タイシルクの布で洋服を作りたいと思います。端の始末などミシンでやっていたのですが、ほつれやすく難しいです。手縫いにした方がよいでしょうか。シルクを縫う際の注意点などありましたら教えて下さい。
また、タイシルクの洋服や布を扱っているお店がありましたら教えて下さい。(東京都北区から新宿を通って中央線国立まで通勤しています。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

縫いしろの始末についてですが、薄手の接着芯を貼ると楽に縫えますよ。

又接着芯を貼ることで、縫い目の補強にもなります(縫い目から裂けやすい)。
又生地の下に薄紙を敷いて一緒に縫うとミシンの送り歯の跡がつかなくて良いです(縫い終わったら紙は破り取ってしまいます)
シルクは針跡が残り易いので、縫い直しするとそこに小さな穴が開くので、印付けをしっかりして、失敗の無いようにするのがシルクを縫う時のコツです。
生地は都内なら「ユザワヤ」又は「岡田屋」に有ります。
「ユザワヤ」はホームページもあるので検索してみてください。店舗の場所等も記載されています。
残念ながら、URLは記憶していません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼が遅くなってごめんなさい。早速接着芯をつけて縫ってみました。補強になって良いような気がします。まだ作りかけですがどんな服に仕上がるか楽しみです。

お礼日時:2001/07/27 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシルク化粧水の作り方

最近手作りシルク化粧水が好評で、私も作ろうと思いシルクパウダーを購入しました。
ですが、繭玉からつくるシルク化粧水の作り方は色々と載っているのですが、シルクパウダーから作るシルク化粧水の作り方が載っていません。。。
シルクパウダーを購入してしまったので、シルクパウダーで作るシルク化粧水の作り方を知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLに、シルクパウダーを使った化粧水の作り方が載っています。

http://www.ivertown.com/health/silk.htm

http://www.eseven.jp/diet.com/silkpa/

参考URL:http://www.ivertown.com/health/silk.htm

Q厚手布、普通布、薄い布に合う手縫い用糸番手の番号は

厚手布、普通布、薄い布に合う、手縫い用の糸の番手の番号って決まっていますか?
たとえば、厚手布にあうのは10番、普通布に合うのは20番、薄い布にあうのは30番みたいに決まったのってあるのでしょうか?
ミシン糸なら分かりますが、手縫い糸は検索しても分かりません。
今まで母のお古の手縫い糸を使っていて、使い切ってしまって買いに行きたいのですが、手縫い糸についての知識がなかったことに気が付き、困っております。
ネットで通販サイトを見ても厚手用とか普通布用とか書いていません。
教えてください。

Aベストアンサー

・オーガンジー等の薄手生地には80番
カード巻糸なら30番
大黒糸業のフェザナには40番があります
・ブロードやシーチング等の普通生地なら80~60番
カード巻糸なら30~20番
・デニムやコーデュロイ等の厚手生地なら60~50番
カード巻糸なら20番

メーカーによっても若干糸の太さが違う事もあるし
色揃えの多い&少ない事があり,生地の色に合わず浮いて目立つ事があるかも・・・
生地にも同じ事が言えます
同じシーチングのはずなのに薄手&厚手に見えるものもあります

Qシルクとタイシルクの違いって何ですか?

シルクのハンカチが欲しくて探していると、タイシルクのものをよく見かけます。
このタイシルクというのはいわゆるシルクとどこか違うんでしょうか?
どちらか格が上とか下とかあるのでしょうか?
知っている方がいらしたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

蚕が違うため、糸の質が違うようです。
中国・日本のものに比べると粗く糸に節がありますが、独特の光沢と風合いで最近は好まれていますね。
色柄も含めてエスニックな感じが人気です。

布は基本的に糸が細くて長いもの、目の細かいもののほうが上等とされる傾向があります。また、工業製品と手織りでは価格に違いがありますから、どっちが上というのはいちがいには言えませんが、中国・日本のもののほうが洗練され、格が上と言っていいのではないでしょうか。

Qコーデュロイの布端の始末につて

コーデュロイの生地を使って洋服を作る場合、袖ぐりや脇の布端の始末はどのようにすればよいのでしょうか。

子どもがお遊戯会で着る服(形はラグラン袖のスモックワンピースです)を縫うのに生地を買ってきましたが、
家で布を広げたら小さな糸くずが結構落ちました。端にジグザグミシンをかけただけでは頼りないような気がします。
かといって三つ折りでミシンをかけては袖口や裾を縫う時に厚くなりすぎてしまいます。ロックミシンは持っていません。
普通にジグザグミシンをかけて縫い代を割ってもよいものでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ロックミシンをお持ちでないなら、ラグラン部を折り伏せ縫い、袖口、裾を三つ折りが良いかと思いますが、かなり厚みがあるのですね?

厚くて難しいようなら、袖口、裾はパイピングテープで仕上げてはいかがでしょう。デザイン的なアクセントにもなります。

ラグラン部分もパイピング始末してから縫ったり、割らずにジグザグ+方倒し始末にしてはいかがでしょうか。

あるいは、パイピングが見えないように、縫い代の端と別布(ほつれない薄いもの)をテープ状に裁断したものを縫い、ジグザグ+ミシンで押さえる事もできますね。

ラグラン部は、縫い代を縫った後に5~7ミリに落とし、バイアスに裁断したテープ状の布をラグラン部に合わせて縫い代にかぶせるように縫うというのもできますが、この場合はラグラン線の部分に縫い目にそってステッチがかかってしまいます。


コーデュロイは、ベルベットや別珍、タオル地と似た組織なので、裁断すると、起毛部分が切れて細かいくずがたくさん出ます。

何度か洗うと収まりますので、かわいいワンピース作ってあげてください。

Qシルクとシルク印刷について

教えてほしいことがふたつあります。
1.衣類においてシルクとは植物、動物、石油、の三つ種類があるそうですが何の動物の毛なのですか?またシルク表示のみの場合見ただけでどうやってわかるのですか?
2.お弁当箱に「この模様はシルク印刷」ですとありますがこのシルク印刷は何ですか?

以上宜しくお願い致します

Aベストアンサー

再度お答えいたします。

>油性インクをつかっていて、カイコとはまったく関係ないのですか?

直接の関係は無いのですが、間接的には多少関係があるかなといったところです。私は仕事の関係で取引先のシルク印刷の工場に何度か出入りしたことがありますので、知っている範囲でご説明します。

シルク印刷は、シルクスクリーン印刷やスクリーンプロセスなどとも呼ばれますが、枠にぴんと張った布に印刷用のインキをしみ込ませ、それを印刷したい物にこすり付けることによって印刷をする方式です。ガラス瓶に文字を印刷したり、携帯電話のダイヤルボタンや表示画面のまわりに小さな文字や記号を印刷したり、パソコンのキーボードに数字や文字を印刷したりといった、普通の本やパンフレットを印刷するのとはまったく違った用途に用いられています。また、Tシャツに印刷するのにも用いられたりします。

インクをしみ込ませた布は、大量の印刷をしてもたるんだりせずにピンと張っていなくてはこまります。この布がたるんで来ると、印刷した文字がゆがんだりマークが変形したりしてしまうからです。その点、絹(シルク)はとても優れた素材なのです。

ご存知かもしれませんが、上質の絹でできた和装の帯や紳士用のネクタイは、キュッと締め上げるとしっかり留まって時間が経過しても動き回ってもなかなかゆるまないものです。きわめつけはお相撲さんの「まわし」で、激しくぶつかり合い、力一杯つかみ合ってもゆるみにくいように良質の絹がふんだんに使われています。これは植物性の繊維にはない絹の特長です。シルク印刷に使う布も、最初は耐久力(丈夫さ)の点から絹が選ばれたのだと思います。

