ここの所、世界のだだっこ(ならず者?)のアメリカについてどう思いますか。
また、その腰ぎんちゃく(トラの意を借るきつね)についてもどう思いますか。

A 回答 (3件)

独断と偏見の持論を一席 m(__)m



 >世界のだだっこ(ならず者?)のアメリカについてどう思いますか。
大統領が替わったからでしょ。
あの人は
力押しが好きなアメリカ人的発想の人みたいだしぃ~ 南部の出身でしょぉ~  しゃぁないんとちゃう
京都議定書に文句つけているのも
産業界(石油産業etc)のロビー活動と、最近の電力不足を省エネではなく電力増産で解決する方向にスタンスを変えたからじゃないの?

 >その腰ぎんちゃくについてもどう思いますか。
    「腰ぎんちゃく」って言うより
    「金魚の糞」?「タイコ持ち」?
     ワァ~イ! アンタもワタイも金魚のう○こや~!
本題
一人前に意見が言える国じゃぁないからねぇ
キチンと「信念」があって「顔が見える国」にならないとだめでしょう
大臣は飾りで官僚が国を動かしている なんて言う考えがまかり通るかぎり、いつまでたってもかわんないじゃないかな。
官僚は公僕であって特権階級ではないって、
ご主人様は誰なのかをあの連中に解らせないといけないんでしょうね

ジャパンバッシングの理由?
世界がEUとアメリカ、ロシア、アラブ、アフリカ、アジアって大きな分類でのアジアでの覇権(主導権)を争っているライバルだからねぇ
先の大戦での記述についてもいちゃもんつけているのは、あそこらだけのようやしあの連中の教科書の内容も凄い事書いているようやけど・・・こっちも文句つけたらええのに。
今の常任理事国は戦勝5カ国(核のテーブル)で構成されているし、そこに自分の意見(ポリシー)を持たない「顔のない腰ぎんちゃく」が入ったら邪魔なんでしょ。

あ あと
「腰ぎんちゃく」も一応きちんとした独立国家ですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なんだかすっきりしました。

お礼日時:2001/07/23 12:19

口ではなんだかんだ言っていますが、結局


力こそ正義だということを教えてくれる、偉大な国が米国でしょう。
だいたいあの国自体、力ずくで奪い取ったのですから。

で、そこまでの力は無いのでくっついているのが日本でしょう。
でも、逆に対等なぐらいまで力を付けようとすると、
当然、その“偉大な”国との戦いになります。

良く考えると、ほとんどの国は米国と戦っています。
冷戦で戦った国もありますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

力こそが正義なら、民主主義っていったいなんだろうか。

お礼日時:2001/07/23 12:21

ならず者といっても、彼がもし後ろにいなかったら、「中国さん」とか「ロシアさん」とはどんな風に付き合うのですか、やっぱり核武装でもしないと相手は一人前の大人として見てくれないと思いますが、いじめに耐えるのも相当きついですよ、それに「北○鮮君」どうしますか、あちらには、私たちが理解できる法律も無いんですよ。

「おー怖」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここのところの、問題では、
世界対アメリカ、日本の構図ができてしまうような。あるいは、変わり身の早いアメリカは、抜け出して、世界対日本という構図も想像できます。

問題は、アメリカがいなくなるということも考えなければならないと思います。アメリカは、大統領によって左右されるので、どういう風になるのか考えておかないといけないでしょう。また、北朝鮮とは外交のラインは、アメリカを通じてしかないため、独自の外交が行われていません。百聞は、一見にしかずかも知れません。
また、中国もロシアも日本が独立国でないから高圧的な態度ではないでしょうか。
また、日本と戦争する理由は何ですか。

お礼日時:2001/07/19 12:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投票の強制 今選挙をやってますが、投票の強制を上司に強制されました。どう思いますか? ここから

投票の強制

今選挙をやってますが、投票の強制を上司に強制されました。どう思いますか?

ここから書くことは冗談ですが、訴えたら勝てると思いますか?

Aベストアンサー

投票は国民の義務でなく権利。投票を上司から強制されたら、ハイハイ、その人に投票しますね、って調子を合わせれればいいだけです。投票に行かなくと、行ってほかの人に投票しようが、誰にも分らないんですから。嘘も方便です。
でも、以前の地方選挙であったように、獲得1票だったら、家族も入れていなかったのが大バレですが。参議院選挙ではそんなのはないです。

訴えて、勝っても慰謝料なんかとれないです。そのあと意地悪であなたの負け勝負と。

Q宗教を世界的に統一するには世界戦争をするのも一つの方法と思います。

宗教を世界的に統一するには世界戦争をするのも一つの方法と思います。

他に何か方法はあるのでしょうか? 具体的にお願いします。
 
質問は宗教を統一する方法を質問しています。質問内容に添わない回答は決してしないで
ください。 なぜ統一が必要なのかとか、信じる自由があるなどと云うことは回答しないでください。

Aベストアンサー

 世界戦争をしないで宗教を一つにする方法は、一つ考えられます。

☆地球上の気候を均一化する技術・技法を確立することがその唯一の方法だと思います。
  その後数世紀の時間が必要でしょう。

   交流と・混血で、文化の均質化が、必要です。 

◇気候が、動植物を地球上に繁茂・繁殖させて人類はそれを衣食住に利用して分布しています。

 そのために、狩猟や牧畜・採取や収穫の生きるための価値感や作業を共有するために、

 さまざまな宗教が生まれました。

  統一の可能性は限りなくゼロに近い数値地でしょう。

Qトランプはクリントンと違い、どうだめなんですか? 日本の報道ではこぞってクリントン押しで、アンチトラ

トランプはクリントンと違い、どうだめなんですか?
日本の報道ではこぞってクリントン押しで、アンチトランプばかりでした。
なぜトランプはだめなんでしょう?
二人とも経済政策的にTPP反対など保守的であまりかわりないと思います。
特に日本車を槍玉に彼はしましたが、アメリカの工場で作ってる現状ではあまりかわりはありません。
対外的はトランプの移民政策に消極的で特法滞在を国外追放、特に不法メキシコ人やイスラム教徒に厳しくいうのはリップサービス含め普通だと思うし、在日米軍のアメリカ側のメリットが理解できれば撤退はありえないし。
ヒラリーの日本より中国びいきのほうがよっぽど日本にはデメリットと思います。

Aベストアンサー

日本のマスコミの安倍ダメと一緒。

本質をなんも考えていない。

Qならず者国家 

アメリカは北朝鮮を悪の枢軸国とかならず者国家とか言っていますが(最近は裏で何かよろしくやっているような気がしますが)本当にそうでしょうか?北朝鮮はならずも者と言われるような何をしたのでしょう?
ならず者国家はアメリカ自身ではないでしょうか?人類史上類を見ない原子爆弾という人体実験をやり、勝者の論理で一方的に裁き、その裏で薄汚い取引をやり、絶対的な軍事力を背景に他国を経済的に追いつめる。まさに、暴力団かならず者です。それでも、アメリカ発のメディアに悪のりして本当に北朝鮮が攻めてくると思っている日本人が多いのに驚きます。どうして日本人はそんなにアメリカが好きなのでしょう?時事問題とか政治問題はとかく感情的になりがちですが、右翼的、過激的ではない意見が聞きたいのですが。

Aベストアンサー

一昔前、日本が完全にアメリカに依存していた時代がありました。
戦後復興~高度成長くらいかな。
日本はアメリカに国を守って貰い、かつアメリカへ商品をどんどん輸出して豊かになっていたのです。
そのころ、日本の政治家や官僚は如何にアメリカに取り入るか、いい条件を貰えるか、真剣に考えて行動していたわけです。
その頃中心になっていた連中が、官僚でも政治家でも、またマスコミのトップにも居るわけで、そのコンプレックスというか基本姿勢というか、アメリカに刃向かってはいけない、という基本理念がすり込まれているのでしょう。

昔はアメリカについて行けば間違いはなかったのですが、今のアメリカは間違いだらけですからね。
世界一のならず者なのは同感です。
でも北朝鮮も十分ならず者でしょう。
ミサイル連発したり、偽ドル作ったり、拉致も勿論ですが。

Qアメリカが孤立主義を採れば世界は平和になりますか?

仮定の話で恐縮なんですが、もしアメリカがイラク戦争に疲れ果て、仮にイラクからもアフガンからも軍を引き上げ、「金輪際、自国以外の事には関与しない」 となった場合、世界は平和になりますか?

たとえばアフガンもイラクも、要はタリバンを中心とするイスラム原理主義者との戦いになっていると思いますが、彼らとてアメリカが引き上げれば、これ以上アメリカに敵対する理由はなくなりますよね?

という事はイスラム関連のテロ活動はなくなる?

ただアメリカの後ろ盾が無くなったとして、イスラム圏 vs イスラエルの戦争はあるかも知れませんが、いずれにしてもテロは撲滅しますか?

その代わり、アメリカがそんな政策を採った場合、「アメリカ恐れるに足らず」 として中国とロシア、それにインドも加わって世界中で覇権争いを繰り広げ、その結果世界秩序が乱れ、引いては第3次世界大戦の可能性も?

Aベストアンサー

概ね、回答は出そろってる感はありますが、参考程度に。

結論から言えば、「米国のみが孤立主義を取っても、世界は平和になりません」ですね。
たとえ、米国が孤立主義を取ろうと覇権時代が終焉を迎えて没落しようと、第二、第三の米国が現れるだけでしょうね。
米国の後釜に座れそうなのは、現状では中・印・ブラジルetc...でしょうか。筆頭は中国でしょうけど。

話がずれましたが、
第二の問いのテロの撲滅ですが、そもそもテロを撲滅するなんて理想でしかありません。
逆を言えば、反体制派を押さえつけるための、現体制派の言い訳です。
テロリズムというのは、反体制派に陥らざる得なかった勢力が、最後の手段として暴力に訴えることなんです。
つまり、話し合いで現体制が自分たちの生活を良くしてくれないんであれば、暴力で現体制を潰して自分たちの世を作ろうってこと。
そこまでいけなくても、暴力を用いて自分たちの言い分を聞かせようとすることです。
ただ、それが行きすぎるとテロ行為そのものが目的となるんですが、、、。
つまり、米国の覇権が終焉してどこかの国が米国を(経済的・精神的)に支配すれば、米国だってテロ国家となるでしょう。(逆を言えば、イスラム国家にしてみれば米国こそテロ支援国家。中東戦争時にフセインを支援してたのは米国ですし、ビン・ラディンを訓練したのも米国。)
中世から近世にかけては、イスラム諸国が覇権国家で西洋諸国は(イスラム諸国にしてみれば)テロ国家です。その最もたる行為が十字軍。

>その代わり、アメリカがそんな政策を採った場合、「アメリカ恐れるに足らず」 として中国とロシア、それにインドも加わって世界中で覇権争いを繰り広げ、その結果世界秩序が乱れ、引いては第3次世界大戦の可能性も?

米国がそんな政策をとらなくても、今後はそうなっていくことが予想されます。
なので、そうならないように米国を始め世界各国は活動してるんです。
米国なんて、あからさまに中国に歩み寄ってますしね。(牽制も忘れてませんけど、、。余談ですけど、ニクソンショック(訪中)なんてのもありましたね)
世界の覇権国の中心は常に移動していきます。それが歴史です。
ただ、次の中心が何処になるかは言い当てることは難しいでしょうね。

概ね、回答は出そろってる感はありますが、参考程度に。

結論から言えば、「米国のみが孤立主義を取っても、世界は平和になりません」ですね。
たとえ、米国が孤立主義を取ろうと覇権時代が終焉を迎えて没落しようと、第二、第三の米国が現れるだけでしょうね。
米国の後釜に座れそうなのは、現状では中・印・ブラジルetc...でしょうか。筆頭は中国でしょうけど。

話がずれましたが、
第二の問いのテロの撲滅ですが、そもそもテロを撲滅するなんて理想でしかありません。
逆を言えば、反体制派を押さえ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報