こんばんは。

解剖学に詳しい方、教えて下さい。
「眼窩静脈叢」って、英語でどう書きますか?
おそらく、マウスやラットの実験をされている方なら、
ご存知ではないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

orbital plexus かな?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは、とっても早いレス、有難うございます!
orbital:眼窩 ですよね。
plexusだけで、静脈叢という意味になるのでしょうか?
orbital plexus だと、眼窩神経叢(そんなものがあるのかどうかも知りませんが)とは、とれないんでしょうかねぇ?
とにもかくにも、解決の糸口をいただきました。
有難うございました!

お礼日時:2001/07/05 00:12

繰り返し採血に使う静脈叢でしたら、後眼窩静脈叢 Retro-orbital venousplexus で良いと思います。



テクニックのオリジナルは以下の論文ですが。
Halpern, BN and Pacaud, A. (1951) Technique de prelevement d' echantillons de sang chez les petits animaux de laboratoire par ponction du plexus phthalmique. C. R. Seanc. Soc. Biol. 145, 1465-1466.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、有難うございました。
まさに、おっしゃるとおりの、
繰り返し採血に使う静脈叢です。

参考になりました。

お礼日時:2001/07/11 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中心静脈カテーテル留置期間?

中心静脈静脈カテーテル留置について、感染の点から定期的な留置部位の交換が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

現場の苦悩が伝わってきますね。

>>中心静脈栄養か経管栄養に切り替えるかどちらを選択しても 

栄養を目的とする場合、これらが対等な選択肢に成り得るでしょうか?
経管栄養が胃切除後などで困難な場合、胃瘻やチューブでも誤嚥等により
栄養管理が困難な場合を除き経管栄養が適切であると考えます。
より医療に依存した、輸液で生きてゆく状況と比べて見てください。
所詮、不完全な液体です。長期生きて行く手段では有りません。
人間「物を食って生きる」のが自然ですし、今の所これに勝る栄養管理は有りません。
治療の甲斐あって、医療行為から自由になるのも、望まれる自然な状況ですし、
医療から介護へと、結果的に受け入れ可能な施設も増えます。

また、超高齢になるとそこまで望まない家族も居られます。
その場合も、経管栄養を望まず、長期人工的な中心静脈栄養を望むのは「そこまで望まない」
に矛盾します。「そこまで望まない」は自然な手段を否定しておきながら、より医療に依存した
状態を望むと解釈するべきなのでしょうか?
通常「そこまで望まない」は「そこまでやって生かされるのも気が傷む」だから「より自然な状況」
を意味すると考えます。IVHはこの場合正反対の位置に有ります。

よって繰り返しになりますが、中心静脈栄養は問題が無い限り長期的な栄養管理を確立するまで
の一時的な栄養管理方法と考えます。その間交換する事は一般的に有りません。

多くの患者さんにとっても大切な事ですので、一度勉強会をもたれては如何でしょうか?

現場の苦悩が伝わってきますね。

>>中心静脈栄養か経管栄養に切り替えるかどちらを選択しても 

栄養を目的とする場合、これらが対等な選択肢に成り得るでしょうか?
経管栄養が胃切除後などで困難な場合、胃瘻やチューブでも誤嚥等により
栄養管理が困難な場合を除き経管栄養が適切であると考えます。
より医療に依存した、輸液で生きてゆく状況と比べて見てください。
所詮、不完全な液体です。長期生きて行く手段では有りません。
人間「物を食って生きる」のが自然ですし、今の所これに勝る栄養管...続きを読む

Qタミフルのラットを用いた実験について調べているのですが、実験で投与され

タミフルのラットを用いた実験について調べているのですが、実験で投与されるタミフルの濃度(量?)が何を示すものなのか解りません・・・。

例えば投与したタミフルが25mg/kgであれば、これは体重1kgに対して25g投与する、ということなのでしょうか?それとも投与する薬1kgに対して25mgのオセルタミビルが含まれているということなのでしょうか?

Aベストアンサー

「体重1kgに対して25mg投与する」で正解です.

Q中心静脈カテーテルの合併症?

中心静脈カテーテルの合併症とはどんなものがありえますか?カテーテル感染から、いろいろなものが複合して(院内菌、一般の風邪など)急激に重篤な合併症がおこりえますか?カテーテル感染による感染時の特徴、敗血症の特徴、カテ感染によるショックの特徴を教えてください。CRPは9,3でした。

Aベストアンサー

 色々と病院に対する不信感がおありのようですので、やはりどうにか主治医の先生か、同じ科の先生と一回話し合う機会をお持ちになった方が良いかと思います。

>レセプトが届きました。病名には敗血症と急性脳症が同時にかかれていました。

 レセプトに記載されている病名は必ずしも実際に起こっている病名とは限りません。例えば痛み止めを処方するときに、消化管出血予防のために胃薬を一緒に処方したりしますが、その際には実際に患者さんに胃潰瘍が無くてもレセプト病名には「胃潰瘍」という病名を記載しなくてはいけません。そうしないと胃薬に対して保険がおりないのです。

 今回の場合は例えば主治医が重症感染症を疑って(実際に起こっていたかどうかは別として)、ガンマグロブリンを使おうとしたときには、やはりレセプト病名として「敗血症」と書く必要があったのだと思います。ですからレセプト病名=実際の病名では必ずしもないということはご理解ください。

>こういうものを使うときはインフォームコンセントと同意が必要なのではないのでしょうか

アルブミン製剤やグロブリン製剤を使用するときは通常同意書は必要ないと思います。

>大腸菌の細菌感染によるものなら院内感染で責任を問えるのですよね。

病院側の感染対策に不備が無ければ、IVH感染であってもすぐに病院側の責任が問われるということは無いと思います。IVH感染、院内感染というものは適切な対策をとっていればその発生率を減らすことはできると思いますが、0にすることは難しいと思います(0になることが理想ですが・・・)。

 以上の回答については、本来は私ではなく、主治医が答えるべきことだと思います。

 12回にわたって回答させていただきましたが、それぞれの回答は医師として客観的な考えを述べてきたつもりです。どうにかtakaoka0728様のお役に立てるようコメントしてきたつもりですが、残念ながら意に沿うようなお話を私はできていないように感じております。従いまして、今回の一連のやりとりにおける私の役割は終了したと考え、回答はこの回をもって終了させていただきます。

 takaoka0728様が納得のいかれる方向にいくことと、何よりもお子さんの病状が回復することをお祈り申し上げます。

 色々と病院に対する不信感がおありのようですので、やはりどうにか主治医の先生か、同じ科の先生と一回話し合う機会をお持ちになった方が良いかと思います。

>レセプトが届きました。病名には敗血症と急性脳症が同時にかかれていました。

 レセプトに記載されている病名は必ずしも実際に起こっている病名とは限りません。例えば痛み止めを処方するときに、消化管出血予防のために胃薬を一緒に処方したりしますが、その際には実際に患者さんに胃潰瘍が無くてもレセプト病名には「胃潰瘍」という病名を記...続きを読む

Qラット尾静脈採血

動物実験を何年かやっているものです。
動物の一般的手技には慣れているはずでしたが、はじめてラットでの尾静脈採血を行おうと思ったところ、なんとうまくいきませんでした。
剃刀で静脈を切ったところまではいいのですが、血がほとんど出ないときがあります(必要量は50マイクロL程)。一度出なくなると、それからどんなに深く切っても出てきません。
切る場所が悪いのでしょうか?
後で、思い返してみると、尾先から10センチメートルくらい(ラットは8週齢)だったので、もう少し先に近いところを切った方が良かったのかなあと思い返してます。
どのたか慣れている方、細かい手技やコツを教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
以前、ラットを用いた実験に従事していたものです。

質問者様のおっしゃるとおり、尾先の方が採血には適しているかと
思います。
私の場合は、5~6時点分位の採血が必要だったこともありますが、
尾先から、5ミリ程度のところを切り、順次尾根の方へ切り進みます。
それだけ切っても2センチ程度で済みます。
採血量も1時点分、最低300マイクロ程度です。

ラットの尾静脈は尾先から尾根に行くにつれ、楕円形になっておりますので、
尾根に近づくにつれ、採血が難しくなると思います。
尾静脈内投与でも尾先から、10センチ程度のところがベストですし。

アドバイスになるかどうかは分かりませんが、
一度試してみて頂ければ幸いと思います^^

Q中心静脈カテーテルの挿入後の確認について

中心静脈のカテーテルを右内頚から挿入する場合、
最後にX線で先端部を確認すると言われていますが、
これは必ずすることですか?それともX線で確認しない場合も
あるのですか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私が経験した中では、CVカテーテルを挿入した方は全員処置後レントゲン撮影していました。しかし患者さんが動けないなど、何らかの理由ですぐに撮影出来ない場合は前述した方法で確認し、数時間後にレントゲン撮影するということがありました。
レントゲン撮影しないままカテーテルを使用するといったことは経験がないです。

Qラットの解剖について

 ラットの解剖実験をしました。
 横隔膜の中央部をハサミで切開したところ、急激に心臓の拍動が大きくなり呼吸が荒く(大きく)なった後、しばらくすると呼吸が止まりました。
 このような動きをするのは、どのような働きが起こっているからなのでしょうか?
 教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

気胸になったことにより呼吸困難が急に生じた、と考えられます。

横隔膜に開けた孔によって胸膜腔(肺と胸の体壁との間の空間)の気密が破れ、そこに空気が入り込んで気胸になったのでしょう。

参考URL:http://219.166.74.90/column_07.html

Q中心静脈からの点滴方法について教えてください。

一、中心静脈(首からカテーテル挿入)への点滴は24時間サイクルでしか投与することが
出来ないのですか?

例えば、(1)20%ブドウ糖1000ml、(2)生食500ml、(3)オーツカMV1A、(4)ミネラリン1A

(5)ネオフィリン2A、(6)テラプチク2A、(7)ラシックス1A、(8)アミファーゲン2A(9)タチオン1Aの

合計1565mlを投与する場合は24時間サイクルでしか投与することが出来ないのかどうか

教えてください。

二、このメインに加えて、同時に側管で、エラスポール200mgを生理食塩水100mlに溶解したものを入れる。

このような指示があった場合、何か問題点はありませんか?例えば、薬剤が多過ぎるとか、配合に問題があるとかです

三、ラシックスを9剤の中に混ぜても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

引き続きまして1です。

12時間分だけ混ぜて滴下できるか?

出来ますよ。問題ないと思います。
しかし、例えばミネラリン1Aは12時間毎に0.5Aを使い、
一日に2A使うことになりますよね?(半分は破棄)
非経済的ではないですか?
また、人の手が入る回数が増えればそれだけ
ヒューマンエラーの確率が上がります。
わざわざ12時間毎に詰めて交換する必要がなさそうです。

そもそも最近はCV用の輸液セットがあります。
ビタミンから微量元素まで全てオールインワンのものが
ありますから、ご提示のメニューのような昔の方法は
あんまりしません。


ご提示の症例ですが、そもそもその程度でなぜCVの必要が
あるのでしょうか?ご飯が食べられないのですか?
脱水の補正だけなら末梢から3号液で良いように思います。

また80代43キロの女性に17時間で3000ml以上とは多いですね。
すぐに心不全を起こしそうです。

またエラスポールも使ったのですよね。
SpO2が90%を切るような人にしか使いませんからそれも疑問です。

Qラットの解剖図について

ラットの臓器などの図が載っているモノをWebページで探しています!
似たような質問が過去にありましたが…

回答者の紹介しているページはもうないみたいなので
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

http://www.biologycorner.com/bio3/rat_guide.html とか、
http://www2.kenyon.edu/Depts/BioEllipse/courses/biol09/Rat/welcome.htm 、
でなけりゃ http://www.utm.edu/departments/cens/biology/rirwin/RatAnat.htm

Q心不全で2週間程の入院と診断され24時間の点滴治療をしてた所、突然苦しくなり心カテーテルをして手術が

心不全で2週間程の入院と診断され24時間の点滴治療をしてた所、突然苦しくなり心カテーテルをして手術が必要と言われました。入院しててなおかつ点滴治療までしててこんな事ってありますか?心不全ってこんな病気なんですか?

Aベストアンサー

充分あり得る話です
入院すれば全て解決するなんて方が不思議でしょ

心不全も色々あるはずだが、兎に角心臓の機能が低下しているのは確実なのだから
それが原因で、更なる心臓の不具合が誘発されるのも充分に考えられる

考えられるから、予防的措置を取っているが
だからといって100%防止できるという訳にはいかない

Qラットへの尾静脈内投与について

ラットへSTZ(ストレプトゾトシン)を尾静脈内投与して1型糖尿病モデルをつくろうと思っております。
しかし、尾静脈内投与をしたことがなく、まわりにそれを教えてくれる人がいません。
なのでまず生理食塩水などで尾静脈内投与の練習をしようと思っています。
そこで質問です。
ラットに尾静脈内投与をする時は、ラットに麻酔をするべきなのでしょうか?
それともそのまま、何かで身体を固定して行うのでしょうか。

尾静脈内投与は動物実験の中ではごくごく基本的なことだとは
思いますが、教えて頂きたいと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

下記URLが参考になりましたなら。私がいた研究室では,箱にラットを入れふたを閉めるだけのラット固定器を使用していました。
http://www.kenkyuu.net/cgi-biotech/biotechforum.cgi?mode=view;Code=3755


人気Q&Aランキング

おすすめ情報