業務用のCDRやテープデッキなどでは、ジャックの形がタイトルのように2種類ずつあると思います。その差は、形状以外に何があるのですか?またバランス、アンバランスとはどんな意味ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

遅れてきて申し訳ありませんが、


いろいろな切り口があるようなので、下を見ない様にして書きます。
重複失礼します

伝送方式には、バランスとアンバランスがあります。
また、それぞれにアナログ・デジタルがあります。

バランスはノイズに強いのが特徴で、プロが使います。
接続には3極(+、-、シールド(アース))が必要なので
キャノンコネクタを使いますが、3ピンのものだけでも、
ピン配置が2種類、接続規格が3種類あります。
信号の行きと帰りの線を確保し、さらにこの2線をノイズよけの
網線で囲ってあるのが特徴です。

通常の接続はアンバランスです。
これは信号とアースで伝送する方式で、
信号線(1本)と、アース線で構成します。2線です。
民生用のミニジャック、RCAピンなどは皆こちらです。
RCAピンでは更に、ローインピーダンス出し、ハイインピーダンス受けという
暗黙のルールがあり、あるていどのノイズへの耐性をもたせつつ、
信号レベルを狂いにくくしています。

この、アンバランス伝送ケーブル(の同軸タイプ)に、通常の
アナログ信号ではなくデジタル信号を流すのが
COAXIAL(同軸)です。
他に、光ファイバーを利用してデジタル信号を流す場合もあります。
CD/MDなどではもともとの信号をほとんど加工しないで出力しますから
劣化は少ないといえます。
逆に、原信号がアナログの場合(カセットなど)では、
無理してデジタル化してもメリットは薄いです。


さて、本当のプロ用では、このデジタル信号は使われていません。
AES/EBUと呼ばれる規格で、民生用、低価格の業務用
との接続はできません。
アンバランスでは、同軸75Ω(BNCと呼ばれる端子を使います)
バランスでは、キャノンコネクタを用いた110Ωラインを使用します。
こちらは規格が厳密に決められていますが、そのおかげで
数百メートル引き回しても大丈夫です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご丁寧な説明有り難うございます。
徐々に理解してきました。

お礼日時:2001/07/05 11:37

補足が入りましたので、少し整理しましょう。



伝送方式にはアナログとデジタルがある。
 アナログにはバランスとアンバランスがある。
 デジタルには同軸と光がある。

ピンプラグ(アンバランス)は開発メーカーの名をとって、「RCAピンプラグ」と呼ぶ。接続が簡単、価格が安いので民生機に用いる。

アンバランス(キャノン等)はプロ用。高価、劣化が少ない。

こんなとこでお解かりになりましたでしょうか。
「デジタル接続は劣化がない→プロ用」ではありません。
デジタルは開発段階で規格が決まってしまっているため、規格以上の音質にはなりません。CD,MDなど再生周波数は2万ヘルツが上限です。(例外あり)。
アナログはお金をかければかけるほど、高音質にできます。10万ヘルツ以上でも再生可。
音源はデジタル楽器以外、人間の声、楽器などほとんどがアナログ音源ですので、当然マイクもアナログなのです。
アナログである以上、プロ用は劣化の少ないバランス型を
使います。

この回答への補足

回答の中で「アンバランス(キャノン等)はプロ用。高価、劣化が少ない。」とありますが、これはバランスの間違えではないですか?

色々なご説明を伺い、だんだん理解できてきました。複雑ですね・・・

補足日時:2001/07/05 11:31
    • good
    • 2

「光端子(OPTICAL)」は一般的に「角型光端子」という形状ですね。

 

少し違いますね。一般的という形ではなく、状況に応じて丸形と角形を使い分けます。丸形と角形は形以外の違いはありませんが、携帯オーディオ端末むけは主に丸形が、据え置き型では角形が主に使われます。これらデジタル音声転送方式のコアキシャル・オプティカルはS/PDIF(ソニーフィリップスデジタルインターフェース)と呼ばれるインターフェース規格に準拠しますので基本的に同じものですが、光ケーブルはデータ欠損が極めて少ないもので、どのばあいでもだいたい音質も一定。同軸は金メッキ仕様(ケーブルの仕様や接続端子の仕様)などで若干音の違いが若干出ますが、一定となります。
音の劣化はいずれも極少ですが、ケーブルの距離でも欠損率の違いが出ます。

RCAは、音データを直接転送しますから、劣化がデジタルやバランス型より高いのが特徴です。ちなみにコアキシャルRCAとは抵抗が少しことなります。(しかしいずれも伝送は可能です)

ちなみに、バランス端子(業務用平衡プラグ、XLR端子、キャノン端子)は外部の雑音を受けにくい仕様で作られています。この端子は複数のメーカー規格があります。

あと、参考URLで端子の詳細なども分かります。
RCA、S/PDIF、XLRなどの記載はあります。

参考URL:http://www.wdic.org/

この回答への補足

partsさん、有り難うございます。
S/PDIFについては、PCを買った際に端子として付いており、これがあればMDから光入力できるとなっていました。このあたりについても実は疑問を持っていたのですが、参考になるHPで色々と言葉の勉強をさせていただきました。

補足日時:2001/07/05 11:38
    • good
    • 1

pi-manさんへ


 
 CDプレーヤーの背面を見ると いろんな端子が並んでいて 不思議ですよネ。

 アナログの「RCA端子(いわゆるピン端子)」と デジタルの同じく「RCA端子」と「光端子」ですね。 RCA端子には通称「ピンケーブル」を用い、デジタル伝送にはデジタル用のピンケーブル(デジタルケーブル・ビデオケーブル)を使いましょう。 「光端子(OPTICAL)」は一般的に「角型光端子」という形状ですね。 デジタル伝送は 同軸(COAXIAL) vs 光(OPTICAL)が何かと話題になっていますが、大差はないと思います。 ハード次第で考えるべきでしょう。 

 バランス伝送は 通称「キャノン端子」を用いて接続していきます。 アナログ伝送もデジタル伝送も可能です。  外来のノイズに対してシールドがしっかりしていますので、引き回しが長い場合有効です。 プロ・業務用に主に用いられるのも以上の理由からでしょう。 回路が複雑になりますので 低価格のモデルには付けられませんし 価値は出てこないでしょう。

 私の知識ではこのくらいが 精一杯です。

                   project-k3でした。

この回答への補足

amukunさん、pesukoさん、project-k3さん、早速のお応え有り難うとございます。みなさまのご説明から、私の理解したのは次のようにですが、正しいでしょうか?
まず、伝送方法にバランスとアンバランスがある。
端子の形としては、
アンバランス:アナログ→RCA、普通のピン、ミニピン。デジタル→RCA、光がある。RCAは同軸とも呼ばれる。
バランス:アナログ、デジタルともキャノン端子で接続する。(ミキサーにつなぐマイクなどはこれですよね?)
これで正しいですか?
端子による違いは、形以外に(どちらかの方がいい音で伝わりやすいとか?)何があるのでしょうか?何で何種類かに分かれているのでしょうか?いつも思うのですが、RCAとピンプラグと何が違うのでしょうか?
重ねての質問になってしまいますが、まだきちんと理解でいていません。
すみませんが教えてください。

補足日時:2001/07/05 02:02
    • good
    • 0

coaxial=和訳(同軸)


RCA=アメリカの会社名からの由来のはずです。(アンバランス入力です)

バランス(平衡)・アンバランス(不平衡)について、
バランスは信号線の+と-とG(グランド)の3本線で+と-のケーブルはツイストペアです。
入力部で+と-の信号を合成するときノイズが位相反転されて打ち消し合います。(コモンモードノイズに強い)
またインピーダンスが600Ωなので、長距離伝送にも適している(マイクで100m程度はざら)。(プロ用)
でも出力・入力ともに専用アンプ・トランスなどが必要です。


アンバランスは-線がグランドをかねていますので、ノイズを打ち消す能力がない、またグランドから浮いていますのでノイズに弱い。
インピーダンスが10KΩ前後と高いので長距離伝送に向かない(せいぜい3m)(コンシェーマ-用)
簡単な入出力回路で作れてしまう。
    • good
    • 0

まず、バランス、アンバランスの違いですが、バランスはプロ用といってよいでしょう。

コードを長く引き回してもノイズを拾いにくく、端子の接続も不良が起こりにくい構造です。+側と-側がそれぞれ、GNDとは別になっているためバランスと呼ばれます。この端子がついているものは民生用でも高級機のみです。
アンバランスは-側がアース兼用です。普通のマイクロフォンなどのフォーン端子はアンバランスです。家電レベルの民生機にはこちらが採用されています。コードを長くするとノイズを拾うことがあります。
同軸と光は、どちらもデジタル端子ですが、光は文字どうり光ケーブルでデジタル情報をやり取りしています。
同軸は銅線です。最近では光が主流です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンバランスとバランス

過去ログを見たのですが分からなかったのでよろしくお願いします。

うちの装置はプレーヤーがDU-7でアンバランス回路。
アンプがC-2000とA-30でバランス回路、となってます。

現在、アンバランス接続、バランス接続の二つの方法で繋いでいます。

音の違いはどちらも甲乙つけがたい感じです。

そこでお聞きしたいのですが、アンバランス接続だと、アンプ側が
バランス回路に分けているのだと思いますが、せっかくのバランス回路が
生かせないのでしょうか。

また、バランス接続だとプレーヤー側でバランス接続用の内蔵アンプ
を通すようなことが説明書に簡単に回路図がのっています。

この内蔵アンプが音質の違いを生み出しているのでしょうか。

プレーヤー側がバランス回路構成なら全てバランス接続すればいいので
しょうが、このような場合、何が音の違いを生む原因となっているので
しょうか。

困っているわけでは無いのですが、何故音が変わるのかの理屈が知りたいです。
表現が下手で分かりにくいと思いますが、説明不足であれば補足します
ので、教えて下さい。

過去ログを見たのですが分からなかったのでよろしくお願いします。

うちの装置はプレーヤーがDU-7でアンバランス回路。
アンプがC-2000とA-30でバランス回路、となってます。

現在、アンバランス接続、バランス接続の二つの方法で繋いでいます。

音の違いはどちらも甲乙つけがたい感じです。

そこでお聞きしたいのですが、アンバランス接続だと、アンプ側が
バランス回路に分けているのだと思いますが、せっかくのバランス回路が
生かせないのでしょうか。

また、バランス接続だ...続きを読む

Aベストアンサー

「アキュフェーズ」のC-2000とA-30ですよね?
であれば、

> アンバランス接続だと、アンプ側がバランス回路に分けているのだと思いますが、せっかくのバランス回路が生かせないのでしょうか。

カタログを見る限り、C-2000の方の増幅回路はアンバランス増幅になっています。
(ボリューム直後で、±入力信号の合成を行なっている)
http://www.accuphase.co.jp/model/pdf/c-2000.pdf

また、A-30の方も「入力端子からパワーアンプ段までの信号経路をフルバランス伝送化」と書いてありますが・・・これはちょっと「紛らわしい誇大広告」ですね。
バランスになっているのは「パワーアンプ段の入力部」までで、パワーアンプ段の2段目(カタログ中の回路図で、Q5~Q8の部分)で±入力信号の合成を行なっていますから、それ以降は「アンバランス(増幅)回路」です。
http://www.accuphase.co.jp/model/pdf/a-30.pdf

したがって、C-2000とA-30の組み合わせでは、バランス「接続」は出来ますが、バランス「増幅」ではありませんので、別に「バランス回路が生かせない」ということはないと思います。
(生かすも生かさないも、元々バランス増幅していないから)


> 音の違いはどちらも甲乙つけがたい感じです。

「バランス入力しても、実は内部ではバランス増幅していない」から、「甲乙つけがたい」=「(本来優れているはずの)バランス入力の方が格段良いようには感じられない」のではないでしょうか?

(ある意味、質問者様の耳が確かである証明、とも言えます)

「アキュフェーズ」のC-2000とA-30ですよね?
であれば、

> アンバランス接続だと、アンプ側がバランス回路に分けているのだと思いますが、せっかくのバランス回路が生かせないのでしょうか。

カタログを見る限り、C-2000の方の増幅回路はアンバランス増幅になっています。
(ボリューム直後で、±入力信号の合成を行なっている)
http://www.accuphase.co.jp/model/pdf/c-2000.pdf

また、A-30の方も「入力端子からパワーアンプ段までの信号経路をフルバランス伝送化」と書いてありますが・・・これは...続きを読む

Qバランス、アンバランス接続におけるグランド処理について

EVENT のALP5(Active Linear Phase)を購入して説明書を読んだのですが、モニター裏にあるインプット端子についての説明がいまいちわかりません。バランス、アンバランス、どちらも接続できるLine、RCAがそれぞれ1つずつと、バランス接続のXLRが1つあります。なんでも、アンバランス接続をする場合、マイナスの信号が自動的にグランド処理されるそうなのですが、バランス接続の場合はPin wiring diagramを見よとかいてあります。しかし、このPin wiring diagramの見方がわかりません。画像を添付しておきましたので、+、-、SHIELDの各横の行の見方を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>> どうやって2pinが何々で、3pinが何々、というのを知ることができますか? //

通常、知る必要はありません。なぜなら、通常のケーブルは、すべて、

オス ----- メス
1pin ----- 1pin
2pin ----- 2pin
3pin ----- 2pin

となっているからです。

2番ホットの機器と、3番ホットの機器とを繋ぐときに限って、そのようなケーブルではなく、変換ケーブル(又は変換コネクタ)を使います。そのようなケースは、多くはありません(現在では2番ホットが大部分なので)。

故に、「2番ホットと3番ホットの変換ケーブル(又は変換コネクタ)」と明記されていない限り、通常のストレートケーブルなわけですから、ケーブルのメーカーもあえて表示はしません。

QS-VHS ETデッキと普通のS-VHSデッキの違いとは?

S―VHS ETのビデオデッキを使っています。でも、普通のS―VHSデッキとの違いがわかりません。この2つの相違点は何でしょうか?

Aベストアンサー

VHSテープでS-VHSと同等の解像度の録画ができます。テープ代を気にせずに高画質の映像が楽しめます。

詳細は下記のページをご覧ください。

参考URL:http://www.melco.co.jp/service/vtr1/svhset.html

QアンバランスケーブルとGNDについて

http://www12.ocn.ne.jp/~oooo/taneakashi_recording-diary07.html

こちらのページを読みまして、いくつか疑問が浮かびましたので質問させてください。

1.
> 逆相同士のHOTとCOLDの音声信号を合成すると音が打ち消されてしまうので、
> COLD側の音声信号をアンプ側で位相反転させる構造になっている。
とありますが、
アンバランスのステレオフォンプラグのようにLとRがGND(=COLD?)を共有しているような場合には
どのようになるのでしょうか?

2.
バランスケーブルと、「2芯+普通のシールド」で作ったアンバランスケーブルとで
音質に差が出るのは何故なのでしょうか?
(このページにある解説だけでは説明が付かないような気がしました)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

!)の疑問に関しては アンバランス伝送には 逆位相のラインが有りませんので、位相の事は考えなくて良いのです。 あえてプラスとマイナスを逆接続すると 単にショートの状態になります。(アンプに悪影響が考えられますので、実験もダメですよ)

2)のバランスとアンバランスの音質差 ですが、ケーブル自体の構造その他による影響よりも バランス伝送の場合は入出力間で伝送レベル等の標準規格がかなり上位になります。 そもそもプロ現場で標準のバランス伝送は、外部からの影響やケーブルの影響が受けにくいので利用されています。 
 つまり ケーブル構造もありますが、伝送方式の違いの方が 格段に大きく影響してますので、入出力がバランンス対応ならば バランス接続する方がてっとり早いと言う事でしょう。

趣味のオーディオとしては あーでもない コーデモナイとピンケーブルをイロイロ買い込んで音質の違いを楽しむのも アリです。

Qアンバランスケーブルでシールド片側接続について

アンバランスケーブルのシールドの取り扱いについて教えてください。

質問の環境はエレキギターのラック内です。

現在ギターアンプ、オーディオスイッチャー、ミキサー、エフェクターを8Uのラックにマウントしています。
ギターアンプにはプリアウト、メインインがあり、アンプからのループ、オーディオスイッチャーからのループ、ミキサーからのループとエフェクターや各機材を複雑に接続しています。アースは立てていません。
今回ラックエフェクターを入れ替えたところハムノイズが発生しました、グランドループです。
どの機材とどのループで起きてるかは特定できましたが、それぞれのジャックの位置の関係で輪の面積を小さくしたり被ったり出来ません。
いろいろ調べて対策しましたが解決出来ず、ループをなくすように配線するのも不可能です。
すべてのパッチケーブルは4芯でアンバランス、場所によってセミバランスで、バランスの個所はありません。
この状態でミキサーのアウト→アンプのメインインをつなぐケーブルの片側のシールドを浮かすとノイズがなくなります。セミバランスでは効果ありません。
ケーブルはカナレのL4E6Sで、具体的にはミキサー側のプラグはホットに青2本接続、グランドに白2本と編線、アンプ側はホットに青2本のみで白と編線は浮かして絶縁してあります。
シャーシーはすべてレールで導通していて、各機材間も30本くらいのパッチケーブルでつながっています。
この片側未接続の状態でノイズもほとんどなく、音にも影響ないようですが、
このまま使い続けて故障の原因等の何か不都合な事はないのでしょうか?
またより良い改善策、注意が必要の事などありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

アンバランスケーブルのシールドの取り扱いについて教えてください。

質問の環境はエレキギターのラック内です。

現在ギターアンプ、オーディオスイッチャー、ミキサー、エフェクターを8Uのラックにマウントしています。
ギターアンプにはプリアウト、メインインがあり、アンプからのループ、オーディオスイッチャーからのループ、ミキサーからのループとエフェクターや各機材を複雑に接続しています。アースは立てていません。
今回ラックエフェクターを入れ替えたところハムノイズが発生しました、グランドル...続きを読む

Aベストアンサー

シャーシーはすべてレールで導通、パッチケーブルでつながっています

というのであれば問題ないでしょう
この対策のように、アースはがっちり取ってシールド線の片側は浮かせます、

故障の原因等の何か不都合な事はありません


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報