痔になりやすい生活習慣とは?

見ていただき、ありがとうございます。

父は2004年、母は2010年に亡くなり、去年まで毎年、板の塔婆を立てて供養しています。
毎年、墓地の管理料(供養代含む。10,000円)を菩提寺(曹洞宗)に納めていますが、それとは別にお塔婆代(1本7,000円)を払ってきました。

今年も菩提寺から、お盆供養のお知らせと共に、お塔婆の申請書が届きました。
そこでお聞きしたいのですが、塔婆供養は毎年しないといけないのでしょうか?
それとも、初盆や年回忌など、節目の年だけでも構わないでしょうか?

どなたか、教えていただけるとありがたいです。
どうかよろしくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 【訂正】
    投稿する時に間違って、「この質問は特に50代の方にリクエストされています!」を選んでしまいました。
    (自分の年齢だと思って50代を選択してしまいました。)
    どなたでも回答OKですので、よろしくお願いします。

      補足日時:2016/05/28 15:48
  • 皆様から頂いた回答は、お寺との付き合い方や、ご自分の体験からのアドバイスなど、どれも勉強になりました。
    全ての人の回答をベストアンサーに選びたい気持ちですが、今回はorganic33を選ばせていただきました。
    皆様、どうもありがとうございました。
    また何かありましたら、よろしくお願い致します。

      補足日時:2016/06/03 18:01

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>>うちの菩提寺の住職に「年忌法要以外にも、毎年、塔婆を申し込まなくてはいけませんか?」と聞いても失礼にならないでしょうか?



失礼には当たりませんが「毎年塔婆を申し込んだ方が先祖の供養になります」と、言われるように思います。
お寺に、~~したほうがいいでしょうか?とか、~~はどうしたらいいでしょうか?と聞くと、坊主は金がかかるほうを教えます。
お寺様に何か聞くときは、既に決定しているかのごとく「~にするようにしましたので、よろしくお願いします」と言うと、その決定に沿ったやり方を教えます。

お寺様に何かを聞くのではなく、その間に入ってくれている役員様に聞いて、役員からお寺様に聞いてもらう。
寺の回答がどうであろうと、こっちはこっちのやり方でやる。特に金に関しては、無い袖は振れない、を基本にしないと、100ねん、200年の付き合いになるのですから、一時の迷いでつい一杯出しちゃったと言う事が無いように、控えめに、控えめに付き合うことです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

なるほど。仰るように「~にするようにしましたので、よろしくお願いします」という言い方のほうがよさそうですね。
それと、役員様がどなたか知らないのですが、調べてみようと思います。
一昨年ぐらいまで、お寺の入口のすぐ横の事務室?に、いつも受付の女性がいて(おそらく檀家の方だと思います)、その方にお布施の額などを教えていただいたのですが、最近はその女性がいらっしゃらないので。

いただいたアドバイス、何度も読ませていただきました。
両親が亡くなるまで、自分が主体でお寺とお付き合いすることが殆ど無かったので、このような事を教えていただき、とても助かりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2016/06/01 19:01

仏教では卒塔婆は1年(むかわれと言います)3年(二年目に実施する)7年・13年・17年・25年・33年・50年と法要をする所が多いです。

毎年は卒塔婆はしないですよ。お寺としては儲けになるので断らないだけでしょう。私56歳の主婦です。昨年3年(母)25年(父)の法要をしました。三年と25年の卒塔婆を買いました。お布施等もお寺の住職に聞くよりは総代や同じ檀家の方に聞くほうが良いですよ。お寺は相手を見て値を吊り上げることがあります。知らないとなおさらね。各都道府県に仏教協会があってお布施はいくら頂くか決まっているそうです。ただね、お寺も有名なお寺は拝観料等が入ってきますよね、そうではないお寺は葬儀・法要で生活しているので、いくらお支払いするのかは本人次第なのです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

なるほど、塔婆供養は毎年しなくてもいいんですね。
法要する年も教えていただきありがとうございます。
金額は檀家の方にお聞きしました。
アドバイス、とても参考になります。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/05/30 10:11

