ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

こんばんは

以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。

またまた、故障しました。

トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。

が、その後、スタート時、エンジン音ばかり高くて、スピードが上がらず、40キロ位になると、エンジン音が、やや静かになり、普通にスピードが、でるように、なってしまいました。

おかしいので、交換してもらったスタンドで、音を聞いてもらったところ、ATFエレメントを交換(25000円)すれば直るといわれました。

納得できないので、無料で直してもらいたい、と言ったら、詳しく調べるので、車を預けてもらいたい、というので、預けました。

返事は、Oリングの不具合・ブレキバンド(2つ共、ATFのなかの部品)の緩みが原因で、ATFエレメントでは無く、オイルの交換でも無いと言います。(ATFオイルの交換機を製造している人が、音を聞いたでけで、わかったそうです)

対策としては、ATFをそっくり替えるしかないといいます。
ビビルト品(中古で、整備された物)だと、10万円で、交換します、と言っています。

ATFって、こんなに早く壊れるものなんでしょうか?

ビビルト品で、だいじょうぶなんでしょうか?

またこの車は、3年目から、オイルエレメントの不具合・ライトのスイッチの故障・エンジンマウントの割れと、毎年故障が発生しています。

これって、普通のことなんでしょうか?
異常なんでしょうか?
欠陥車なんでしょうか?

車の機械について、さっぱりわからないので、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

元整備士です。


無茶をされましたね、4万km以上ATFの交換経験がない場合はもう交換しない方がいい場合があります。新しいATFの洗浄作用でスラッジ等が剥離、遊離して油圧回路にはいるとATが壊れる危険性が有るからです。
私は、65,000kmだと説明して基本的には断っていました。壊れても責任もてませんので
もしそれでも交換したい場合は、フィルターの同時交換とオイルパンの下の磁石に付着した金属の除去も同時に行います。※かなりの予算が必要ですが・・・

どちらが悪いかというと難しいですが、ここまで放置したユーザー責任だと思いたいです。

#3の解説です。
ATF(Automatic Transmission Fluid)
Fluidがオイルの意味ですのでATFオイルという表現は
オートマチックトランスミッションオイルオイルになります。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

こんにちは

早速のアドバイスをありがとうございました。

事前に何の説明もなく、エンジンオイルの交換と同じような、感じで引き受けましたので、安心していました。

検査結果を聞いてから、ディラーへお願いしようと思います。

ATFはオイルの名前だったとは、!!お教えいただき、ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/03 11:18

直接的な回答ではありませんが・・・。



当方96yのステップワゴンに乗ってます。

走行10万キロを超えたのでATFの交換をしようかなと思い、ホンダの「お客様相談センター」みたいなところへ交換の必要性を問い合わせました。
「自家用車としての使用なら特に交換の必要なし」との返答でしたので、ATFの交換はしませんでした。

13万キロを越えた現在、なんのトラブルもなく元気に走ってくれています。

燃費も10キロ/リットル台と好調です。

ご参考にまで・・・。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

こんばんは

アドバイスをありがとうございます。

トヨタの修理部門のフロントマン(入社5年)が、この車ははずれだ。と言っていました。
売る人が認めるなんて、ひどいとおもいませんか?また、何の責任も取ろうとしません。気の毒です。と言うばかりです。

husqvamaさんのは、当たりなんでしょうか?いい車で、良かったですね。

お礼日時:2004/10/04 22:58

補足したいことがありますので再度書き込みます。



ATFの交換時期は、車によってバラバラですので注意して下さい。最近の車では、性能の向上により10万kmまでメンテナンスフリーもあります。

オイル交換も以前は5000kmが目安でしたが、最近の車は15000kmの車も多く出ています。

ATFは出来るだけディーラーで交換して下さい。

以上
    • good
    • 8
この回答へのお礼

こんばんは

再度のアドバイスをありがとうございます。

トヨタのディラーで、新車時、ペイントシーラント(5万円)を薦められ、契約しました。
その時の説明では、1年毎に、汚れを落とすので4回・4年間は、ピカピカの新車状態にもどせる。というものでした。
1年後、汚れ落としに行った所、整備(約1万円以上)をしないと、汚れを落としてあげません。というんじゃありませんか、
だまされた!!!!と思いました。泣き寝入りのかたちで、4年間過ごし、トヨタはだいっ嫌いになりました。

トヨタの修理部門のフロントが言った、めったに出ない故障が5年間に4ヶ所も出て、不信感でいっぱいです。

でも、作った責任をとらせるため、これからの故障は、ディラーで直させようと思います。

お礼日時:2004/10/04 22:47

交換する前にここで質問していれば こんな事ものならなかったかもしれませんね。

。。
検索すればATF関連の質問もたくさん見つけられますし。。。

まず・・・「欠陥車」ではありません。
エンジンマウント破損についてはちょっと時期が早いように思いますが
あくまでもゴム・・・気候状況で経年劣化の具合は変わります。
オイルエレメントの不具合・・・これもオイルエレメント側の不具合でしょう。
車側に問題があるとは考えられません。
エレメント単体か もしくは作業者が不具合だったのでしょう。
ライトスイッチの故障・・・カタチある物ですから故障は運と言える部分もあります。
(悪い意味ではなく)廉価版だとこうゆう部分でコスト削減されてる場合も多いですしね。

ATF(機械ではなくオイルのようなモノです)はいつ交換してもいいモノではありません。
無交換で6万キロ(4万キロと言われてる方もいますが それは早すぎでしょ)で
交換する場合 ディーラーなどでは不具合の出る可能性の話をされます。
今回のGSではその部分を怠った もしくは知識がなかったと言う事です。
これはオーナー側(あなた)の認識不足でもあると言えます。
車の説明書にもATFの事は記載されてますから。

ディーラーで点検してもらう前にそのGSにその部分(説明不足)で突付いて
補償できるかできないかを問い合わせてみてはどうでしょう?
可能性は薄いですが 説明不足を認めさせられれば全てではないにしろ
いくらかは補償させられるかも?

交換となった場合 リビルト品で十分でしょう。
リビルト品は「中古品」ではなく「中古再生品」です。
新品ではないですが 限りなく新品に近い状態に再生されたモノです。
通常使用にも十分耐えられるモノです。 しかも新品より安い。
修理するにはAT交換が手っ取り早く 確実ですね。
リビルト品での修理はディーラーでもしてもらえます。
「安く直したいからリビルト品で・・」と言えば手配してもらえます。

まぁ #6さんの「GSはガソリンを買うところ」が無難ですね。
全てのGSがそうだとは言いませんが・・・お店選びは重要ですよ。


>スタンドには整備士は居ません

そう言いきれる事ではないでしょ。
某社だと各店舗に一人は確実にいますよ。
その他大勢のバイトの方が多いというだけの事。
隠蔽工作は今じゃ某ディーラーの方が有名だし。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

こんにちは

早速のアドバイスをありがとうございます。

事前になんの説明もなく、エンジンオイルの交換のような、引き受け方で、30分ぐらいで、終わります。というので、安心していました。

今、今後の対策を考えてくれています。その結果を聞いて、判断しようと思います。

これからは、もっと、メンテナンスについて、気をつけようと思います。なんとか後5年は乗りたいと思っていますので。

お礼日時:2004/10/03 11:48

まず、ATFは壊れません。

リビルト品も存在しません。漏れることはありますが・・・。(ATF=Automatic Transmision Fluid)

定期点検はされているのでしょうか?
乗りっぱなしで、壊れたら、欠陥車扱いですか?
一番嫌なお客さんのタイプですね。

この症状ですと、内部の摩擦材の磨耗ですね。
完全に使用不能になるまで磨耗しているわけではないので、ある程度スピードがのったあとに、正常に近い状態になるか、またはロックアップが働いているのでしょう。

ATFエレメントなんて、単なるフィルタですので、Oリングが悪いのであれば、単に、ATFが漏れるだけです。放置しておくと、ATFが減少して、走行不能となるでしょう。ATF交換時に、レベル確認さえしたら漏れという現象は、すぐにわかることですので、これを確認せずに交換したとすると、その人はATのことがわかってない人ですね。

また、リビルト品について、単なる中古品と勘違いされている方もいらっしゃいますが、リビルト品とは、引き取った中古品の痛んだ部品を交換(使用限度を超えた部品、限度に近い部品は交換)して動作確認をしたものです。新品ではないが、限りなく新品に近い物、なんです。

一度、ご自身の車両の取扱説明書と整備手帳をお読みください。整備についての必要性や注意事項が記載してあるはずです。それらを確実に履行した上で、「欠陥車」という単語を使ってほしいと思います。
やることをやらずに、モノのせいにする、というのは、どこかの人たちと一緒のような気がします。

<3年目から、オイルエレメントの不具合
3年も、オイルエレメントを交換しなかったのですか?
その間にオイル交換は、実施していますよね?
振動のある機械ですから、使っていれば、それなりに痛みます。それぞれの車両固有の弱点については、ディーラーが良く知っていますので、新車購入の場合に何らかの不具合現象が発生した際は、ディーラーに相談するのが一番ではないでしょうか?
ガソリンスタンドは、「ガソリンを買うところ」、にとどめておいたほうが無難です。すべてではない(私の良く行くところは、整備士資格取得を奨励していた)にしても、いい整備士はいませんから・・・。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

こんにちは

早速のアドバイスをありがとうございます。

事前になんの説明も無く、エンジンオイルの交換と同じような、感じで引き受けたので、安心していました。

これからは、スタンドでなく、ディラーにいくようにします。

以前の故障はディラーで直してもらったのですが、3回とも、<<めったに無い故障だ>>と力を込めていうものですから、そんなに、滅多に無い故障が集まっている車を作ったディラーには、安心できませんでした。

お礼日時:2004/10/03 11:33

ATFを5年6カ月、65000キロも交換してなければ壊れてもしかたないかもしれません。

しかもスタンドで交換とはむちゃしましたね。通常この距離まで走ってしまったらATFは交換しない方がよいと思います。壊れたのはメンテナンスを怠ったユーザー側に原因が大きいと思います。ちなみに僕は一万キロで交換します。
リビルト品が大丈夫かというとこれは運です。リビルト品をメンテナンスすると新品より高くなってしまうので通常はほとんど点検しません。リビルト品は安い反面リスクも大きいのです。ちなみに僕のエアコンコンプレッサーは最初のものは一週間で壊れましたが、二つ目は五年のってもまだ元気です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは

早速のアドバイスを、ありがとうございます。

一万キロで、交換ですか・・・これからは、もっと、メンテナンスに気をつけたいと、思います。

事前に何にも説明が無く、まるでエンジンオイルの交換と同じ感じの引き受け方でした。(前にエンジンオイルを交換してもらいました)

お礼日時:2004/10/03 10:57

ATF交換が原因だとは思いますが・・・


ただし、ATF交換の作業に不手際があった訳ではないと思います。
65000キロ無交換だったというのが問題だったと思います。
大手のカー用品店や個人経営の小さな整備工場では5万キロ以上ATF無交換の車はATF交換を断るところが多くなってきていますから・・・

失礼な言い方ですが「ATFオイル」という言い方をしているところをみると「ATFとは何か」ということもわかっていないようですから、とりあえずディーラーに持っていくことが確実です。
ただし、この状況であれば壊れて当たり前みたいなことを言われると思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

おはようございます

早速のアドバイス、ありがとうございます。ディラーで、よく見てもらおうと思います。

事前に何の説明も無く、まるでエンジンオイルを交換する(前に同じお店で、交換してもらいました)ような、気軽な引き受け方でした。

ATFオイルという言葉は、スタンドの人が言っていましたので、そのまま使いました。

ATFの中は、ATFオイル?で満たされており、エンジンの回転を動力部に伝える時、マニュアル車のように歯車でなく、オイルの回転で伝える仕組みの機械だと思っていましたが・・・。

お礼日時:2004/10/03 10:48

まずあなたがすべき事は


ディーラーへ車を持ち込むことです
スタンドには整備士は居ません
ATF交換の不手際が原因でこれらの故障を起こす事は
スタンドでは珍しい事ではありません
またそれらの不都合を隠蔽する体質があるので
適当な事を言っている可能性もあります
まず、現状はどうなっているのか(本当に)
を追求する事が先決です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おはよう ございます

早速のアドバイス、ありがとうございます。

スタンドへ行ったのが、間違いだったのですね。

ディラーへ行って見てもらおうと思います。

お礼日時:2004/10/03 10:13

ビビルト品じゃなくってリビルト品ですね(笑)


ATFオイルの交換時期が遅すぎたようですね。大体7万キロ無交換だと交換するのすら断られますから交換自体が故障に繋がったのだと思います。リビルト品でもさほど問題はありませんが、オイル交換の時そう言う説明はありませんでしたか?

あと故障ですがエレメントの不具合、ライトのスイッチは多少致し方ないと思いますがエンジンマウントの割れは5年強、走行距離で考えればかなりハズレを引いたっぽいですね。デュエット自体かなりコスト下げて造った車と思いますがマウント割れはいきすぎだと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

おはようございます

早速のアドバイス、ありがとうございます。

ビビルトではなく、リビルトですか(汗)電話で説明されたので、・・・

事前に何の説明もなく、まるでエンジンオイルを交換するような、気軽な受けかたでした。(5月ごろ、同じところで、交換してもらいました)

このような、不具合が出現する、可能性があると、判っていれば、なんで説明してくれなかったの!!(怒)と言うのは、間違っているのでしょうか?(涙)女だと思ってなめられているのでしょうか?

ちなみに、前の車は、キャロルで、8年・8万キロ乗りましたが、ATFオイルは、交換してなかったと思います。今回、他の店で、交換した方が良いといわれ、交換するものなんだと、知りました。

お礼日時:2004/10/03 10:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QオートバックスでATF交換をしたら、17000円ぐらいかかりました。 前はそんなにかかった覚えはない

オートバックスでATF交換をしたら、17000円ぐらいかかりました。
前はそんなにかかった覚えはないのですが

Aベストアンサー

1万7千 円は高いと思います。
私の車2005年式8万キロのワゴンRをディーラーでATF交換して貰った時はATF5L交換で約9千円
プラスオイルパン脱着、ストレーナ清掃で合計1万7千円でした。

QATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?

ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???しかしディーラーに交換を相談するとかならず、2万キロ事に交換していないなら今更交換すると詰まってしまうかもしれないそれなら不具合が出るまで交換しない方がいいとの回答。いったいATF(オートマフルード)を交換しないとどうなるのでしょうか?そもそもその役割すらすらないのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。
その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。
この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。
この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。
従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。=2万キロ走行毎の交換が必要、という事なのです。


【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。
あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。
この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む

QオプティのATFが少なかったので補充しら動きません。

オートマオイルが不足していたので、お店でオプティ用のATFを購入して補充したらギアが入らなくなりました。まるでクラッチが滑っているような感じです。 車体をギアをNにして車を押してもまるでパーキングに入れているような感じでロックします。オートマが壊れたのでしょうか?ささいなことでもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

文面からすると、不足していたATFを補充する前は正常に走行していて、補充した後に走行不能になったと言う事でしょうか?

ATFを補充したらギアが入らないと言う事ですが、これはセレクトレバーをドライブにしてもガクッとギアが入らず、エンジンの回転ばかり上がると言う事でしょうか?これだけなら、単にATFの不足の様にも思えますが、既に補充した後でしょうし、その状態で車を押しても動かないと言う事から、源因はATFの不足では無いと思うのですが。
複数の要因が重なっている事も考えられますが、確率からしてそう多くは無い筈ですから、まずはどなたかに手伝ってもらって、一人がセレクトレバーを操作し、一人がエンジンルームを見てミッション側のレバーが動いているかの点検をして下さい。問題無く動いているとなると、ミッション本体の故障が高いと言う事です。走行云々の前に、パーキングロックが外れない事から、コントロールワイヤーの折損が怪しいかもしれません。
※コントロールワイヤーの点検
※点検時は、パーキングブレーキをがっちり掛け、ブレーキを踏んだ状態で行ってください。
※ATFの量も再点検して下さい。

失礼かと思いますが、ATFはしっかり補充されましたか?ATFが入っていないくても、同様の症状が考えられるんですが・・・
ATFはミッションの潤滑は勿論、作動油でもあるので、不足するとギアの切り替えも不能になります。例えば、間違ってパワステのリザーブタンクに補充しているとか、意外と良く有る間違いだと思います。
※オプティの年式だと、まだ油圧ポンプでパワステの動力を得ていると思うのですが・・・

ATFの点検
オートバックス http://www.autobacs.com/static_html/techinfo_01/5_98.html

文面からすると、不足していたATFを補充する前は正常に走行していて、補充した後に走行不能になったと言う事でしょうか?

ATFを補充したらギアが入らないと言う事ですが、これはセレクトレバーをドライブにしてもガクッとギアが入らず、エンジンの回転ばかり上がると言う事でしょうか?これだけなら、単にATFの不足の様にも思えますが、既に補充した後でしょうし、その状態で車を押しても動かないと言う事から、源因はATFの不足では無いと思うのですが。
複数の要因が重なっている事も考えられま...続きを読む

Q10万キロ超えた車のATF交換はしない方がいい?

平成9年 ステップワゴン 4WD、走行10万キロです。
エンジンが温まらないうちだけの症状ですが、
走り始めに1速から2速に変速する時に、少しだけですが、
空ぶかしのようになってからギアが入る感じになります。
ほんの1秒くらいですが、滑りの兆候だとは思います。

ギアPからRや、DからRとかのギアが入るタイムラグはありません。

そこで質問なのですが、ミッションオイル(ATF)を交換しようと
イエローハッ○へいったところ、10万キロを越えた車はATF交換はできません。
交換すると返って症状が悪化したり、すべってしまう。と言われました。

そうなんでしょうか・・・

違う整備工場の人には、交換した方がいい。
そんなこと言うのはクレームが怖いだけで、すれば改善されるかもしれないとも言われました。

一応まだ交換していないのですが、交換はどうおもわれますか?
またどのようなオイルを使うとよいとかありますか?

無責任回答で結構ですので、自分ならどうするか教えてくださいm( _ _ )m

Aベストアンサー

 う~ん、個人的にはATF交換賛成派なのですが。
 イエローハットさんは、ANo.2の方も言われてますが、交換しても「症状が改善されない」事を想定しての事だと思います。

 まずホンダのディーラーさんで、yu2000riさんのステップワゴンが圧送循環式のATF交換機で全量交換できるか聞いてみてください。
 OKであれば交換してみるのもありではないでしょうか。

 あと安心感はディーラーに比較するとかなり下がりますが、GSなら大抵どこでも安価で交換してくれますよ。(お勧めはしませんが…)

QATFを下から抜いてしまいました・・・

タイトルのとおりです。
お盆で暇だったので、嫁の車のエンジンオイルでも替えようかと思い立ち、車の下を覗き込んで見えたドレンボルトを抜いてしまいました。
オイルが出なくなるまで抜きました。
(後で見るとその30cm横にもうひとつあった。まさかこんなに簡単に抜ける場所にあるとは思いませんでした・・)

この状態で、エンジンをアイドリング数分+DとRレンジに3回位入れました。

過去の質問で、点検口からの補充については分かったのですが、
エンジンをかけたことにより駆動部にエアが回ってると考えたほうがいいでしょうか?

ここから、質問なのですが
(1) 現状のまま、ATFを補充していいでしょうか?
(1) 現状のままATFを補充することで、回ったエアは押し出されるのでしょうか?
(2) (1)が出来ない場合、ディーラの循環装置で抜くことは出来るでしょうか?

ちなみに車両は、平成10年式 ミニカです。
現在の走行距離は56000km、45000kmの時にATFは半分交換しています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして
三菱車は、ドレンボルトがすぐ近くにあるので間違えやすいですよね。
ワイン色をしていたのならATFですね。

AT内部は、何室かに分かれていますので全ては抜けていないと思います。

オイル量のチェックは
エンジンをかけギヤを数回N→D→Nに動かして、エンジンをかけたままの状態でATFのゲージを抜き取って下さい。
1度ゲージを拭き取った後に戻し、再度ゲージを抜き取ってチェックをしてください。
適正値内であれば問題ありません。
下回っているようなら、補充が必要です。
ATFは、入れすぎは良くないので量をチェックしながら、少量ずつ行なってください。

もし、不安がある様ならオートバックスなどでも補充は可能だと思いますので相談してみてはいかがでしょう。

なおエアーは適正量を補充しエンジンをかけギアを一通り入換える作業を行なう事で抜けていきます。

QATF漏れ。補充で大丈夫?危険信号は?

車は平成6年式ハイエース、ガソリン車2WDです。
4年前の車検をディーラーにお願いしたときにATFが漏れているので、応急処置として漏れ止めを入れてもらいました。
原因はおそらくパッキンの劣化、損傷で、工賃がかなりかかるのでおそらく5万円くらいと言われ、古い車なので修理するつもりはありません。
その後の点検のときにやはり漏れは止まっていないと言われました。
ほっておくとどのような影響が出ますか?私の知識では漏れて量が減ってきたら変速ショックが大きくなるだろうと思っていますが、週1ほど運転して、4年経過していますが特に実感する影響は出ていません。ちなみに2年前の車検はユーザー車検でATF漏れに関して何もしないで通りました。

何度かATFの量をスケール?(エンジンオイルと同じように量を測るメジャー)で見てみましたが、スケールを差し込むパイプ自体が曲がっていてはっきりとした量がわからないのですが、そんなには減っていない感じでした。

できればお金の都合であと2年くらい乗りたいのですが、応急処置として明らかにATFの量が減っていたら補充してやれば問題ないでしょうか?全交換はリスクもあるので考えていません。どうぞ宜しくお願い致します。

車は平成6年式ハイエース、ガソリン車2WDです。
4年前の車検をディーラーにお願いしたときにATFが漏れているので、応急処置として漏れ止めを入れてもらいました。
原因はおそらくパッキンの劣化、損傷で、工賃がかなりかかるのでおそらく5万円くらいと言われ、古い車なので修理するつもりはありません。
その後の点検のときにやはり漏れは止まっていないと言われました。
ほっておくとどのような影響が出ますか?私の知識では漏れて量が減ってきたら変速ショックが大きくなるだろうと思っていますが、週1ほ...続きを読む

Aベストアンサー

整備士です。
5万で修理というのはATミッションのトルコン側のシール交換ということだと思います。

ATにストップリーク入れるのは危険だと思いますが。
ウチではお客さんのOKが出るまで絶対やりません。
まだATFを交換するほうがリスクは少ないと思います。

交換に危機感を持っておられるようですが、そのように真っ黒な色ですか?
厳密に言えば別の方の回答にあるようにシフトレバーを各シフトへ10秒以上入れ
アイドリングで量を確認すべき(マニュアル通り)ですが、そんなもん別に気にしなくていいですよ。

エンジン止めた状態で確認しておけばそこが基準になるだけです。
車種によってはエンジン回した状態だとゲージに全くついてこないものもあります。

ボタボタ垂れてきてなければまあ大丈夫だと思いますが、
私も同じ状況でお客さんに伝えるときは「現状ではこうです、放置するとどうなるかわかりません」
と言うしかないんです。

ようはエンジンとミッションの間のスポンジのとこにべったりたまっているのではないですか?
H5のハイエースならそんなもんだと思いますよ。
たまにゲージをみてやって明らかに減っているようであればそのうちダダ漏れになるでしょうし、
ちょっとぐらいなら気にしなくていいですよ。

整備士です。
5万で修理というのはATミッションのトルコン側のシール交換ということだと思います。

ATにストップリーク入れるのは危険だと思いますが。
ウチではお客さんのOKが出るまで絶対やりません。
まだATFを交換するほうがリスクは少ないと思います。

交換に危機感を持っておられるようですが、そのように真っ黒な色ですか?
厳密に言えば別の方の回答にあるようにシフトレバーを各シフトへ10秒以上入れ
アイドリングで量を確認すべき(マニュアル通り)ですが、そんなもん別に気にしなくていいですよ。

...続きを読む

QATFの量の入れすぎについて メカニックや車に詳しい方

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から東京まで高速で行きました。出発前に洗車をしていったのですが、高速クルージングを楽しむ為に140~170キロくらいで飛ばして走行していました。少し休憩と思い、サービスエリアでオーバーヒートを少しでも防ぐ為、ボンネットをあけ冷やそうと思って開けたら少し変な匂いがしました。気にせず後ろを見ると、トランクやら後ろほぼ全面が油が飛んでいたんです。最初はガソリンかと思ったのですが、どうやらATFの匂いがしました。下回りを覗いてみると(車高が低いので真ん中まではよく見えなかったのですが、俗に言う油まみれっぽくマフラーをつたいにじんでる感じがしました。車を買い何度か下回りはみているんですが、いままではそんな事はありませんでした。そこで知識のある方に質問です。ATFの量を入れすぎた場合、ゲージ棒以外に抜ける場所はあるんですか?個人的には普段そんな速度では当然走らないですから、高速走行することで、ATFオイルが膨張し、元々量が多かったからどっかからあふれ出て、マフラーをつたって後ろにでてきたのではないかと?そんなことは考えにくいですか?それともやはりどこか漏っていますかね?教えてください。

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から...続きを読む

Aベストアンサー

仰る通り、入れすぎたATFがブリーザーから吹いてしまったのです。

ATは密閉されていると思われているようですが、実際は内圧が高くなった時の為に安全弁のようなもの(ブリーザー)が存在します。
今回は、アバウトな交換でATFが多い所に高速を長時間走って内圧が上がりブリーザーから吹いた...と言うことです。
街乗りではそこまで内圧は上がらなかったので吹かなかったのでしょう。

スティックに目盛りが刻んであると思いますが、あれを超えていると今回のような事になります。
ATFの温度により、どのあたりまで入れるかは整備要領書にキチンと書かれていますから厳守しなくてはいけませんよ。
交換した翌日等、車が冷えている状態でもう一度確認するべきでしたね。
マトモに作業している所では、出来るだけ冷えた状態で最終確認をしています。

今回は下周りを洗浄して様子を見てください。
もしかすると、弱っていたシールが破損して漏れが発生している可能性もありますから。

QATの滑り、修理代はどの位でしょうか

H12年登録のステップワゴンです。
走行距離が185,000kmと多走行のため仕方ない面も有るのですが、ここ最近発進時や上り坂でATが滑って回転ばかり上がって上手く動力が伝わらなくなりました。

10万km時にATFを交換した経緯が有ったので、まずはATFを交換しましたが症状は改善しませんでした。
となるとリビルト修理か交換しかなさそうですが、一般的にどの位金額が掛かるのでしょうか。
20万円以上掛かるようでしたら、新車に乗り換えも検討したいと思っています。

Aベストアンサー

経験上でわかる範囲でしか金額しか言えませんが
ステップワゴンって、たしかFFですよね?
そしたら、最低限でも足回りをはずしてエンジンを下ろさないと
作業出来ない可能性が高いので、絶対に10万は超えると思います。
また、リビルドとなると必要な部品や組立工賃を考えても
20万円近くなる可能性は大きいです。

もちろん、車種によりエンジンを下ろさなくても作業できるように
してあるものもありますが、HONDAの車はその辺の評判はあまりよくないので
一度、業者に見積もりを出してもらうことをお勧めします。

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

QATFを交換したい!でももう8万キロ

こんばんは。(こんにちは)

いま、去年中古で購入した車(購入時7万キロ・現在8万キロ)
に乗っています。

色々なメンテナンスのページを見ていると、ATFの交換が最近気になります。
でも中古ですので、過去に交換したかは分かりません。
ATFは難しく無交換の場合は7万キロまでには1度交換しておかないと、それ以降に交換した場合、色々なリスクが伴うんですよね。

基本的にATFは無交換でも構わないらしいですが、理由が「殆どの人が10万キロまでに、乗り換えるから」とか言うのが理由だそうで。

僕は今の車を大事に長い付き合いをしたいので、迷っています。



もしこのまま無交換の場合でも20万キロとかまで行けたりする場合もあるんですか?


あと、燃費も変速ポイントも変わるらしいので、できれば交換したいですが、交換するときはもちろんDラーに頼みます。

Dラーに電話で聞く前に皆さんの意見を聞かせてください。
皆さんならどうしますか?

Aベストアンサー

1度ディーラーさんで 相談してみてください
7万kmの中古を買った旨を伝え 注射器のような物で ATFを抜き
汚れ具合を見てもらい 交換しても大丈夫か判断
交換OKなら 交換してもらう

交換を拒まれたら 使用を続け トラブル時ATO/Hすれば良いのでは? まあ調子は徐々に落ちますが 概算15万km位は 走ってくれるでしょう

もし自分なら 一か八か純正ATFで交換し洗い油代わりに使い 1~2万kmで も一度 交換しますねー
一か八か壊れたら ここでATミッションO/Hします
リビルトATミッション換装の方が安いかも


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング