賢くない質問ですみません。

主に社外文書で自分を表す表現、『小職』ってありますよね。
ウチの上司はこれをよく使っているのですが、goo辞書に、

小職・・・一人称。官職についている人が自分をへりくだっていう語。

とあります。
自分は役職無しのヒラ社員なので『小生』を使おうかな、と思っています。
他に「自分は・・・」や「○○は・・・(苗字)」という表現も有りかと思いますが、ビジネスマンの皆さんはどのように社内文書、社外文書で一人称を表現してますか?
よろしければアドバイス下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「小職」はへりくだって言うほどの「職位」に就いていることが前提ですから、職位なしや、あるいは社長とかが使うのはそぐわないですね。



 通常自分自身を指すには「小生」が謙譲の意を表すといわれていますが、実際の文書で使用されると、「どっから丸写ししてきたんだ」と思われてしまいます。読むほうにも違和感を感じさせないのは「私(わたくし)」でよいと思います。

 ただ、文書で使う場合に利用するシーンで微妙に違ってきたりします。

 例) 自分が異動・退職した など変化を伝える場合
 「さて私こと、このたび○○を拝命いたしまして・・・」
 これは、「私儀」とかかれる場合もあります。この時には「儀」の字を小さく書きます。

 「自分」という表現は軍隊を連想させるので、男性であればあまり使わないほうがよいでしょう。 また苗字を使うのは、対象をはっきりさせる時だけです。乱用すると幼稚な印象を与えます。 例えば「・・・につきましては△△までお申し付けくださいませ」といった感じ。

 また、自分の担当全部を表すときにも「私ども(わたくしども)」の表現のほうがすらっと読まれます。

 文書で「私」と書くと「わたし」と読まれてしまう可能性がありますので、日頃から社外や社内でのあらたまった席においては「わたくし」とはっきり言うことを習慣づけておく必要があります。そうすると、相手もyu-ji3さんの文章を読んだ時に、「私」=「わたくし」とイメージが関連付けられますので。日頃の言葉遣いがぞんざいなのに、ペーパー上できちんと書いても、しらじらしいだけですので、日頃から話し言葉も気をつけておくことが大切です。

 ただ会社によって文書のカラーがありますので、yu-ji3さんの周りの先輩の皆様にご教示いただくのも大事ですよ。

参考URL:http://www.aimcom.co.jp/newstool/bunrei.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に解りやすいご回答、ありがとうございます!
なんか疑問が晴れた事より私(!)の回答に的確に答えていただいた事に少し感動しました。
と、いう訳で今後は『私(わたくし)』とを使っていこうかと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/06/24 05:22

個別事情を無視して一般論でいえばビジネス・レターに小職も小生も使われません。

宛名はxx株式会社営業部長 東京太郎殿(或いは様)と個人宛のように書かれても書いている本人は○○商会営業部 大阪次郎 と個人名を書いても、お互いに会社を代表して手紙を書いている以上、相手は貴社、貴店、貴部でありこちらは
弊社、当部(当部門)となります。ただし、相手の昇格祝いや栄転祝いなど個人色が強い場合は、当然貴殿、xx部長様になります。この場合でもこちらは弊社であり営業部門一同とかの表現になるでしょう。

相手も個人名、当方も個人名の場合は個人会社同士の交信でない限りビジネス・レターではなく私信になってしまい組織としての権限・責任が不明確になってしまいます。

例外として取引先を招待したあるいは招待された会食の席上で挨拶に立ち、小職や小生を使うことはありえます。個人的にはこんな時代遅れの言葉はつかいませんが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の上司(50代)から『小職』を使ったメールが私に来た時、やはり不自然な感じがしました。
やはり『時と場合』が大事なんですね。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 05:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q意味のわからない言葉がありました

はじめまして。日本人として非常に恥ずかしいのですが、下記の文章の意味がイマイチよくわかりません。
会社の上司から来たメールなのですが、小職という言葉の意味が理解できません。
辞書で引いたら、「小職(しょうしょく):::自分をへりくだる言い方」とありました。
自分(上司)は、8月中欧州にいく。君もがんばれ!ということなのでしょうか・・・

【文章】小職8月末まで欧州遠征ですが頑張って励んでください。

Aベストアンサー

 その通りでいいと思います。
 補足するなら、8月中自分はいないのでその間しっかりやるように、という意味も込められているのでは無いでしょうか。

Q訳が合って、自分の苗字が、住んでいる県の苗字ランキングで何番目位に 位置するかを知りたいです

こんにちは。

訳があって、自分の苗字が、住んでいる県の苗字ランキングで何番目位に
位置するかを知りたいのですが、こういう事が調べられるサイトや本が
ありましたら御紹介下さいませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このデータベースで都道府県別に調べられるのでは?
http://myoji-yurai.net/prefectureRanking.htm

Q女性も小職って使いますか?

社内で男性が「小職」という言葉を使い文書を作成していますが、この言葉は女性も使っていいのですか?
1人の女性が好んで使うのですが、何だか違和感を感じます。
「小生」は目上の方にはタブーと聞きますが、「小職」も同じでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
 
「小職」とは、
官職にあるものが、
自分をへりくだって言う語ですから、
男女問わず、目上目下関係なく使えます。
      

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=09869400&p=%A4%B7%A4%E7%A4%A6%A4%B7%A4%E7%A4%AF&dname=0ss&dtype=0&stype=1&pagen

Q一人称小説の敬語の書き方

どうしても自己解決ができないので質問させてください。
私は小説を趣味で書いているのですが、初めて一人称で書くことにしてかなり戸惑っています。
ずばり、地の文の敬語をどうするか?

ある程度の上司や年上程度の人が対象なら特に気にならないのですが、登場人物に相当位の高い人が出てくるので、その人の描写をどうすべきか迷っているのです。
分かりやすく言うと、主人公が平民。対象の人物が王様だと思ってください。

A:私に向かって王様は○○と言った。
B:私に向かって王様は○○と仰った。

A:王様が城からやってきた。
B:王様が城からおいでになった。

この場合、AとB、小説の地の文としてはどちらが適当だと思いますか?
普通の作文なら当然Bが正しいと思うのですが、地の文で何度も何度も敬語が出てくる小説なんて見たことないし、却って読み手が感情移入しづらい気がするのです。

例えば、
「王様が城からおいでになり、私に向かって○○と仰った」
・・・では、なんかくどくないですか?

この場合、王様の描写をどうしたらいいでしょうか?
ちなみに、この王様は物語の中核を担う人物なので、かなり登場回数が多いです。

どうしても自己解決ができないので質問させてください。
私は小説を趣味で書いているのですが、初めて一人称で書くことにしてかなり戸惑っています。
ずばり、地の文の敬語をどうするか?

ある程度の上司や年上程度の人が対象なら特に気にならないのですが、登場人物に相当位の高い人が出てくるので、その人の描写をどうすべきか迷っているのです。
分かりやすく言うと、主人公が平民。対象の人物が王様だと思ってください。

A:私に向かって王様は○○と言った。
B:私に向かって王様は○○と仰った。

A:王様...続きを読む

Aベストアンサー

主人公が、「王様」に対して持っている感情次第でしょう。
地の文章ということは、主人公の気持ちを表すわけですから。

「王様」という存在を当然のことと思っていて、自然に敬語を使うのが、封建主義の時代の平民だと思います。その場合はBですね。
「くどい」と感じるなら、地の文章を工夫することだと思います。
たとえば「お城から王様がいらっしゃり、私に○○と仰った」というのでは、どうでしょう?

「王様」という存在を当然のことと思っているが、敬意も何も持っていないということを表すなら、「王様が城からやってきて、私に向かって○○と言った。」でもおかしくはないと思います。

「王」という存在に反感を抱いている存在なら、「様」も付けないでしょうね。「王が城からやって来て、私に向かって○○と言った。」と敬意を示す表現は一切入れない。

「王」という存在に心酔している人物なら、「国王陛下がお城からお出ましあそばし、私に向かって○○とお言葉をかけてくださった。」

色々と試してくださいね。

Q小職、小生・・・?

自分のことをへりくだって言う場合の、”小職””小生”の使い分けですが、明確なものはありますか?
”小職”は社内でのへりくだり、”小生”は男性が一般的につかうもの?というのが”ワタクシ”の中で定義です。
では、女性が対外的にへりくだるのはなんて言うのでしょうか?

Aベストアンサー

敬語の謙譲語ですね。
しかし、「小生」とは、自分と同等か、目下に対して
「自分」を言う言葉です。
例えば、あなたが平社員として、課長に対して
「小生」という使い方はいけません。
念のため。

Q「痴人の愛」の一人称告白体の意義は?

谷崎潤一郎の著書「痴人の愛」はどうして一人称告白体をとったのでしょうか。こんな視点はどんな意義と効果を果たしていますか。100字ぐらいお答えいただきたいのです。お願いします。どうもありがとうございます。

Aベストアンサー

「痴人の愛」は主人公から読者への語りかけ、という親しげな語り口調で文が構成されています。一人称形式の告白体は物語に信憑性を持たせるという目的のために用いられたものであろうと思われます。フィクションでありながら、あたかも現実に目の前で、自分自身に対して語りかけられているかのごとく、読者を錯覚させる効果があります。

Q「小職」の使い方について

 先日、某大手航空会社会社の20代前半女性従業員(ヒラ社員)の接客についての不手際を申し出て、お客様相談室に「彼女からの謝罪文がほしい」と要求し、受取ました。その文章の中で自分のことを「小職」と使っており、違和感を感じました。
 私の職場の男性上司が「小生」を多用しており、違いを自身でネットや辞典などで調べたところ
「小生」・・・(手紙で男性が)同等、あるいは同等以下に自分を謙遜する言い回しとありました。
「小職」については、辞書に記載はありませんでしたが、ネット等で調べたところ「官職が自身を指す?こと。また(役職者が)目上の者に対して使う言葉」とありました。


語源からすると自身では男性が用いるイメージが強いです。


「20代前半の世間も分かっていないような娘が「小職」など仰々しい表現だし、違和感を感じる。「わたし」「わたくし(め)」が自然ではないか」とお客様相談室に申し出ると「謙遜する一般的な表現で特に問題はない」との回答。

「小職など」日常で使わなく、かつ形式ばった言葉を(その娘が)知っているとも思えず、クレーム対応マニュアルをコピー&ペイストしたぐらいにしか思っていませんが、20代半ばの娘が(仮に)謝罪文として書くのに適切な表現なのでしょうか。

本題はここまで。

ちなみに謝罪文は郵送で来ましたが、最近その会社の屋号が変更になり、封筒の印刷済み社名のところに修正テープを用いて新しい屋号を手書きで書き直した封筒が届きました。

理由を聞くと「経費削減のため」だそうです。
謝罪文の言葉遣いといい、やはり常識や教養に欠ける会社だからこのような謝罪文や書面を送りつけてくるのでしょうかね。

 先日、某大手航空会社会社の20代前半女性従業員(ヒラ社員)の接客についての不手際を申し出て、お客様相談室に「彼女からの謝罪文がほしい」と要求し、受取ました。その文章の中で自分のことを「小職」と使っており、違和感を感じました。
 私の職場の男性上司が「小生」を多用しており、違いを自身でネットや辞典などで調べたところ
「小生」・・・(手紙で男性が)同等、あるいは同等以下に自分を謙遜する言い回しとありました。
「小職」については、辞書に記載はありませんでしたが、ネット等で調べたと...続きを読む

Aベストアンサー

【小職】
・・・一人称。官職についている人が自分をへりくだっていう語。

現代風に読み替えると、「職位」をへりくだって言える立場の人間の使う言葉ですから、グループやチームの責任者クラスが使う言葉になると思います。
ですから、小職=課長、マネージャ。
職位に対して指示、命令権を持たない、担当者や主任クラスが「小職」を使うのは可笑しいですね。

> ちなみに謝罪文は郵送で来ましたが、最近その会社の屋号が変更になり、封筒の印刷済み社名のところに修正テープを用いて新しい屋号を手書きで書き直した封筒が届きました。

・手書き?
信じられない。
古い屋号の封筒類は、一般的に、取引先や、グループ企業や関係会社、社内便用の封筒に使用すると思います。
一般のお客様や、、、
特に、お客さま相談室への問い合わせに対する回答文書の送付に「手書き修正」封筒を使うなんて正気の沙汰とは思えません。

それは、それは、すんごい!会社ですね。

Q本の要約の際の一人称は「わたし」?「筆者」?

タイトルがわかりづらくてすみません。

本を要約する課題がでて絶賛取り組み中でございます。

たとえば、
「私がこの本を書くことになったきっかけは…」
という部分があり、この部分は要約に含めたいなと思った場合、

「私は…という理由からこの本を書くことにした」
と書くのか、
「筆者は…という理由からこの本を書くことにした」
と書くのかどっちなのでしょうか。

要約なので、自分の感情や感想などを入れないということはなんとなくわかるのですが、要約を書く立場は著者ではなく、自分でいいのですよね?

Aベストアンサー

・質問者(domybestatall)は課題の中の疑問を解決するため、教えて!gooで投稿した。

・私は課題の中の疑問を解決するため、教えて!gooで投稿した。


以上もある意味要約ですが、
私としてしまうとdomybestatallさんが投稿したのかよく分かりません。

それと同じく、

>「筆者は…という理由からこの本を書くことにした」

のほうが正しいのではないでしょうか。

Q「小職」、「小生」の使い方

最近、私の部下(20代半ば)が社外向けのメールで頻繁に、自分のことを「小職」と言ったり、「小生」と言ったりしています。私の認識では、

「小職」は、役職に就いている人間がへりくだって言う場合に使用。どちらかというと、社内向けの文書で使う言葉。

「小生」は、目上の立場のものが、下のものに対して、へりくだって言う場合に使用。目上のものに対しては、通常使わない。

という感じで認識していますが、間違っているでしょうか?
注意をしようかどうか迷っています。
お客に対して、威張っているような感じも受けるのですが、私だけでしょうか。

Aベストアンサー

× 小生が思うに、顧客向けの文書では「小生云々」は使わない方が宜しかろうと存じます。
○ 私の考えでは、お客様向けの文書では「小生云々」は使わない方が良いと思います。

このように、小生は、文章全体の文体をも左右しかねません。
ですから、前者では、「偉そうに答えやがって」と思われることでしょう。
全体に高所から情報を発している文体になっているので当然のことです。
小職も、また、同じです。
加えて、何か、官僚的な上意下達の臭いも感じます。

理由と用法は、質問者の考えられている通りでしょう。
注意すべきかと思います。

Q一人称語り「私」と「自分」についてお教えください

自伝や自伝的小説、自伝的エッセイ、あるいは私小説における「私」という一人称語りと「自分は」という一人称語りとの相違点は何なのか、お教えください。

Aベストアンサー

失礼致します。nextbaronと申します。

「私」と「自分」という表現の違いの一例を記します。

「私」という表現を利用する目的: 自分自身を主観的に捉え、内面的な感情を記すため。

「自分」という表現を利用する目的: 自分自身を客観的に捉え、外面的な状況を記すため。


人気Q&Aランキング