理科のことで質問なんですけど、
答えの本に変態って言葉が乗っていました。
問題は、おたまじゃくしが成体になるような大きな体の変化を何というか。という問題です。
教科書にも説明が載ってなかったので意味がわかりません。何が変態なのですが?

「理科のことで質問なんですけど、 答えの本」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • カッコ7番です

      補足日時:2017/05/14 20:55

A 回答 (3件)

成長過程で大きく形態が変わることを変態と言います。



カエルなどの両生類は形態も変わりますが、孵化した時(幼生)はえら呼吸、成体になると肺呼吸になります。

また昆虫類の変態には完全変態と不完全変態があります。

蝶やカブトムシなどは幼虫からさなぎを経て成虫になり、これを完全変態と言います。

蝉やトンボは幼生からさなぎを経ずに成虫になるので不完全変態です。
    • good
    • 0

変異形態することです。

頭と尻尾が、後ろ足がつき、その次、前足が出て、尻尾が消えていき、カエルへと変わる。=変態
    • good
    • 0

態 → 物の姿や形のこと



よって
変化する物の姿(形)という意味ではないでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理科の化学変化の問題について質問です!!

理科の化学変化の問題について質問です!!
マグネシウムを加熱した時、マグネシウムと酸化マグネシウムの質量の比が3:5になるそうです。そこで質問なのですが、マグネシウム3gを加熱して、加熱後の質量が4.6gになったとき、0.6gのマグネシウムが反応せずに残っているということは、どういうことなのでしょうか。どなたか教えてください(><)

Aベストアンサー

3gのマグネシウムが完全に酸化されると5gの酸化マグネシウムになるということですね。ところが実際の質量は4.6gにしかならなかった。この差である0.4gは当然未反応のマグネシウムが残っていることによるものです。
 完全に反応していたら質量が5/3倍になるはずが、未反応だったためにそのままの質量で残った。この差が0.4gです。従ってこの0.4gは未反応のマグネシウムの5/3-1=2/3に当たるはずです。こういうこと(↓)です。
 未反応のマグネシウム xg → 完全に酸化されれば 5x/3g
               → 未反応で残ったので   xg
                      ↑
                   この差が0.4g

Q中学理科の問題について(化学変化)

中学校の理科のテストでこんな問題がありました。

次の(1)~(5)の順で実験を行い、a~dの質量をそれぞれ電子てんびんではかり、表をまとめた。

※表には質量(g)が書いてあり、aが19.32g bが20.56g cが20.87g dが20.76gとなっていた。

(1) 一度熱してから冷ましたステンレス皿を1枚用意し、皿の(a質量)をはかった。

(2) 銅の粉末を(1)の皿にうすく広げてのせ、皿全体の(b質量)をはかった。

(3) 図2(ガスバーナーでステンレス皿の銅の粉末を加熱している絵)のように、(2)で銅の粉末をのせたステンレス皿を、ガスバーナーで強く加熱すると、銅の粉末の色が黒色に変わった。次に、この粉末をかき混ぜた後で加熱することを繰り返し、途中で何度か皿全体の質量をはかった。その結果、すべての銅が酸化銅に変化したと判断されたので、最後にはかった皿全体の(c質量)を記録した。

(4) 図3(びんの中に水素ボンベを使って水素を入れている絵)のように、逆さにしたびんに水素ボンベを使って水素を満たした。次に、びんにキャップして空気が混ざらないようにした。

(5) (3)のステンレス皿を、酸化銅をのせたままガスバーナーで再度加熱し、熱いままの皿を素焼きの台の上に移した。次に、(4)のびんを逆さにしたままキャップをはずし、図4(水素を満たしたびんの中に素焼きの台があり、素焼きの台の上にステンレス皿が置いている絵)のように、皿にびんをかぶせると、酸化銅が赤色になり、びんの内側に水滴がついた。皿が冷めるまでびんをかぶせておき、その後で皿全体の(d質量)をはかった。

問題は、
実験の(5)で質量をはかったとき、ステンレス皿上にある単体の銅は何gか、表をもとに求めなさい。ただし、びんの内側についた水滴は、銅の質量に比例しないものとします。

私はb-aで銅の質量は1.24gと考え、 c-aで酸化銅が1.55gと考えました。 1.55g-1.24gで化合された酸素は0.31gと考えました。 
そうすると、dでは還元されたので、銅の質量は1.24gにならないといけないはずなんですが、d-aをしても、1.44g残っていることから、dは全部酸化銅を還元できず、酸化銅と銅が混ざった状態だと考えました。単体の銅を求めなければならないので、還元で出ていった酸素が、0.11gで、
銀と酸素は4:1で化合することから、x:0.11=4:1 x=0.44と考え、単体の銅は0.44gとしました。

しかし、(5)のdの質量の時に酸化銅の色が赤色になっていたことから、すべて銅に還元されたかもしれないと思っており、なかなか謎が解けないです。誰か教えてください。

中学校の理科のテストでこんな問題がありました。

次の(1)~(5)の順で実験を行い、a~dの質量をそれぞれ電子てんびんではかり、表をまとめた。

※表には質量(g)が書いてあり、aが19.32g bが20.56g cが20.87g dが20.76gとなっていた。

(1) 一度熱してから冷ましたステンレス皿を1枚用意し、皿の(a質量)をはかった。

(2) 銅の粉末を(1)の皿にうすく広げてのせ、皿全体の(b質量)をはかった。

(3) 図2(ガスバーナーでステンレス皿の銅の粉末を加熱している絵)のように、(2)で銅の粉末...続きを読む

Aベストアンサー

単体の銅の重さはあなたの導き出した0.44gで間違いないです
(5)で酸化銅が赤色になったという記述から
すべて還元されてしまったのではないかと悩んでいらっしゃるようですが
かき混ぜてない限り水素と直接触れ合っている表面のみ還元され
水素と触れ合わない内部は還元されず酸化銅のままです
酸化銅が赤色になったと言う記述は表面のみ酸化されたため見かけ上は赤く見えていることを示しているのだと考えられます
かき混ぜないと中まで酸化OR還元されないということは
(3)で表面が黒くなってもかき混ぜて加熱し続けていることから読み取れます

Q中学理科の問題集の解答について/状態変化と再結晶

エタノールの沸騰は物質の状態変化の1つである。状態変化を利用して物質をとり出す操作を、次のア~エから1つ選べ。
 ア 泥水をろ過して、水を取り出した。
 イ ミョウバンの飽和水溶液を冷やして、結晶をとり出した。
 ウ 水を電気分解して、水素と酸素をとり出した。
 エ 原油を分留して、ガソリンなどをとり出した。
----------
以上の問題で、解答によると答えは、「エ」なのですが、イがなぜダメなのかが分かりません。解答の解説には、「イの操作は、再結晶である。」とありました。結晶として取り出すので、再結晶であることは分かります。状態変化とは熱したり冷ましたりしたときに、固体・液体・気体に変化することだとすると、ミョウバンの水溶液を冷やして、固体としてミョウバンを取り出すので、これも状態変化ではないのでしょうか?
 エでないといけないわけを教えてください。

Aベストアンサー

ミョウバンの例は、「水にとけているミョウバンが」「温度が変わることによって溶解度が変わってとけきれなくなり」「結晶として出てきた」のです。
ミョウバンの液体が固体に変わったわけではないので、これは状態変化ではありません。

仮にミョウバンの状態変化を表すなら「強く熱して液状になったミョウバンを冷やすと固体になった」といった感じになります。

Q中学生 理科の問題(化学変化と質量)についてわからないので教えてくださ

中学生 理科の問題(化学変化と質量)についてわからないので教えてください。

こんにちは、中学3年の男子です。
理科の問題(化学変化と質量)でわからないことがあるので、教えてください。できるだけ詳しくわかりやすくお願いします。


以下、問題文です。zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
薄い塩酸40立方センチをビーカーに、炭酸水素ナトリウム1gをフィルムケースに入れ、反応前の全体の質量を測定した。次に、炭酸水素ナトリウムを塩酸に加えて反応させ、反応後の全体の質量を測定した。同じ方法で塩酸の量は変えずに、炭酸水素ナトリウムを2g,3g,・・・・・・と変えて実験した。いずれの場合も反応後の質量は変化していた。加えた炭酸水素ナトリウムの質量と反応前後の質量差との関係を表したらグラフのようになった。

(1)
薄い塩酸と炭酸水素ナトリウムとが、どちらも過不足なく反応した点をグラフのa~eから1つ選べ。

(2)
炭酸水素ナトリウム6gをすべて反応させるためには、薄い塩酸は少なくとも何立方センチメートル必要か。
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


(1)は、グラフが真横になるところのはじめの点を選ぶということですか?それは、なぜなのでしょうか。とき方を教えてください。

(2)は、解説には、
『塩酸40立方センチメートルと炭酸水素ナトリウム3gとで過不足なく反応する。』
とありますが、この値は、グラフから読み取るのですか?それとも知識として知っておかなければならないですか?(知っておいたほうがいいのは当たり前ですが。)
あと、とき方を教えてください。



中学3年で、理解力があまりないので、できるだけわかりやすく丁寧に教えていただけるとうれしいです。
長文ですが、ご回答お願いします。

中学生 理科の問題(化学変化と質量)についてわからないので教えてください。

こんにちは、中学3年の男子です。
理科の問題(化学変化と質量)でわからないことがあるので、教えてください。できるだけ詳しくわかりやすくお願いします。


以下、問題文です。zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
薄い塩酸40立方センチをビーカーに、炭酸水素ナトリウム1gをフィルムケースに入れ、反応前の全体の質量を測定した。次に、炭酸水素ナトリウムを塩酸に加えて反応させ、反応後の全体の質量を...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。高校3年の男子です。

まず、反応前後の質量差は何を示しているのかを考えます。ここでは、

NaHCO3 + HCl→NaCl + CO2 + H2O という反応が起きます。

反応式はわからなくても、炭酸~ときているものに塩酸を加えるので二酸化炭素(炭酸飲料のシュワシュワ)ができるなってくらいは思ってください。(*)

となると、減った質量はCO2が飛んでった分というのがわかりますね?

(1)a,bの点では質量差が増えている、つまり、CO2の量が増えている。

d,eの点ではCO2の量が一定なので、反応できる塩酸はもう残っていない。つまり、NaHCO3が残ってしまっている。

よって、初めて反応が過不足なく行われたといえるのは、この境目であるcとなる。

(2)

これは知識だといっている方がいますが、どれくらいの塩酸と反応するかなんて塩酸の濃度によります。
(*2)

まず、3gのNaHCO3と塩酸40立方センチが反応していることがグラフからわかる、というか(1)でそう答えたので、単純に、6gのNaHCO3と反応するのは80立方センチの塩酸です。

以下補足説明です。理解できなくても結構ですが、本質的な説明がしてあります。

(*):正確には、炭酸水素ナトリウムは弱酸の塩(水酸化ナトリウムと炭酸の塩)で、強酸(ここでは塩酸)を加えると弱酸遊離によって炭酸(H2CO3)ができ、不安定なため分解してCO2とH2Oになるのですが、高校レベルの話なのでわからくても結構です。

(*2):塩酸の濃度の単位としては、mol/Lというのがあります。高校範囲ですが、化学の世界では基本的にgやmgのかわりにmolという単位を使います。
理論上、84gのNaHCO3を反応させる場合、0.10mol/Lの塩酸であれば、10Lで過不足なく反応し、0.20mol/Lの塩酸なら5Lで過不足なく反応します。このように、濃度と質量(正確には物質量)によって変わるので、知識というわけではないです。


mol/Lについてですが、参考URLにわかりやすいサイトのアドを載せといたので見といてください。文字は小さいですが、かなりわかりやすく書いてあるので読んでみてください。molに関しては高校化学の最初の難関で、多くの人がつまずきます。今理解しておけば大きなアドバンテージです。この

参考URL:http://www.geocities.jp/chemacid/chembase/physical/mol.htm

こんにちは。高校3年の男子です。

まず、反応前後の質量差は何を示しているのかを考えます。ここでは、

NaHCO3 + HCl→NaCl + CO2 + H2O という反応が起きます。

反応式はわからなくても、炭酸~ときているものに塩酸を加えるので二酸化炭素(炭酸飲料のシュワシュワ)ができるなってくらいは思ってください。(*)

となると、減った質量はCO2が飛んでった分というのがわかりますね?

(1)a,bの点では質量差が増えている、つまり、CO2の量が増えている。

d,eの点ではCO2の量が一定なので、反応できる塩酸は...続きを読む

Q中2理科 化学変化と物質の質量の規則性

「原子の個数の比が、結びつく物質の質量の比と異なるのは、
原子1個の質量に差があるからである。このことから結びつく物質の質量の比と、
原子の個数の比が分かれば、原始1個どうしの質量の比を求めることができ、
原子1個の質量も求めることができる。
銅と酸素の質量の比が4:1だった。
酸素原子1個の質量を16とすると、銅原子1個の質量はいくらになるか。」




(1)銅原子と酸素原子の個数の比は 1:1
(2)銅と酸素の質量の比は 4:1 
(3)銅原子1個の質量と酸素原子1個の質量の比 4:1

で考えるそうです。
(3)の式は、どのようにして求めたのですか(?_?)

分かりそうで分からないんです(>_<)

Aベストアンサー

銅原子と酸素原子が上皿てんびんに載っていると仮定します。

(銅原子の個数):(酸素原子の個数)=1:1なので、左側の皿に銅原子を1個、右側の皿に酸素原子を1個載せます。すると(銅原子の質量):(酸素原子の質量)=4:1なので、当然左側が下がります。

このてんびんを釣り合わせるには、右側の皿に何個酸素原子を置けばいいでしょうか?
答えは4個ですね?
つまり銅原子1個の質量は、酸素原子4個の質量と等しい(=酸素原子の質量を1とすると、銅原子はその4倍の質量を持つ)ということです。

よって、(銅原子の質量):(酸素原子の質量)=4:1となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報