最新閲覧日:

「神代服」というものがあるそうですが、どのようなものなんでしょうか。
色・形・どんな時に着られている(いた?)ものなのか・購入方法・作り方・
見られる場所・写真の載っている本等々、ご存知のことを教えてください。
自然農法の福岡正信さんの本の中に「女性は薄青の神代服でよい」という
ような記述があり、どのようなものなのか大変興味を持ちました。
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たぶんなんですけど。

以下の本に写真が載っていたような・・・。
モデルはマネキンのお嬢さんです。(^^;)

井筒雅風著「日本女性服飾史」光琳社出版(昭和61年)
井筒雅風著「原色日本服飾史」光琳社出版(昭和57年)

あと、図書館に行かれる場合は、分類番号(ラベルの一番上の数字)が、383もしくは、383.1を目印に探してみてください。類書があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図書館へ行ったら探してみたいと思います。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/07/17 22:48

神代服即ち古代服とすれば、貫頭衣(一枚の布の中央に穴を開けただけの服、穴に頭を通して着る)現代でもポンチョとして愛用されています。

古代服の材料は木の繊維や麻で、各地にある考古館、民俗博物館などで見ることが出来ます。服飾の世界よりもむしろ考古学の世界なので、一般の人向けの神代服の参考書はないような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございます。
ポンチョのようなものが農作業に適しているのかー、とちょっと驚いております。
作務衣のようなものを想像しておりましたので…。
そのうち博物館などで探してみようと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/07/17 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報