【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

科挙は難しい、競争が激しい、とよく説明されていますが、いまいち実感がわきません。東大の2倍くらい難しい!とか、電話帳丸暗記並みに大変!とか…具体的な(?)例えはありませんか?

A 回答 (8件)

まず一例として、東大の入試と司法試験とを比べた場合、後者の方が厳しい試験であることはご存知であると思います。

ただ、それでも司法試験を目指した友人の話によると、大体厳選された50冊ぐらいの本を丸暗記すればなんとかなるとの話でした。

さて、科挙についてですが、科挙は王朝によって少しずつ制度が変化し試験範囲も変化します。しかし、基本は四書五経でありこの本文の完全暗記は必須です。さらに、古代から積み重ねられてきた四書五経の注釈書(学説)を覚え、さらにその注釈書の注釈書の段階までは少なくとも覚えて居なければならなかったようです。全体の量は忘れてしまいましたが、少なくとも200冊、文字数にして(1冊1000文字としても)20万字は覚えていなければならなかったようです。(もとは漢文ですから、日本語での文字数の数倍の量となります。)

なお、問題の一例を挙げますと「維民処止(これ、たみのよるところ)」という四書五経のどこかにある語句に対してその意味するところや主要な注釈を考慮しつつ論文を一つ書くというようなものでした。

ということで司法試験が東大入試の10倍以上難しいとしても科挙はその司法試験の20倍は難しいでしょうから、全体として200倍以上難しいと思われます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

少なくとも200冊…大変難しさがよくわかりました。
頭使う部位がとても偏りそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/31 20:52

難しさは数字では比べられないでしょう。


東大は頭がよければ普通に学校で勉強すれば特別な受験勉強しなくても入れますが、科挙や司法試験はいくら頭が良くても本を暗記しないと受かりません。

#7さんの書かれているように一族の期待を背負うというのもありますね。科挙合格者を出した家には特典があります。おそらく出来のいい子供には一族が乏しいお金を援助して勉強させたんでしょうね。

参考URL:http://www.sqr.or.jp/usr/akito-y/tyusei/62-china …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

頭のよしあしというより、ど根性な感じですかねぇ…
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/31 20:56

試験の別な面での難しさの話です。


科挙は郷試、会試、殿試の3段階がありますが、郷試は試験が2日間あり、その間は試験場から出られないのです。各人に個室が与えられ、寝起き、食事、回答作成をします。食事も自炊です。
試験場で気が違ったり、死人もでています。ゆうれいが試験を妨害したり、応援したり、現代では考えられない環境です。
下記URLに科挙の概要が載っています。

回答では書体も決まっていて、字がきたないとそれだけで不合格です。回答文章にも決まりがあり、守らないとそれだけでも不合格です。例えば通常、行の先頭は1文字分空け、皇帝のことを書くときは行の先頭から書き始めなければなりません。

東大受験とは比較にならない受験環境と回答への規則がありました。
なにしろ自分、自分の家だけでなく、一族郎党全員の期待を背負っているハイリスク、ハイリターンです。

参考URL:http://www.actv.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/07_ …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

受験者に対する配慮なさそうで、痛いですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/31 20:55

清時代だと、3年ごとに試験があって、毎回300人ぐらい合格します。


東大は毎年3000人ぐらい合格しますね。

分母となる人口は、日本が1億3千万人。
清のほうは、(戸籍上の)人口は清代300年間で2千万から5億まで激増しますが、最盛期(乾隆帝のころ)で2億人くらいでしょうか。

(3000/1億3千万) ÷ (300/3/2億) = 46.15
ということで、科挙の難しさは、東大入試の46倍!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

をを、なんだか具体的な数字。ありがとうございます。

お礼日時:2004/08/31 20:50

何年も浪人して老人になってしまった人もいたと言うことですから、今の司法試験なみか、それ以上でしょう。



合格すれば、絶大な権力と名誉と地位と富が保証されるのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ろうにんしすぎてろうじんですか…シャレになんないですね

お礼日時:2004/08/31 20:48

時代が違うため、具体的に現代の試験との比較は出来ませんが、東大の比ではないという事は確かではないでしょうか。

(いろんな意味で)

浅田次郎の「蒼穹の昴」というその時代の中国をテーマにした小説があるのですが、それを読めばいかにすごいかがよく分かりますよ。

ストーリー的にも面白いし、かなりお勧めです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。個人的に浅田次郎は読みづらくて苦手なんですが、がんばって読んでみます

お礼日時:2004/08/31 20:46

たぶん、日本にある試験では比較ができないくらいだとおもいます。



今まで知った内容から想像(あくまでも想像)するに、日本の時刻表をすべて暗記して、どんな組み合わせでも頭の中で時間と金額を含めた経路案内をできるくらいなんだろうなぁと思います。

参考URL:http://www.actv.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/07_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…電話帳暗記より難しそうですね…
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/31 20:54

どのくらいっていうのはよく分かりませんが、日本でいうところの(I種)国家公務員試験に当たると思うので、それと同程度なのではないでしょうか。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。社会的位置としてはそんな感じかもしれないですね。

お礼日時:2004/08/31 20:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q科挙の倍率はいくつくらい?

昔の中国の官僚試験,科挙は,倍率どれくらいだったのでしょうか?

Aベストアンサー

 科挙は1000年以上も続けられ、その時々で変遷があったから、一概に言えませんので、最も科挙が整備されていた清朝中期で解説します。

1、学校試(科挙を受けるには、政府の運営する学校に籍がないといけません。そのための試験です。尚、学校自体は、元々教育のためだったのですが、上位の試験に落ちた人が残っていくため、どんどん在籍者が増え、教育機関としての機能を失いました。)

・県試・・・県によって10倍以上、無試験に近いところもあり。(無試験だと言っても、上の試験で落ちるし、県試自体は合格者の優遇なしで、院試に落ちれば、次回は最初から県試を受けないといけない。)
・府試・・・県試合格者の半分程度が合格
・院試・・・三年に二回行われる試験。省単位で中央政府から任命されている学政が、府試合格者に対して行う試験。通ると県の学校に入学が許され、「生員」となる。生員は、国家公務員待遇の九品官で、生員になると様々な特権が付いてくる。大きな県で合格者は一回に、最大二十五人程度。

2、一般に科挙と言われる試験。
 この生員を対象に、三年に一回、本試験が行われます。
・科試
 科挙の本試験中の本試験である郷試を受ける資格を得るための試験。
 郷試の受験を希望する生員を、試験会場の収容人員までふるいにかけるための試験。大体、郷試合格者の100倍程度になる。
・郷試
 各省の首府で全国一斉に行われる試験。
 受験者はそれぞれの会場で一万~二万人程度。(人口の多いところほど合格者数も多いので、受験者も多くなる。合格者は100名から400名程度らしい)合格者は「挙人」として、首都の会試を受けることができる。
・挙人覆試
 挙人(以前の試験に合格した挙人も受験する。)を対象に行われる試験で、首都北京で行われる会試に参加するための試験。北京の試験会場の収容人員を目安に各省に合格者数が割り振られる。
・会試
 首都北京で行われる科挙の最難関試験。受験者は一万数千名。合格者は300名以内。
・会試覆試
 過去の会試合格者も含めて、殿試に参加するものを選ぶ試験。
 基本的に、落第者を出さない。9割程度が合格の様である。
・殿試
 皇帝が採点者という建前で、宮中で試験が行われる。300人程度の会試合格者に対して、最終序列が付く。
 最上位の三名は、進士及第
  第一甲第一名・・・状元
  第一甲第二名・・・榜眼
  第一甲第三名・・・探花
 成績上位若干名は、進士出身 
  第二甲第一名~
 その他の合格者は、同進士出身
  第三甲第一名~

 中公新書(中央公論新社刊)の『科挙』宮崎市定著に詳しく載っています。

 また科挙の雰囲気は、新田次郎著の『蒼天の昴』に詳しく描写されています。

 科挙は1000年以上も続けられ、その時々で変遷があったから、一概に言えませんので、最も科挙が整備されていた清朝中期で解説します。

1、学校試(科挙を受けるには、政府の運営する学校に籍がないといけません。そのための試験です。尚、学校自体は、元々教育のためだったのですが、上位の試験に落ちた人が残っていくため、どんどん在籍者が増え、教育機関としての機能を失いました。)

・県試・・・県によって10倍以上、無試験に近いところもあり。(無試験だと言っても、上の試験で落ちるし、県...続きを読む

Q旧帝大ってどんくらいすごいですか?

旧帝大ってどんくらいすごいですか?
私の祖母はめっちゃ旧帝大信者です
姉が私立大なのですが 実家帰るたび嫌味を言われていてかわいそうです
信者はうちの祖母の世代に限るんでしょうか?
皆さんは「旧帝卒」って聞くとどう感じますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地方(なぜか中四国にはないんですよね)にあります。
特徴としては総合大学として、文学部、商学部、法学部、理学部、工学部が必ずあり、各分野の進歩を担う人材の育成を目的としています。
要は、「研究者」つまり「学者」を養成することが大きな目的です。

対して私立大の両雄、早稲田、慶応の例で書くと、これらは、社会に実際に役立つ人材を広く育成することが目的で、「実学」(実際の社会活動に役立つ学問)を教えることが主になります。
たとえば、建築の話ですると、
旧帝大は建築学の権威を育てたいと考え、私立大は優秀な建築家を育てたい、と考えているわけです。

ここでのポイントは、学者さんと技師さんとで、どちらを尊敬するか、ということですね。
昔は多くの人は中学にも行かずに職人や商売人になりました。職人は技師と同じ職場にいますし、経営者も商売人と直接関わる間柄になりますよね。技師さんや経営者さんは大学を出ていても身近な存在なんです。大学を出たばかりの設計技師さんよりも、現場で腕を磨いた頭領の方が優秀なことも多かったでしょう。
でも、身近に学者さんはいなかったでしょう。

で、回答になりますが、「旧帝大卒」と私が聞いた場合、研究者になるための一通りの作法を学んだ人だ、という認識を持ちます。実際に研究者になっていなくても、学んだ、つまりそういう考え方を習ったというところがキーになります。お茶の師匠になっていなくても、その作法を習った人は、茶道とは、というところを知っているだろう、というのと同じです。

これ、言い換えると、「私大卒」と私が聞いた場合、社会に実践的に役立ついろいろなことを知っている、身についている、と思います。

上下がある話ではなく、社会に貢献するやり方の違い、だという認識です。

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地...続きを読む

Q司法試験って何が難しいんですか?

新司法試験では合格率2割ほど。
旧司法試験だと1割にも満たなかったそうですね。

六法全書を丸暗記して、何も見ずに同じ文章を書けというような試験なんでしょうか。
それならとんでもなく難しいことに変わりありませんが。

何が一番難しいんですか?
8割の人たちはどういうところで落とされるんですか?

何年も合格目指して勉強してる人がいますが、何をやってるんですか?
ひたすら六法全書の暗記?

Aベストアンサー

六法全書の暗記
ただしすべてではなく主要な法律に限られる。
実際に覚えるのは条文2000~3000個程度。

それぞれの法律の理論の暗記
その法律がどういった目的で作られたか等、六法全書には載ってない内容。
各法律の概論について書かれた書籍がある。

現代におけるそれぞれの法律の判例上の解釈の暗記
判例集に掲載。

それら解釈や法律論の適用、運用を他法律に当てはめて結論を出す思考能力
これは暗記ではないので出来ない奴は一生出来ない。


といった感じ。

Q東京大学と国立医学部どっちがむずかしいのですか?

きになってみたので質問しました。
どちらのほうがむずかしいのでしょうか?
東京大学なら理三は抜きでおねがいします。

Aベストアンサー

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験事情を考えるとこの倍率の面の差が大きく、国立医学部がより難しいということになります。

まあ、医学部というところ自体が特殊なところで、ずっとA判定が出ている医学部を受験しても落ちることはざらにあります。さらに旧帝大系の医学部、千葉などの旧医大系、その他では東京医科歯科大などの難関校のようにほぼ毎年難易度が上位で安定している大学を除けば、どの国立大学医学部もその年のセンター試験の動向次第で志願者の増減の変動が激しく、相当難易度が浮き沈みしますので単純に偏差値的に下位の国立大学医学部は東大より簡単とも言えませんし、逆に年によっては“結果的に”東大理系よりも入るのが簡単だったのではないか、と思える国立大学医学部もあります。

最後に5ランクでかなり大雑把にまとめると、

S、東大理三、京大医
A、その他旧帝大系医学部
B、千葉大などの旧医大系・東京医科歯科などの難関校
C、(特に首都圏近辺にある)公立大学医学部
D、東京大学理一・ニ、その他国(公)立大学医学部(年により変動の可能性有り)

というランクわけになると思います。
(昔から医学部には“旧帝大、旧医大、旧医専、その他”の順のランク分けがありますが、このランク分けに加えて首都圏近辺の国公立大医学部の人気が地方国公立大学医学部に比べて高くなるという事実があり、例えば、医科歯科は旧医専ですが、東京にあるため、地方の旧医大系よりも難易度が高かったりします。)

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験...続きを読む

Q東大の理1と理2の違いは?

僕は次から高1になるのですが、大学は東大の理系を考えています。
理3が医学部だということは分かっている(し、行く気はない)のですが、
理1と理2の違いがあまりはっきりしません。
学部進学の際、どのように振り分けられるのですか?
できれば具体的な人数なんかのデータがあればいいのですが・・・。

Aベストアンサー

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・医学部・工学部
↑は、それなりに人数比率も反映した順番になっていて、理1なら工・理が大部分を占めるし、理2なら農・理・薬が大部分を占めます。

ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには#2の集計表とにらめっこしてほしくありません。
むしろ、大学側からの「進学のためのガイダンス」(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/guidance/H16_html/index.html)や、#2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。

あくまで#2の集計表とかは参考までにね。#2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。
目標高く勉強のほうがんばってください。

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・...続きを読む

Q昔と今の大学受験の難易度

この質問までの経緯を説明しますと

<高校で>
担任「今は少子化で、選ばなきゃ誰でも大学に入れるからねー。お前らは幸せっちゃ幸せだよねー。俺らのときは、ベビーブームって言って、倍率とか大変な数字だったから、きつかったんだけどね・・・今より受験は難しかったよ。」

<予備校で>
英語講師「長文も昔と比べるとすごいレベルが上がったんだよね。昔の早慶の英語も今みたら、楽に感じるよ。そんだけ求められてるものが増えたんだろうね。」

数学講師「医学部の数学なんかも、昔はもう少し易しかった。理工系のが、全然難しかった。全体的に難化してる。」


どっちもなにか違和感あるんですけど、実際はどうなんでしょうか。
科目ごとの評価でも構いませんので、お聞かせください。

Aベストアンサー

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが悪いのをその学生の責任にするようなものです。英語なら理解できたかもしれないし、適切な語学サポートがあれば優秀だったのかもしれない。数学受験で入ってないのに、それも分かっておらず「数学の能力が低い」と言ってプンプン怒ってる。そういう先生は少なくないですね。

事実、東大入学レベルは上位0.8%ぐらいなんですけど、ハーバードは上位5%程度で入れます。
でも後者の方が圧倒的にレベルは高いですよね。
日本は多様な人材を採ってそこから育てて行こうって言う欧米型にシフトしてる印象を受けます。
プロ野球のスカウトと同じですね。
4番バッターばっかり採っても勝てないんですよ。
それで使えなかったら可哀相だけどこぼれていくだけだし。
いまの大学入試ってそういう感じですよ。


個人的に、試験自体は「受験地獄」と言われた80年代の第二次ベビーブームから90年代前半が最難関だったと思います。特に都市圏の私立は難関で日当駒船なんかでも浪人生があふれてました。
医学部も難関だったのですが、一気に難関化したのはバブル崩壊以後の1990年代中盤からですね。
今の医学部は医療費抑制が話題になる中で医師ブームも落ち着いたし、医学部定員はその時期の200%になろうとしてますから最難関の時期に比較すれば簡単にはなってます。まだまだムズかしいですけど90年代後半の医学部ってギャグみたいにムズかったですから。
薬学部などは90年代に乱立した為に易化がとても進んでますけどね。
バブル崩壊後はあらゆる業界が不況でリストラも進まなかった為に大手企業が0採用などを行いました。結果悲惨なものになりましたし、特に割を食ったのは事務や営業の担い手の文系職でした。
よって国立理系、公務員、医師などが手堅いと言うことで一気に難化しましたね。
親に聞いたら当時の公務員なんか「滑り止め」「コネばっかり」だったそうですから、今の時代とだいぶ違いますよ。


そういう「流れ」みたいなものはあると思いますよ。
日本ではマイナーですけどIIT(インド)や北京大(中国)は1000人に1人の秀才しか受からないと聞きます。じゃあ東大と比べてどっちが上か?って言うとランキング上は圧倒的に東大なんです。
人口が違うんですから国によって難易度が違うのは当たり前のことです。


今の大学の試験自体は易化してると思います。
一方で過去の人の映像インタビューを見てみるととてもレベルが低いですし、プレゼン能力は無いなと思います。
バブルだけでなく6,70年代も面接はほとんど「がんばります」で受かった時代だったと思われます。
英会話能力やネット関連の能力も相当低かったでしょう。求められてないし、機材も無かったですから。
1970年の大阪万博のガイドの英語を聞いてると相当酷いですからね。
でも当時は日本で最高峰の才媛で英語の得意な女子大生ばっかりだったと聞きます。
あれぐらい喋れる奴はいまの大学生では腐るほどいますからね。
要するに試験自体は易化してるけど、若い世代が特別あほなわけではないだろうと言うのが僕の意見です。
もし試験内容がプレゼンと英会話、ワードエクセルなどのIT系であれば、現代の若者の圧勝ですよ。

こういうのは気にしないでいいと思います。
また時代そのものより個人の努力や優秀性が大事だと思いますよ。
日本が文明開化する前後で英語やオランダ語を取得したのは漢文(中国語)素読を幼少期に行っていた武士の若者たちでした。
「生まれた時代が悪かった」なんて言わずに一生懸命に英語を勉強してたようですし、以後の世代の庶民なんかよりずっと立派な英語を使いました。
だから優秀な奴も無能な奴もどの世代も一定存在するんだと思います。

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが...続きを読む

Q東大理3レベルはどのくらい?

ただ興味があるだけなのですが、東大の理科三類に合格する学生のレベルというのは数学・英語・理科など具体的にどのくらいのレベルなのでしょうか?この教科書をスラスラ解けるぐらいとか、英検何級ぐらいとか教えてください

Aベストアンサー

 理IIIではないですが、文系の東大生です。

 まず、理IIIですが、センター5教科7科目を平均して9割以上得点することが概ね合格の必要最低条件であるに加え、2次試験においても、英数に加え、文系と同じ内容の英語、国語(国語に関しては問題数が少ないですが)を解く能力が要求されます。基本的には、英語の一部を除き全科目論述問題ですので、そもそも英検や教科書の問題、及びテレビ番組のクイズ問題のように、「ピンポン早押し型」の解答力が求められるような類のものではありません。従って、中々比較は難しいかと思います。むしろ、一問にかじりつき、問題の一文字一文字の条件まで如何に解析し、解釈し、記述的解答に結びつけるか、といった、医学に限らず学問をやる上での前提条件たる基本的な読解・思考・表現能力があるか否かが重視されますので。

 ちなみに、理I・IIに比べ、理IIIの合格最低点はそれよりも50点前後上です。同じく東大の問題に接した身として、あれだけのものを試験会場にてそのような高得点でパスする、といった基礎的な素養は、並大抵のものではないように思います。東大医学部の学生が、医学に全く関係のないような外資系金融やコンサルからヘッドハンティングされている、という事実も、その医学の素養ではなく、理IIIに合格したという基本的な学問上の基礎力を評価しているからではないか、と思います。

 理IIIではないですが、文系の東大生です。

 まず、理IIIですが、センター5教科7科目を平均して9割以上得点することが概ね合格の必要最低条件であるに加え、2次試験においても、英数に加え、文系と同じ内容の英語、国語(国語に関しては問題数が少ないですが)を解く能力が要求されます。基本的には、英語の一部を除き全科目論述問題ですので、そもそも英検や教科書の問題、及びテレビ番組のクイズ問題のように、「ピンポン早押し型」の解答力が求められるような類のものではありません。従って、中々比較...続きを読む

Qどうして日本は科挙を取り入れなかったのか

同時代の日本人は中国に科挙という効率的な人材登用システムがあることを知ってたと思うのですが、どうして科挙を取り入れなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

 試験によって官僚を選抜すると言う科挙のシステムは、近世ヨーロッパにも紹介され、各国の官僚選抜の手本となりました。

 日本でも平安時代に導入されましたが、受験者が殆ど小貴族で、合格者は中貴族に進める程度で、大貴族と呼ばれる、上級貴族に浸透せず、当時の貴族制を突き崩すまでにはいたりませんでした。その後は、武士の台頭と共に廃れ、日本の歴史に影響を与えることはありませんでした。

 本格的に採用されることになったのは、明治維新からです。
 日本で明治維新から行われるようになった高等文官試験は、科挙をヒントにして作られたものです。

Q東大生と凡人の頭はどう違うんですか?

東大や医学部に現役合格するような人達と凡人以下の人達の頭はどこがどう違うんですか?

この頭の違いを何かに例えるとどうなりますか?よく運動能力(特に筋力)の生まれつきの差に例える人が多いですけど、もっと納得できる例えはありませんか?

Aベストアンサー

決定的なのは、パソコンでいうOSの違いでしょうか。

パソコンのことは詳しくないのですが、それ以外にもいろいろありますよね。
計算処理速度とか、メモリーの量(記憶力)とか、バッテリー(体力)がどれくらいもつかとか。
そのどれかが足りなくても、そのどれかで補える人なんじゃないでしょうか?

身近にいる東大現役合格者を見ると、やっていることに無駄のない人が多いですよ。
勉強の息抜きにしても、くだらないことをウダウダやっている人はほとんど見ません。
遊ぶときはパッと遊ぶ、寝る時は寝る、メリハリがついているように感じました。
それに同じことやらしても、何しろ速い!

サクサク動くパソコンのイメージがあります。

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング