マンガでよめる痔のこと・薬のこと

AS400とメインフレームとはどのようなものでしょうか?
上記2つの違いがいまいちよく分かりません。
具体的にどのような違いがあるのかご教示願えませんでしょうか?
お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

規模的にはAS400が小・中規模のコンピュータになりますが、メインフレームは中・大規模になります。


使い方は規模によって必ずしも固定的ではありませんが、AS400が中規模企業で、メインフレームが大企業で使われることが多い。この頃はまだ価格的に小企業で導入できるコンピュータはありませんでした。
表計算ソフトが動くようなコンピュータではないので全てシステム開発が必要で、いずれも専門の知識をもった技術者が行うのですが、設計思想的にAS400はより開発や運用の容易性を追及しているのに対し、メインフレームは高度大量処理を追及するものになっていました。
    • good
    • 0

メインフレームとは大型コンピュータを指す。


AS400とはIBMのコンピュータシリ-ズの1つ。


メインフレーム
汎用コンピュータ、 汎用機、汎用大型コンピュータ、大型汎用コンピュータ、ホストコンピュー、ビジネスコンピューとも言う。

企業の基幹業務システムなどに用いられ、電源やCPU、記憶装置を始めとするほとんどのパーツが多重化されており、並列処理による処理性能の向上と耐障害性の向上が図られている。

1980年代頃までは、コンピュータといえばメインフレームのことであった。
最近では、一部のシステムではパソコンや小型サーバコンピュータをネットワークを通じて相互に接続した分散型のシステムがメインフレームに取って代わるようになり、メインフレームの役割は変化しつつある。

これら、コンピュータのハードも、それを作るメーカが存在する。
IBM、ヒューレット・パッカード、デルコンピューター、富士通、日立、東芝、NEC・・・・など。

各メーカとも、機種ランアップは非常に多い。

AS400はIBMのシリーズの1つ。
1988年に最初のモデルが発売。
汎用のコンピュータシステムとして初めてセキュリティ認証を受けた。

このシリーズ名は、時代とともに変わっているので、いまは「AS400」ではありません。
「AS400」の名称が有名すぎたため、シリーズ名が変わった後でも「AS400(えーえすよんひゃく)」や「AS(えーえす)」の名前が一般的に使われています。
    • good
    • 1

大型コンピュータを指す。


汎用コンピュータ、 汎用機、汎用大型コンピュータ、大型汎用コンピュータ、ホストコンピュー、ビジネスコンピューとも言う。

企業の基幹業務システムなどに用いられ、電源やCPU、記憶装置を始めとするほとんどのパーツが多重化されており、並列処理による処理性能の向上と耐障害性の向上が図られている。

1980年代頃までは、コンピュータといえばメインフレームのことであった。
最近では、一部のシステムではパソコンや小型サーバコンピュータをネットワークを通じて相互に接続した分散型のシステムがメインフレームに取って代わるようになり、メインフレームの役割は変化しつつある。

これら、コンピュータのハードも、それを作るメーカが存在する。
IBM、ヒューレット・パッカード、デルコンピューター、富士通、日立、東芝、NEC・・・・など。

各メーカとも、機種ランアップは非常に多い。
AS400はIBMのシリーズの1つ。
1988年に最初のモデルが発売。
汎用のコンピュータシステムとして初めてセキュリティ認証を受けた。

このシリーズ名は、時代とともに変わっているので、いまは「AS400」ではありません。
「AS400」の名称が有名すぎたため、シリーズ名が変わった後でも「AS400(えーえすよんひゃく)」や「AS(えーえす)」の名前が一般的に使われています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIBMのAS/400について

こんどAS/400に関する仕事をしそうなのですが、AS/400についてご存じのかた、下記の件について教えていただけませんでしょうか。
1.AS/400はハードウェアの名称でしょうか。
2.通常、AS/400上に搭載されるOSはAIXでしょうか。
3.AIXは64ビットUNIXと聞きましたが、他のUNIX系OS(Soralis,HP-UX,Linux)等と比べて、大きい違いはあるでしょうか。もし、AIXで開発作業を行う場合、他のUNIX系OSの知識があるとしても、かなり覚えるべきことがあるのでしょうか。(Solaris,HP-UX,Linuxでは開発経験があります)

Aベストアンサー

3は分からないので、1と2だけ。

>1.AS/400はハードウェアの名称でしょうか。

はい。その通りです。
ただし、2年ほど前から統合アプリケーションサーバという位置付けになり、名称もiSeriesと呼ばれるようになっています。

>2.通常、AS/400上に搭載されるOSはAIXでしょうか。

基本OSはOS/400という独自のOSです。
ただし、iSeriesと呼ばれる機種になってから、WindowsやUNIX、LINUXなどのプラットフォームに対応するようになっています。(それ以前の機種では対応しません)
参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www-6.ibm.com/jp/servers/eserver/iseries/product/

Qホストとオフコンの違い

ホストとオフコンの違いってなんでしょうか?
サイトでいろいろ見ても良く分かりません・・・

ホストはメインサーバー一つでその中でプログラム開発して稼動するイメージです。RDBもなくデータはファイルでやり取りしているイメージです。
一方オフコンも基本的にはホストと同じだけど、RDBを有し、データはそこに格納されるイメージです。違っていたらご指摘ください。
また、他にもっと明確な違いがあれば教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>ホストはメインサーバー一つでその中でプログラム開発して稼動するイメージです。
RDBもなくデータはファイルでやり取りしているイメージです。

初期はRDBは無かったですが、現時点では、RDBは割りと使っているように思いますよ。

>>一方オフコンも基本的にはホストと同じだけど、RDBを有し、データはそこに格納されるイメージです。

オフコンも初期はRDB無しのことが多かったように思います。

>>また、他にもっと明確な違いがあれば教えていただければと思います。

私の経験では、オフコンは、OSやソフト、信頼性などの面からは、ホストの廉価版っていうほうがピッタリのように思います。サポート体制や価格からしても、PCよりは、ホストと比較するほうが適切だと思えるレベルですからね。(PCでは「障害の原因は不明です。OSがあのMS製ですし・・・」と言えますが、オフコンでは、「障害の原因はきっちり解明して、ユーザに報告する」が当然の世界だし、それが可能な世界でした。)

ただ、「IBMや富士通のホスト機ではこうだった」という先入観を持っていると、オフコンにはメーカの独自機能があったりで、とまどうことも多かったです。いずれにしても、もう「オフコン」って単語を目にすることないですね。晴海のデータショーなどでオフコンや大型のホスト機が展示されているのをみたのも、もう遠い思い出です。

>>ホストはメインサーバー一つでその中でプログラム開発して稼動するイメージです。
RDBもなくデータはファイルでやり取りしているイメージです。

初期はRDBは無かったですが、現時点では、RDBは割りと使っているように思いますよ。

>>一方オフコンも基本的にはホストと同じだけど、RDBを有し、データはそこに格納されるイメージです。

オフコンも初期はRDB無しのことが多かったように思います。

>>また、他にもっと明確な違いがあれば教えていただければと思います。

私の経験では、オ...続きを読む

Aベストアンサー

サーバはPCかそれに類する設計のコンピュータで、複数のPCから接続されるものを言います。メインフレームはと言うと、昔で言う汎用機(大型コンピュータ)のことです。ホストコンピュータは、今で言うサーバを古い表現で呼んだものですね。

ということで、機械としては違うけど、同じ用途に使われていたら、呼び方が同じになる場合があります。例えば、メインフレームで運用しているサーバと、PCで運用しているサーバは、呼び方としてはどちらもサーバです。逆に、同一のメインフレーム機を、ある会社は企業内ホストコンピュータとして、またある会社は科学技術計算に使っているとしたら、違う呼び方をされるでしょう。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

QAS400とは?

昔の企業がよくAS400使っているという事をよく耳にします。そもそもこれはサーバらしいですが、今で言うとLINUXにあたるものなのでしょうか?特徴等教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

俗に言う「ホストコンピュータ」ですね。

IBM独自のOSを搭載した大型コンピュータです。
プロトコルも独自の「SNA」を使っているため、通常のLANで使うTCP/IPとは互換性がありません。

ただし最近はSNAをIPに変換する装置などもあるため、これらを使ってIPネットワークに入れることも可能です。

なおIBM以外にもホストコンピュータを作っている会社はあります。NEC、富士通、日立なども独自のホストコンピュータを製造しており、そこそこ大きな会社やなどに導入されています。それぞれ独自のプロトコルであるため互換性はありません。(NECのDINA、富士通のFNA等)

また役所の住民情報の管理にもこれらのホストコンピュータが使われています。

Q汎用系とオープン系の違いって?

ソフトウェア業界について勉強しています。
本によると、『業務システム開発は、汎用系システム開発とオープン系システム開発に分かれる』とあるのですが、違いがよく分かりません。

知り合いからは、「例えば人事給与システムはオープン系で、銀行などの基幹システムは汎用系だよ」と言われました。
それって、つまり規模の差ってことでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

おおまかに言えば汎用系とオープン系は高速性、信頼性が違います。汎用系のほうがどちらも優れています。
データ量だけならオープン系をSAN環境で使用すればどちらもあまり変わりません。

汎用系は高速性を要求される為、そのプログラミングはハードウェアに特化(ハードウェアやシステムの特性を考慮した)ものになります。よってマシン語に近い言語を使用することも多く、システム専用に構築される場合が多いので、システム変更や他に応用することが容易には出来ません。(昔銀行の統合でこれに失敗して大事件になったことがありますよね。)

オープン系は主にWindows等のアプリケーション(例えば会計ソフト)が動作する環境に用います。ハードウェアに特化しないので、その変更が汎用系に比べ容易です。

汎用系は集中処理型システムであるがゆえ、信頼性も高いものが要求されます。極端にいえば1台システムがダウンすると全滅してしまいます。ですからそのようなことがないように障害発生時の対処についてもオープン系よりもシビアなものとなります。

とはいえオープン系も信頼性が高くなってきており、さらにSAN環境等でリスク分散することでさらに信頼性を高めることができます。

汎用系とオープン系は互いに一長一短ですので使用するシステムの特性にて使い分けます。
極端な例でいえば銀行ATMなど大勢の人が同時に使用するようなシステムの場合は汎用系でないと対応できないでしょうし、質問者様自身が何かのアプリケーションを使用する為に自分のPCにディスクを増設されてもそれはオープン系システムと言えます。

つまり汎用系システムは、高速性などそれでないと対応できない場合に用い、オープン系はその名の通りオープンですのでいろいろな用途のシステムに用いるのが一般的です。

こんにちは。

おおまかに言えば汎用系とオープン系は高速性、信頼性が違います。汎用系のほうがどちらも優れています。
データ量だけならオープン系をSAN環境で使用すればどちらもあまり変わりません。

汎用系は高速性を要求される為、そのプログラミングはハードウェアに特化(ハードウェアやシステムの特性を考慮した)ものになります。よってマシン語に近い言語を使用することも多く、システム専用に構築される場合が多いので、システム変更や他に応用することが容易には出来ません。(昔銀行の統合でこ...続きを読む

QVBとVBAの違い

お世話になります。

現在、ExcelVBAで機械設計の計算をさせようと思い勉強しているのですが、VBとVBAの違い(VBと比較したとき、VBAできること、できない事)の境目?がいまいち判りません。
まだまだ勉強中で困惑しております。このままExcelVBAを勉強していく物か、VBについて勉強していくか迷っています。このままExcelVBAを勉強してExcelVBAを理解すれば判断できるかと思うのですが、畑違いの勉強になってしまわないかと心配です。

やりたいことは、各種計算の簡略化です。
現在は、関数電卓で行っていますが、これをパラメータを入力すると計算結果が出る。このような物を作りたいと思っています。

長くなってしまったのでまとめると、
1、VBAとVBの違い
2、ExcelVBAで設計計算が可能か
あと、
プログラムにより計算させるときに、最適なプログラム(JavaとかPHPとかHTML等など・・・)お勧めのプログラムがありましたらアドバイス頂けたらと思います。

Aベストアンサー

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではできませんので、VBが必要です。

2. ExcelVBAで設計計算が可能か

可能です。また、多分VBAを使わなくてもExcelの関数でもある程度のことが可能だと思われます。お持ちの関数電卓の桁数にもよりますが、相当な高精度が必要でない限り大丈夫です。

