保険については詳しい方教えて下さい。
賃貸住宅だと地震保険に入っても地震による火災での保障はつかないのですか?保障がつくのは壊れた家財だけですか?
火災保険に入っても地震による火災の保障はつかないのですか?
賃貸だと地震による火災が起きた場合の保障の保険は無いってことですか? 
都内在住なのですが地震があると倒壊って意識でいましたが 首都直下地震(に限らずですが)は火災も多くあるだろうと保険を調べ始めたのですが↑↑↑の様な疑問でよくわかりません。
火災保険に地震保険をつけると保障されるのは家財だけで賃貸住宅の地震による火災の保障の保険は無いって事でしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 建物の事ではなく地震による火災で室内の家財が焼失した時 家財保障で保障になるのか? 地震保険の家財保障は落下等での家財の破損のみの保障なのか
    がよく解らず…
    火災保険の家財保障は入ってるのですが どう見直せばと

      補足日時:2017/04/14 07:18

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私もそろそろ火災保険の更新時期なので、


どうしようか悩んでいます。

私は分譲マンションですが、結局は契約を
誰がするかの違いだけで、賃貸でも保険料
は、間接的に借主が払うことなるわけです。

家財はあなたのものだから、あなたが
自分の財産がどのぐらいあるかを判断し、
契約して、保険料を払うということだと
思います。

地震保険を掛けて補償される内容について
は、留意点を参考までに上げておきます。

①火災保険の保険金の30~50%が上限。
 家財は1000万が限度額

②家財は家具、家電、服飾品、食器等の
 生活用動産の損害割合が
 10%以上で一部損  契約金額の5%
 30%以上で小半損  契約金額の30%
 60%以上で大半損  契約金額の60%
 80%以上で全損   契約金額の100%
 となり、
※10%未満では保険金の支払いはない。
 自動車、有価証券、美術品や貴金属等の
 明記物件は対象とならない。

③保険金は家財のために使う必要はない。

いろいろみていると、地震後の不注意から
火災が発生したケースでは本来は保険金は
出ないそうですが、これまでの大震災では
そうした場合も保険金が払われたようです。
(このあたりは不確かな情報です。)

参考 財務省 地震保険制度の概要
http://www.mof.go.jp/financial_system/earthquake …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/21 21:31

大家の建物に貴方が火災保険や地震保険をつける


意味はありません。
「他人のための保険」として付けようとすれば
つけれるけど、保険金は大家しか受け取れませんから
そんな事する人はいませんね。

貴方は自分の家財にだけ火災保険、地震保険をつける
事になります。

家財の地震保険は地震による火災、地震による破損
両方とも支払われます。
地震保険は地震・津波・噴火を対象にした保険です。

地震による損害とは火災、破損とも対象です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/21 21:31

家財にしか保険をかけていないので、その家財に地震を付ければそれでオッケーです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/21 21:31

地震に因る家財焼失は地震保険で補償されます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/21 21:31

賃貸なんだから、家財の補償だけで良いのでは?


建物の補償は大家の保険でカバーするのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/21 21:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸マンション向け家財保険の地震保険の有用性

お世話になります。

賃貸マンションに住む者です。

家財と個人賠償責任と借家人賠償責任の補償がついた賃貸マンション向けの保険に加入しています。合わせて、地震保険も付けています。

地震の場合の補償は、家財のみで、地震なしタイプの半額が補償される契約になっています。

さて、このような保険の場合、もちろん自分の家財に対してなにかあったときのためにも入るのですが、私が何か起こしてしまい、大家さんや近隣の方に損害を与えたときにその賠償をするときの助けになるように入るのが、主な目的と捉えています。

ですが、例えば、地震があり、自室の家具が倒れて壁に穴を開けた、床が抜けた、等の大きな損害を大家さんが被ったとしても、それは、私が入っている地震保険では補償されません。

また、地震など天災によってそのような損害が生じたからといって、それが私の責に問われるものかといえばそうではないようです。

おそらくそれは、大家さんが建物に付けてらっしゃる保険で補償されることになるのでしょう。(大家さんが保険を付けていれば)

また、地震によって家財の損害を被ったとしても、一つ一つの家財に金額にかかわらず用途毎の品目にポイントがついており、必ずしも入手金額が高かったからといって、ポイントが高いわけではないそうで(14インチのブラウン管テレビも100インチのプラズマもポイントは一緒だそう)、そのポイントの累積量によって保険金が支払われるとか、それもある程度のポイントの合計がないと支払われないようなことを聞いています。

さて、普通の生活を営んでいる、普通の家庭で、この賃貸マンション向けの地震保険てどれほどの有用性があるのでしょうか。

備えあれば憂い無し とは言いますが、実態に即していなければ、意味がないとも思います。

賃貸用地震保険の有用性について、ご経験談、ご意見など、また上記の認識に間違いがあればそのご指摘を、お聞きできればと思っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

お世話になります。

賃貸マンションに住む者です。

家財と個人賠償責任と借家人賠償責任の補償がついた賃貸マンション向けの保険に加入しています。合わせて、地震保険も付けています。

地震の場合の補償は、家財のみで、地震なしタイプの半額が補償される契約になっています。

さて、このような保険の場合、もちろん自分の家財に対してなにかあったときのためにも入るのですが、私が何か起こしてしまい、大家さんや近隣の方に損害を与えたときにその賠償をするときの助けになるように入るのが、主な目的と捉...続きを読む

Aベストアンサー

阪神大震災の際には、地震保険加入がほとんど無く、残存物取り片付け費用保険金である「主契約の5%」だけでした(全額支払ったのは農協の建物更正共済だけでした)。
今回の震災では農協の利用者が多く(既に中央共済連が全額支払いを公約)、民間の場合も地震保険加入が多いため、ほとんどの被災者は何等かの補償が受けられそうです。
尚地震保険の目的は当面の生活費の担保であり、生活の再建ではありません。
賃貸の大家は一切地震保険の恩恵がありません(壊れた場合大家の自己責任と負担で修理、修理しないで契約終了を選ぶ事も可能、終了なら敷金控除は禁止に)。
だから地震で賃貸の借家が壊れたら出ていくのが正解。

Q火災、水害、地震、家財保険

1DK30平米のマンション(築11年)を先日購入しました。単身で住んでいるのですが、どこの保険会社が一番良いでしょうか。最近東京都内では地震も多いのでちょっと心配しています。火災、水害、地震、家財保険に対応したモノがよいです。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカンホームがお気に入りのようですね。

サイトを見て計算しましたが、普通です。安くも高くもありません。
これならお近くの損害保険代理店を探して「団地保険」を申し込んだ方がよっぽど安い保険料で済みます。

Q住宅火災保険の家財の保障について

賃貸マンション用の住宅火災保険に加入しています。自転車もマンション敷地内で盗難にあった場合、保障がきくときいたことがあるのですが、盗難ではなく敷地内で風などで倒れて破損した場合も保障がきくもんなんでしょうか?
もし保障されるとして、保険を使ったら次回から掛け金があがるのでしょうか?

Aベストアンサー

盗難が支払われるのは、屋根のある駐輪場に駐輪中の場合です。

青空駐輪場では支払われません。

保険会社により扱い規定も異なるかも知れませんが、
屋根のある駐輪場なら家屋内の家財と同じ扱いとなり
風で破損しても払われる可能性はあります。

具体的には現在加入の保険会社で聞く事ですね>

Q火災保険と家財保険について

年内に戸建住宅の新築予定です。火災保険と家財保険は別々に入れるのでしょうか?(火災は共済、家財は損保というような)また、入れるのであれば、別々した場合のメリット・デメリットがあればお伺いしたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建物と家財は別々でもOKですが、ローンに伴う火災保険の場合には20年、30年と云った長期の火災保険になります。
一括払いが大変お得ですよ。
更に金融機関経由で加入すると、債務者団体となり、大幅な割引(-15%)があります。

長期一括払いは30万とか40万円とかの大きな保険料(掛捨)になりますので。-15%は大きな割引額となります。

家財は通常そんな長期では掛けませんので、せいぜい5年ぐらいです。
現在一部の会社は長期5年などの(一括払、年払、月払)の新商品を販売しています。

Q投資用マンションの家財保険、火災保険について

今年投資用マンションを購入しました。
ワンルームマンションで、入居者が入っている状態で購入しました。入居者自身は入居の際に不動産の契約時に火災保険、家財保険に強制的に入っているようです。
オーナーである私に関しては、その部屋に何か保険をかけていたほうがいいのでしょうか?教えてください。
私の考えでは、入居者が保険には行っているのであればその部屋に2重に保険に入る必要は無いように思えるのですが・・・。お知恵を貸してください。

Aベストアンサー

住宅の火災保険は、保険の目的(火災保険の対象物)が
建物と家財の2種類あります。

賃貸物件の入居者は、自分の財産である家財に火災保険をかけます。

賃貸マンションのオーナーは、区分所有分の建物に火災保険をかけます。
それと、共有部分にも火災保険をかける必要がありますが、一般的には管理組合が管理費の中から共有部分の火災保険に入ります。
それと、あなたの区分所有部分の水道管の破裂などにより水漏れし、階下の住宅に損害を与えた場合などに備えるために施設賠償責任保険などにも入られたほうがよいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報