こんにちは。相次ぐ台風の上陸。私が住んでいるところも家屋に被害を受けました。家族はみんな無事で知人にもひどい怪我をしたという事も聞かず、ほっと胸をなでおろしていましたが、よその県の台風による被害、今回の新潟の地震などの映像をテレビで見て、私自身の防災意識が薄いことに気付きました。まさか自分がそんな目にあうはずがないと思って毎日を過ごしていましたが、その考えはもう捨てます。そこで皆さんにお聞きしたいことがあります。防災意識といって始めに思いついたのが防災袋(?)だったんですが実際中に何を入れたらいいのかわかりません。災害時に必要なものって一体何なんでしょう?また今回被害を受けられた新潟の方々に私個人ができる事ってあるんでしょうか?教えてください、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

今回の新潟県中越地震で被害にあわれた方に


お見舞い申し上げます。一日も早い復旧を願
っています。

さて、「非常持ち出し袋」、で検索し、ヒット
したサイトの一部です。

「非常持ち出し袋をつくる」
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/care/sonae/son …

「●非常持ち出し袋」
http://yohoo.k-free.net/i/101.html

「非常持ち出し袋の中身について」
http://www.pref.akita.jp/syobo/syobo06.htm

「●非常持ち出し袋2」
http://yohoo.k-free.net/i/301.html

「非常持ち出し品」
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/bousai_s/html/ti …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりいろいろ必要なんですね。特にカイロなど今回の新潟の地震でも多くの人が手にしてるのをテレビで見ました。教えてくださったサイトを見て初めて気付く物もありました。今、やはり防災キットとかいうのが売れているらしいですね。電池の要らない懐中電灯などもあるそうなので探してみようと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/26 18:48

正直言って見守って祈ってあげることくらいしか出来ません私は・・・。

実は私は今回の地震では難を逃れた一人です。もともと22~23日で長岡に出張の予定が入っておりましたが、先方の都合で数日前に24~25日に変更になった矢先でした。もし予定通りに行っていたら私もどうなっていたかわかりません。長岡市内の取引先の方とは、幸い発生の当日中に連絡がとれ、ご家族全員の無事が確認できて胸をなでおろしましたが、そんな恐怖のどん底に叩き込まれているにもかかわらず「心配かけて申し訳ない」「出張を変更していて本当に良かったね」と逆にこちらに気を使う言葉をいただき心が痛むと同時に、いざというときの思いやり、助け合いの気持ちがどんなにか大切か身にしみました。普段から世話になっている方なので、私も行けるものなら何とかしてお手伝いに向かいたいのですが、ままなりません。そのことを相手に言いましたら「何を言ってるんだ!こちらは被災者同士で助け合って何とかなってる。あなたが無理してこちらに来てどうなるっていうんだ?そんな危険なことしたらあなたの家族も心配するじゃないか。そんなこと考える時間があったら、関東だっていつ震災に襲われるかわからないんだから自分と家族の安全を考えなさい」
って逆に叱られましたよ。
そうなんですよね。自然災害の前では個人の力なんて無力です。何とかしたいと思っても、軽はずみな行動は却って迷惑になったり、余計な心配をかけることにもなりかねません。まして相手の無事がわかった以上は復旧を祈り、落ち着いて安全になってからお見舞いに行けば良いと思いました。私も新幹線が無事に開通したらすぐに行くつもりですが。
それに災害を経験してない人間の形だけの防災が、いかに役にたたなかったかをその方は語ってくれました。普段から意識の高い方なんですが、そんな彼でも
実際に揺れに襲われたときはパニックになり、とにかく立つことも出来ないわけで、部屋の中でうずくまり
収まるのを待つしか術はなかったそうです。実際になったら本当に何も出来ないよ。家の中はめちゃくちゃになったけど、命が助かったのが幸運だったと思うしかないよ。と・・しみじみ言っておられました。
防災袋ももちろんありましたが、地震の最中はそんなこと思い出せるはずもなく、死を覚悟しながら家族の名前を叫ぶことしか出来なかったそうです。
私も防災道具は普段から準備はしています。しかし今回、身近な方が九死に一生を得た生々しい話を聞いて
「それが何の役にたつのだろうか?」「真の防災意識とは??・・いつ死んでも後悔しないように、毎日を一生懸命に生きることのほうが大切なのでは・・」と
言うのが正直な今の心境です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私は幸いなことに災害で恐ろしい目にあったことは今までありません。ですから、実際にあった方の話などからしかその恐怖というものは分かりませんが、やっぱりその状況になったら私もパニックになってしまうと思います。防災意識と一言で言ってもいろんな意味で捉えることができますね。難しいです。でも本当にその方がご無事でよかったですね。

お礼日時:2004/10/26 18:54

土砂崩れと火災以外でしたらば.適当に壊れた家から物を掘り起こせばいくらでも生活できますし.


