教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

芥川龍之介の羅生門についての質問です
下人が検非違使ではない、と言ったり、老婆の答えに失望したのはなぜですか?

A 回答 (1件)

検非違使ではないと言ったのは、


老婆が怖がって、逃げようとしたからです。
逃げられてしまっては、死体の髪を抜く理由を訊き出せなくなるからでしょう。
死体だらけ、荒れ放題の羅生門は、地獄絵図のようで、
魑魅魍魎、何が出てもおかしくない。
モラルも常識も通用しない場所でした。
仕事を失った下人は、明日からどうするといったことも考えられないくらい、
心が麻痺したような状態で、
老婆の言葉に、具体的に何を期待したわけでもないけれど、
何か、超現実的なもの、刺激を求めたのでしょう。
無意識のうちに、それによって、生きている実感をしたかったのかもしれませんね。
ところが、返ってきた答は、
「今のこの状況なら、そうだろうね」
「そうする人が出てもおかしくないよね」
という、羅生門では普通のことだったので、失望したのだと思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング