人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

大学院の入試問題に、心理的問題を抱えた人の事例が載っていて、自分の考える適切なテストバッテリーを組ませる問題が時々ありますが、マニュアルみたいなものがあるのでしょうか?テストは3つで投映法と質問紙法を一つずつ入れるとか決まりごとがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

テストの費用に関することまでは、「○○を疑うときの心理検査の組み合わせを答えよ」という問いでは必要ないと思います。


「各心理検査の概要、長所および短所について、そして、それらをテストバッテリーとして用いる時の留意点について述べよ」と言われれば必要ですね(^^;

私が、テストの費用について聞いたのは、アセスメントに関する授業の中ででした。
私もまだ学生ですので、どうすれば知ることが出来るのかはわかりません。
授業で聞いたときの印象は、「思っていたより値段がお高い!!」という感じです。
お役に立てなくて申し訳ないです。

大学院入試。お互い頑張りましょうね☆
・・・って、Bombeさんが、大学院を受験すると勝手に決めつけてしまいました(>_<)
    • good
    • 0

#1です。



追加です。
一般的には3種類ですが、もちろん、時には4種類になったり、5種類になったりします。

あと、バッテリーを組むときに注意したいのが、テストの順番。
子どもでは、絵画法から、大人では質問紙から入っていくのが基本です。

*知能検査を最初にしてしまう事の問題点*
 知能検査は、被験者にも、ある程度は自分の出来、不出来がわかってしまいます。知能検査には「正解」が存在しますから。このため、被験者の緊張感や不安感が増してしまいますので、次に行うテストに好ましくない影響を与えてしまいます。

*ロールシャッハやTATを最初にしてしまうことの問題点*
 ロールシャッハや、TATは、侵襲性(恒常性を乱す可能性のある外部からの刺激)が高いと言われています。
 後で行われるテストで正確な結果が得られなくなる可能性があります。


最後に訂正。#1の、第3段落の始め。「どういう見合わせを行うかは」ではなく、「どういう組合わせを行うかは」です。失礼。

この回答への補足

 質問者のBombeです。基本的には知能検査、質問紙、投映法という情報だけでもとても参考になりました。実施時間の長さや課題の困難さなどと被検査者の状態を考慮する事はなんとなくわかっていたのですが、テストの費用も考えたほうがいいとは知りませんでした。テストの費用について聞く事はこの場では適切でないと思うのですが、テストの費用に関する情報はどうすれば知る事ができるのでしょうか?それとも費用までは回答の中に入れる必要はないのでしょうか?

補足日時:2004/10/17 16:16
    • good
    • 0

一般的には、知能検査+質問紙+投影法です。



どの組み合わせにするかは、何の査定を主目的にするのかとか、時間の関係や、経済的な問題、こちら側がどのテストでも対応できるのか(カウンセラーはきちんとそのテストを熟知できているのか)等によって大きく変わってきます。
質問紙を例に挙げても、MMPIを行うのと、YGを行うのでは全然かかる時間が異なりますからね。

どういう見合わせを行うかは、このページで回答するのが本当に適切なのかどうかはわかりません。誰もが見ることの出来るサイト内で、「精神病レベルを疑う人には、これ+これ+これ。」「人格障害レベルではこれ+これ+これ
」なんて書いてしまうのはどうかと思いましたので、自粛します。そこら辺はご自身で勉強なさってください。

ただ、知的障害の査定が主目的の場合であっても、器質障害なのか、環境因なのか、性格要因なのかによって、組み合わせは違います。

また、精神病理面の査定を目的とする場合でも、人格障害、神経症、精神病それぞれのレベルによってバッテリーの組み合わせが違います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャクターの情動二要因理論

シャクターの情動二要因理論について、簡単な解説をお願いします。
私たちの普段の生活の中で例をあげると、どのようなものでしょうか?

Aベストアンサー

一般に情動に関する理論は三つほどあげられますが、情動二要因理論はその一つです。
シャクターによる情動二要因理論は、情動の形成というものを二つの要因、すなわち身体反応とその原因を類推する事によって説明しようとしたものです。
この理論において重要なのは、身体反応そのものにあるわけではなく、その原因を身体反応から類推する事によって情動が決定されるという点にあります。(身体反応から自動的に情動が引き出されるとするジェームス・ラング説とはここが大きく異なる点です)

この理論では、同じ若しくはほぼ同様の類似した身体反応を経験したにもかかわらず、そのとき感じた情動が異なるという事について説明が付きます。
分かりやすい例で行くと・・・
遊園地に男女ペアで行き、お化け屋敷に入ったとします。
このとき、お化け屋敷の雰囲気による恐怖感から来る緊張によって起こる身体反応(発汗量の増加、心拍数の増加)をこの男女ペアは好きな人と一緒にいる事による緊張による身体反応であると誤認しやすくなると言います。(所謂つり橋効果の一種)

ちょっと文章にまとまりがないですが…大体こんなところでしょうか。
先にも言いましたが、身体反応の原因を類推する際、置かれている環境や状況をどのように認知しているかの違いや、生理的変化に関して与えられた情報の違いから、類似した身体反応からまったく別の情動が引き起こされうる点が重要だと理解すればいいのではないかと思います。

一般に情動に関する理論は三つほどあげられますが、情動二要因理論はその一つです。
シャクターによる情動二要因理論は、情動の形成というものを二つの要因、すなわち身体反応とその原因を類推する事によって説明しようとしたものです。
この理論において重要なのは、身体反応そのものにあるわけではなく、その原因を身体反応から類推する事によって情動が決定されるという点にあります。(身体反応から自動的に情動が引き出されるとするジェームス・ラング説とはここが大きく異なる点です)

この理論では、同...続きを読む

Qコホートって・・・?

心理学で 横断的研究 縦断的研究 などありますが いまいちはっきりと 理解できていないので わかりやすく 誰か 教えてください。それから コホート(?)と言う単語についても・・・それから もうひとつ これと同じ類で ○○研究というのが あったと思うのですが・・・ 

Aベストアンサー

cohort
コーホート,群:特定の統計的・人口学的特性を共有する人々の集団;誕生,入学,入社の時期を同じくする者の集団など:
the cohort of all children born in 1980 1980年生まれの全児童群.







http://libweb.kyorin-u.ac.jp/~medlib/web_info/ebm5.html

3)横断的研究(cross-sectional study)

4)縦断的研究(longitudinal study)
・ ケースコントロール研究
・ コホート研究(cohort study)










主な用語

コントロール control
実験     experiment
事後研究   ex-post facto research
横断的研究  cross-sectional study
縦断的研究  longitudinal study
予測的研究  prospective study
回顧的研究  retrospective study

参考URL:http://libweb.kyorin-u.ac.jp/~medlib/web_info/ebm5.html

cohort
コーホート,群:特定の統計的・人口学的特性を共有する人々の集団;誕生,入学,入社の時期を同じくする者の集団など:
the cohort of all children born in 1980 1980年生まれの全児童群.







http://libweb.kyorin-u.ac.jp/~medlib/web_info/ebm5.html

3)横断的研究(cross-sectional study)

4)縦断的研究(longitudinal study)
・ ケースコントロール研究
・ コホート研究(cohort study)










主な用語

コントロール control
実験     experiment
事後研...続きを読む


人気Q&Aランキング