鉈とビニールさえあれば.竹を切って.藤蔓で縛って....と二-3時間で炭焼き小屋が作れますから説くに困りません。
痒くならない草というと.今はないですね。稲藁等を湯かに10-20cm敷き詰めて.布でも置きますか。暖房用に川口の鋳物でエントツ付かまどがありますから.これを地下10-30cmほどに置けば小屋全体が温まります。

暖房用に火成岩の5-10kgくらいの石を何個かおいておくと便利です。焚き火で焼いて.布でつつめば電機あんかの代用になります(というか.むかしのあんかそのもの)。通常は漬物石になっています。

食料は畑に行けば売り物にならない野菜がありますし.エンピがあれば.山芋でもほりますか(近所の人が盗みにこなければ残っています)。カルシウム(山の木を燃せば灰として入手可能。建築剤の場合には重金属形防腐剤のため食用にはできない)さえ確保できれば1ヶ月ぐらいはあります。

肉だけはどうしょうもないです。二-3日ビタミン不足やたんぱく質不足が待っています。川に入ってドジョウでもとりますか。寒いしつめたいしやりたくないです。ガラスうけでも今の時期は取れません。手彫りになってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。暖房と食料ってやっぱり大切ですね。夏はともかく今の時期、九州でも寒いのに新潟は・・と考えると本当に被災者の方々が一日でも早く落ち着く生活に戻られたらと思います。食料も足りないようです。私自身、あまりたくましくないので川に入って魚を取るなんてできない気がしますが、いざとなったらそんなこと言ってられませんよね。

お礼日時:2004/10/26 18:53

  こんばんは。


防災用の持ち出しは、3日以上の食料と水。ラジオ、下着、防寒服そして現金などです。これらが最低必要な物です。

 あとは、ラジオも手回しのラジオとか乾電池とか、てィシュペーパー、風邪薬、胃薬、サプリなどが次に出てきます。これらはあれば尚良いというものです。

 あと、今回の地震に対しての支援は、そろそろ寄付ができるように報道で伝えられると思います。
 郵便振替で送金するというものです。

 阪神大震災の時には、私はNifryの会員なので、そこから阪神大震災用の送金ができるところに申し込むと、あとから自分の口座り引落しがされるという方法を行いました。

 物を送るというよりも送金の方が良いと思います。
関西地区の台風の後の掃除のボランティアは分かりますが、今回は役所や役場に届いた救援物資を運ぶボランティアを募集しています。
 行ける人は、行って働くのが良いと思います。

 質問者さんのように気持ちを持つことが大切で、あとは、自分でできることをすることが大事です。

 明日はわが身で、困ったときにはお互い様で昔から何かあったときには助け合うのが我々日本人の美徳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>物を送るというよりも送金の方が良いと思います
どっちにしようか迷ってたんですけど、その方がいろんなことに役立ててもらえそうですね。
現地に行くことはできませんが、寄付という形で少しでも力になれればと思います。
>明日はわが身で、困ったときにはお互い様で昔から何かあったときには助け合うのが我々日本人の美徳です。
そうですね、こういうときだからこそ助け合う事が大切ですね。

お礼日時:2004/10/26 18:52

さっきの持ち物リストは原発事故の場合だったようです。


持ち物は最小限にしないといけないようですね。

参考URL:http://www.betsukai.gr.jp/homepage/yakuba/101_so …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

持ち物は最小限に・・やっぱりそうですよね・・。いろいろ用意してみたんですけど絶対持って逃げれないほどの量になってしまいました。何を減らせばいいのか検討しなおします。回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/26 18:51

いつでも持ち出せるようにしたいですね。


http://www.ne.jp/asahi/radiation-disaster/surviv …


HPにはまだ更新されてませんが、↓
ボランティア募集してるようです。http://www.fukushiniigata.or.jp/
そのうち義援金もとなるでしょう。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/radiation-disaster/survival/atom0016.html,http://www.fukushiniigata.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現地に行くことは残念ながら無理なんですが、寄付ということになれば絶対したいと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/26 18:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング