AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ヤマハ YSP-1600を購入しました。
今使っている、ホームシアターシステムは、15年くらい前に買った物です。
ヤマハの製品なのですが、どうせだったら今使っているウーハーを使おうかと
考えてます。

しかし、YSP-1600のウーハーの接続端子は、アナログケーブルみたいな接続端子です。
私の持っているウーハーの接続端子は、PS2みたいな針がいっぱい出てるケーブルです。


このウーハーとYSP-1600を接続するのは不可能なのでしょうか?
15年前の商品だったら、YSP-1600に内蔵されているウーハーの方が、高機能でしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

所有するホームシアターシステムがワンパッケージのセット商品なら


拡張性の出来ない仕様であり新規購入品への流用もできません。
YSP-1600とは接続不可能ですので諦めてください。
拡張性を考慮した仕様ならYSP-1600のサブウーハー端子のようにRCA端子を装備します。
ブレ―レイを絡めたホームシアターならHDMI端子装備は必須となっています。

お持ちのホームシアターシステムの機種名が分からないので
どちらが上かなどは判断できません。
最新機種の方が高性能な場合もあればその逆も有り得るからです。
ただし15年前の品なら経年劣化しているのでその分を差し引く必要はあるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
RCA端子の物でないとダメなんですね。。。

光ケーブル最前線の時の仕様のものですので。。。。

諦めることにします!
もし、低音に不満が出てくるようでしたらウーハーを別途購入
したいと思います。

お礼日時:2016/09/29 22:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPS4のサラウンド音声を音遅延無く光デジタルで出力し、普段のTVもサウンドバーで出力するには、どのよ

PS4のサラウンド音声を音遅延無く光デジタルで出力し、普段のTVもサウンドバーで出力するには、どのような接続方法が良いでしょうか?

今現在、hdmiケーブルでPS4→サウンドバー(yas106)→TV(regza g20x)とパススルーで接続し、ドルビーデジタルで音声出力しています。
ですが、これだと微妙に音が遅延していることが分かりました。
PS4とyas106を光デジタルで繋ぎ、ドルビーで出力するとこれは解消されました。
そこで、音声は光デジタルで出力しようと思い、PS4とサウンドバーをHDMIと光デジタルケーブル両方で繋いで見ました。
ところが今度はPS4の音声出力を光デジタルにしても、ドルビーデジタルでされなくなってしまいました。
どうやら、HDMIでの接続が優先されてしまっているようで、光デジタルの接続自体が意味を成して無いようです。
現に音声出力をHDMIにすると、ドルビーで再生できました。

PS4とサウンドバーを光デジタルで接続しHDMIは直接TVに差せば解決と思いました。
ですが、普段TVの音声もサウンドバーから出したかったので、さらにTVとサウンドバーをHDMI(ARC)で接続したところ、音声が直接PS4からサウンドバーに差した光デジタルを無視し、テレビを介したHDMI接続を優先して認識したみたいで、音声出力を光にしてもドルビーデジタルでの再生が出来なくなってしまいました。
ちなみに音声出力をHDMIにするとドルビー再生は可能でしたが、やはり音遅延がかなり激しいです。

HDMIの入力が繋がりがあると、光デジタルでPS4とサウンドバーを繋ぎ音声出力設定で光デジタルに設定しても、HDMI接続と認識され、光はドルビーで再生してくれないようです。
ここが困ってます。

そもそも、PS4で光デジ出力設定してるのだから、音声を光単独で出してサウンドバーでキチンとドルビーで音を出してくれれば問題ない訳ですが、何故HDMIを優先するような形になってしまうのでしょうか?これはもう諦めるしかないでしょうか?

PS4のサラウンド音声を音遅延無く光デジタルで出力し、普段のTVもサウンドバーで出力するには、どのような接続方法が良いでしょうか?

今現在、hdmiケーブルでPS4→サウンドバー(yas106)→TV(regza g20x)とパススルーで接続し、ドルビーデジタルで音声出力しています。
ですが、これだと微妙に音が遅延していることが分かりました。
PS4とyas106を光デジタルで繋ぎ、ドルビーで出力するとこれは解消されました。
そこで、音声は光デジタルで出力しようと思い、PS4とサウンドバーをHDMIと光デジタルケーブル両方...続きを読む

Aベストアンサー

訂正させてください。
TVからYAS106への接続は光ケーブルで行ってください。
TV側の遅延解消解消方法も光出力を対象にしています。

Qサブウーファーの置き場所と方向

サブウーファーを買いました。サブウーファーの形状はサイコロ型です。
サブウーファーの設置の場所を何処に設置して良いのか?に困っています。
現在設置している場所は、向かって右側に設置して有って壁は有りません。
スピーカーはコンパクトなのでサブウーファーの上に置いています。

サブウーファーの方向ですが、重低音の出る口を正面に置いてメーカーのロゴが左側、右側に、スイッチとボリョームつまみがあります。

設置の仕方が間違いでしょうか?

正しい設置の仕方を教えて下さい。宜しくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

はじめまして♪

現実定的は、実際に聴いていて違和感が無ければ、それでオッケーです。

基本的には取り扱い説明書に、置き方の範囲として書かれたバリエーション内で、自分が気に入った音が得られればそれがベターです。

本当に音の方向感が問題とならない、100ヘルツ以下の低周波だけを担当していれば、こまかな音の変化にもコダワリが強いオーディオマニアでも無い限りは、床や壁等との距離差に依る低域の量感だけで、設置場所や設置向きを考えて行けば良いでしょう。
(先のご回答者様、ヘルツじゃなく、サイクルと表現されていますが、非常に古くからのオーディオマニア(あるいはオーディオファン)か、それともチョット違う分野が得意(お仕事等)という範囲では無いかと想像致します。単位の表現方法が違うだけで、数値と結果はおなじ事ですね。)

さて、サブウーファーを右に置いて、右のメインスピーカーはサブファーの上に。

これでは、基本的にメインスピーカの左右条件が違うはずで、理想的なステレオ再生にとっては、少々疑問が出てしまいます。

理想は、左右のスピーカ設置条件がおなじで、左右スピーカーの等距離で聴く、というのがステレオ(立体音響)の理想です。
まぁ、ここまでコダワルオーディオマニアでなければ、せめて左右スピーカーの高さや向きや距離が、ほぼおなじ条件に置かれていれば、モンダイは無いでしょう。
(音は、いろんなモノに反射したりします、完全に左右対称の室内、家具やその他も含め、って事は、通常の生活空間では、あり得ませんからね。我家もドアや窓、完璧な左右対称って事はあり得ませんし、本棚やいろんな面で左右は微妙に違います。)


スピーカーの設置は、何が正しいか、、これは聴いている人が違和感が無く、楽しめる音が得られれば、それが正解なのです。

はじめまして♪

現実定的は、実際に聴いていて違和感が無ければ、それでオッケーです。

基本的には取り扱い説明書に、置き方の範囲として書かれたバリエーション内で、自分が気に入った音が得られればそれがベターです。

本当に音の方向感が問題とならない、100ヘルツ以下の低周波だけを担当していれば、こまかな音の変化にもコダワリが強いオーディオマニアでも無い限りは、床や壁等との距離差に依る低域の量感だけで、設置場所や設置向きを考えて行けば良いでしょう。
(先のご回答者様、ヘルツじゃなく、...続きを読む

Qサブウーファーの置く位置

初歩的な質問で申し訳無いんですがサブウーファーというものを初めて使います。

環境的に、今はプリメインアンプに左右のスピーカー、という状態ですが、
そこにサブウーファーを追加しようとしているんですが、
サブウーファーは(左右スピーカーに対して)どういう位置に置いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計されており、壁際に寄せると音波の放射状態などが変わってしまって、音質に影響するからです(もともと壁際に寄せて使うことを前提としているサブウーファーについては、もちろん、この限りではありません。なお、ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいますが、壁際に寄せることが常にベストであるとはいえません)。

また、サブウーファーの場合、壁との角度はほとんど関係ありません。なぜなら、低音は指向性(直進性)が弱いという特徴があるので、そもそも「角度」に意味がないからです。単純にいえば、高音は懐中電灯の光、低音は裸電球の光と思えば良く、サブウーファーの角度に意味がないのは、裸電球をどの角度から見ても意味がないのと同じです。

なお、上で「ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいる」と書きましたが、実際にはこれがいちばん重要です。専門的には「定在波」というものがあって、壁との距離の調整は、これを上手くコントロールするものだからです。

したがって、結論的には、

(1) 左右のスピーカーの間に置くのがベストだが、壁(や家具。以下同じ)に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(2) 間に置けない場合は、左右いずれかのスピーカーのすぐ外側がベストだが、壁に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(3) 壁との距離は、実際に音を聞きながら良い位置を探す。基本的に、壁際や、特に部屋のコーナーは良くないことが多い(多いだけで、絶対にダメという訳ではない)。

(4) サブウーファーの角度は、あまり関係がない(もっとも、角度を変えるとユニットやポートの位置が変わるので、場所を動かしたのと同じく壁との距離が変わる、という意味では関係する)。

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計さ...続きを読む


人気Q&Aランキング