ドイツ語の活用 について質問です 。
現在形の規則変化(不規則 変化 )の語尾 は
ich - e
do - st
er - t
ですよね ?
ですが benutzen は
ich benutze
du benutzt
er benutzt
というふうに-e -zt -tとなるのはなぜですか ? まだまだ勉強したばかりな ので当たり前な質問 かもしれませんがよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一人称と三人称は規則通りなので質問の意味がすぐには分からなかったのですが、


疑問点は二人称親称duに関してだけですか?

念のために一人称と三人称についても解説しておきますが、これは規則通りです。
ドイツ語の規則動詞の不定形は「語幹+en」で、下のような構成になっています。

動詞 sagen
sag(語幹)+ en → sagen

動詞 lernen
lern(語幹)+ en → lernen

一人称の動詞の語尾変化は、「語幹+e」です。
sag + e → (ich) sage
lern + e → (ich) lerne

benutzenも同様で、
benutz(語幹)+ en → benutzen
という組立なので、一人称の場合は語幹に–eが付き
benutz + e → benutze
となります。

三人称の場合は「語幹+t」で、benutzenも規則通りです。
sag + t → sagt
lern + t → lernt
benutz + t → benutzt

二人称親称の場合は、語幹の最後の字によって例外があります。

語幹が-sで終わる動詞
reisen(旅する)
不定形 reis(語幹)+ en → reisen
語幹がreisと-sで終わっており、これに-stを付けるとsが二つ重なるので、-tだけを付けます。
× (du) reisst
○ (du) reist
http://www.die-konjugation.de/verb/reisen.php

語幹が-ßで終わる動詞
grüßen(挨拶する)
不定形 grüß(語幹)+ en → grüßen
これも、-ßに-stを付けるとßsと重なってしまうので、-tだけを付けます。
× (du) grüßst
○ (du) grüßt
http://www.die-konjugation.de/verb/gr%C3%BC%C3%9 …

語幹が-xで終わる動詞
mixen(混ぜる)
不定形 mix(語幹)+ en → mixen
これは、-xの発音に「クス」と「ス」の発音が既に含まれているので、
-stを付けるとxsの二文字が続き、「ミクススト」と発音しにくくなるので-tだけを付けます。
× (du) mixst
○ (du) mixt
http://www.die-konjugation.de/verb/mixen.php

語幹が-zで終わる動詞
heizen(暖める)
不定形 heiz(語幹)+ en → heizen
この場合も発音が原因で、-stを付けるとzs「ツス」と発音しにくいので-tだけを付けます。
× (du) heizst
○ (du) heizt
http://www.die-konjugation.de/verb/heizen.php

benutzenは最後のheizenと同じケースで、
語幹の末尾zと-stがぶつかるので、-tだけを付けます。

不思議なことに、文法書には意外に詳しく書かれていないことがあります。
また、古い文法書には、-zで語幹が終わる場合もそのまま-stを付けてよいとして、
「du tanzst」という形を挙げているものもあります。
これは、古い時代のドイツ語では -zst と綴られていたのが、
時代とともに -ztに変化したようで、
現在でも-zstと誤った形で表記されているものが時折あります。

誤記例
https://books.google.co.jp/books?id=G4unCwAAQBAJ …

https://books.google.co.jp/books?id=xWOQCgAAQBAJ …

https://books.google.co.jp/books?id=Porw_Gy0KrwC …

https://books.google.co.jp/books?id=BLUrqllJILEC …

https://books.google.co.jp/books?id=ttzjOxawRlsC …

現代ドイツ語では-ztや-xtが正しいので、上のような例を見かけたら間違いだと思ってください。
古典文学を読む場合は、上のような綴りに出会う機会が多少増えると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!!
すっきりしました!!

お礼日時:2017/04/21 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第三変化名詞の奪格 -e と  -i の見分け方

第三変化名詞の奪格で -e の語尾と-iの語尾のものがあります。どうやって見分けますか?

Aベストアンサー

疑問点が次から次へと出てくるようになったんですね。良い兆しです。

基本は「i幹名詞の単数奪格は-i」「子音幹は-e」です。

【i幹を見分けるには】
第3変化名詞を辞書で見ると単数主格・属格の形が並んで載っていると思いますが、ignis,ignisのように主属の音節数が同じ場合はi幹、lex,legisのように属格が一音節多くなる名詞は子音幹です。

例外もありますが以上で大半の変化はわかるはずです。

Qドイツ語の語尾変化について、

最近独学でドイツ語を始めましたが、人称変化についておしえてください。練習問題のなかで「Wer kommt(誰が来るの?)」と「Das liegt in Kaerten,Oesterreich(その町はオーストリアのカルテンに横たわってあります。」で疑問視や「それ」などが主語になる場合er.sie.esと同じ語尾変化になるのでしょうか。因みに私は英語が得意ではありませんでした。些細な質問で答えたくない人もいるでしょうが、そういう方は参考になるアドバイスでも結構です。お願いします。

Aベストアンサー

er, sie, es は三人称単数の人称代名詞と呼ばれます。三人称とは「私(達)」「あなた(達)」以外の人やもの全てを指します(三人称複数の人称代名詞は sie「彼(女)ら、それら」です)。

「誰」「何」「どちら」など疑問(代名)詞、「あれ・それ・これ」など指示語(指示代名詞)は話し手(私)、聞き手(あなた)ではありませんからそれらが主語になると動詞は三人称の形をとります。

Wer kommt?「誰が来る」
Was geschieht?「何が起きる」

Das liegt in Kaerten, Oesterreich.「それはオーストリアのケルテンにある」
(das は「それ」です。中性名詞を指しています。liegen は「ある」と訳します)
「それら」だったら
Die liegen in Kaerten, Oesterreich.
(sie liegen「彼らは横たわる」と同じ形です)

さらに名詞も全て三人称です。

Die Stadt liegt in Oesterreich.
その都市はオーストリアにある。
Das Pferd rennt.
その馬が走る。
Die Kinder spielen im Garten.
子供達が庭で遊んでいる。

この規則はヨーロッパ語の全てに当てはまります。

er, sie, es は三人称単数の人称代名詞と呼ばれます。三人称とは「私(達)」「あなた(達)」以外の人やもの全てを指します(三人称複数の人称代名詞は sie「彼(女)ら、それら」です)。

「誰」「何」「どちら」など疑問(代名)詞、「あれ・それ・これ」など指示語(指示代名詞)は話し手(私)、聞き手(あなた)ではありませんからそれらが主語になると動詞は三人称の形をとります。

Wer kommt?「誰が来る」
Was geschieht?「何が起きる」

Das liegt in Kaerten, Oesterreich.「それはオーストリア...続きを読む

Qドイツ語:どうして -er なのかわかりません

In Marbach steht auch das Schiller-National Museum, in dem man reiche Sammlungen mit Werken und Erinnerungsstuecken Schwaebischer Dichter sehen kann.

このマールバッハのシラー博物館についての記述のなかの、Erinnerungsstuecken Schwaebischer Dichter
の形容詞の変化のさせ方で質問です。Dickter は詩人(複数形)、では Shcwaebisch は -en をつけて Schwaebischen とはならないのでしょうか?どうして語尾が -er なのかわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは複数形の2格だからSchwaebischerという形になっていると思いますよ。
日本語訳すると、”マールバッハには、シュベービッシュ地方(シュヴァルツバルトのあたりのことだったと思います)の詩人たちの豊富な所蔵を見ることのできるシラー・ナショナル博物館もあります。”

という感じだと思います。

ちなみに複数形の冠詞なしの格変化は
-e
-er
-en
-e
です。

Qドイツ語 Als ich ein Kind war

ein/e der/die/das

この違いの質問は英語の a the
の違いと同じで、多くの方が疑問に持つと思います。
すでに質問されていらっしゃる方がいると思いますが、
他の作業をしつつ、この事がすごく気になっているのと、
自分の質問に直接回答を頂いた方が自分自身、頭がよくはたらくので、
質問させて頂きます。


ein/eine
der/die/das
の違い。
先に述べたものは不特定多数のものをさし、(例えば、どんなペンでもいいけれどペンを借りたい時、Haben Sie einen Kuli?
後者は、限定。フランクの持ってる、あの書きやすいペン借りたいな。フランクには頻繁にこのペン書きやすいよね、と言っていたので。Frank,hast du den Kuli?

ここは、理解しています。

で、

Als ich ein Kind war

ってフレーズ。

わたしの頭だと、どうしてもdas Kindと使いたくなります。
どうしてeinなのか、

なるほどっ!
と思える、具大抵な実用的な例えをまじえつつ、教えて下さい!

ein/e der/die/das

この違いの質問は英語の a the
の違いと同じで、多くの方が疑問に持つと思います。
すでに質問されていらっしゃる方がいると思いますが、
他の作業をしつつ、この事がすごく気になっているのと、
自分の質問に直接回答を頂いた方が自分自身、頭がよくはたらくので、
質問させて頂きます。


ein/eine
der/die/das
の違い。
先に述べたものは不特定多数のものをさし、(例えば、どんなペンでもいいけれどペンを借りたい時、Haben Sie einen Kuli?
後者は、限定。フランクの...続きを読む

Aベストアンサー

Frank, has du den Kuli?

これを通じさせるためには、当然、相手にとって der Kuli がどれであるか分かるという前提がいります。自分の頭の中にフランクがいつも使っている、気に入っている、よく話題に出しているペンの姿が浮かんでいてもフランクが der Kuli だけで「そのペン」を特定できるとは限りません。直前(時間的には長い間があるかもしれない)に話題にしたとか、そのペンによほど愛着があってそれ以外を使うことはありえないような状況が明らかなら Hast du den Kuli? で通じるでしょう。

Als ich das Kind war は前提として相手にも「あの子供」という具体的イメージが必要で、「私はこれこれこんな子供であって…」という話の続きで「私がそのこんな子供だったころ」という文脈なら出てくるかもしれません。しかしこのときは das はアクセントを持ち、もはや冠詞ではなく指示代名詞になります。#1さんと同様にこういうときに das Kind とあるとどうしても強意的に感じてしまいます。

「子供だった頃」とは「小さかった頃」と同じで、何か特別の子供だったという含みは普通ありません。自分の小さい頃のことなので、頭の中に具体的イメージがあるのは当然ですが、それを相手にも共有させるには具体的な内容を知らせておかないとなりません。しかし das Kind のなった時点で、単なる「小さかった頃」ではなくなり、「そんな子供」ということが重要なことになります。

特定、不特定は自分の頭の中だけでは決められません。

Frank, has du den Kuli?

これを通じさせるためには、当然、相手にとって der Kuli がどれであるか分かるという前提がいります。自分の頭の中にフランクがいつも使っている、気に入っている、よく話題に出しているペンの姿が浮かんでいてもフランクが der Kuli だけで「そのペン」を特定できるとは限りません。直前(時間的には長い間があるかもしれない)に話題にしたとか、そのペンによほど愛着があってそれ以外を使うことはありえないような状況が明らかなら Hast du den Kuli? で通じるでしょう。

Als i...続きを読む

Qドイツ語会話文のich'sは何の略?

ドイツ語を基礎から勉強している初心者です。使っているテキストの会話文の中で Jetzt weiss ich's. という部分があり、会話の流れからの訳は「やっとわかりました」という文なのですが、ich's はich のあとの何という単語を略したものですか?

Aベストアンサー

esだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報