文面からすると、プログラミング未経験のようですが、やりたいことが明確なので、Excelをお持ちであればVBAで始めてみてはいかがでしょうか。他の言語(Java, C, PHP...)でも可能でしょうが、中には環境を用意しなくてはならなかったり、本質である計算以外に気にしなくてはならないことが多く、初心者にはとっつきづらいのではないかと考えます。

VBAからVBへの移行、VBからVBAへの移行はどちらも可能ですし、VBAからVBへの移行は多少時間がかかるかもしれませんが、VBよりVBAから始める方が楽なので、どちらに優越があるとは一概に言えないと思います。一人でちょっと使う程度や勉強用なら、ExcelVBAをお勧めします。
しばらくすると、ExcelVBAの限界を感じるようになると思うので、そこからVBに移行するというのでも悪くないと思います。

1. VBAとVBの違い

VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。
また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。
もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではで...続きを読む

Q会計用語の「AP or/and AR」とはどういう意味でしょうか。

英文レジメのスキルチェックシートの中に「AP or/and AR」という用語があるのですが、これはどういう意味でしょうか。

ARは辞書で調べると、acknowledgment of receipt 受領通知{じゅりょう つうち}とあったのですが、APは分かりませんでした。

また、ARについては意味は分かったのですが、受領通知の経験ってなんだろうって考えちゃうんですが・・・。

レシートを受領するって事ですから、それをもらって清算する、即ち出納係りの事でしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

タイプミスがありましたので、再度書きました。

会計用語の場合、ARときたらAccount Receivableだと思います。またAPはAccount Payableで日本語では前者は販売した商品で今後入金があるという意味です。また後者は受け取った荷物があって期限内に支払いが発生するというととになります。日本語では売掛と買い掛けでしょうか。

QProxyを利用しているかどうか確認する方法

自分のPCからネットに接続する際
Proxyサーバを経由しているかどうかを
確認する方法はありますか?

Aベストアンサー

ブラウザーがIEの場合として、
ツール→インターネットオプション→接続→LANの設定→LANにプロキシサーバを使用する ここにチェックがはいっていればProxyサーバ経由です。

Q資産と経費の処理の違い

仮に会社でパソコンを購入する際、10万未満の資産にならない安いものは直ぐに購入できるのですが、30万以上の資産扱いになる物だと経理が急に渋り出すのは何故ですか?
固定資産税が発生するのは理解できるのですが、経費で単年で損金扱いにするのと、資産に計上して数年かけて減価償却するのでは、税金に違いが出てくるのでしょうか?
減価償却費も損金扱いになり、キャッシュも減らないので固定資産税がかかるのを嫌うのでしょうか?

Aベストアンサー

1. 資産は減価償却しなければいけないため、経理処理が煩雑になること。
でも、これだけが経理が渋る原因ではありません。
(それだけなら経理の職務怠慢です)

2.一番大きな原因は損益に直接影響するからでしょう。
例えば1000万円の車を買ったとして、(200万円×5台でもいいです)
キャッシュで1000万円はなくなります。
車の償却年限は5年ですから、単純に年の経費にできるのは、
200万円です。(実際は違いますが。。省きます)
つまり、1000万円の出費にも関わらず、経費として認められるのは
たったの200万円なのです。

>税金に違いが出てくるのでしょうか?

上の例でいくと、仮に1000万円使ってキャッシュフローがプラスマイナスゼロ
でも、800万円の利益がでてしまい、法人税がそれに○0%かかることになります。

30万円のパソコンでも規模が小さい所にとっては額は大きいですし、
大きな規模の会社ならそれだけ人数が多いので、パソコン1台
というわけにもいかないのです。

つまり、そのあたりの資金計画、収支計画にのっとった購入を
しないと、会社の経営がおかしくなりかねない。という側面も
含んでいるのです。だからリースなんてシステムを利用するところも
多いのです。

1. 資産は減価償却しなければいけないため、経理処理が煩雑になること。
でも、これだけが経理が渋る原因ではありません。
(それだけなら経理の職務怠慢です)

2.一番大きな原因は損益に直接影響するからでしょう。
例えば1000万円の車を買ったとして、(200万円×5台でもいいです)
キャッシュで1000万円はなくなります。
車の償却年限は5年ですから、単純に年の経費にできるのは、
200万円です。(実際は違いますが。。省きます)
つまり、1000万円の出費にも関わらず、経費として認...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報