人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

導電性であるかどうかの判断基準を教えて下さい。いま見ているのはアクリル板のカタログですが、表面低効率とか体積固有低効率とかがあり、例えばどの数値がどれくらいなら導電性という風に教えて下さい。

あと、帯電防止と導電性の違い(抵抗値が違うというのはわかりますが)を教えて下さい。溶剤等危険物を扱うところで静電気を抑えたい場合はどちらを使うのが良いのでしょうか。

以上、よろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

「導体=電気を通すもの」だから,その通し易さの目安に「導電性」を使っているのだと解釈していました。


体積抵抗率10^8Ω・cmというような”絶縁体”に,「導電性」という用語は不適切だと考えていました。

しかし,驚きました。
実際にこのような絶縁体の「絶縁性の目安」に「導電性」という用語を使っている業界が
あるのですね!
確かに静電気の見地から見れば,10^4Ω・cmは,10^8Ω・cmより電気を通しやすく,
帯電しにくいです。
これを「導電性」というなら,「導電性」と「導体」は別物,ということになります。

「帯電防止」は安全を保つための方策をいう言葉(総称)ですから,これを具体的に言えば,
「摩擦が起きないようにする」,「金属体でアースをとり静電気を放電する」,「導電性のある
材料を使用する」とか,いろんな手段が考えられます。
導電体の使用は,「帯電防止の方策の中の一つ」と位置づけられるのではないでしょうか?

なお,導電性といっても,10^4Ω・cmというような高い体積抵抗率をもつものは,ほとんど電気を
通しませんので,「火花が散る」というようなことを懸念する必要は全くありません。

以上で,A2の補足欄への書き込みに関して,すべてご回答したつもりですが,未だ何か
ありましたら,どうぞ遠慮なくご質問なさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明有難うございました。本当に参考になりました。また機会があればよろしくお願いします

お礼日時:2004/11/10 23:50

体積抵抗率が10^-6 Ω・cm以下のものが「導体」,10^8 Ω・cm以上のものが絶縁体(不導体),


この中間のものが半導体です。
http://www.gihyo.co.jp/book/2000/400101/4-7741-1 …

後段
「導電性」は,「電気が通るところ」でその良し悪しを判定するために使う用語ですから,
静電気の蓄積(帯電)は全く起きず,「帯電防止」は「静電気の蓄積(帯電)を防止する」
ところで使う用語ですから,この方が,溶剤の静電気による着火を防止するために
必要な用語です。

参考URL:http://www.gihyo.co.jp/book/2000/400101/4-7741-1 …

この回答への補足

「導体」と「導電性」とは同じことなのですか?カタログでは「導電性」のアクリルの体積抵抗率は10^4~10^8位の値となっていますが。

また、帯電防止との違いが上のご説明でもわかりません。具体的にはどういった違いがあるのでしょうか?例えば導電性は帯電しないが火花が散るとか帯電防止は帯電しないが電気が逃げるのが遅いとか。。

よろしくお願い致します。

補足日時:2004/10/22 08:00
    • good
    • 0

私もとあることで静電気についてしらべていたところです。


参考になればと思いました。

参考URL:http://www.keyence.co.jp/seidenki/nyuumon/01nani …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q制電とESDと導電性ってどう違うの?

仕事のためいろいろ知りたいので何でも参考になるHP等も教えて下さい。
ESDは何の略ですか?拡散性材料って何でしょう?漏洩抵抗の概念とか教えて下さい。

Aベストアンサー

ESD:Electrostatic Dischargeの略で静電気放電の事です。
(また、ESDS:Electrostatic Discharge Sensitive Deviceと言う言葉が出て来る事も有ります。私の記憶が確かならばElectro Sensitive Deviceと当てたものをカタログか基板の表示で見た事が有るのですが、一般に通用するか否か定かでは有りません。)

静電気対策としては地面に静電気を逃がしてやる必要が有り、作業場の床面や机上とアースを接続しますが、直結では何時感電事故が起こるか判らない(当然アースバンドや導電性の衣服で人体にも接続するので...濡れた床面に立っているのと同じですからね)ので、安全の為に1Mオーム程度の抵抗を介して接続します。このときアースとの間に有る抵抗を漏洩抵抗と言い、工場などで定期的に測定・管理する項目の1つとなっています。
測定そのものは、絶縁抵抗計が1台有れば簡単なのですが、必要な漏洩抵抗は、取り扱う製品(電子部品等)によって様々ですから、最も弱いものに合せてやる必要が有ります。

また、運搬中などアースが出来ない環境にあっては静電気対策の容器を使用しますが、この容器や床面の材料は表面抵抗率によって、
静電気拡散性材料:表面抵抗率 ≧1X10^5オーム、<1X10^11オーム。
静電気導電性材料:表面抵抗率 ≧1X10^2オーム、<1X10^5オーム。
絶縁性材料 :表面抵抗率 ≧1X1011オーム。の様に分類されています。

半導体部品やコンピュータを扱うお仕事の方でしょうか???
半導体部品部品の場合はメーカーのHP(下記URL)等でサポートが受けられますが、アセンブリ後の製品ではあまり的確な情報が入手出来ない様ですね。
最も、基板に実装してしまえば部品単体が静電気放電にさらされる危険性は低いですし、最近のデバイスは結構根性有りますから、直接基板を触らなければ滅多な事は有りません(触っちゃったら錆びたりもするしね...)が、出先等では環境も様々ですからアースバンドの使用を勧めます。
機器のケースと人体を(前述の通り適当な抵抗値の)アースバンドで接続し、出来れば機器のケースをアースして作業しましょう。(私は昔、好きな色のMyアースバンドを持ち歩いていました。)

参考URL:http://www.fqd.fujitsu.com/Reliability/hb029.html

ESD:Electrostatic Dischargeの略で静電気放電の事です。
(また、ESDS:Electrostatic Discharge Sensitive Deviceと言う言葉が出て来る事も有ります。私の記憶が確かならばElectro Sensitive Deviceと当てたものをカタログか基板の表示で見た事が有るのですが、一般に通用するか否か定かでは有りません。)

静電気対策としては地面に静電気を逃がしてやる必要が有り、作業場の床面や机上とアースを接続しますが、直結では何時感電事故が起こるか判らない(当然アースバンドや導電性の衣服で人体にも接続するの...続きを読む

Q帯電防止仕様と導電仕様とは

樹脂に帯電防止仕様と導電仕様とありますが違いは何でしょうか?どのような使い分けするのでしょうか?数値的に体積固有抵抗率にて分けてある事ぐらいしか分かりません。

Aベストアンサー

静電気は摩擦によって全ての物質に発生しますが、固有抵抗値の小さな物質に発生した静電気は放電等によって帯電しません。逆に固有抵抗値の大きな物質に発生した静電気は蓄積して帯電します。

帯電防止とは体積固有抵抗値を小さくして電気を流れやすくしたもの、導電とは電気を通す、つまり樹脂のような絶縁体の場合、導電物質を錬混して製造します。

一般に固有抵抗値で、およそ
10の-6~-2乗オーム 導電材料
10の2~6乗オーム 静電気除去可能
10の6~9乗オーム 帯電防止材料
10の12乗~16乗オーム 電気絶縁材料
に分類できます。

■ 用途について
導電仕様は、表面抵抗値が10の-5乗程度と抵抗が小さく、センサー部品など電気を通す必要がある場合に使用します。なお、樹脂系のものは、金属類に比べると抵抗値が高いので誤作動などの不具合もあると聞きます。

一方、帯電防止材は表面抵抗値が10の6~8乗程度あり、静電気は空気中に放電され、蓄積静電気が低減できるので、静電気等によるゴミやホコリの付着や電子機器不具合などを防止することができます。ただし、電気は通すには抵抗値が高すぎます。

静電気は摩擦によって全ての物質に発生しますが、固有抵抗値の小さな物質に発生した静電気は放電等によって帯電しません。逆に固有抵抗値の大きな物質に発生した静電気は蓄積して帯電します。

帯電防止とは体積固有抵抗値を小さくして電気を流れやすくしたもの、導電とは電気を通す、つまり樹脂のような絶縁体の場合、導電物質を錬混して製造します。

一般に固有抵抗値で、およそ
10の-6~-2乗オーム 導電材料
10の2~6乗オーム 静電気除去可能
10の6~9乗オーム 帯電防止材料
10の12乗~1...続きを読む

Q導電性材料について教えて下さい

生産現場で冶具作成を担当している者です。
今度、静電気を嫌う部品の位置決め冶具を作成しなければならないのですが、これまで静電気を気にしたことも無く、材料もSUS材やベークライトを主に使っていました。今度は導電性+軽量+加工精度+加工性良好なものが必要となりました。SUSは導電性でしょうが、重くて。ベークライトも導電性では無いですよね?直ぐに手に入る何か良い材料は無いでしょうか?軽くて、加工性、加工精度の良い導電性材料、欲を言えば安い物が希望。
大きさはt10×300×300位のもので穴開け等が必要となります。何かご存じでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

用いる場面と静電気の発生原因の具体性が無いため、アドバイスし難いです。

搬送用として考えるならアルミか、アルミ系の合金でよいのではないですか?強度が必要ならば、チタン系の合金がベストでしょう。
もっと軽量なものを考えているならばカーボン繊維強化エポキシの板材を作って(作ってもらって)、切削加工が良いのではないですか?


A1さん、「銅は、極端に軽くないが鉄より軽い」は、勘違いですよね。
鉄は一般に比重7.8で、銅は8.9です。
また、アルミナは合金ではありません。アルミの酸化物ですので通常は切削加工は無理ですね。

また、静電気を中和する「イオナイザー」と言ったものを活用する手もあると思いますが、検討された事はありますか?


人気Q&Aランキング