法律の“抜け穴”を使ったゾゾタウン「ツケ払い」の巧妙さ。みなさんのご意見をどうぞ。

参考URL:ZOZOTOWN 「ツケ払い」に波紋
https://news.goo.ne.jp/article/president/busines …
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
教えて!ニュース編集部から時事問題に関する質問をお届けします
【ご注意】
ベストアンサーの選出とお礼は行わない点をご理解の上、回答をいただけますと幸いです。
https://oshiete.goo.ne.jp/profile/542226850/hist …

  • 画像を添付する (ファイルサイズ:10MB以内、ファイル形式:JPG/GIF/PNG)
  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中11~19件)

企業側のリスクが増えているだけで、消費者側は何ら不利益を被っていない。

その企業を批判するのは、お門違い。
    • good
    • 5

元は同じでも、クレジットカードがいうなればCtoBの有効な決済手段(引き落としの遅れはあくまでも集計処理上の制約であり、短いほうが望まれる)として市民権を得た一方で、支払いの遅延を目的とする純粋なツケ払いはタブー視されるというのも、何とも皮肉な事実ですね。

    • good
    • 0

資本主義だからね。

その下に憲法だったかな?その辺の自覚。
なので、倫理感を自覚するコミュニティースタイルは公にあるかどうか?
倫理感に基づく優先順位について実社会に応用可能かどうか?
が課題と思うんですよね。
その辺の課題をクリアしないと、エンドレス。
    • good
    • 1

この手のものを「抜け穴」というのは糞ジャーナリズムの常套手段ですね。


今まででも商品配送時に振込用紙を同送して特に支払期限無しの様な通信販売は幾らでも有りますから。
それを2ヶ月という期限を切って制限したものに「付け払い」という新しいキーワードを付けただけのことですね。
    • good
    • 1

一般論としては、支払期限を長くすることは販売側のリスクの増大であって、購入者側は何ら損する制度ではないでしょう。

(実際のリスクは立替払い業者ですが・・・・)

法律上2ヶ月以上には引き伸ばせないとのことで、その法律の許される範囲でギリギリまで支払期限を延長することが悪いことのように書き立てるのはいかがかと思います。
問題は支払い能力が無いのに買ってしまう購入者側にあるでしょう。
ZOZOタウンの利用者の年齢層がわかりませんが、未成年者であっても十代後半などであればそれくらいの分別はあって然るべきと思います。
    • good
    • 5

>法律の“抜け穴”を使った



割賦払いにおける様々な制約をくぐることで、特に未成年者の利用のハードルを限界まで下げたということですよね

今は昔と違い、お金をかけずにおしゃれをすることに価値を見出せる時代になっているはずですが、ZOZOのツケ払いは、そういった時代の流れに逆行しているような印象を受けました
同業として、金を持っていない若者から最後の一滴まで搾り取る戦略には闇しか見出せませんし、ファッションは文化やセンスが第一であって、決して金が先行すべきではないということは、今だからこそ声を大にして言いたいですね

とはいえ、このシステムを利用したユーザが幸せになれれば、それはそれでいいのではないかと思います
    • good
    • 1

#2の方も仰ってるように、はて、これをメディア的に「抜け穴」と称していいものか?


世の中には税法をうまく読み解いて「節税」してはる方も多いわけですからね。

まああとは件の会社が、この仕組みを今後延々回せるかだけが問題でしょうかね。
    • good
    • 1

「法律の“抜け穴”」と言う意味では、たとえば発泡酒なども上げられますが?


これを「酒税法の抜け穴を利用した、酒造メーカーの巧妙さ」などとは、余り言いませんね。
むしろ、企業努力などと、擁護的な意見が多いです。

法整備に問題があるのか?
企業の営利主義が悪いのか?
あるいは、そもそも安価や利便性を求める、消費者ニーズが悪いのか?

それらの複合的な問題であり、それを企業だけが悪い様な書き方をするのは、どうかと思います。

もし、企業だけが真に悪いのであれば、利用者も居ないだろうし。
いずれにせよ、早晩、法整備されるんじゃないかと。
    • good
    • 6

そこまでしてでも商品を売りたい姿勢が貪欲

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2月の消費支出 前年同月比-3.8% これ明らかに大不況だろ? http://www3.nhk.or

2月の消費支出 前年同月比-3.8% これ明らかに大不況だろ?
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170331/k10010931921000.html

総務省が発表した家計調査によりますと、2月の家庭の消費支出は、1人暮らしを除く世帯で26万644円と、物価の変動を除いた実質で、去年の同じ月を3.8%下回りました。
去年の2月がうるう年で1日多かった影響を考慮すると、実態として1年6か月連続の減少となりました。

Aベストアンサー

単なる統計でしかない。
直接的な影響はありませんが…
なんか、ありましたか?

Q元利均等払い、元金均等払いについて

あるローンシステムの広告にて、元利均等払いか元金均等払いを選択する・・・というような記述がありました。
元金均等払いの場合、一体いつ金利分を払うのでしょうか。稚拙な質問ですみません。

Aベストアンサー

他の方がおっしゃっているように、
元利金等返済=>元金+利息が一定
元金均等返済=>元金が一定+利息が漸減
といった方式です。

それぞれのメリットデメリットは
元利金等返済は、返済金額が一定なので返済計画を立てやすい点
元金均等返済は、総返済利子額が元利金等返済より少ない点です。
一度元金均等返済で返済金額の試算を出してもらって、当初の間それでも返済が可能なら、銀行に支払う総利子額は少なく済みますから、元金均等返済を選択するのも賢い方法ではないでしょうか?

ご参考までに

Q高速道路料金1000円のツケ

今月の28日にも、休日高速道路料金(ETCのみ)が1000円になると
ニュースで言っていました。


インターネットで情報を集めていたところ、
「どうせ元の値段の差額が税金から補填される」という批判が見られます。


どうして税金から補填されることが非難されるのかよく分かりません。
「高速道路1000円」を利用しない人の納めた税金も使うからでしょうか。

そんなこといってたら、税金使えなくなっちゃう気がしますが…
(国民全員が得をする税金の使い方なんてあるのでしょうか)

Aベストアンサー

きっとシニカルな人だらけなんですよ
あなたの仰るように、万人受けする税金の使い方なんてありませんよね

「高速道路は本来無料で云々…」って言い出す人もいそうですけどね

あ、あと高速道路は国有では無いので、表立って「税金を使います」
なんて事は有りませんよ(一応株式会社です)

Q安売りのツケはどこに?

経済?の簡単な質問で申し訳ありません。
時折通常見ない程度の安売りに出くわす事がありますが、その時の利益、赤字(?)の分担は、メーカー、商社、販売店の間でどの様になるのでしょうか。
旧型式の家電製品や、季節を過ぎた衣類の他、台風が来て売れ残った鮮魚の八割引きってのもありましたが・・・

Aベストアンサー

時と場合によって違うと思います。

●●セールの場合などでは、小売業者が卸し業者に協賛を依頼して卸値を下げてもらう事もありますし、「広告の品」などで客引き用の商品として小売店が赤字で商品を販売する事もあるでしょう。
また、小売と卸との契約の関係で、商品を安くする代わりに返品不可として大量に仕入れる事もあります。そうした場合の売れ残りは、返品も出来ませんから在庫処分という形で破格値で売られるという事もあります。
お中元の解体セールとかは、返品不可商品の場合もありますし、返品されるよりも安くでも良いから売って欲しいというメーカーの意向で価格を下げる事も結構あります。
返品されても商品として再生できない場合は、メーカーも廃棄処分などで余計に経費がかかりますから、多少でも現金になれば良いという場合もあります。

Q復興増税で将来世代へのツケが減らせますか

復興増税で将来世代へのツケを減らすことになりますか。10兆円の復興増税で成長率は0.2%下がると内閣府は言っていますし、それによる税収減もあり、1000兆円の国の借金の利払いは年10兆円以上あります。将来世代へのツケは減るどころか増えるばかりのような気がします。

Aベストアンサー

私は「結論ありき」は上等だと思いますし、思考実験するうえでも間違った手段だとは思いませんよ。
ただ問題として「真実」とは乖離してしまうのは間違いないので、なるべく真実に近づくためにデータやモデルを根拠に思考実験していくことが大事だと思います。その過程で本当の意味での「結論ありき」は淘汰されていくべきだとは思いますが。


あ、ちなみに竹中さんの「政府の負債が家計の純資産額を上回ったら破綻」という話ですが、その論法だと今ノルウェーとかが完全な破綻状態(データがある95年以降ずっとこの状態)ですし、フィンランドやスウェーデンといった北欧諸国は破綻状態だったことがあるということになります。

●元ネタ
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/blog-entry-400.html

いちおう一次ソースデータ(OECD)の直リンクも私のほうで挙げておきます
http://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=SNA_TABLE710
●データの見方については説明しなくてもいい気がしますが、プルダウンのcountryで国を選び、上のほうにあるPeriod & Frequencyで時間軸を伸ばすことができます。家計のデータをみたいときはプルダウンのsectorでHouseholdなんちゃらにあわせればOK。

私個人的にこの件聞いてみたい。ノルウェーなんでまだ破綻しとらん?って(棒


冗談はさておきこの論法のダメな点は他にもあって
・政府の資産をまったく無視している。(家計は純資産、政府は負債で比較するというよくわからん論法。それなら政府の純負債で比べるよねぇ)※ちなみに日本政府の純負債は600兆円程度
・企業の資産状況をまったく見ていない(これ日本経済を語るうえで重要)


それともうひとつ。「日本の借金はリーマン・ショック後に減り続けています」
これはウソいってるわけではなく「日本の借金」の定義の問題。そもそも日本の借金ってなに?政府だけが負債を抱えているわけじゃない。民間企業だって家計だってひいてはNPOだって負債を抱えているわけです。どうも「日本の政府の借金」を日本の借金ぜーんぶにしたいみたいだけど現実はそうじゃないよと。ちなみに日本の借金を民間企業の負債と定義すれば私の言ってることは間違いなく正解ですw

●ソース
http://www.stat-search.boj.or.jp/
資金循環(FF)より

というか、政府の借金だけ見てるようじゃ「ユーロ危機」ひいては「国家破綻」を語れるわけがないんですけど、竹中さんわかってるのかねぇ。(たとえばアイルランドやスペインは政府の借金が日本よりGDP比で圧倒的に少なく、なおかつ財政黒字だったわけだが・・・w)

●ソース
GDP対比の政府負債
http://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=GOV_DEBT
EU諸国の財政収支
http://epp.eurostat.ec.europa.eu/tgm/table.do?tab=table&init=1&plugin=1&language=en&pcode=tsieb080



まあ前置きはともかく、自分の意見は将来のツケを残すって本来国の借金の話ではなくモノの供給力だと思っているので、
復興増税→需要の減少→供給力の減少とつながる可能性が高い点でダメだと思います。

個人的には国の借金が将来のツケになるという思考そのものがわかりません。
そもそも国の借金で破綻したところでその後繁栄した国なんていくらでもあるし(戦後の日本なんてそうですよね)、エクアドルの破綻の事例を見ても国の破綻はその国の終わりではなく、あくまでも「国が幸福になるための一手段」だってことはわかると思います。


質問に対する回答ではないようで申し訳ないです。正直ツケ云々じゃなくて竹中理論を押し通すのはいかがかねぇと思って回答した次第・・・orz

私は「結論ありき」は上等だと思いますし、思考実験するうえでも間違った手段だとは思いませんよ。
ただ問題として「真実」とは乖離してしまうのは間違いないので、なるべく真実に近づくためにデータやモデルを根拠に思考実験していくことが大事だと思います。その過程で本当の意味での「結論ありき」は淘汰されていくべきだとは思いますが。


あ、ちなみに竹中さんの「政府の負債が家計の純資産額を上回ったら破綻」という話ですが、その論法だと今ノルウェーとかが完全な破綻状態(データがある95年以降ずっと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報