>>今年も菩提寺から、お盆供養のお知らせと共に、お塔婆の申請書が届きました。



わたしの勝手な推測ですが、お盆にその寺、或は宗派として特別な法要が営まれているのかと思います。
曹洞宗ですから、大施餓鬼法要、或はお釈迦様を祀る法要(春なら花祭り、秋なら悟りを開いた法要)が有り、その時に檀家は「先祖代々供養」の卒塔婆を書いて貰ったり、直近の仏の戒名を書いて貰ったりします。
その塔婆代として金を集められます。
その分かなと思います。
ですので、書いて貰わなくても良いですし、書いてもらってもいいです。
我が家も一昨年まで塔婆を書いてもらっていましたが、去年、寺の境内で供養して、燃やす行事もやって、その時に燃やすとの事だったので、自分の墓に持ってこれないなら要らないとして注文しませんでした。

墓の管理料と言うより、寺の檀家としての維持費かと思いますので、10000円はしょうがないかな。

仏の年忌当りにはお参りをして、お経を読んでもらい塔婆を書いて貰い墓に立ててが、一つのパッケージでしょうから、それは忘れずにやって下さい。
今年かな、お父様の13回忌、
来年かな、お母様の7回忌。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
仰るとおり、毎年のお盆に、菩提寺で大施餓鬼法要が営まれ、その際に塔婆を書いてもらいます。
管理費(維持費)と塔婆代は12月にお寺に行ったときに納めていました。

いつも、申し込みハガキに「塔婆を申し込む」に○をつけて投函していましたが、一昨年から、塔婆の申し込みをしないつもりでハガキを出しませんでした。
しかし、12月に管理費を支払いに行った時に塔婆代も請求されたので、お寺で塔婆を書いてくれていたのを知り、きちんと支払いました。
おそらくご住職が、私が申し込むのを忘れたと思って、ご厚意で塔婆を書いてくれたのだと思います。
なんとなく、「毎年、塔婆を申し込まなくてはいけませんか?」と聞くのは不謹慎かなと思い、聞けませんでした・・・)


>仏の年忌当りにはお参りをして、お経を読んでもらい塔婆を書いて貰い墓に立ててが、一つのパッケージでしょうから、それは忘れずにやって下さい。

はい、こういうのは疎いので、教えていただいてありがたいです。
organic33さんも、去年から塔婆を注文しなかったんですね。
度々お聞きして恐縮ですが、
うちの菩提寺の住職に「年忌法要以外にも、毎年、塔婆を申し込まなくてはいけませんか?」と聞いても失礼にならないでしょうか?

お礼日時:2016/05/29 19:28

★塔婆とは


お塔婆は、『卒塔婆(そとうば)』とも呼ばれ、故人や先祖の供養のために立てられるものです。
そもそも、卒塔婆は釈迦の遺骨を分骨して、塔(ストゥーパ)を建てて供養したのが始まりで、それが日本語の卒塔婆となって、三重塔や五重塔、多宝塔の意味となり、五重塔を模して五輪塔が建てられ、それが板塔婆となりました。
五輪塔も板塔婆も人間の体を形どったもので、世界の構成している五大物質を表し、上から、空・風・火・水・地の梵字が書かれています。
日本の最古の仏塔とされているのは、585年蘇我馬子が建てたものと伝いられています。
宗派やお墓の造り(霊園・洋式の墓など)によりますが、法要など際には、板塔婆をあげて供養し、この供養は、一切の不浄を除いてその場を浄土とし、霊の安住地とする意味があります。

★塔婆をいつ立てるか?
一般的には、年忌法要や納骨、お盆やお彼岸、お施餓鬼法要のときにお寺にお願いをして用意してもらいます。
しかし、お寺から「卒塔婆を立てて供養しておきますよ」と言われることもありますし、用事があって法事に行けない時などには「塔婆を立てておいていてください。」と依頼することもあるようです。
なお、浄土真宗では追善供養を必要としないため、卒塔婆を立てません。
ですが絶対に塔婆を立てなければいけないという決まりはありません。ですが故人を供養するという想いを込めて、お塔婆を立てられるのも良いのではないでしょうか?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

塔婆について詳しく説明していただき、ありがとうございます。

>お塔婆は、『卒塔婆(そとうば)』とも呼ばれ、故人や先祖の供養のために立てられるものです。

時々、故人の好きだった料理をお供えし、心の中で両親と対話することもあるので、日頃から自宅で先祖を供養すれば、形式的なこと(塔婆を立てて供養する)は必要は無いのでは・・・と思い、質問させていただきました。

しかし、もし菩提寺を維持していくのに金銭が必要というのであれば、納得してお支払いしてもいいかなと。。

>ですが絶対に塔婆を立てなければいけないという決まりはありません。
>ですが故人を供養するという想いを込めて、お塔婆を立てられるのも良いのではないでしょうか?

そうですよね。自分の気持ちが大事ですよね。
もう一度考えてみようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/05/29 17:20

我が家では塔婆はお墓に一回のみ立てかけただけ。

(真宗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真宗では一回だけでも大丈夫なんですか。(゜o゜)
回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/05/29 17:00

塔婆は故人への手紙のようなもの。


しなければいけないという類のものではないよ。

個人的には、故郷に住む両親への手紙と同じように考えている。
生前なら年賀状や暑中見舞いだったけれど、没後は塔婆になったというところ。

あくまで手紙代としての塔婆代と考えれば、親へ手紙を出さなくてもいいという考えなら出さなくてもいいと思うよ。
ただ、出したい気持ちがあり、出せるだけの資金的なゆとりがあれば出しておけばいいと思う。
子どもが財政難に苦しみながら手紙を自分へ出しているのを親が草葉の陰で見て喜ぶとも思えないしね。

ただ、お寺さんによってはこういうところを省略する檀家に対して態度が冷たくなったり横柄になったりすることがあるそうだよ。
また、檀家衆によっては、お盆時期に塔婆が出てないお墓を見てヒソヒソ噂されることも。
そんなうわさ話は耳に挟んだことがあるよ。(怖いね・苦笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、塔婆代は手紙代というとらえ方もあるんですね。
父と母が亡くなる前は、自分も一緒に住んでいたのですが、
今は時々、故人の好きだった料理を作って、両親やご先祖様にお供えしています。
その際に心の中で両親と対話することもあるので、塔婆で供養する必要があるのかなと疑問に思い、質問させていただきました。
財政的なことも含め、もう一度よく考えてみます。

お礼日時:2016/05/29 17:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお盆前の施餓鬼会で頂いた塔婆はどうするの?

今年は主人の新盆なので、先日お寺での施餓鬼会に出席しました。そこで頂いた塔婆はどのようにしたら良かったのでしょうか?皆さん持ち帰られる方が多かったようなのですが・・宗派は曹洞宗です。

Aベストアンサー

私の実家ではお施餓鬼でいただいてきたお塔婆はお墓に持っていって立てておきます。1年くらい立ってさすがに汚くなったらお墓の焼却場で焼いてるみたいですが。

そもそも卒塔婆=塔婆=塔はお釈迦様のお骨(舎利)を納めたのストゥーパから来ています。早く言えばお墓です。そして造像起塔(仏様をこしらえたり、塔を立てたりすること)が功徳であるとされたので、その功徳を亡者の追善として回向しました。お施餓鬼でまさか五重塔や石塔を建てるほどのお金はありませんから、五輪塔の形をした木をお塔婆として追善供養を行うわけですから、後はお墓に持って行けばいいんじゃないでしょうか。

Qお寺から塔婆代を請求されたのですが

今度、親の3回忌があります。
それで、お寺に連絡をいれたのですが、「塔婆代」が必要だと言われました。 
2度電話したんですが二回とも「塔婆代持ってきてください」と言われたのでちょっと引っかかりました。
今まで、お布施は1万円(こちらの方では一般的な金額だと聞きました)で、塔婆代というのは別に用意したことがなかったのですが、今回請求されたので、もしかして今までのお布施が少なかったのかな?と思いました。
それから塔婆代はいくらとあちらからは言われなかったのですが聞いたほうがいいのでしょうか?こちらからも聞かなかったのが悪いのでしょうが。

Aベストアンサー

 うちの菩提寺でも卒塔婆は別料金です。
 うちの菩提寺では,法要の御布施は「お心持ち」ですが,卒塔婆は1基3千円と決まっています。
 卒塔婆の代金は,お寺によって異なっているようです。親戚の菩提寺では2千円でした。
 お寺さんに「卒塔婆代はいくらですか」と尋ねられた方が良いでしょう。

Qお盆の経木塔婆についての質問です。

お盆の経木塔婆についての質問です。

お盆のお参りの際に、お坊さんが経木塔婆を仏壇に供えてくれますが、これを納めに行く際もお布施をするものなんでしょうか? 
お参りの際にはちゃんとお布施をしております。経木は、8月15,16日の間にお寺の本堂受付まで納めてくださいといわれています。

檀家ではなく、お葬式でお世話になった後、年に2回お盆と命日にお参りしてもらっているお寺さんです。
以前お世話になっていたお坊さんの子孫の方で、前のお坊さんの時は来年まで置いておいて貰っていいですよと言われていました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと、特にお布施は不要です。
卒塔婆はお盆だけでなく年忌法要等でも頂き、家庭によっては複数枚たまっています。
本来から言いますと、卒塔婆は頂いた物ですから自己処分ということになります。
しかし自己処分と言っても、ゴミに出すのは憚られますし、勝手に燃やすのも恐れ多く、かといっていつまでも保管しておく物でもありません。
このため、檀家の便を図って寺の側で一年に一回読経をしながら焼却し供養することとしているものです。

Q施餓鬼のお布施について

父が去年8月になくなりました。
一周忌のお経をあげてもらったときに、施餓鬼を8/17にやる。お布施は15万です。と言われました。
こんなに高いものなのでしょうか?正直こんな金額では払う気もなく、欠席しようと思っていますが、欠席したらお寺さんは気を悪くするものなのでしょうか?
当日欠席するとして、ほんの気持ちだけお布施するとして1万円とかでは少なすぎですか?

Aベストアンサー

宗派や地域差が有りますので、宗教行事は一概に答えは出せませんが、恐らく、寺施餓鬼の事だろうと思います。寺の運営は、檀家総代(何人かの役員で構成される)が会計報告をする(檀家にたいして)義務があります。寺の運営費は、普通は「護持会費」と言う名目で年一回檀家の位に応じて割り当てられます。その集まった金で、お坊様の家族の生活費一切と寺の運営に必要な費用もまかなわれます。
その他には「護持会費」ではまかない切れないような特別な出費が生じた場合は「割り当てでは無く、寄付金」と言う名目でのお願いが有る場合もありますが、飽くまでも、特別、出費であって、しょつちゅう要求される物では有りません。
護持会費の他に、葬儀が有りますが、←この収入はお坊様の別収入(チップを貰うのと同じ)なので、護持会費に組み込まれる事は有りません。←当然、税金も払いません。
---------
寺施餓鬼は、檀家が年一回、護持会費とは別に、お坊様へのボーナスの意味で檀家総代が催す性質の物で、お布施として適宜←額は多い程お坊様は喜びますので、くれる物は拒まずで受け取りますが飽くまでも、護持会費とは別なお布施ですので、遠方の方は、出さない(奇特な方は郵送するかも知れませんが…)場合も有り、←お布施的意味合いですから、出さないからと言って、檀家を追われるような事は有りません。
幾ら新盆(初盆)の家だからと言っても15万円もぼったくるのは、宗教家に有るまじき行為だ!と思いますが…

もし、合点がいかなければ、檀家総代に問い合わせて見ては如何ですか。

宗派や地域差が有りますので、宗教行事は一概に答えは出せませんが、恐らく、寺施餓鬼の事だろうと思います。寺の運営は、檀家総代(何人かの役員で構成される)が会計報告をする(檀家にたいして)義務があります。寺の運営費は、普通は「護持会費」と言う名目で年一回檀家の位に応じて割り当てられます。その集まった金で、お坊様の家族の生活費一切と寺の運営に必要な費用もまかなわれます。
その他には「護持会費」ではまかない切れないような特別な出費が生じた場合は「割り当てでは無く、寄付金」と言う名目で...続きを読む

Q不要になった塔婆の処分について

お世話になります。
法要で新しく塔婆を用意してもらった場合、
その前にあった古い塔婆は、どのように処分するのですか?

ある公営墓地での話です。
そこは、市の管理者が定期的に掃除し、お供えの花を処分してくれます。
集めた花を、一旦駐車場の片隅に置いておき、後でまとめて収集するようです。
そこに、不要になった古い塔婆が捨ててありました。
(管理者の話では、そこに捨てても、一緒に処分するので構わないそうです)

お寺様に処分してもらった方が良いのはないかと思いましたが、
このように処分しても問題はないのでしょうか?
お詳しい方、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

梵字や写経を書いた紙などを、失敗を理由にゴミ箱に一緒に入れるのはタブーです。

同様に、古い卒塔婆をゴミ収集して、燃やすのもおかしなことです。
行政的な解決方法と、精神的な解決方法があります。

行政なら、ごみ収集に来てもらってゴミと一緒に捨てていただく。

果たして、あなたを含めて、ご先祖様が満足するでしょうか?


確かに燃やす事は個人で出来ませんが、今は夏。

土日に出かけることも可能です。

山や海で個人的に焼却する事も可能でしょう。
他には、大きなお寺に電話で確認して、処分してもらうことや。

行政は、古い卒塔婆をゴミとして認識しています。

子孫の役割としては、行政に飲まれるのはふさわしくないでしょう。

一つだけ確定していることは、「ゴミと一緒に出すべきではない、同化させるべきではない」ことです。

Q新盆と塔婆など

この夏新盆を迎えるのですが、塔婆は必要なのでしょうか?我が家は真言宗です。新盆の儀式?(読経)は自宅で行う予定です。

実は新盆のこと、よく理解できていないようです。(苦笑)一応親戚・家族を呼んで住職に来ていただいて読経、その後昼食。時間次第で当日もしくは翌日に墓参りをする段取りで考えてます。

塔婆のことも含めてこんな段取りでいいのか、ご教授願います。

Aベストアンサー

宗派が違うとすることも違いますよ。
地域によっても違うと思います。

我が家(浄土宗)も新盆ですが、盆施餓鬼供養は7月24日の夜にお寺でまとめて行われ、新盆の方のみ、それに関するお経が上げられました。
毎年「7月24日の夜」「お寺で」と決まっています。
塔婆は、新盆に限らずお願いしています。
我が家の場合、私の祖父母(父方)、父の姉、私の母の4人が鬼籍に入っていますが、それぞれの戒名を記した塔婆をお願いしているため、結構な「額」にもなります(今年は父の姉の新盆)。
我が家の檀那寺の場合、塔婆は、葬儀、七日ごと、満中陰、回忌法要のほか、盆、(春と秋の)お彼岸にも毎年あります。

お盆の時期(我が家の地域は旧盆なので8月15日頃)には、「棚経」といって、お寺様が各お宅を廻ってお経をあげます。
新盆のお宅だけでなく、全ての檀家を廻ります。
我が家の檀那寺の場合、「何日の何時ごろにうかがいます。」という事前の通知を出してくれるので助かりますが、友人・知人等の檀那寺の殆どは、「8月12日から8月16日の間のいついらっしゃるか分からないから、その間は家を留守にできない。」と言います。
しかも、早朝であったり、夕方であったり、「年によってバラバラ」とのこと。
法要ではないので、お布施も毎月の命日の読経と同程度のお布施しか出しません。
我が家のお墓参りは、お寺様の都合もあり(お寺様がお墓でお経をあげてくださる)、8月の第1日曜日の早朝から正午まで、その翌日(月曜日)の早朝から午前10時まで-と決まっています。
お寺様から、施餓鬼供養の案内と一緒に、お墓参りでお寺様が墓地にいらっしゃる日時の案内がありますので、それに合わせていきます。
法要ではないので、親戚は集めませんし、会食もありません。
また、#1さんのところと違って、誰も来ません。
本家のお宅ですと、「里帰り」を兼ねていらっしゃる方もいるかもしれませんが、お盆は(同居)家族だけですね。

分からないことは、お寺様に伺うのが一番いいと思うのですが…。

宗派が違うとすることも違いますよ。
地域によっても違うと思います。

我が家(浄土宗)も新盆ですが、盆施餓鬼供養は7月24日の夜にお寺でまとめて行われ、新盆の方のみ、それに関するお経が上げられました。
毎年「7月24日の夜」「お寺で」と決まっています。
塔婆は、新盆に限らずお願いしています。
我が家の場合、私の祖父母(父方)、父の姉、私の母の4人が鬼籍に入っていますが、それぞれの戒名を記した塔婆をお願いしているため、結構な「額」にもなります(今年は父の姉の新盆)。
我が家の檀...続きを読む

Qお盆の卒塔婆

お盆の卒塔婆
お盆にお寺から卒塔婆をいただいてきますが、お墓には何時持っていけばいいのでしょうか。

Aベストアンサー

見当違いかもしれませんが、

「お盆にお寺から卒塔婆をいただいてきますが」ってことは、
アナタ側から菩提寺に特別に依頼注文した板塔婆とか角塔婆ではないってことですよね?

それで盆の時期に寺側から頂く塔婆といえば、
薄いペラペラの経木塔婆(水塔婆)のことではないでしょうか?

http://www5.ocn.ne.jp/~nishikix/kyougi1.html

だとすれば、我が家(高野山真言宗)の場合には、
盆時期に御住職が家に来られた際に経木塔婆を持参され
仏壇内の経木塔婆立に収めて読経して頂きます。
その後、盆の間は仏壇内に置いたままで、
8月15日又は16日に菩提寺に行き
事前に準備されている返却専用の回収箱に経木塔婆を返納、
その際には賽銭箱にお焚きあげ頂く為の布施を入れます。
後の経木塔婆のお焚きあげ自体はお寺様まかせ。

以上が例年の状況ですが、
我が家の場合はお寺と墓地霊園が別の場所にあること、
盆の読経は御住職に自宅に来て頂いていること、
盆時期に墓参と言うか墓掃除もするとはいえ
経木塔婆を野晒しにするのも気が引け
(って板塔婆等は野晒しではありますが)などの諸事情から
経木塔婆は仏壇内に収めたままなのですが、
お墓に置かれる方々もいらっしゃるとは聞きますから
設置場所に関しましては地域・宗派とか個人的事情で
ケース・バイ・ケースだと思います。

一方、設置時期に関しましては、
仏壇内であれお墓であれ経木塔婆は遅くとも
盆の期間始めである8月13日(地域差はあるかもしれませんが)までに
設置しておけば宜しいのではないでしょうか?
(なお、高野山真言宗の場合、
初盆に限ってはお亡くなりになられた方が早く来られるってことで8月10日頃までにって事と
初盆には屋内に入れないとの事で屋外に作った精霊棚の最上段に経木塔婆を収めます。
先祖代々の分の経木塔婆は仏壇内に収めます。)

あと、経木塔婆返納に関しましては、昔は川・海などに流していたらしいですが、
昨今はそれもままならない為、菩提寺に返納してお焚きあげ頂くか
或いは菩提寺が遠方の場合には最寄りのお寺に依頼するとか
地域によっては自治会・町内会などで8月16日頃に盆絡み限定の廃棄物を回収・焼却なども
有る様子です。

以上長々とカキコミさせて頂きましたが
全くの見当違いの場合には平に平にお許し下さいm(_"_)m

見当違いかもしれませんが、

「お盆にお寺から卒塔婆をいただいてきますが」ってことは、
アナタ側から菩提寺に特別に依頼注文した板塔婆とか角塔婆ではないってことですよね?

それで盆の時期に寺側から頂く塔婆といえば、
薄いペラペラの経木塔婆(水塔婆)のことではないでしょうか?

http://www5.ocn.ne.jp/~nishikix/kyougi1.html

だとすれば、我が家(高野山真言宗)の場合には、
盆時期に御住職が家に来られた際に経木塔婆を持参され
仏壇内の経木塔婆立に収めて読経して頂きます。
その後、盆の間は仏...続きを読む

Q御塔婆

4人姉妹の4番目です。(20代)
皆結婚し、皆長男の嫁となりました。

先日私の実母が亡くなり、来週49日です。
喪主は父です。
御塔婆を出すか迷っています。気持ち・敬意の問題なのかも
しれませんが、御塔婆をだすことに大変抵抗があります。
「子供一同」で出すのはいけないのでしょうか?
もしくは姉達が御塔婆をだしているのに、私だけださないのは
おかしいことでしょうか?親戚も来ますし何か言われますでしょうか?
初めてのことで大変困惑しております。
教えて頂けると幸いです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No.1の者です。

>塔婆を出さないことで罰が与えられたり、何か起こるのでしょうか?

何も起こりません。
塔婆を出さないからといって、罰があたるとか祟りが起こるなどという事は絶対にありません。
ただ、姉妹は全員塔婆を出して当たり前、と思っているお父様や親戚の方々との関係がギクシャクするのは避けられないでしょう。

私の寺でも時折、同じような相談をされる方がおいでです。故人との確執を理由に供養のしるしに自分の名前を出すのを嫌がる方はけっこう多いのです。
しかし「供養に自分の名前を出さない」というコダワリは、かえって故人との確執に縛られ続ける事になるのではないでしょうか。
仏教では「諸行は無常である」と教えています。「どのようなものも移ろい行き、一所に留まらず、常に別のナニモノかに変わっていく」という意味です。wikipedia0さんは結婚されて、すでに実家を離れ、婚家の一員として新しい立場をお持ちのはずです。亡くなられたお母様の娘であるという事に違いはなくても、新しい家庭を持った事で、単にご両親に”押さえつけられる”だけの立場から、”独立して対等に社会生活を送っている”立場に変わっているのです。名前は同じであっても、wikipedia0さんは以前と今では全く違うwikipedia0さんなのです。
ですから、法要で供養のしるし(塔婆)をお願いされたのであれば、対等の立場で世間一般の儀礼として、あっさりと塔婆を出されれば良いのです。
お母様の「男の子が欲しかった」という”執着”のために苦しんだのであれば、お母様が亡くなるまで捨て切れなかったその”執着”を浄化するためにwikipedia0さんが回向供養すれば良いのです。そのための塔婆だと思えば、こだわりなく出せるのではないでしょうか。
「お母さんのコダワリのために私は苦しめられたけど、もう私はそのような立場には居ません。お母さんがあの世まで抱えて行ってしまったコダワリも浄化されて消え去るように祈ります」という気持ちで、塔婆を出されてはいかがでしょうか。

No.1の者です。

>塔婆を出さないことで罰が与えられたり、何か起こるのでしょうか?

何も起こりません。
塔婆を出さないからといって、罰があたるとか祟りが起こるなどという事は絶対にありません。
ただ、姉妹は全員塔婆を出して当たり前、と思っているお父様や親戚の方々との関係がギクシャクするのは避けられないでしょう。

私の寺でも時折、同じような相談をされる方がおいでです。故人との確執を理由に供養のしるしに自分の名前を出すのを嫌がる方はけっこう多いのです。
しかし「供養に自...続きを読む

Q孫は塔婆をやるのか?

こんにちは

*私の母方の祖父母の法事を一度にすることになりました。(私の祖父母になります)
*祖父母とは一緒にくらしてません。
*私は結婚して、両親と同居してます。
*同居している両親は父の名前で塔婆を立てます。
*一緒に暮らしていた祖母(父方の)の法事の時は塔婆をたてた記憶があります。

--そこでご質問です--
私(孫)は塔婆を立てるのが普通なのでしょうか?
また、同居している両親が塔婆をたてるので
「一緒」ということにはならないのでしょうか?
もちろん、お食事が出ると思いますので
塔婆とは別に個人でお金は包むつもりでいます。

ややこしくなってしまいましたが、
よくお読みになってお答えお願い致します。

Aベストアンサー

>同居している両親が塔婆をたてるので「一緒」ということに…

それでけっこうですよ。
親戚間での冠婚葬祭は、家単位が基本です。古い言い方ですが、あなたはお父様世帯の跡取り候補生で、冠婚葬祭に関しては扶養家族と言って差し支えありません。
将来、お父様が隠居されたときから、何事もあなたの名前で行うようになります。

>塔婆とは別に個人でお金は包むつもりでいます…

下の方が言われているように、経済的にはもちろん扶養家族などではありませんから、実質的にお金を支出することは避けられません。
ただ、あなたがお父様と別にお金を包むと、受け取ったほうでは独立した家と取られかねません。会食を人数分用意するのは当然ですが、祖供養 (引出物) が予定されていず、あわててもう一つ買いに走らなくてはならなくなります。
会食の実費相当分は、あらかじめお父様に渡し、お父様の袋の中に入れて持っていくのがよいでしょう。

Q亡くなった人の法要は何回忌までするのが常識ですか

私の父が亡くなりまして15年です。
13回忌まではお寺様をお呼びして法要をして参りましたが、一体何回忌まで法要を行うのが常識でしょうか?
因みに宗派は曹洞宗です。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
いちおう曹洞宗では、以下の年忌法要を行うことになっています。

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌
二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌
五十回忌、百回忌(以降は、50年ごとに百五十回忌、二百回忌‥‥と続きます)

地域の風習やお家の慣習によって、この通りに行わない場合がほとんどです。四十七回忌を行う地域は少ないと思いますし、逆に四十九回忌を行う地域もあります。
地方によっては「弔い上げ」と称して十三回忌、十七回忌あるいは三十三回忌で打ち切る習慣があります。曹洞宗では「何回忌までで終わり」というきまりはありませんが、とくに三十三回忌を清浄本然忌とよび、故人が完全に諸仏の位に同化する年限ともいわれますので、「弔い上げ」の習慣が無い地域でも三十三回忌で打ち切りにする場合が多いようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング