過去、爆笑した事は、数え切れないくらいあるでしょうが、その中で、一つで結構ですから、爆笑体験した事を教えて下さいませんか?

ぼくの事ですが、先日、用事があってイトー○ーカドーに行ったんですが、その時、用足しに駈け込んだんですね。個室の方に。で、座ってドアを見ると落書きが。
 
「左を見ろ!→」こう書いてました。思わず、矢印につられて右を見たんですね。すると、「馬鹿!こっちは右だ!左だよ」と書いてあり、慌てて左を見ると「トイレの中でキョロキョロするんじゃねぇ。このターコ!」

いやぁ、トイレの中で、声をあげて笑いましたよ。まんまとやられました。(≧∇≦)ぶわっはっはっ!夕方、イトー○ーカドーのトイレから不気味な笑い声が聞こえた、という投書をどこかで見かけたら、それはぼくです(*^_^*)。

爆笑して、疲れて、大欠伸をして、泣きながら、用を足してしまいました。気分は海亀でした(*^_^*)。

皆さんの爆笑体験お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

上履き 名前」に関するQ&A: 今子供の上履きに名前ペンとマニキュアで塗っています! それで質問ですが、マニキュアの上にデコパージュ

A 回答 (60件中31~40件)

 毎度、毎度お邪魔してますgoo_no_sukeです。

今ちょっと仕事が忙しくって、ストレス発散と息抜きをかねて多数投稿させて頂いています。
coyoteさんの質問って、「この話し誰かに聞いて貰いたーい!!」ってツボをグイグイ押えてますよね。
ご迷惑かもしれませんが、今後とも御付き合いください。宜しくお願いします。

 おととい(7月1日)の話です。家に帰ると玄関に七夕のささが飾ってありました。短冊には「ガオレンジャーになれますように」と書いてあります。
ガオレンジャーとはTVヒーローで昔のゴレンジャーみたいなものです。3歳の長男に言われて妻が書いたそうです。
長男のかんた(仮名)に「かんたは将来ガオレンジャーになりたいんだ?」と聞くと
「うん!!、ガオレンジャーになって、オルグ(ショッカーみたいなもの)やっつけるの!! かんた、つよいよ!!」とのこと。
「そーかー、かんたはガオレンジャーになるんだー。じゃあ、パパがオルグにいじめられたら助けてね?」
「うん、いいよ。パパのこともママのこともまもってあげるからねっ!!」だって。親ばかの私はメロメロです。
 その後、夕食が終わりPM9:00も過ぎたので子供を寝かそうと、いっしょに布団に入ってからしばらくすると、かんたが急に泣き始めました。
理由は「ガオレンジャーになったらオルグ怖いもん。ガオレンジャーになりたくなーいよー、うぇーーーん!!」だそうです。
急いで短冊を外してきて「ほら、もう大丈夫、短冊取ったからね。じゃあ、新しいお願いしようかぁ」と慰めると、何とか泣き止んでくれました。
「新しいお願い、何がいいかな?」と聞くと、しばらく考えてから。「じゃぁ、じゃぁ、たなばたかざり(お願いの短冊のこと)いっぱいかざりたいってかくの!!!」

 どうやら、かんたは短冊を「本当に、何でも願いを叶えてくれる魔法の紙」と思ってくれているようです。
それにしても、そんなにいっぱい何が欲しかったんだろう?

 そんな、かんたの大っ嫌いなオルグを「一撃」でやっつけてくれる「漢(おとこ)」には何処に行けば会えますか?(笑)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=97978
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また新しいネタをありがとうございました。

お子さんとの関係がいいですねえ。
打倒オルグ!
父と子の新たなテーマがまた生まれましたね。

ぼくも欲しい物を書きたいっす。

で、オルグを「一撃」で倒すには、
まず仙台参りをしてからです(*^_^*)。

お礼日時:2001/07/04 23:51

 よかった、まだこの質問やってましたね。

閉店間際の滑り込みセーフかな?それとも年中無休の24時間営業かしら?coyoteさんには「一つで結構ですから」といわれていますが、2つ目を失礼!!

 妻の友人「望月美代子(あくまでも仮名)」さんが20歳の頃の話です。
 望月さんの住んでいる市では、市民が責任を持って分別ゴミ出しをするようにと「透明のゴミ袋を使用し、必ず名前を書いてください。名前の書いていないゴミは持っていきません」と決まったそうです。年頃の望月さんは 「なんか、プライベートを覗かれてるみたいでヤダナー」と母親に言うと。「本当、何で名前まで書かなきゃいけないのかしらねー。面倒くさいわねー。」と母親も同感でした。

 翌朝、美代子さんは出社途中に問題のゴミ置き場でお母さんが出したゴミ袋を見つけると、それをつかんで家に走って帰りました。
 美代子「おかーさん!!、なんで名前書いてるのよーー!!!」
  母 「だって、名前書かないと持ってってくれないんだよ。」
 美代子「そうじゃなくて、なんで私の名前が書いてあるのよーーー!!!」
  母 「だって、お前の部屋のゴミでしょ?」
 美代子「・・・・・」

 その日、お母さんはいつもより早起きしてゴミを部屋毎に分別し、美代子さんの部屋のゴミには「望月美代子」と書いていたそうです。

 全然、同感じゃねーじゃん!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

goo_no_sukeさん、ありがとうございます。

えーとですね。この質問が好評ですので、当分開けておきますので、何かありましたら、またカキコして下さい。ぼくは、全部、お礼とコメントをつけますので、遠慮なく。

しかし、親子とはいえ、厳しい現実ですね。気を抜くと寝返られる裏切りと謀略の社会が、こんなところにも巻き起こっていたとは。人間一寸先は闇。やはり、ゴルゴ13は正しかったんですねー。
 #って、何を言っているんだか(*^_^*)。

お礼日時:2001/06/30 19:40

昔、友達の家に集り、カレーをみんなで食べていました。



友人Y「なんかさー、このカレー、足りないと思ったら、あれだよー、あれ。」

皆「…?」

友人Y「ほら、あれだよ。七福神。」


カレーを食べると、未だにこのことを思い出します。
(面白くなかったら…すみませんです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わはははは。声を出して笑ってしまいました。これいいです。好きです。いやあ、今夜誰かに使いたいですよ。うずうず。

ありがとうございました、kojoさん。

お礼日時:2001/06/30 19:25

こんにちは。

また、先程新鮮なネタを仕入れたので、紹介
いたします。
coyoteさんは、ひざカックンをご存知でしょうか?
立っている人の背後に周り、相手のひざの裏に自分のひざを
当てて、自分のひざを曲げることにより、相手をよろめかせる
技です。今回は、それにまつわる話しです。
50歳前後のオヤジと私が、外を見ながら立って、タバコを
吸っていました。そこへ、一人の女子社員がやってきて
おもむろにオヤジにひざカックンをやりました。
当然オヤジはよろけたましたが、そこで
「プ~~~~ッ」
なんと、放屁したのです。
彼女は、「信じられな~い!!」とキレるし(逆ギレ?)、
私は笑い転げているし、会社内にも関わらず、騒然として
いました。

教訓:ひざカックンは、心してかかれ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホットなお話をありがとうございました、gunmanさん。

ぶはははは。その女性社員は、膝の裏にある押してはならない禁断のボタンを押してしまったんでしょうねえ。気の毒ですが、地雷を踏んだものと、諦めるしかないです(*^_^*)。その後の放屁オジサンの評判は如何ですか?

お礼日時:2001/06/30 05:12

こんばんは。



一つ思い出しましたので、またお邪魔させていただきます。

数年前の新入社員当時の話です。 同期にすごい美人がいました。 でも彼女かかなりの「ぶっ飛び」で、彼女の行動に毎回爆笑、時には冷や汗をかかせてもらいました。 その中からふたつ勝手に書いちゃいます。

仕事帰りに飲みに行こうと歩いていたときのことです。 同期数名で話をしながら歩いていたところ、彼女がいきなり「あっ!シャチハタポケットに入れて来ちゃった」と言いました。(普段は机の引出しに入れたままです) そして次の瞬間には後ろを振り返り、私たちの後ろを歩いているサラリーマンに「すみまさ~ん。ちょっと手を見せてくださ~い。」と声を掛けました。 そのサラリーマンは超美人の彼女に話掛けられて、戸惑いながらも嬉しそうに手を出しました。 すると彼女はいきなり「はい!毎度あり~!」と言って、そのサラリーマンの手にシャチハタを押してしまいました・・・。 そのサラリーマンは目が点でした。 ことの成り行きを黙って見ていた私たちはびっくりしてしまいましたが、彼女が「逃げろ~~~っ!」と言って走り出したので、一緒に走って逃げました。 しばらく一緒に走ってから、みんなで爆笑してしまいました。

日頃残業が多く、その日も終電近くまで仕事をしていました。 一緒に電車に乗って、席に座ってぐったりとしていました。 彼女もかなり疲れていたようで、履いていたパンプスを脱いで、その上に足を置いて、ウトウト居眠りをしていました。 乗り換え駅に到着して「降りるよっ!」と声を掛けて一緒に電車を降りたのですが、彼女は裸足でした。 パンプスを電車の中に忘れてきてしまったのです。 深夜の駅のホームに裸足で立つ超美人OL・・・。 彼女には申しわけなかったのですが、爆笑してしまいました。

まだまだたくさんあるのですがこの辺で失礼します。
そんな彼女も現在では一児の母です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

matildaさん、いつも楽しいご回答をありがとうございます。

しかし、豪快な同期の美人OLですね。伝説の人ではないですか(*^_^*)。こういう人なら、シャチハタを押されても文句はいいません。おまけに、電車の中にパンプス。走る電車から、身を投げたと思われたと、思われたかも。でも、慌てて飛び出した時に、他の乗客が居たんですよね。電車の中も爆笑だったんでしょうか(*^_^*)?

他にも沢山の逸話がありそうですね。

お礼日時:2001/06/28 21:33

しつこく、またまた登場してしまいました。

ごめんなさい。

本日のホットなネタなのですが、
小6の息子が明日の全校一斉漢字テストのため、
 「明日は完璧だよ」
と言いつつ漢字の書取練習をやっていたとき、女房が
 「あんた、これでよく完璧なんて言えるわね!」
と言いながら、息子の連絡帳を見せてくれました。

何とそこには、勿論息子の直筆で、
 「宿題(宿に○)、漢字連習」
と書いてあるのではないですか!?

すみません。毎回毎回、親ばか(子バカ?)回答で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

igmpさん、いつも活きのいいご回答(ネタ)をありがとうございます。

何のまだまだじゃないですか(*^_^*)。宿題より、家族団欒。igmpさんのお話は、家庭がいつも和やかそうでいいですね。

お礼日時:2001/06/28 21:23

「嘘のような話」の投稿に続いて「酔っ払い話」です。



 夜の9時に「駅の改札出たところ」で人と待ち合わせをしていた時の目撃談です。
 下り電車からの帰宅客が大勢去った後、「THE・ヘベレケ」といわんばかりの酔っ払いが、漫画みたいな千鳥足で改札に向かってきます。ズボンのポケットから切符を出そうとして、いっしょに入ってた小銭をチャリチャリ落としながら・・・。
 なんとか自動改札までたどり着いたんですが、かなり酔っているらしく手元が狂って、なかなか切符が挿入口に入らないようです。何度も確認しながら入れ直しているようですが、それでもうまくいきません。
 面白がって見ていたんですが、「いくら酔ってたって、切符が入らないって事あるのかな?」と疑問に思い彼の手元をヨーク見てみると、一生懸命入れようとしているのは「千円札」でした。
 彼はうまく入らないので、何度もお札の皺(しわ)を丁寧に伸ばして入れ直していたのでした。チャンチャン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

goo_no_sukeさん、ありがとうございます。

「嘘のような話」の投稿にも爆笑しましたが、この話も大笑いです(≧▽≦)。goo_no_sukeさんは、文章が上手いですよね。いやあ、酔っ払いの行動は大体面白い事が多いのですが、なかなか覚えていないんですよね。またの投稿をどこかでお待ちしていますよ。

お礼日時:2001/06/28 17:11

anshiさんの、高校時代のネタで私も思い出したので、紹介


させていただきます。
化学の実験でバーナーをいじっていた友人が、火の点きが
悪く覗き込んでいたところ、いきなり
ボォッ・・・ッ
ジュッジリジリジリ・・・
一瞬の静けさの後、教室中大爆笑でした。
前髪がちょっと焦げたくらいで収まったので、大爆笑に
なりましたが・・・

下ネタのコーナー
群馬には万場(まんば)高校があります。
略すと?
正解はわかりませんが、たぶん万高(まんたか)だと思います。
高崎高校→タカタカ、前橋高校→マエタカですから。
因みに高崎工業高校はタカコウですが、万場には工業高校は
ありません。

#14のお礼に関する補足
希望通りのお礼、ありがとうございます。
4日-3日=1日しかスクラップしていないにも関わらず、
『最近してる』(=現在進行形)などとのたまう友人は
1ヶ月で新聞を止めるのは、ある意味自然だともいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gunmanさん、再びありがとうございます。

化学実験の話。やっぱり笑えますよね。ご本人は、笑ってる場合じゃなかったでしょうけど(*^_^*)。

「万場高校」は、初心者なら普通に読むでしょうね。「高崎高校」もタカコウと読みそうですし。しかし、何が転がっているか分かりませんねー。

お礼日時:2001/06/26 07:21

とってもとっても迷ったのですが、下ネタオッケーのようなので。



友人の友人の話です。
以前彼女はアメリカに住んでいたのですが、愛犬にビーバーという名前をつけていました。
ある日、そのビーバーがいなくなってしまいました。
驚いた彼女は、近所中をまわって、ご近所さんにこう訊いて歩きました。

“Have you seen my beaver?”(私のビーバー、見ました?)

そのセリフを聞いたご近所さんは、みんな目を白黒、あるいは大爆笑。
beaver が、俗語で女性の○○○(下半身の方です)を表すことを彼女が知ったのは、
それからしばらくしてからのことでした。

「私の○○○、見た?」と訊かれたご近所さん、「いや、まだ。見せてくれるの?」
と答えたとか答えないとか…

ああぁ、せっかく前回coyoteさんに微笑ましいとのお褒めの言葉をいただいたのにぃ。
次回は格調高い回答を目指します…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやあ、こういう下ネタなら、ぼくも好きです(*^_^*)。女性が言ったというのがいいですね。実際に、聞かれた人は、びっくりしたでしょうね。

しかし、愛犬にbeaverと命名した時点で、もう愛犬を呼んでいる様子を近所の方はどう思ったでしょうね(*^_^*)?

変幻自在のご回答をありがとうございました。まだ締め切りませんので、次のご回答もお待ちしてますよ~♪

お礼日時:2001/06/24 06:56

再度おじゃまさせて頂きます。

igmpです。
いやー、皆さんのお話、本当に面白いですね。

私のもう一つの爆笑体験を書かせて下さい。
それは、coyoteさん自身が書かれた、本Q&AのNo.12での回答に対する補足
を読んだときです。これには大爆笑でした。私が質問者だったら間違いなく
20ptですね。

以上、本回答の目的は達したのですが、以下、蛇足です。

この話があまりにも面白かったので、早速、まず女房に話しました。
やはり大爆笑。次に小6と小2の息子に話すとこれまた大受け!!!
うッ、もしかして、小2の息子は確かに笑ってはいるが、兄の爆笑に
つられて笑っているのでは、と思い、「おまえ意味分かったのか?」
と聞いてみると、すかさず「ん、どういう意味?」、これには家族みんな
で、またまた大爆笑でした。

勿論、息子達に話したのは、coyoteさんが書いてくれたお話の後半の
「ギョウチュウ」の話だけですが。

あと蛇足の蛇足で、前半の女川市の話で思い出したのですが、
「青梅国際マラソン」と「阿蘇国際マラソン」
と言う話を聞いたことがあります(省略ではありません、また多分実際
には存在しないマラソンだと思います)。
 ・・・失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(*^_^*)。ありがとうございます。いやあ、お褒めいただき、何だか気恥ずかしいです。しかし、ご家族の皆さんに喜んでいただけたようですね。良かった~♪

「青梅国際マラソン」なんかは、実在しそうですけどね(*^_^*)。

お礼日時:2001/06/24 06:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹抱えて笑ったこと

あなたが声を出して笑ったこと、腹を抱えて笑った事を教えてください。会話でのコミュニケーションとしての笑いは抜きでお願いしますw


以下駄文です。

芸人は「笑われる」んじゃなく、「笑わせる」もんだと誰かが言ってましたが、私はプロの作り込まれた笑いよりも、天然の人が無意識に発する笑いの方が面白いと思います。

「月曜から夜ふかし」で紹介された湯田温泉の「女将劇場」、腹抱えて笑いました。年間363日、毎日90分の舞台を70過ぎの女将が出ずっぱりで披露、水芸からダンス、マジックまで確かにものすごい芸達者なんですが、ツッコミ所満載のクォリティが面白いのです。でもお客を楽しませようと一生懸命な女将には好感を持ち、リスペクトはあるのですが「笑っちゃう」のです。

芸人で言ったら「もう中学生」的な面白さでしょうか。

同番組で紹介される元棋士、株主優待で暮らす「桐谷」さんも超面白い。電車と一緒に自転車で爆走する姿に「笑っちゃう」。一生懸命話してるのもついつい笑っちゃうんだけど、でも奥深い話だったりする。

共通するのは「天然」「一生懸命」「好感」「リスペクト」「ツッコミ所」でしょうか。それらがない混ぜになったときに、のどごしとコクと後味のある最高の笑いができるのかなと思いました。これはもう、テクニックどうこうじゃなく、その人間性すべてを掛けてできる笑いなのかもしれませんね。

あなたが声を出して笑ったこと、腹を抱えて笑った事を教えてください。会話でのコミュニケーションとしての笑いは抜きでお願いしますw


以下駄文です。

芸人は「笑われる」んじゃなく、「笑わせる」もんだと誰かが言ってましたが、私はプロの作り込まれた笑いよりも、天然の人が無意識に発する笑いの方が面白いと思います。

「月曜から夜ふかし」で紹介された湯田温泉の「女将劇場」、腹抱えて笑いました。年間363日、毎日90分の舞台を70過ぎの女将が出ずっぱりで披露、水芸からダンス、マジックまで確かにもの...続きを読む

Aベストアンサー

《「天然」「一生懸命」「好感」「リスペクト」「ツッコミ所」でしょうか。それらがない混ぜになったときに、のどごしとコクと後味のある最高の笑いができるのかなと思いました。》

まさにこれ‼ と思ったものが…。

家族の布団を取り入れてメイキングしてくれた義父。
しばらくしてから又布団干ししようとして自分の敷き布団のシーツを取ろうとしたら

……何かおかしい。

シングルの布団に、ファスナー付きのセミダブルサイズのシーツをくるんでいただけ⁈
「お義父さん、こ、これ…。」
「ああ、シーツが大きいからな、◯▲✖=☆?∞□…。」←至って真面目に言い訳? している

力が抜ける可笑しさ、というのでしょうか?
しばらく布団の上で立てないほど笑っていました。
親子だからでしょうか? 時々主人もこんな力が抜ける笑いをくれます(≧∇≦)

ああ、私の愛すべき家族たち ( *^ω^* )

Q読み間違って、大笑いしたこと…

漢字ってさっと読むと間違って読んでいる事ありますよね。

学生の時、部活の遠征で飛行機に乗った際に隣に座っていた先輩が、
『屑(くず)物入れ』を『履(はき)物入れ』と読み間違え、
「入らないな~…俺、足がでかいからかな~」と靴を脱いで袋に押し込めていました。

周りにいた人達は大爆笑でした。

こんな感じでの読み間違いで大笑いしたよ!って話しを待っています。

余談ですが、先日夫が2足組の『柄(がら)違い』と書いてある靴下を、
「これはすごい!」というキャッチフレーズも手伝って、
『桁(けた)違い』と読み間違え、「なにがどのようにけた違いですごいのか」を
靴下をありとあらゆる角度から眺め、それはそれは真剣な眼差しで考えていました。

Aベストアンサー

地元ネタ(名古屋市)ですが・・・。
近くに「暮石人形店」(くれいし)という名前のお店があります。
初めて見た時に私は「墓石人形店」だとカン違いしてしまい
「何て、オソロシイ名前の店だ~」と叫んでしまいました。(爆)
でも他所から来た人は結構わたしみたいに読み違えるようですよ。

あと漢字をわざわざひらがなで書いたものの例ですが
昔奈良に遊びに行った時、地元の銀行の「キャッシュコーナー」のATMを利用しました。その時に扉に「なんとキャッシュサービス」と書いてあるのを見て、
「田舎じゃあるまいし、今更ATMくらいでイバることないのに~」と思ったのです。
ところがあとでそれは「南都銀行」の読みだったと知り赤っ恥!
(今は銀行再編の嵐でこの銀行も残っているのかなぁ?)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報