プロが教えるわが家の防犯対策術!

岩石鑑定をするときのコツがあれば教えてください!
たくさん岩石を見るという時間がちょっとないので、経験の浅い自分にもできる、「明日使える岩石鑑定テクニック」というのがあれば・・・。

A 回答 (4件)

#3の方同様、無理です。


一応プロ(地質屋)ですが、それでも悩むこと・誤ること多々あります(っておいおい)。

実際に現地に行って、その場所に露頭している(見えている)岩石について鑑定するんでしたら、
予め地質図でどんな地質が分布しているか、その地質を構成している岩石がどのようなものかについて調べてから、現地に行って「あぁ、これがそうか」って確認をするんでしたら、出来るんでしょうが。
(これじゃ鑑定じゃないですね)
河原の石やどっからか持ってきた石について鑑定をするんでしたら、ちょっと無理でしょうね。
そんなこと素人が簡単に出来るんでしたら、こっちはホントにお払い箱になっちゃいますからね。

ちなみに明らかに堆積岩であれば、基本的な分類で
石ころが入ってるなら礫岩。
砂っぽかったら(粒子が肉眼で判読可能なら)砂岩。
それが無理なら頁岩か泥岩。
ハンマーでたたいて火花がでるようなら、チャート。
塩酸かけて泡吹いたら石灰岩とか・・・

どの程度の鑑定をするのかは判りませんが、
単純に~岩程度の鑑定で良ければ、博物館とかでじっくり標本を見て勉強するのが一番のテクニックだし、
手にとって見れる所ならすぐ判定出来るようになると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
岩石鑑定は経験第一というのは百も承知です。今回知りたかったのは、砂岩・泥岩などごくごく簡単な岩石の区別の仕方でした。
大学の試験で今日やってきました。
岩石を3つ渡されてその名前を答えるという形式だったのですが、砂岩・石灰岩・塩基性片岩が答えで、それほど難しいものではありませんでしたね(^^;

お礼日時:2004/07/17 01:06

私は大学で地球化学(岩石と元素)を専攻したものです。


半分岩石学もかじっており、趣味で岩石集めをしています。

悪意があるわけではありませんがNo.1の方とNo.2の方の
回答では岩石を見分けることが出来ないです。
それどころか間違いが入っていまして、あとで提示します。

岩石を見分けるためには、そこに含まれている鉱物を
見分けられなければならないのと、
その岩石がどのような組織で構成されているかを
判別できなければなりません。
しかし、地中深くでゆっくり固まった等粒状組織や
斑状組織ということばを知っていても、
実際に存在する岩石は教科書に載っているような
範的な組織をしているわけではありません。
それ以外の組織のほうがはるかに多いからです。

「では、それを見分けるテクニックを教えてほしい」
という話になると思いますが、私の経験上、無理です。
岩石に含まれる鉱物の種類はどれだけの種類があるのか忘れてしまいましたが、膨大です。
岩石を2つにかち割ってそこに見られるへき開や表面的特徴をある程度理解して、
それらの鉱物が含まれる可能性のある岩石をリストアップすることでしか
岩石は分類できません。

つまり、今までにきちっとした先生とともに岩石や鉱物を観察しないことには身につきません。
身についたとしても、間違った知識が身についてしまうことが多いです。

ここで強く説明しておきたいのが、岩石の分類というのは
”万能ではない人間”が”自然の作った”岩石を勝手に名前をつけて分類したものであるということです。
したがって、まだ発見されていない岩石には、
今までの法則によって分類できないものがあるということです。

たびたび繰り返しますが、悪意があるわけではありませんが、
経験が浅い方には岩石の鑑定をするのは難しいのではないでしょうか?

間違い<No.1>
色や模様が一様ではないものには堆積岩が多い
→一様であるものがかなり多いです。
この観点での鑑定はほとんど無理でしょう

ガラス質や表面がなめらかなものには変成岩が多い
→変成岩にはガラス質はあまりありません。ガラス質は火山岩が多いです。
変成岩はむしろなめらかではありません。
この観点での鑑定はほとんど無理でしょう。

色が一様や表面にごま塩は火成岩が多い
→一概にはいえない
この観点での鑑定はほとんど無理でしょう

間違い<No.2>
・火成岩→深成岩
・深成岩→変成岩
・ハンマーでたたいて・・・
→変成岩に硬い岩石は少ないと思いますが
粒子の大きさなどによって硬さがかわってくるので一概には言えないが逆が言えます。
ハンマーでたたいて、一定の方向に割れやすい岩石
には変成岩が多いということは言える
    • good
    • 1

岩石の出来方で分類されます。



溶岩が地中深くゆっくり冷えて固まったもの 火成岩
噴火などにより急激に冷えて固まったもの  火山岩
岩石が、地下で圧力や熱で変化したもの   深成岩

上記の岩石が、地表で浸食を受け、粒子となり、それが再び堆積して固まったもの 堆積岩 などとなります。

一般的に、ハンマーでたたいても割れないような岩石は火成岩・深成岩が多いです。分類などをネットで調べることも重要でしょう。

岩石のリンク集があったので参考にどうぞ

参考URL:http://www.unitybell.co.jp/junken/link_tisitu.htm
    • good
    • 1

例えば…ですけど


色や模様が一様でないもの は 堆積岩 が多く
ガラス質だったり、表面が滑らかだったりしたら、変成岩が多く
色が一様、または、表面にごま塩をふったように模様ができているものは火成岩が多い…

とかという感じでしょうか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q堆積岩の見分け方

堆積岩の見分け方

野外調査で岩石を見分ける際

粒の大きさで泥岩・砂岩・礫岩は見分けられますよね。
しかし、チャート・石灰岩・凝灰岩も関係してくると、ごちゃごちゃになりません?

たとえば、チャートと泥岩の見分け方は?

チャートと石灰岩は硬さや酢酸をかけて発泡するかなどで比べることができますが
チャートと泥岩の成分を比較して明確に判断するのは、その場ではできませんよね?


凝灰岩と火山岩の見分け方は?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>チャートと泥岩
チャートはガラス質ですので割った時の切り口に光沢があり断口状となります。
それに比し泥岩は、そうなりません。

>凝灰岩と火山岩の見分け方は?
含まれている鉱物の結晶が壊れているのが凝灰岩で壊れていないのが火山岩です。
従って岩をルーペで拡大して観察し、中の鉱物が壊れていないか確認して判定を行ないます。

流紋岩など細粒なものはルーペで見ても結晶が認識できない場合がありますが、その場合はハンマーで叩いた時の硬さの違いで判定します(火花が出るくらい硬ければ火山岩です)。

また、例えば溶岩であっても縁辺部は急冷されますので鉱物が壊れ凝灰岩状となります。
この場合は、産状から凝灰岩ではなく溶岩本体と一括して火山岩と判定します。

Qキレート滴定について。

度々失礼します。

キレート滴定の実験で、溶液のpHを緩衝溶液で特定のpH範囲に調整しなければならないのはどうしてでしょうか?
どなたか解る方教えてください。

Aベストアンサー

理由1:金属イオンとキレートが結合する強さ(安定度定数)は、pHによって変化する。
 pHが低いほど結合は弱くなるので、できれば高pH域でやりたい。
理由2:しかし、金属イオンはpHが高くなると水酸化物の沈殿になり、キレート滴定できない。
 水酸化物が出来ないpH領域でなければならない。
理由3:キレート剤は酸であり、金属イオンと結合する際、水素イオンを放出すし、溶液のpHを変化させる可能性がある。
 このため、溶液にpH緩衝性を持たせている。

参考:少し前の質問
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=857044

Q河原で拾った石を調べたい

信州へ旅行へ行ったときに、子供(小学2年生)がいろんな種類の石を河原で拾いました。名前を調べて夏休みの宿題にしたいと言っているのですが、石の写真と名前が載った適したサイトをご存じないでしょうか?図鑑を調べればいいのでしょうが図書館に行きにくいので、できればネットでできないかと考えています。
そういうサイトをご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください<m(__)m>。

Aベストアンサー

 河原の礫になってしまった岩石の種類を決めるのは、図鑑だけでは確実にはできません。博物館(自然史分野のある博物館)の地学の人に、相談してみてもらった方がいいでしょう。8月今頃になると、岩石の名前を知りたいという子がたくさんやってきています。ただし、地学の人に見てもらっても、全部には名前がつかないと思っていてください。
単に名前を調べるだけでなくて、たとえば、名前の分かった礫についてだけでも、岩石ごとに大きさと丸みの具合などを測って、長く流れてきた礫か近くの礫かなどの区別をし、鑑定した岩石の名前とあわせて、採集地点の上流の地質図を調べて、どこの山から流れてきた石なのか考えてみるといった風にすると、面白いかも。・・・全部が分かるわけではないけど、これはこの山だ、とわかるものもあります。

Q地質境界線の書き方について

ある地形図が与えられたとします。
そこに示されてある走向と傾斜から、地質境界線を書かなければならない場合、
どのような手順で書いていけばいいのでしょうか?
(この地質図の等高線の間隔は、10Mとします)
また、その地質境界線から断面図を描くとしたらどのようにすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

これなどはいかがですか?
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/chishitsuchosa.htm

Qスクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

スクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

生物学の実験で、原形質分離の実験をした際、この2つの限界原形質分離濃度に違いがあるので説明しなさいといわれたのですが、私の実験結果では2つとも限界原形質分離濃度は同じだったので、説明が出来ませんでした。

理論上はスクロースはKClの2倍の濃度になるはずなのですが、何故でしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

溶液の浸透圧(Π)は、気体の状態方程式と同じように、
Π=CRT
で求められます。C:モル濃度 R:気体定数 T:絶対温度
従って、浸透圧は温度が同じなら、溶質の種類によらずモル濃度(溶液単位体積あたりに含まれる溶質分子の数)に比例するわけです。

KClは電解質で、水溶液中では KCl → K+ + Cl-
と電離します。
イオンは分子ではありませんが別々の粒子として振る舞いますので、粒子数は溶解前の2倍となるわけです。一方、スクロースは非電解質ですので水溶液中でも粒子数は変わりません。

Q金魚の呼吸回数

金魚の呼吸回数は、朝、昼、夜で変わりますか? 

Aベストアンサー

> 金魚の呼吸回数は、朝、昼、夜で変わりますか?
・はい。
朝昼夜というよりも、水温で変わります。

高水温の方が呼吸は速くなります。

1・金魚は、体温を持たない変温動物です。
体活性は、水温により左右されます。
水温が高くなると、魚の体細胞は活性化し、心臓の拍動も速くなり、どんどんエネルギーを消費します。
高水温では、運動の有無に関係なくジョギング状態のようになります。

2・水温が高くなると、水中に溶け込んでいる酸素量が減少します。

このため、高水温の方が呼吸は速くなります。
そして、
低水温では、真逆のことが起こり、呼吸は遅くなります。

水温が15℃以下では、食欲が減り。
5℃以下では、体活性は極限まで低下し、餌は食べなくなり(食べても消化吸収できない)、心臓の拍動や呼吸もギリギリまで遅くなり、ほとんどエネルギーを消費しなくなります。


人気Q&Aランキング