飲食店を開業する為に一生懸命貯めたお金ですから、当初の予定通り飲食店を開業されたら良いと思いますよ。
 元々飲食店を開業しようとしている人ですから、それなりのノーハウはお持ちなんだろうと思います。誰かに進められたそれも儲かると言う触れ込み出薦められたとしても、その事業を行なうノーハウが無ければ失敗します。

 ノーハウのある飲食店をされる方が失敗がより少ないと思います。ですから当初の予定通り飲食店をされたらと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報