「教えて!ピックアップ」リリース!

パソコンが重いのでタスクマネージャを確認するとメモリの容量が85%となっていました
メモリの使用量が増えると処理が低下するそうなので改善したいです
自分のパソコンは メモリ4.0GB コミット済み4.7/6.0GB とありました、
物理メモリとハードディスク上の仮想メモリを合わせた総サイズをコミットというようですが仮想メモリとは何ですか?
勿論調べましたが 物理的な容量にとらわれず、プログラムを動作させることができるメモリの仕組み などとあり理解できませんでした 物理的とはどういうことでしょうか?
パソコンはこの物理メモリが不足することで仮想メモリを使用して動作するため遅くなるらしいですが物理メモリとはなんですか?
仮想メモリという仕組みもよくわからなくて仮想で作り出したメモリが出せるなら永遠に仮想空間にメモリを創造できるのではないでしょうか?
よくわからないので物理と仮想の違いを教えて下さい

A 回答 (4件)

物理メモリと仮想メモリ


----
メモリの種類
ROM←ユーザーは書き込めない(メーカー等が、必要な項目を予め書き込んで)→PC等へ取り付ける。一度書き込んだら、内容が消えない。

RAM←ユーザー自身(又は、CPU等が)が、書き込む事が出来るメモリー

電気の通電が切れると(内容が消えて仕舞うタイプと、内容が消えないタイプとが有る)

通常、メモリと呼ばれる物は、記憶の書き込みや読み出しに←物理的な稼働部分が無く←電子的方法で、書き込んだり、読み出したりする。

此れに対して、機械的←(物理的記憶)記録する物に→HDDやCD・DCD・BL(ブルーレー)や昔のフロッピーデスク等がある。
------
CPUは→メモリーを介して(仕事←計算を)動きます。

CPUはとても働きが早いので←に対応出来る、メモリーも高速処理の出来る事が必須条件、←それには、物理的な(機械的)部分が有ると、cpuの働きに、追従出来ない。
従って、RAMとかROMと呼ばれる(電子的記憶媒体)物で仕事をさせますが←価格が高価な為、余り大きな容量のメモリーは使いたく無い。←そこで、値段の安い(機械的可動部分のある)HDD←等を電子的メモリーの一部代替として使うのを→仮想メモリと呼ぶ。
----
windowsでの仮想メモリーの設定では、←電子メモリーの3倍くらいを(HDDに)割り当てて使います。
実際には、cpuが要求するメモリーは(電子的メモリーから)使い、←電子メモリーの内容が不足してくると→(HDD←に作った仮想メモリーを)使いますが←仮想メモリーは(HDDなので←書き込みや読み出しに)可動部分(機械的部分)が介在する為、スピードが落ちます。

なので電子的メモリーを十分に積めば、←仮想メモリーは作らない方がPCはスムースに動きます。
----
最近は、HDDの代わりにSSD←(電子的メモリーの塊)を載せますので←ssdに仮想メモリーを作れば動作も早い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2016/08/03 09:00

仮想メモリ 【 virtual memory 】 仮想記憶 / バーチャルメモリー


http://e-words.jp/w/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E3%83%A1% …

仮想メモリ=物理メモリ+仮想的なメモリ領域(ページングファイル、スワップファイルなど)

仮想メモリとは、OSによるメモリ管理の方式でWindowsではページング方式で管理されています
CPUは物理メモリに対いてしかアクセス出来ないので、「仮想的なメモリ領域」にあるデーターは入れ替え(スワップ)がOSによって行われるから遅くなります。


http://e-words.jp/w/%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83% …
>Windowsではスワップ機能を「仮想メモリ」と称していることなどから、よく混同されている。

物理メモリの対比的に仮想メモリと使われますが、に厳密には「仮想メモリ」=「仮想的なメモリ領域」では無いので注意が必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

仮想メモリと仮想的メモリの違いが分かりません
どうちがうのでしょうか?
仮想的なメモリとはなんですか?

お礼日時:2016/07/27 04:20

#1です。



>パソコンは物理メモリが不足すると、仮想メモリを使用して動作します。その場合、パソコンの動作は遅くなります。

物理メモリの容量は設置されたメモリモジュールの容量そのものになります。
例えば4GBのメモリモジュールを1本だけメインメモリに設置しているPCの物理メモリ容量は4GBになり、4GBのメモリモジュールを2本設置しているPCの物理メモリ容量は8GBになると言う具合です。
さて、質問文にある「物理メモリが不足する」状況はどういう状況かと言えば、アプリで使われるデータの容量がメインメモリの容量を上回ってい状態、つまりメインメモリが4GBのPCで5GBとかデータを扱っている場合の事になります。
で、5GB-4GB=1GB分のデータがコップの水があふれる様にメインメモリ(コップ)の容量を超えた場合にそのあふれたデータ(水)を受け取るのが「仮想メモリ」と言う訳です(コップの水はあくまでもイメージであって実際には水の様に動く物ではありません)。
ただ、メインメモリと仮想メモリの置かれるHDD等のストレージとではCPUがデータにアクセスできるスピードが段違いに違う(メインメモリの方が早い)ので、「仮想メモリを使用して動作します。その場合、パソコンの動作は遅くなります。」と言う状況になるのです。

>この説明ではこの物理メモリというのを減らせばいいということですか?それとも仮想の方を減らせといているのでしょうか?

上記の説明を読めば判ると思いますが。正解は「物理メモリを増やせ」です(相対的に言うなら「扱うデータの容量を減らせ」ですけどね)。
メモリ容量(コップ)を大きくすれば、扱えるデータ(水)は増える訳で、先の例で言えば5GBのデータを扱うならあふれない様に5GB以上の物理メモリを増設すれば良い訳です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

要するに仮想メモリにまで負担をかけているから遅くなっているということですよね
何故メインメモリに余裕があるのに仮想メモリをしようするのかが分かりませんが仮想メモリを使わなければ早くなるということですよね
ありがとうございました

お礼日時:2016/07/26 03:59

物理メモリとはハードウェアとしての実体がある(物理的に存在するから物理メモリ)メモリの事で、下記URLのメインメモリにあるメモリモジュールの事を指します。


http://www.pasonisan.com/pc-memory/top.html

それに対して仮想メモリと言うのはハードウェアとしての実体がないメモリの事で、ハードディスクドライブ等の空き領域を利用してメインメモリが足りない場合にその補助をプログラム的に行う(だから「仮想」)ものです。

仮想メモリは創造(最初に作り出すこと)はされないですが、OSが起動している時には恒常的に領域を確保されています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
物理メモリ=触れるメモリ
仮想メモリ=他のメモリの隙間を借りて一時的に物理メモリの代わりにする
という解釈でよろしいですか?間違っていれば訂正をお願いします

仮想と言っても作り出したものではなく周りに元から準備されているんですね、分かりやすい解答をありがとうございます

軽くする方法として
パソコンは物理メモリが不足すると、仮想メモリを使用して動作します。その場合、パソコンの動作は遅くなります。
とありました この説明ではこの物理メモリというのを減らせばいいということですか?それとも仮想の方を減らせといているのでしょうか?
この後に説明は無いので分かりません、どちらでしょうか?

お礼日時:2016/07/26 01:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング