今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

プロ野球で左利きのキャッチャーが誕生しない理由はなんでしょうか?

左バッターが増えている現状では盗塁を刺す時に利き腕の差は関係なく感じるのですが、盗塁阻止以外にも左利きキャッチャーが生まれない理由はありますか?

A 回答 (4件)

左打者が増えてるから、そのうち左投げの捕手がNPBにも現れるかもしれませんね。

しかし、少年野球や中学・高校野球では、肩が強いなど捕手向きの選手でも、左投げだと、まずは投手ができないかと監督・コーチは考えてしまうようなので、なかなか左投げ捕手にはならないようです。

甲子園での高校野球での左投げ捕手は、こちらの記事などを。
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/201 …

ちなみに、MLBには左投げ捕手がいますね。19世紀が大半で、20世紀後半だと4人ぐらいですね。
1958年 デイル・ロング
1961年 クリス・ショート
1980年 マイク・スクワイアーズ
1989年 ベニー・ディステファーノ
https://books.google.co.jp/books?id=OqcgDAAAQBAJ …

ジャック・クレメンツは、左投げ捕手としてMLBで1073試合に出場。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3 …

マイク・スクワイアーズは、左投げが珍しい捕手と三塁手をMLBでこなしたことがある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4 …

ベニー・ディステファーノは、左投げ捕手としてMLBで試合に出たことがある。中日ドラゴンズにも在籍。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8B …

野球の神様ベーブ・ルースは、左投げ捕手としてアマチュア野球を始めた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC …
    • good
    • 0

最近にブロックプレーが禁止になりました。



右捕手も追いタッチですよね。
左投げ捕手なら背中をマウンドに向けた状態で捕球体制に入ってからの追いタッチですよね。

ホームプレイで捕球姿勢に弱点が起きるのが現代野球なんで 左投捕手は無いと思います。
    • good
    • 0

>「左利きのキャッチャー」はなぜだめなのですか


http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/ …


>左バッターが増えている現状では盗塁を刺す時に利き腕の差は関係なく感じるのですが

まさに同じことを山本昌さんが書いています。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO11626980T10 …

タッチプレーに関しても、今はコリジョンルールで右利きでも追いタッチになりがちです。
捕球位置の工夫で左利き捕手の不利が減るかもしれません。

走者の回る方向が一定なので完全に右利き・左利き捕手が同じようにプレーできるようにはならないでしょう。
それでも、左バッターが増えている現状なら、いつか左利きの一軍捕手が誕生するかもしれませんね。
(メジャーでは過去にいたそうです)
    • good
    • 0

数年前、甲子園の高校野球大会で左利きのキャッチャーがいましたが、珍しいケースで一般的ではありません。



利きのキャッチャーのデメリット
(1)盗塁に備えた構え=走者一塁のとき、右と左では全く逆の構えになります。盗塁に備えた構えはやや半身でミットをはめた方の足を前に出しますから、右足を前に出す左利きは一塁走者の動きが見えにくくなります。

(2)二塁送球=比率から見ても右打者が多いので不利です。有利な点を探せば、打者が左で二塁走者が三盗を試みた時の三塁送球くらいでしょう。

(3)タッチプレー=本塁のスライディングに対して、全て追いタッチになり、ブロックも弱くなります。

こうしてみると、やはり左利きの捕手は不利ですね。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうして内野に左利きの選手がいないの?

プロ野球の守備で内野手(1塁を除く)とキャッチャーに左利きの選手がいないのでしょうか、過去に該当する選手がいたら教えてください。
またいない場合そのわけを教えてください。

Aベストアンサー

内野手に左利きがいないのは実際に自分でノックを受けてみるなどすれば分かると思います
ファースト、セカンド、ショートの位置でノックを受けてサードへ送球してみてください
左利きの選手がファーストへ送球するのと同じことですから

プロでも過去に左利きの内野手はいました
いましたと言うか左利きの選手が1塁以外の内野を守ったことがあるといった方がいですけど
西本幸雄さんをご存知ですか? 元近鉄の監督さんです
西本さんは左利きで1塁手でしたが1試合だけセカンドを守ったことがあります
といっても1イニングだけで守備機会はなかったそうです
http://www.mmmax.net/d/026/114/

参考URL:http://www.mmmax.net/d/026/114/

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q左利きのショート

野球のショートは左利きだと不利と言いますが、
どんなに運動神経がいい選手でも、左投げの選手がショートを守るのはキツイんでしょうか?

あと、左投げがショートを守るのに生じるデメリットとメリットを教えてください。

Aベストアンサー

個人的な偏見による体験論では、左利きの人というのは、身体能力はありますが、何故か、余り、野球センスを感じさせません。どこか、動きそのものに不自然な感じを私には与えます。
ちょっと違和感がありますので、私は、左利きのショートと三遊間を組みたいとは思いません。

しかし、そういう感覚を持たない三塁手が一番近くにいるのでしたら、左利きで一向に構いません。二塁手とは、もともと相性が悪いものですから、二塁手などの感覚は無視して良いと思います。二塁手はあわよくばと、楽で(特に練習では2、3倍は楽)、しかも、素人眼には格好良く見えるショートへのコンバートを常に狙っていますから、足を引っ張られないよう注意していれば良いのです。まあ、二塁手というのは、一塁に走者がいれば、投球ごとに盗塁を警戒しつつ、送りバンドされれば、ファーストはバンドゴロを捕る為にダッシュしますから、一塁に走ることを求められ、逆に、三・遊方面へのヒッティングならば、ゲッツーを狙って二塁に走らなければなりません。忙しいし、結構、頭が疲れます。時には、腹立たしくなります(笑)。

左利きショートのメリットは、沢山あります。
三塁ベースへのカバーリング動作が、右利きよりも自然にできます。
三塁上でのバックホームでは、他の走者の動きも視線に入ります。
三塁手と自然に向き合えて、コミュニーケーション的に便利です。
また、外野手からの中継プレーが自然になります。
特に、エンドランで、ライトからサードへの送球の中継時に、打者・走者を背後にしなくて済みます。

ですが、なにより、左というのは、希少価値がありますので、その希少性を打撃に生かそうとするのが通常のパターンなのです。外野手か一塁手といった守備に負担の少ないポジションを与えて、バッティングに期待するわけです。左のショートというのは、周囲の眼に好奇心をあたえますので、それが当人に反映されますと、折角、左が有利といわれているバッティングにも悪影響を与えます。黙って立っているだけでも有利(盗塁時には、捕手の送球がし難い、四球が多くなったり、打った後の走者としては、一歩、一塁までの距離が近いなど)な左打者にショートを守らせる意味を見出すのは難しいですね。そういうことで、左のショートというのが回避されているのだと思います。

逆説的に言いますと、打率の低い左打者というのは、別のスポーツを選択すべきだったということになりましょうか。

個人的な偏見による体験論では、左利きの人というのは、身体能力はありますが、何故か、余り、野球センスを感じさせません。どこか、動きそのものに不自然な感じを私には与えます。
ちょっと違和感がありますので、私は、左利きのショートと三遊間を組みたいとは思いません。

しかし、そういう感覚を持たない三塁手が一番近くにいるのでしたら、左利きで一向に構いません。二塁手とは、もともと相性が悪いものですから、二塁手などの感覚は無視して良いと思います。二塁手はあわよくばと、楽で(特に練習では2、...続きを読む

Q左投げの捕手

なぜキャッチャーは全員右投げなのでしょう?
ショートやセカンドはわかりますが キャッチャーは左でもいけそうな気がします
まさか左投げのキャッチャーは起用してはいけない なんてルールはないだろうし…
教えて下さい

Aベストアンサー

野球は右バッターが多いと言うことが前提です。
2塁送球の時に左利きだと右バッターが邪魔になると言うのが最大の理由です。
ですから全員が左バッターだと右ききキャッチャーは投げにくいです。
とくにアマチュアはその傾向が強いので、少年野球、中高の野球部で育ったキャッチャーはみんな右利きが多くなります。
また、2塁送球以外にも、3塁からの本塁突入の時ミットが左にある右利きの方がほんの少しですけど、3塁ランナーに近くなりますし、ランナーをブロックする体制でボールを受ける場合、右手にミットがあると1塁方向(ライト方向)からの返球を逆シングルでキャッチすることになりキャッチしにくいです。通常返球はホームベースよりやや3塁寄りに投げますから。左にミットがあると自然な形でキャッチできます。
まあ、返球が一塁寄りにそれた場合は右利きの方が取りにくいですが、そっちにそれたら、どちらにしろアウトになりにくくなりますから、それることを前提にしない方が良いと言うことです。

Qグローブからはみ出ている人差し指。

 続いて質問で申し訳ないのですが、グローブには人差し指を入れるところがあるのにプロの選手ではよく人差し指を出しているのを見かけます。これにはどういう意味があるのでしょうか??ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

 皆さんのおっしゃるとおり、硬球の指への衝撃は大変なものです。
グラブを持つ手は、普通バッティング時には引き手となるので、バッティングへの影響もあるのでしょうね。
 ただ、これはプロ野球界では、「悪癖」とされています。
 野球雑誌の技術指導コーナーなどで、かつて名手と呼ばれた解説者が、
「正しい位置で捕球すれば、痛くない。痛いのは、グローブのポケットで、捕球していないからだ。
精神論ではなく、痛いからと言って、指を出していては、いつまでたっても、正しい捕球位置を
覚えられないので、技術が向上しない。」
などと書いているのを、よく見かけます。確かに堅守をほこる選手は、あまりやっていないようです。

 ちょっと余談ですが、20年以上昔G球団のスーパールーキー、H選手とS選手が、この癖を注意され、
「ボールを右手に移す時に、外に出した指で、ボールをグローブから押し出すと、その分送球が素早くなる。」
と言い返し、世界のO助監督を激怒させた、という事件を覚えています。
ところが最近、ある野球雑誌の対談で、ヘッドコーチ、守備コーチとなった2人が、
「グローブから、指を出す選手はエラーが多いね。」と語りあっていました。(爆笑)

 結局、人それぞれのやり方が、あって良いと思うのですが・・・
メジャーリーグでは、どう指導しているのでしょうね。

 

 皆さんのおっしゃるとおり、硬球の指への衝撃は大変なものです。
グラブを持つ手は、普通バッティング時には引き手となるので、バッティングへの影響もあるのでしょうね。
 ただ、これはプロ野球界では、「悪癖」とされています。
 野球雑誌の技術指導コーナーなどで、かつて名手と呼ばれた解説者が、
「正しい位置で捕球すれば、痛くない。痛いのは、グローブのポケットで、捕球していないからだ。
精神論ではなく、痛いからと言って、指を出していては、いつまでたっても、正しい捕球位置を
覚えられ...続きを読む

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Q素人でも130キロだせる

野球部の友人から素人でもコツとフォームがよければ130キロだせるといわれました。
そのコツがわかる方がいらっしゃいましたらどうか私に教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。 No.5の再入場です。 

今シーズン、大リーグで目覚しい躍進を遂げたデトロイト・タイガースにケニー・ロジャースというピッチャーがいます。 まもなく、42才の大ベテランです。 

決して筋肉隆々の大男ではありません。 185cm、86kgとチームの中で一番小柄なピッチャーです。 彼の投球は日本でも注目されている『うねり投法』です。 下半身主導で、腸腰筋の発達がいきの良い球を生み出しています。 

投球フォームの特徴は、ボールをリリースする瞬間に、ぐっと背伸びする感じがあります。 この瞬間にエネルギーが集約されており、それ以外は完全にリラックスしている。 そのため、コントロールに優れ、球の切れは抜群。 

下半身主導の『うねり投法』だからこそ、40才を過ぎても、第一線で活躍が出来るのです。 この投法なら素人であっても、かなり勢いのある球が投げられるのです。

Q中学軟式野球と硬式クラブチームの「選択」

中学進学の際、高校野球をやることを前提に中学軟式と硬式クラブチームの選択に関するご意見をお願い致します。

近年は、高校の有力校野球部は硬式チームからの人数が多く軟式からのベンチ入りやレギラー数が以前より減っているように思います。
軟式からでも対応能力のある子は、数ヶ月で慣れてしまう子もいますが特待生と最初からメニューが違い食い込むのには凄い努力とアピールがいるよと良く聞きます。
中学軟式野球をさせて県立高校で硬式とも考えてましたが、最近は硬式クラブチームでやった選手が私立の大所帯の野球部を避けて比較的レギラーになり易い県立でやるケースが増えています。
私立高校と県立高校の差がなくなって来てるのもその傾向の表れのようです。

私の息子は、体がまだ小さく(140cm位)硬式ボールを弾き返すパワー不足と体が出来てないので硬式ボールを投げさせると肩の故障にならないかと心配ですが硬式をやらせても問題ないでしょうか?
本人は、硬式クラブチームが希望で気持ちや根性は人一倍ある方なのですが・・・。
小学生から硬式をさせてある方も何か理由があるのでしょうか。
少年野球の中心選手が集まった硬式には、体の大小がありすぎるような気がするのですが・・・。
中学で少しは、体が出来て硬式がいい気がしますが、どうせ硬式をするのなら早いうちから硬式のボールに慣れておく事が重要かなとかたまに思います。
いろいろなご意見をよろしくお願い致します。

中学進学の際、高校野球をやることを前提に中学軟式と硬式クラブチームの選択に関するご意見をお願い致します。

近年は、高校の有力校野球部は硬式チームからの人数が多く軟式からのベンチ入りやレギラー数が以前より減っているように思います。
軟式からでも対応能力のある子は、数ヶ月で慣れてしまう子もいますが特待生と最初からメニューが違い食い込むのには凄い努力とアピールがいるよと良く聞きます。
中学軟式野球をさせて県立高校で硬式とも考えてましたが、最近は硬式クラブチームでやった選手が私...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は、色々なケースがある様ですので、参考の参考の参考程度に
聞いて下さい。

まず、高校のスカウトは基本的にボーイズリーグ,シニアリーグなど
硬球のクラブを見ていますので、中学の軟式野球部では全国大会レベルか
ずば抜けた選手の情報くらいしか無い様です。

そうなれば、当然「特待生」は有り得ませんが、中学の部活での実績と
学校の成績を合わせた推薦なら有ります。

また、中学の部活からでも時々物凄い選手がいるのも確かですが
全体から見れば一握りですね。

お子さんは小学6年だと思いますが、身長に関してはある時急激に伸びる
事も有りますし、多少小さくても頑張っている子も沢山いますから
特に心配は無いと思います。

一番大きいのはバッティングで、たとえばバットなら軽くても800グラム
前後です。(軟式なら720グラム程度ですね。)
ただ、硬式はバットの真に当たれば軟式より飛びますし、ホームランを
狙うのではなく、ヒット狙い(アベレージヒッター)なら今から練習すれば
十分出来ると思います。(足が速ければ更にプラスなんですけどね)

一般に指導者は、何年もやっている人が多いですから、無茶をさせる事は
有りませんので、肩の故障等の心配は少ないのですが、ピッチャーで肩に
違和感を感じているのを言わず、選手が無理をすれば壊してしまう事も
有るかもしれません。

個人的には『硬式クラブチームが希望で気持ちや根性は人一倍』なら
硬式チームの方が良い気がしますが、練習は基本的に土曜,日曜ですので
非常に厳しいのは確かです。

寒くなるとボールを使う練習が減りますので、出来れば練習内容を見た方が
良いですよ。

今後入学される中学の野球部の実力などが分かりませんので、
何とも言えませんが、中学の部活では物足りない子もいると聞いています。

この問題は、色々なケースがある様ですので、参考の参考の参考程度に
聞いて下さい。

まず、高校のスカウトは基本的にボーイズリーグ,シニアリーグなど
硬球のクラブを見ていますので、中学の軟式野球部では全国大会レベルか
ずば抜けた選手の情報くらいしか無い様です。

そうなれば、当然「特待生」は有り得ませんが、中学の部活での実績と
学校の成績を合わせた推薦なら有ります。

また、中学の部活からでも時々物凄い選手がいるのも確かですが
全体から見れば一握りですね。

お子さんは小学...続きを読む

Qなぜ右投手には左バッターが有利?

野球素人ですが、右投手のときは左バッターのほうが有利だとよく聞きます。右投手に右バッター、または左投手に左バッターだと、バッターからすると背中のほうからボールが来る感覚なので多少は打ちにくいかもしれませんが、果たして成績に影響するほどうちにくくなるのでしょうか?プロ野球見てても打てない人は打てないし、打てる人は右左関係なく打てると思うのでなんか大げさなような気がしてなりません。

野球経験者の方、どれくらい打ちにくいのか言葉でわかる程度でいいので教えてください。

Aベストアンサー

自分もそう感じています。
右ピッチャー相手に左の代打を出したところで左ピッチャーに交代、さらに右を代打の代打とか滑稽です。

もちろん左投手の内角からのカーブなどは左より右の方が打ちやすいでしょうが、左投手は打てるが右の率が悪い打者だっています。

関係ありませんが、パワプロの能力で対左があるなら右もあってもいいのではと思ってしまったり(笑)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング