私はファンタジー小説が好きなのですが、最近あまりファンタジーを読んでいないことに気づきました。
そこで改めて色々と読んでみようと思うのですが、何から読み初めていいものか……。たくさん出ていて迷ってしまいます。
そこで皆様のオススメを教えて頂きたいと思います。
参考までに、私の好きなシリーズや最近読んで面白いと思った本はこんな感じです。

「ヴァンパイアハンターDシリーズ」菊地秀行さんはけっこう読みます。新宿シリーズもわりと好きです。
「エルリック・サーガシリーズ」大好きです。愛してると言ってもいいほどに(^_^)
小野不由美さん全般。十二国記よりも屍鬼や悪霊シリーズのほうが好みだったりします。
京極夏彦さん全般。ファンタジーではないですが。妖怪シリーズの他、ルー・ガルーも面白かったです。
「薔薇の名前」非常に面白かったです。ミステリも好きな方です。
「後宮小説」良かったです。
「異邦人」何だかすごくひきつけられました。さすがノーベル賞をとった文学者。
「サロメ」ワイルドもけっこう好きですね。
「モンテ・クリスト伯爵」三銃士も好きです。
他にも「モモ」「果てしない物語」「ムーミンシリーズ」「エルマーとりゅうシリーズ」など、良質なファンタジーも大好きです。

個人的に合わないな、と感じたのは梨木果歩「裏庭」、宮部みゆき「ブレイブストーリー」、「キノの旅」、「ダレン・シャン」、「薬屋探偵シリーズ」などです。

非常に好みが偏っているということは自覚しているのですが、新しいジャンルも開拓してみたいのでよろしくお願いします。
なお、これでも一応現役女子高生なので、今の高校生にオススメ!というのもありましたらお願いします。
ファンタジー以外でもけっこうです。
海外の翻訳物でも、硬派なのも軟派なのも、純文学でもライトノベルでもなんで来い!です。
長くなりましたが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 「三銃士」がよかったのであれば、志麻友紀さんの「ローゼンクロイツ」なんていかがですか?中世フランス風の世界を舞台に、幼き王の代わりに国を治める宰相(公爵)と、その妻で元盗賊の公妃(?)が活躍するストーリーです。

公妃の後ろの()の理由ですが・・・・ぜひ読んで見てください。

 また、少し毛色が違うかもしれませんが、高殿円さんの「遠征王」シリーズもおもしろかったですよ。

 有名ですので既読かもしれませんが、茅田砂胡さんの「デルフィニア戦記」も一押しです。最初の4巻までを読んでしまうと・・・・続きが気になって仕方がなくなると思います。

 「十二国記」や「後宮小説」が面白かったのであれば、以下のような作品も面白いと思います。

  「五王戦国志」井上祐美子
 少し暗めですが、架空戦記としてとても良くできています。イラストもとても綺麗ですし、ぜひ読んで欲しいと思う作品です。この方の作品も、当たりはずれがあまりないので、お薦めです。

  「彩雲国物語」雪乃紗衣
 中華風の世界が舞台です。主人公の少女が、政治に興味なく、男色の皇帝の教育係として、妃となるところから、話がスタートします。

 長谷川朋呼さんの「崔風華伝」も少し切ないですが、いい感じです。

 また、中華風とは少し違いますが、今野緒雪さんの「夢の宮」も、素敵な雰囲気の作品です。こちらは、連作ですので、お好きな順番でどうぞ。

 小野不由美さんの「悪霊」シリーズが面白かったのであれば、以下のような作品はいかがですか?

  「ハルマゲドン・バスターズ」「シャイニング・ウィザード」 嬉野秋彦
 現代を生きる陰陽師が主人公です。西洋魔術やほかのオカルト要素も入り混じって、ストーリーが展開していきます。

  「鬼の風水」「七星の陰陽師」 岡野麻理安
 「鬼の風水」は、鬼と人間のハーフの退魔師と、鬼使いと呼ばれる一族の次期頭領の少年との交流を描いています。結構設定が面白いので、最近出た外伝だけでも読んでみてください。
 「七星の陰陽師」は、犬が怖い陰陽師と人狼の血を引く退魔師の恋愛を軸に話が進んでいきます。
 どちらもボーイズラブの要素がありますので、苦手な場合はやめたほうがいいかもしれません。

  「デモンズサモナー」 中里融司
  主人公の能力は召還能力です。異世界の住人を呼び出し使役しています。それ以外はごく平凡な少年なのですが・・・

  「狂科学ハンターREI」 中里融司
 主人公はある秘密結社の一員でした。姉と姉の友人の力を借りて脱走したあと、その組織に対して牙をむきます。

 以下は、純粋に私のお薦めです。どの作品も、面白かったので、ぜひ読んで見てください。
 
 「喪神の碑」「カラワンギ・サーガラ」 津守時生
 「喪神の碑」は、故郷を失った王子が、新たなふるさとを再建していくお話ですが、主人公(王子ではない)の新米乗組員の成長物語としても、とても面白いです。
 「カラワンギ・サーガラ」は、少女が、未開の熱帯雨林惑星で、バカンスを過ごすところから話がスタートします。この惑星には、様々な秘密が隠されていて・・・
 ちなみにこの二作品は、何人か共通して登場するキャラクターがいます。出来ればご紹介した順番でどうぞ!!

 「第六大陸」 小川一水
 少しだけ未来の日本が舞台です。民間企業が月面基地を建設するお話です。

 「永遠の森 博物館惑星」 菅浩江
 コロニー全体で、一つの博物館を構成している場所が舞台です。ここで、学芸員をしている主人公が、関わる様々な物とのふれあいがベースになっています。

  「アルスラーン戦記」田中芳樹
 こちらも有名ですので、既読かもしれませんが・・・・この作品もお薦めです。ペルシア風の世界を舞台に魅力的なキャラクター達が大活躍します。

 いろいろと書き出しましたが、お気に入りの作品が見つかれば、嬉しいです。これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにたくさん紹介いただいてありがたい限りです。
何だか何から手をつけていいのかわからない状態です。
「デルフィニア戦記」前から聞いてはいたのですが未読です。評判いいようなので読んでみたいと思います。
津守時生さんは「やさしい竜の殺し方」シリーズを読んだことがあります。「喪神の碑」「カラワンギ・サーガラ」もチェックしておきたいと思います。
「アルスラーン戦記」は七巻くらいの一区切りついた所まで読んで、その後が読んでいません。「創竜伝」も途中までしか……。どちらもまだ未完な気がしますが(どうでしょう、完結したんですか?)、読まなければなりませんね。
「五王戦国史」「彩雲国物語」「第六大陸」気になります。面白そうですね。
私はエロもグロもボーイズラブもSFも古典名作も節操なくなんでも読んでしまうので、基本はどんなものでも大丈夫です(^^;)
もうちょっと年相応に自粛した方がいいかな、とも思うのですが……。
紹介していただいた本、是非とも読んでみますね。

お礼日時:2004/10/31 00:46

 平井和正著『真幻魔大戦』(全18巻:徳間文庫)


 ファンタジーといえるかどうか疑問ですが、大学時代から5年かけて全巻読破!今も宝物です。
 王女リア、プリンセス・ルナ、謎の東洋美人ムーンライト、ドクター・タイガーマン、役小角(えんのおづね)、堕天使ルキフェル、魔女裁判官ギリグリヨ、ウサギ人少女・ラチル、高次元宇宙意識アル・クラウド・・・・・そして幻魔、杉村優里、東丈。キャラクターだけでも充分ファンタジーでしょ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全十八巻ですか、なかなか読みごたえがありそうですね。
私としては魔女裁判官という肩書きにひかれます……。
シリーズがたくさん出ていて巻数の多いものは手を出すのに躊躇してしまうのですが、落ちついたら是非チェックしてみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/02 21:45

茅田砂胡「ディルフィニア戦記」


ひかわ玲子「エフェラ&ジリオラ」「銀色のシャヌーン」
麻城ゆう「月光界シリーズ」
神江京「放浪王ガルディス」
流星香「プラパ・ゼータ」
榎木洋子「リダーロイス」「竜と魔法使い」
清水文化「気象精霊記」
飛沢磨利子「カリ・カレアの娘」「隣界ハンター」
荻原規子「西の善き魔女」
南房秀久「月食記列伝」
深沢美潮「フォーチューン・クエスト」「デュアン・サーク」
前田珠子「聖石の使徒」
森山櫂「果ての塔の物語」
山本弘「サーラの冒険」

下記URLのサイトで結構紹介されてます。
http://www.sugurono.com/index.shtml
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紹介して下さったサイト、面白そうですね。
まだきちんと目を通したわけではないのですが、じっくり読ませて頂きたいと思います。
ライトノベル系は手をだそうと思いつつ、何が面白いのかわからずあまり読めていなかったジャンルです。
たくさん読んでみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/01 20:40

皆さんたくさん上げておられますので1点だけ。



格調ということなら
アーシュラ・K・ル=グインの「アースシーシリーズ・ゲド戦記」岩波書店
最近廉価版も出て買いやすくなりました。
ここから入って、ル=グインにはまるのも悪くありません。大変魅力的な作家ですよ。

後は一般論として。
ル=グインなどは比較的新しい作家です。
読書に費やせる時間がたくさんある今のうちに、もっと昔の作家に触れておくことをお勧めします。
今ある文学は、それ以前の先人の伝統の上に成り立っています。よほど特殊な作家を除いて、過去の作家の遺産を受け継いでいるものです。
ファンタジー好きなら、ヘンリー・ジェイムスやディケンズ、などはどうでしょう。
日本なら、泉鏡花、宮沢賢治などが後の作家に大きな影響を与えています。

あとは、ファンタジーやその近辺の文学に関する評論や解説書が大変参考になります。私はそうして読書の幅を広げました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ゲド戦記」ですね。前から借りてみようと思っているんですが、図書室にいつも一巻がなくて……。
今度予約をして確実に借りてみようかと思います。
昔の作家を読んでおくのはやはりいいことですよね。
泉鏡花は幻想的で素敵ですよね。ディケンズも読んでみたいと思います。
「ファウスト」や「神曲」は読んだのですが、「デカメロン」とか「イリアス」なんかも読んでみようかな、なんて思いました。

お礼日時:2004/10/31 19:58

 「薔薇の名前」を非常に面白かったとおっしゃるほどの読み巧者でいらっしゃるのですから、また豊かな感受性と豊富な時間をお持ちの学生時代の只中なのでうから、ここはぜひ生涯の本捜しをなされてはいかがでしょう。



 トルストイ「アンナ・カレーニナ」
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0580.html
 スタンダール「パルムの僧院」
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/9/325265+.html
 デュ・ガール「チボー家の人々」
http://www.globetown.net/~fosuka/thibault.htm
 ロマン・ロラン「ジャン・クリストフ」
http://www.asahi-net.or.jp/~wf3r-sg/nt2rolland.h …

 読書に明け暮れた多感な青春期を、あべこべにした遠眼鏡で遥か彼方から窺いながら、夢中に読んだ「本たち」についての思い出を語りだす、物静かで美しい日本語の珠玉のエッセーです。
 須賀敦子「遠い朝の本たち」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480036 …

 切ればドクドク血が噴出す、そんな真剣勝負のような凄い「本ども」を紹介してくれる名著です。
 コリン・ウィルソン「アウトサイダー 正・続」
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0372.html

 広い意味でのファンタジーの名作として、
 ハーマン・メルヴィル「白鯨」
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0300.html
 ブラッドベリ「何かが道をやってくる」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488612 …
 ジーン・ウルフ「新しい太陽の書」全四部作
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150106 …
 ビアズ・アンソニイ「魔法の国ザンス」シリーズ
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/2565/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん紹介して下さりありがとうございます。
どれも本腰を入れて読まなければならないような本ばかりですね。
とりあえず、ブラッドベリは前々から興味があったので「何かが道をやってくる」を読んでみようかと思います。
「アンナ・カレーニナ」「ジャン・クリストフ」「白鯨」等々、とても有名な本ですね。今度ゆっくりと読んでみたいと思います。
「魔法の国ザンス」シリーズ、他の方も紹介して下さりましたが面白そうですね。

お礼日時:2004/10/31 13:11

荻原規子さんの「空色勾玉」はどうでしょうか。

昔の日本を舞台にしたファンタジーです。「勾玉三部作」というシリーズのなかの1作です。これを読んで気に入ったのならばほかの2作品もぜひ読んでみてください。

http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=197 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「空色勾玉」よく聞きますね。なんとなく気が向かず手が出ていなかったシリーズです。
これを気にぼちぼち読み始めてみようかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/31 00:24

 早川から出ている「魔法の国ザンス」シリーズはいかがでしょう。

住民が皆魔法を何か一つ使えるか、魔法的な生き物である世界の話です。

 シリーズものですが主人公は各巻ごとに替わっていきます。また、世界観に深く関わるのが「ダジャレ」であるのも特徴でしょう。外国作品のダジャレを訳すときの翻訳者の苦労話が書かれたあとがきもまた面白かったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「魔法の国ザンス」シリーズ、名前はどこかで聞いたことがあるような……。
魔法、ファンタジーの醍醐味って感じていいですよね。
ダジャレが世界観に深く関わってくるのですか?気になりますねぇ。作者の遊び心が満載なかんじで面白しそうです。翻訳者の苦労話っていうのも気になります。
チェックしておきます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/30 21:47

私の好みは


◎『薔薇の名前』、『後宮小説』
○『ムーミンシリーズ』、『エルマーとりゅうシリーズ』
△京極夏彦、『裏庭』
×菊地秀行
です。

お薦めは、佐藤亜紀、山尾悠子です。

佐藤亜紀
『バルタザールの遍歴』(文春文庫)
第3回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。入手しやすいのでこの作品をあげますが、『鏡の影』が一番のお薦め。
http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=308 …

山尾悠子
『山尾悠子作品集成』(国書刊行会)
ファンタジーというよりは幻想小説。高価なので図書館で読むか、ハヤカワ文庫の『夢の棲む街』(これも入手困難?)を。
http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=307 …

大穴で、「三銃士=デュマ」がお好みなら、
『ナインスゲート』ペレス・レベルテ(集英社文庫)
もともとは『呪いのデュマ倶楽部』というというタイトルで出ていたのを、映画公開にあわせて改題したもの。三銃士ファンにとってはたまらないお話だと思います。(ジョニー・デップ主演、ロマン・ポランスキー監督の映画は別の話だと思ったほうがよいと思います。)
http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=306 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聞いたことのない題ばかりです。
「鏡の影」なんか素敵な題名ですね。
幻想小説も素敵でいいですね。私は女流作家のものをあまり読まない傾向がある気がするので、これを気に是非読んでみたいと思います。
「ナインスゲート」映画だと少し聞いたことがあるような気もします。「呪いのデュマ倶楽部」……あやしげで気になります。探してみますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/30 21:39

モモとかが好きでしたら、ローワンシリーズはいかがでしょうか。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4751521 …

また、ネシャンサーガも面白かったですよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4751521 …

私自身は最近北欧の古典ものが好きですので、他にローズマリー サトクリフの著書のものなど読んでいます。
ケルトの白馬、アーサー王伝説関連や北欧の古典に題材をとったもの、サトクリフ全集などから読まれても面白いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ローワンは一作目だけ読んだことがあります。
続編も出ているんですよね。チェックしておきます。
ネシャンサーガはたしか学校の図書室で見かけたような気がするので、今度借りてみようかと思います。
北欧は私も大好きです。ローズマリー サトクリフですか?初耳です。ゲルマン系ではなくてケルト系なんですね。
図書館に行った時に探してみます。
応えて下さりありがとうございました。

お礼日時:2004/10/30 21:29

現役女子高生が「エルリック・サーガ」を知っているとはちょっと驚きです。


他の「エターナル・チャンピオン・シリーズ」は読みましたか?絶版になっているものもあるので入手は難しいかも知れませんが、他のチャンピオンの小説もいいですよ。(エレコーゼ、コルム、ホークムーンがあります)

逆にヒロイックなファンタジーを読みたいなら「ドラゴンランス・シリーズ」です。元がゲームですから、今のファンタジーのRPGの元になったといってもいいです。

そして、当然「指輪物語」。映画化されたことで有名になりました。ちょっと読みにくいですが、現代のファンタジーの原点です。

ファンタジーからちょっと離れると北村薫さんの「スキップ」「ターン」「リセット」はどうでしょう?
どれも主人公が女性ですし、なんとも心が温まる話ばかりです。

私が高校生の時に読んでおけばよかったなぁと思ったのは、村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」ですが、ちょっとファンタジーやミステリーから離れるので、古本屋で安く手に入れられたら読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エルリック、いいですよね~。
家の本棚にあったのを初めて読んだのは小学生か中学生くらいの時だったかな? それ以来炭火のような情熱で大好きです。(ついてるんだか消えてるんだか、一見わからないけど確実に火はついてます)
他のエターナルチャンピオンシリーズはエレ子ーゼの「永遠の戦士」を読みました。他も古本屋で地道に探しています……。地元ではなかなか見つからないので残念なんですが。
ドラゴンランスシリーズですか。本屋で見かけたことがある気がします。今度本屋にいった時にチェックしてみますね。
北村薫の三部作は友人に進められて読みました。「スキップ」が一番面白かったです。
村上龍は1冊だけ読んだことがあります。「コインロッカー・ベイビーズ」気になる題名ですね。学校の図書室にあるので、今度借りてみようかと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2004/10/30 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファンタジーアニメ

ファンタジー系のアニメが知りたいです。
できれば、主人公がお姫様キャラのアニメがいいです。
できればなので、普通にファンタジー系のアニメでもかまいません。

Aベストアンサー

新作アニメですがゆったりと楽しめそうです。

DOG DAYS
http://www.dogdays.tv/

正式キャスト
シンク・イズミ:宮野真守
ミルヒオーレ・F・ビスコッティ:堀江由衣
エクレール・マルティノッジ:竹達彩奈
リコッタ・エルマール:水樹奈々
ロラン・マルティノッジ:子安武人
ブリオッシュ・ダルキアン:日笠陽子
ユキカゼ・パネトーネ:阿澄佳奈
レオンミシェリ・ガレット・デ・ロワ:小清水亜美
ガルウ・ガレット・デ・ロワ:柿原徹也
レベッカ・アンダーソン:高橋美佳子

殺伐した内容には無縁な作品になるでしょうから、ちだまりスケッチに疲れた人のオアシスになるかもね。

水樹奈々と堀江由衣のOPとEDも期待できるぞ。

但し、製作会社がセブンアークスだから渾身の作画と手抜き作画、ベルカ式作画が交錯する筈だから事前に脳内補間を磨いておいて下さい。

Q京極堂シリーズとルー・ガルーの繋がりについて

先程、こちらの教えてgooにて過去の質問を拝見させて頂いていました。
その中で「京極堂シリーズとルー・ガルーは繋がってますから」という文章を見つけました。
京極堂は今、鉄鼠の檻を呼んでいる最中です。
ルー・ガルーは読みました。
私にはどこで繋がっているのがさっぱり分かりません(^^;)
よければ教えてください。
もしもその繋がりがネタばれならば勝手をいいますが、ばらさないで下さいね(><)
京極堂シリーズすごく面白くてわくわくしながら読んでいるので。申し訳ありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「百鬼夜行-陰」に出てくる鈴木敬太郎が,「ルー・ガルー」のSVCの創設者らしいです.
「ルー・ガルー」を読んでないので未確認ですが.

こちらに京極ワールド人物相関図がありますが,「ルー・ガルー」は入ってません.
http://www.jidai-show.net/kyo_char.htm

Qファンタジーアニメだけど、恋愛要素もあるアニメ

ファンタジーアニメだけど、恋愛要素もあるアニメを探しています。
出来れば、完結しているアニメでお願いします。
今、放送中なのは大抵、視聴しているので。

今までに見て好きと思ったのは、
・CLAMP作品
・怪盗セイント・テール
・D.C. シリーズ
・Key作品 全部
・ふしぎ遊戯

ファンタジー色はそんなに強くなくても良いです。
ロボットとかSFでもOKです。なんでも見れます。
(コードギアスとかマクロス作品、ガンダム系は大抵、視聴してます。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろ取り揃えてみました。
『臣士魔法劇場 リスキー☆セフティ』 1999年
中学生の桂木萌ちゃんは、年下の恋人との関係で、激落ち込み中。そこに現れた、手乗りサイズのヘンなヤツ。ひとつの体を共有する、「死神見習いのリスキー」と「見習い天使のセフティ」。
そばにいる人の感情次第でころころ入れ替わってしまうリスキー&セフティが、いろいろちょっかいを出してきます。
いきなり大昔の物語になってしまったり、桃太郎の壮大なパロディがあったり、無声映画仕立てがあったりする、つかみどころのないファンタジーです。
最終的には萌ちゃんのお話に戻って……。やわらかい絵と動きについつい引き込まれて、登場人物がなーんか好きになれる作品です。10分×全24話。
http://www.ponycanyon.co.jp/pc-moe/risky/index.html

『かみちゅ!』 2005年
ある日突然「神様」になってしまった中学生・ゆりえちゃんの、ほのぼの青春ライフ。もちろん恋だってします。80年代尾道 (がモデル) の雰囲気が漂う、ゆるやかで温かい気持ちになれるファンタジーです。
http://www.sonymusic.co.jp/Animation/kamichu/

『シリウスの伝説』 1981年
サンリオがハンドトレスのフルアニメで挑んだ劇場アニメ。「ロミオとジュリエット」をモチーフに、妖精の世界の悲恋物語が描かれます。とにかく絵も動きも美しい作品です。
http://shop.sanrio.jp/cm/cmc-719161/

『神無月の巫女』 2004年
百合で、純愛で、熱血で、巨大ロボットまで暴れてしまう伝奇ロマンです (ノーマル恋愛もあります)。
第1話のラストシーンで「おお!」と思ったならば、最後まで観て損はありません。
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200409-10/

『京四郎と永遠の空』 2006年
上記『神無月~』を観たら、こちらもセットで。同じ原作者介錯氏のいろいろな作品のキャラをアレンジしたキャラが一堂に会します。
一応シリアスロボットもののはずなんですが、内容がぶっとびすぎていて、私は笑いまくって観ていました。
http://www.kyoshiro-sora.net/

『魔法の天使クリィミーマミ』 1984年
スタジオぴえろ製作魔女っ子シリーズの1作目にして、いまだ根強いファンを持つ大傑作。
フェザースターのピノピノから、「魔法」をもらった森沢優が、アイドル歌手クリィミーマミに変身して起こる、たいへんな毎日。ギャグもシリアスも、ミステリもファンタジーもSFも、なんでもかんでもつめこんだ、おもちゃ箱のような楽しいストーリーです。小学生ながら、しっかり恋愛もしています。
http://pierrot.jp/title/magicgirl/mami_dvd.html

良い作品に出会えますように。

いろいろ取り揃えてみました。
『臣士魔法劇場 リスキー☆セフティ』 1999年
中学生の桂木萌ちゃんは、年下の恋人との関係で、激落ち込み中。そこに現れた、手乗りサイズのヘンなヤツ。ひとつの体を共有する、「死神見習いのリスキー」と「見習い天使のセフティ」。
そばにいる人の感情次第でころころ入れ替わってしまうリスキー&セフティが、いろいろちょっかいを出してきます。
いきなり大昔の物語になってしまったり、桃太郎の壮大なパロディがあったり、無声映画仕立てがあったりする、つかみどころのな...続きを読む

Qファンタジー小説が読みたいのですが・・・。

こんばんは。
ファンタジー小説を読みたいと思い探しているのですが、
どうにも数が多くてどれが自分に合うものなのか分かりません。
片っ端から読みたいのですが、当方学生な物ですから買うお金も探す時間も余裕がありませんTT

そこで皆さんの力を借りようと思い質問させていただきます。
僕の読みたいと思うファンタジー小説は、
・剣と魔法
・人間以外の種族
・ゴブリンやコボルトなんかのモンスター
・恋愛要素は少なめ(無い方がよい)
イメージとしてはゲームのWizardryみたいな感じの世界観でしょうか。
これらが出ててくるような小説はありますでしょうか?
また他にもおすすめの小説なんかあれば教えて下さい
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハリー・ポッターが流行る前のファンタジー小説といえば

#1さんお勧めの
指輪物語(J・R・R・トールキン)全6巻(文庫では10巻)+ 追補編
ナルニア国物語(C・S・ルイス)全7巻
はてしない物語(ミヒャエル・エンデ)1巻
ゲド戦記(アーシュラ・K・ル・グウィン)全5巻 + 外伝1巻

の四つでした。どの作品も映画化されているので、聞いたことがあるかもしれませんが、もし未読のものがあれば読まれるといいと思います。どこの図書館の児童書コーナーにも絶対に置いてありますので。ゲド戦記以外はだいたい質問者さまの条件を満たしています。
ナルニア国物語はどちらかというと子供向け(だからといって幼稚な読み物というわけではない)、ゲド戦記は「小学校高学年より」と書いてあるのにも関わらず、結構大人向けです。老境ゲド(主人公の魔法使い)の心理描写とかありますし……。

個人的には「はてしない物語」が大好きです。物事を論理的に考える癖のある人なら「はてしない物語」、感情的に捉える人なら「ナルニア国物語」、神話が大好きで世界設定に凝る人なら「指輪物語」、内面的な世界を大事にする人なら「ゲド戦記」が合っています。

……そんなのとっくに読んでるって?
それなら「ベルガリアード物語(デイヴィッド・エディングス)」か「氷と炎の歌(ジョージ・R・R・マーティン)」をお薦めします。どちらもめちゃくちゃ大河長編ですが。日本の作品なら「ロードス島戦記(水野良)」があります。

ハリー・ポッターが流行る前のファンタジー小説といえば

#1さんお勧めの
指輪物語(J・R・R・トールキン)全6巻(文庫では10巻)+ 追補編
ナルニア国物語(C・S・ルイス)全7巻
はてしない物語(ミヒャエル・エンデ)1巻
ゲド戦記(アーシュラ・K・ル・グウィン)全5巻 + 外伝1巻

の四つでした。どの作品も映画化されているので、聞いたことがあるかもしれませんが、もし未読のものがあれば読まれるといいと思います。どこの図書館の児童書コーナーにも絶対に置いてありますので。...続きを読む

Qファンタジー・アクションアニメのおすすめ作品は?

私は、ファンタジー・アクションアニメで、面白い作品を探しているんですが、何がおすすめですか?
なるべく古いアニメとかではなくて、男の子が主人公であればいいです。
ちなみに私の好きなファンタジーアニメは

・ディーグレイマン
・鋼の錬金術師
・ソウルイーター
・青のエクソシスト
 など。

要求が多くてすいませんが、教えてください!

Aベストアンサー

「忘却の旋律」
http://www.tbs.co.jp/boukyaku/
「シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド」
http://shining-world.jp/tv_tearsXwind/
「エレメンタル ジェレイド」
http://www.mag-garden.co.jp/erementar-gerad/
「ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地」
http://ponican.jp/ttt/

Qいままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなん

いままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなんですか?そして、どうしてその小説が好きなんですか?

Aベストアンサー

小野不由美「十二国記」
→ただのファンタジーではなく、登場人物の成長を通して自分の考え方も見せるので。
下手な自己啓発本より、ずっと心にぐっときます。

上橋菜穂子「精霊の守り人」
→ファンタジーと言うより、歴史大河小説のような感じです。
精霊や異世界も出てきますが、民族や国勢、国家の派閥、侵略など壮大な物語ですが、大人も子供も読める物語です。この国は本当に地球上にある(あった)のではないか?と思ってしまうほどリアリティがあるのも好きです。

同じ作者の「獣の奏者」も壮大な物語なのですが、主人公の考え方に賛同できなかったのでイマイチでした・・・

Q2012年以上のファンタジー系アニメを教えてください!

2012年以上のファンタジー系アニメを教えてください!

Aベストアンサー

ゼロの使い魔F
FAIRY TAIL
DOG DAYS
人類は衰退しました
探検ドリランド
マギ
イクシオン サーガ DT
新世界より
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
まおゆう魔王勇者
はたらく魔王さま!
神さまのいない日曜日
アウトブレイク・カンパニー
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
機巧少女は傷つかない
魔法戦争
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~
ソウルイーターノット!
棺姫のチャイカ
ノーゲーム・ノーライフ
ブレイクブレイド
精霊使いの剣舞
アカメが斬る!
魔弾の王と戦姫
牙狼〈GARO〉-炎の刻印-
七つの大罪
新妹魔王の契約者
純潔のマリア
聖剣使いの禁呪詠唱
アルスラーン戦記
空戦魔導士候補生の教官
オーバーロード
六花の勇者
ケイオスドラゴン 赤竜戦役
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
学戦都市アスタリスク
落第騎士の英雄譚
この素晴らしい世界に祝福を!
GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
最弱無敗の神装機竜
灰と幻想のグリムガル
マギ シンドバッドの冒険
エンドライド
Re:ゼロから始める異世界生活
聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ
ベルセルク
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
D.Gray-man HALLOW
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

中には微妙な作品もありますが、
私が、ファンタジー系だと思う作品を
挙げておきます。

ゼロの使い魔F
FAIRY TAIL
DOG DAYS
人類は衰退しました
探検ドリランド
マギ
イクシオン サーガ DT
新世界より
問題児たちが異世界から来るそうですよ?
まおゆう魔王勇者
はたらく魔王さま!
神さまのいない日曜日
アウトブレイク・カンパニー
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
機巧少女は傷つかない
魔法戦争
エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~
ソウルイーターノット!
棺姫のチャイカ
ノーゲーム・ノーライフ
ブレイクブレイド
精霊使いの剣舞
アカメが斬る!
魔弾の王と戦...続きを読む

Qシリーズものが読みたい!

小説を読みたいです。
いままであまり沢山本を読んでいないので自分に合う分野はよく分かりませんが、条件をしては
文庫ででている
文体は軽め
シリーズもの
心に響くもの(できればでいいです)
現実的(こちらもできれば)
です。
学園、恋愛、むずかしすぎるもの以外がいいです

分野でも作家でも小説でもいいのでおすすめ教えてください

Aベストアンサー

 こんにちは。推理小説が多くなりますが良かったら参考にして下さい。
 雨宮早希「EM(エンバーミング)シリーズ」
 死体の防腐処置を行う事をEMといいますが、主人公の村上美弥子はそのスペシャリストという設定です。遺体の修復を行いながら事件の糸口を見つけていき物語りが展開していきます。雨宮さんは松田美智子という名前で事件の謎を追うノンフィクションライターとしても活躍されていますので、現代の事件などをうまく取り入れていると思います。一応4巻まで出ていて、1巻は幻冬舎文庫になっていますが、残りの巻もノベルズサイズ?(新書の大きさの本です。他に言い方があるかもしれません)ですので手に取りやすいと思います。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B1%AB%B5%DC%C1%E1%B4%F5
 乃南アサさんの「音道貴子シリーズ」
 第1巻にあたる「凍える牙」は直木賞受賞作です。大型バイクに乗る女性警察官という設定が何となくカッコいいだけのような感じに思えますが、男性刑事の嫌がらせやねたみ、男尊女卑っぽい考えに孤軍奮闘したり、休日の過ごし方や近所の人の見る目など、フワフワした話になっていないと思います。最新刊以外は文庫化されています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30626684
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30844536
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31199316
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31473102
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31772004
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31762929
 北村薫さんの落語家円紫師匠のシリーズもお勧めです。推理小説というより、謎解きを楽しむ主人公の女子大生と落語家の師匠とのやり取りが暖かく優しい感じです。私は2作目までしか読んでいませんが、シリーズは続いています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18984069
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19705143
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19885681
 文体が軽めというだけを取れば奥田英朗さんの「伊良部医師シリーズ」も面白くてお勧めです。ただし現実感はありません。ファンタジーやSFではないですけど、こんな医者がいたら嫌です。2作目の「空中ブランコ」は直木賞受賞作です。シリーズですがどの巻から読んでも楽しめます。4作目まで出ていますが、文庫化は2作目までです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31667444
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31997138
 推理小説ではないですが、時代物です。北原亜以子さんの「深川澪通木戸番小屋シリーズ」は木戸番小屋を勤める夫婦(ちょっと訳あり)と2人を取り巻く人達の人情小説です。時代物だからという難しい背景や歴史認識は全く必要なく、2人の温かさや市井に生きる人達の思いに優しくなれる話です。文庫化されてます。
http://lounge.cafe.coocan.jp/novels/japan-ka/aiko-kitahara/
 
 長文失礼しましたm(__)m。良かったら読んでみて下さい。

 こんにちは。推理小説が多くなりますが良かったら参考にして下さい。
 雨宮早希「EM(エンバーミング)シリーズ」
 死体の防腐処置を行う事をEMといいますが、主人公の村上美弥子はそのスペシャリストという設定です。遺体の修復を行いながら事件の糸口を見つけていき物語りが展開していきます。雨宮さんは松田美智子という名前で事件の謎を追うノンフィクションライターとしても活躍されていますので、現代の事件などをうまく取り入れていると思います。一応4巻まで出ていて、1巻は幻冬舎文庫になっ...続きを読む

Q日常系アニメに心の癒しを求める人、ダークファンタジーに刺激を求める人、心の闇が深いのはどちらでしょう

日常系アニメに心の癒しを求める人、ダークファンタジーに刺激を求める人、心の闇が深いのはどちらでしょう?

Aベストアンサー

駄天使です。気にくわないことがあれば世界の終わりを告げるラッパを吹きます。

「深淵を覗く時、深淵もまたお前をのぞいている」という言葉もあるので、どうぞお気をつけください。

Q昔読んだ海外のシリーズの小説を思い出せません

ご存知の方がいらっしゃったらお願いします
うろ覚えの情報は↓
主人公は死んだはずのアメリカ人警察官でサイボーグ?のような体になった
東洋系の師匠に格闘技?精神?を教わる
敵はたぶん大きな組織
エムとかゼロとか短い名前の登場人物が身近にいる

Aベストアンサー

主人公の名前がレモ、習得する武術が「シナンジュ」ならばこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29


人気Q&Aランキング