現在では印刷用に開発された合成繊維のスクリーンが、耐久性やインキとのなじみや手入れのしやすさでもっぱら使われていますが、初期の頃には絹の丈夫さが選ばれ、現在でも名前にしっかり残っていることを思えば、カイコとはまったく関係ないとも言い切れない気がいたします。

参考URL シルクスクリーン印刷のしくみ
http://www.kyodo-pro.co.jp/silk.html

参考URL シルクスクリーン印刷の歴史
http://www.newlong.co.jp/ja/technique/door002.html

参考URL:http://www.kyodo-pro.co.jp/silk.html,http://www.newlong.co.jp/ja/technique/door002.html

再度お答えいたします。

>油性インクをつかっていて、カイコとはまったく関係ないのですか?

直接の関係は無いのですが、間接的には多少関係があるかなといったところです。私は仕事の関係で取引先のシルク印刷の工場に何度か出入りしたことがありますので、知っている範囲でご説明します。

シルク印刷は、シルクスクリーン印刷やスクリーンプロセスなどとも呼ばれますが、枠にぴんと張った布に印刷用のインキをしみ込ませ、それを印刷したい物にこすり付けることによって印刷をする方式です。ガラス瓶...続きを読む

Qガーゼハンカチ 布端などの始末

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k113031518
このようなハンカチを作りたくて、ふわふわガーゼを購入し我流で作ってみました。

・縦10センチ横20センチに裁ったガーゼ2枚を中表にしミシンで縫いました。
・返し口を7センチくらい残し、そこから裏返しました。
・ガーゼは目が粗いし洗濯も頻繁にするので丈夫なほうがよいと考え、返し口は手でかからず端ミシンをかけました。

仕上がりを見ると全体にふわふわ感があって良い感じなのに
端ミシンをかけた所だけがぺったんこになって見た目が良くありません。

ガーゼのように目の粗い生地の場合どのような始末をすればよいのでしょうか。
どなたかお教えいただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

このURLのものは端ミシンをしてないですよね。
それにWガーゼと6重ガーゼを重ねているので、ガーゼが8重になっているわけです。
だからこれだけの厚みとふわふわ感が出ているものと思われます。

返し口だけ端ミシンをかければ、そこだけぺたんとなるのは仕方がないことです。
ぺたんとさせたくなければやはり細かく手でかがるしかないのでは?
縫い代を多め(1.5cm弱くらい?)にとっておいて細かくまつれば大丈夫なのかなとも思いますが・・・・。
その場合四隅が厚みが出てしまうので、角の縫い代は三角に切り落とした方がいいですね。
それにしても8重分のガーゼに同じ量の縫い代・・・・・けっこうなボリュームですよね^^;
ただこういうオークション商品は実は見た目重視で耐久性とか考えなかったりしてるのでは?とちょっと意地悪な見方もできますがどうでしょう?
私はダブルガーゼ2枚中表に合わせて縫い、表に返したあと周囲を全部ジグザグミシンで縫い止めたハンカチを愛用しています。
丈夫で、ジグザグミシンはちょびっとですが普通の端ミシンよりふんわり感が味わえるような気がします。

このURLのものは端ミシンをしてないですよね。
それにWガーゼと6重ガーゼを重ねているので、ガーゼが8重になっているわけです。
だからこれだけの厚みとふわふわ感が出ているものと思われます。

返し口だけ端ミシンをかければ、そこだけぺたんとなるのは仕方がないことです。
ぺたんとさせたくなければやはり細かく手でかがるしかないのでは?
縫い代を多め(1.5cm弱くらい?)にとっておいて細かくまつれば大丈夫なのかなとも思いますが・・・・。
その場合四隅が厚みが出てしまうので、角の縫い代は三...続きを読む

Qシルクパジャマの体臭はとれないのでしょうか?

シルクのパジャマと木綿のパジャマを比べてみると、洗濯後の「体臭の残り具合」が違います。木綿のほうはすかっとしているのですが、シルクの方はなんだか襟元にニオイが残るのです。ファブリーズをかけてもとれません。(洗濯方法は同じなのに)。シルクってニオイがつきやすくとれにくいのでしょうか?理由をご存じの方、あるいは対策をご存じの方、どうぞご教示くださいませ。

Aベストアンサー

「体臭の残り具合」が違うとのこと
私自身にそういった経験がないのでわかりませんが・・・(^^;)
シルクは蚕が出す糸(アミノ酸たんぱく質)から出来ていますよね
ひょっとして、素材の匂い(とでもいうのかしら)が気になるのではないでしょうか

>洗濯方法は同じなのに

素材が異なるので、できれば木綿はアルカリ洗剤で、シルクは中性洗剤で洗ってくださいね
それとシルクは紫外線に弱く劣化する為、陰干しと水分に弱いのでファブリースはお薦めしません

繊維は手入れの仕方、洗濯の仕方で変わってくることもありますので
参考になれば幸いです(^^)

Qシルクを縫っていて、縫いジワができて困っています

 娘の保育園のお遊戯会の衣装でシルクの生地を使っています。提出するのにあと一週間しかなくて困っています。ミシンで縫っていて、裏返した時に(表側にした時)ミシンで縫ったところにシワがよってしまいます。シワを少なく仕上げたいのですが、どうしたらいいか教えてください。
 洋裁は苦手で経験もあまりないので、お遊戯会の時期がくると頭が痛いです・・・。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご質問のしわ、シームパッカリングといいます。
サテンなど薄手のものに出やすく、光沢があると目立ちますよね。
直し方は、
(1)ミシンの針を刺した状態で、針をはさんで布の上部と下部を右手と左手でそれぞれ持ち、ちょっと上下に引っ張り目にゆっくり縫う。早く縫うとパッカリングがおきやすいです。
(2)糸調子をゆるめに、目をやや大きめにする。
下糸の糸調子をまず緩めます。ボビンケースに入ったままボビンの糸を手に持ちボビンケースごと垂らします。普通は「何もしなければ糸が伸びないが、軽く振ると糸が伸びる」くらいが最適ですが、それをもっとゆるくします。糸を振らなくてもつつーっと糸が出てきちゃうぐらいに。ドライバーを使ってください。
下糸を緩めたら、ためし縫いして上糸調子をそれに合わせます。
(3)出来上がったらアイロンをかける。
縫い目を割る前に、裏から平アイロンをかけます。それから縫いしろを割るためにもう一度アイロンをかけます。
(4)それでもだめな場合は、ハトロン紙を挟んで縫います。
3cmくらいに長細く切ったハトロン紙を布の上において縫います。縫い終わったら、縫い目で折り目をつけて紙をそっと破きます。

(1)~(4)全部やれば、ほぼできることの全てをしたと思ってください。
これでも無理なら、あきらめてもいいかもしれないです。
接着芯(ハーフバイヤステープ)はファスナーやポケットの「伸び止め」で使用するもので、普通パッカリングには使わないと思います。

ちなみに、舞台衣装とのことですが、シルクは素材名です。
サテンのことでしょうか?サテンにもシルクとかポリエステルとかあります。

ご質問のしわ、シームパッカリングといいます。
サテンなど薄手のものに出やすく、光沢があると目立ちますよね。
直し方は、
(1)ミシンの針を刺した状態で、針をはさんで布の上部と下部を右手と左手でそれぞれ持ち、ちょっと上下に引っ張り目にゆっくり縫う。早く縫うとパッカリングがおきやすいです。
(2)糸調子をゆるめに、目をやや大きめにする。
下糸の糸調子をまず緩めます。ボビンケースに入ったままボビンの糸を手に持ちボビンケースごと垂らします。普通は「何もしなければ糸が伸びないが、軽く振る...続きを読む

Qシルクの刺繍糸

絹の布地にシルクの刺繍糸を使ってカットワーク刺繍をしたいと思っていますが、シルクの刺繍糸を使ったことがないので、埼玉県内または東京都内で安く買えるところがあったら教えてください。
日本刺繍ではなくカットワークの出来るシルクの糸です。
綿や麻の布に綿の刺繍糸を使ったカットワークはしたことがあるのですが、絹にはカットワークって出来なかったりしますか?

Aベストアンサー

私が一番好きなシルクの糸はVikki ClaytonのHand Dyed Fibersです。
http://hand-dyedfibers.com/catalog/default.php?cPath=20
色がきれいでいろいろなサイズがあり、お値段もシルクにしては手頃なので。
送料も良心的な金額なのでお試しになってみれば?

真っ白の糸が必要であればAu Ver A Soie Silk のBlancがいいかもしれません。
Nordic Needleなどで注文できます。
http://www.nordicneedle.com
Nordic Needleでは他にKreinikのSilk MoriやCaron CollectionのWaterlilies等の
シルクの糸を購入することができます。

参考URL:http://hand-dyedfibers.com/catalog/default.php?cPath=20

Q手縫い>> 一針縫うたびに絡んでしまいます

久々にミシン糸の2本どりで手縫いしているのですが、
一針さすごとに糸が絡まってしまい なかなか進みません(汗)。

絡まない糸の長さって どのくらいでしょうか??
ミシン糸じゃないほうが絡まりにくいのか、
糸の細さが問題なのか。。。

2mmぐらいの幅の並み縫い、本返し縫いなんですが…
教えて下さい^^;。

Aベストアンサー

ミシン糸はカード巻きよりもよじれているので絡みやすいです。
更に、2本ドリはからむ。

わたしのやり方。
玉をつくってからだと、糸ののよりが固定化します。
針に糸をとうしてから、玉を作る前にするのが肝心。
針の穴を通した糸を、針の穴を往復させると、糸巻きに巻かれていたときのらせん状の癖が素直に伸びます。
(コイルが間延びする?)
針の穴のあたりで指で挟んで通すのがアイロンでいうところの押しと、
指の適度な湿気があれば、尚、okという仕組みです。

更に、玉を作る前に、糸に張りをつくってピンとはじく。
ただ、これは手縫い糸のようにミシン糸は太くないのですこし手加減が必要です。

もう一つのコツとしては、縫って針を布から引いてくるときに縫う方向へ引き出す。

右利きの人が左に縫い進んで、針を引き抜くときは右へ引きますが、
これを縫う方向へ(左へ素直に引いていくと、縫った縫い目に糸のよじれが伝わりません。

一つ一つは細かいことですが、習慣とするとかなり、糸のカラミは軽減されます。

昔から、「下手の長糸」ともいいますので、結局長くつくっても糸クリが長くて、その分が余分に手間もかかりますので、結果、からまなくても
時間の短縮にはならないのです。

結び目がタクサンあると見栄えが悪いようにも思えますが、表からはホトンド
わからない。

実験的に、解いた着物のゴミのような20cmぐらいの糸を再利用して
仕立てなおししをしたものもありますが、
出来上がりはわからない。

ちなみにわたしは和裁を趣味とするおばちゃんです。

ミシン糸はカード巻きよりもよじれているので絡みやすいです。
更に、2本ドリはからむ。

わたしのやり方。
玉をつくってからだと、糸ののよりが固定化します。
針に糸をとうしてから、玉を作る前にするのが肝心。
針の穴を通した糸を、針の穴を往復させると、糸巻きに巻かれていたときのらせん状の癖が素直に伸びます。
(コイルが間延びする?)
針の穴のあたりで指で挟んで通すのがアイロンでいうところの押しと、
指の適度な湿気があれば、尚、okという仕組みです。

更に、玉を作る前に、糸に張りを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報