プロが教えるわが家の防犯対策術!

LT SPICEでBSIM3モデルを使用したいのですが、下記サイトでBSIM3v3.2.4をダウンロードしました
しかしここから先どうすればいいかわかりません。教えていただければ幸いです。
http://www-device.eecs.berkeley.edu/bsim/?page=B …

A 回答 (2件)

BSIM3 Version 3.0 (BSIM3v3)のほうなら以下の手順でできます。



解凍後のフォルダの中にmodel.cardというファイルがありますが、これをワードパッドやメモ帳で開くと2つのモデルが書かれています。
.model n1 nmos level=8で始まり+ ckappa=0.6で終わる文章がnMOSのモデル
.model p1 pmos level=8で始まり+ ckappa=0.6で終わる文章がpMOSのモデル
になります。添付図はこのnMOSのモデルをLT-spiceで使う方法です。

.model n1 nmos level=8から ckappa=0.6までの範囲をコピー(ctrl+c)してか
ら、添付図の手順①から③でそのモデルが使えるようになります。添付図ではL=W=10umとしています。

pMOSの場合は.model p1 pmos level=8から ckappa=0.6までの範囲をコピーし、SPICE Directiveでモデルを回路図に張り付け(ctrl+v)、LT-Spiceのデバイス一覧からpmos4を選んでModel Nameをp1とすれば同じ手順で使えるようになります。
「LT SPICEでBSIM3モデルを使用」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確な回答ありがとうございます。
助かりました!!

お礼日時:2016/11/13 16:21

添付図が見えにくいので貼りなおします。

「LT SPICEでBSIM3モデルを使用」の回答画像2
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[LT Spice] オペアンプのシミュレーションが終わらない...

Texas Instruments製オペアンプ「LMC660A」のシミュレーションを行うと
次のような表示が下バーに表示され続けた状態が続き、シミュレーションが終わりません。
(*1)の箇所は約0.5秒間隔で異なる値に変更されます。

-----
Stepping Source: 100% step size=2.66636e-005 N-R iteration: 26(*1) fill-ins: 50 (Press ESC to quite)
-----


過去を遡ってみると、555のシミュレーションで同様の質問を見つけました。
その中では初期値を与えるとよいというご回答がありました。
-----
回路シミュレーションソフトLTSpiceについての質問です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1082553945
-----

今回も同様に初期値を与えることで解決できるでしょうか?
そうである場合、オペアンプにはどのように初期値を与えるとよいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Texas Instruments製オペアンプ「LMC660A」のシミュレーションを行うと
次のような表示が下バーに表示され続けた状態が続き、シミュレーションが終わりません。
(*1)の箇所は約0.5秒間隔で異なる値に変更されます。

-----
Stepping Source: 100% step size=2.66636e-005 N-R iteration: 26(*1) fill-ins: 50 (Press ESC to quite)
-----


過去を遡ってみると、555のシミュレーションで同様の質問を見つけました。
その中では初期値を与えるとよいというご回答がありました。
-----
回路シミュレーシ...続きを読む

Aベストアンサー

>555のシミュレーションで同様の質問を見つけました
その回答者は私です(inara=okwave_inara1)。

ご質問の回路でシミュレーションしてみましたが終了しませんでした(過渡解析前の動作点探しが終わらない)。
しかし、添付図のように、C1とR1の間(in)電圧を、R3とR4の間の電圧(2.5V)と等しくなるように初期条件を与えるとすぐに終了します。

C1の左側の電圧の初期条件を与えても効果ありません。R1の右側の電圧の初期条件を与えるとすぐに終わりますが、時間=0での出力波形にヒゲが出ます。

Gmin=1e-16のところは書いても書かなくても結果は変わりませんでした。CMOSオペアンプのシミュレーションではGmin=1e-16とするというのはLT-spiceの解説書によく書かれています。そうしなくてもこれまで不都合はありませんでしたが、Gmin=1e-16としたほうがいいと思います。

Qコンデンサの放電時間の算出方法をお教え下さい。

十分に充電された300V、100μFの電解コンデンサの両足を
10kΩの抵抗でショートした場合、コンデンサに蓄えられた
電荷が全て放出されるまでに掛かる時間の求め方を
教えて頂けますでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いつまで経っても電荷が全て放出されることはありません。
放電が進むと電圧が下がって流れる電流は少なくなります。
T秒で半分の電圧になるとすると、次のT秒で半分、次のT秒で半分・・・となって無限の時間が掛かります。

QMOS トランジスタのVTHの計り方

ずぶの素人です。MOSトランジスタを単体でシミュレーション動作させてその時のVTHを測りたいのですがどのような回路でどのようにシミュレーションさせて測定すればいいのかさっぱりわかりません。
シミュレーターはspectreを想定しています。更に具体的に言うとspectreネットリストにdelvt0を設定してそのパラメーターが正常に効いているかどうかを確認したいと考えています。いろいろネットを検索してみたのですがよくわかりません。どなたかご指導下さい。

Aベストアンサー

spectreは持ってませんのでフリーのspiceシミュレータLTSpiceを使った例で説明します。(こちら http://yahoo.jp/box/zPv9l6 にアップした資料を参照して説明します。)

1)回路は資料のようにまず、FETのゲートとソースの間に電圧源(この場合、V_gs)を接続します。またドレインとソースの間には別のDC電源(V1)を接続します。

2)シミュレーション
 まずV_gsを0Vから2Vまでスイープします。資料の場合はV_gsを10mV刻みで増加させてます。
 また、FETのVT0はspecterのようなdelvt0のようなパラメータはLTSpiceでは使えませんのでVT0を変数に設定(Vt0x)してパラメトリック・プロット機能を使ってVt0を0.5Vから1.5Vまで0.5V刻みで変化させています。

 シミュレーション結果は横軸がゲート-ソース間電圧Vgsを縦軸はドレイン電流Id(M1)を表しています。

specterを使っての説明ではないので分かりづらいかもしれませんが...


人気Q&Aランキング