私は最近本当にひさしぶりに外国人作者の本を読んだのですが、読んでるうちにどんどん引き込まる文章に、これはそういえば翻訳された文章ということをわすれていました。その本というのがジュンパ・ラヒリの「停電の夜に」で小川高義というかたが訳をしている本です。改めて翻訳家自体の文章のセンスの大切さを感じました。みなさんはこの本は読みました?あと皆さんがこの人の訳ならと安心して読める翻訳家のかたは誰ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは。



ジュンパ・ラヒリの『停電の夜に』読みましたよ!
当初はインド人作家ということで興味を覚えましたが、
物語も淡々とした作風ながら、どこかスパイスが効かせてあって、
私も引き込まれるように一気に読みました。
me--nさんがおっしゃるように、翻訳の力も大きいと思います。
この作品は、きっと訳者の出しゃばらず控えめな日本語が
原作の美しさを引き立てているのでしょうね。

ところで、信頼して読める翻訳者といえば・・・比較的最近では
仏文の堀江敏幸もいいですね。いつだったか、書店で初めて彼の訳書
『パリの廃墟』(ジャック・レダ/みすず書房)を手にした折には、
その語感に惹かれて、もうそのままお買い上げ(笑)でした。
近年はエッセイでもご活躍のようです。

あと名だたる翻訳者といえば、何といっても『海潮音』の上田敏!
あの名訳には、原文があったことさえ忘れてしまいます。

翻訳ものを読む時は、日本語表現も楽しみの一つですね。
    • good
    • 0

私もSFになりますが……。



矢野徹さんを一押し致します。
(残念ながら、先日お亡くなりになりました。合掌)

本屋や図書館などで、ハヤカワSF文庫等を
眺めれば、必ず(笑)あります。

文章についての記載がありましたが、この方は
翻訳の他にも、自分でも小説を創作しております。
角川文庫に多いと記憶しております。
長編、短編、ともに素晴らしい完成度です。
まずはそちらで確認すると、良いかもしれません。
    • good
    • 0

私が好きな翻訳家です。



金原瑞人さん……『チョコレート・アンダーグラウンド』など。とてもスムーズに読めます。
深町真理子さん…スティーヴン・キング作品など。原作の持つ雰囲気を翻訳で高めてくださってる感じがします。
浅倉久志さん……この方のおかげで、苦手だったSFが読めるようになりました。
    • good
    • 0

 SFやファンタジーが中心ですが・・・・



 福島正実さん・・・翻訳SFの開拓者とも言える人です。質のいい作品を発掘してきて、翻訳した方です。様々な用語の翻訳も、この方の努力の賜物です。

 野田昌宏さん・・・この方もSF界の大御所です。ご自身もSF作品を発表されていて、その他に翻訳もされているのですから・・・・・

 井辻朱美さん・・・ファンタジーの翻訳を手がけています。作家としても活動されていて、読みやすい翻訳が魅力的です。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0

はじめまして。


須賀敦子さん・・・タブッキ等イタリアの作家の翻訳家。彼女のエッセー等の文章もステキです。
石井桃子さん・・・こねこのピッチ等児童文学の翻訳家で、とても心地よく読めます。
柴田元幸さん・・・ポール・オースターやレベッカ・ブラウン等、淡々としたお話がすーっと読める感じがします。
神西清さん・・・この方の訳したロシア文学は美しいです。
以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーランスの翻訳家になるには

現在中国で仕事しています。正直なところ、将来は日本でずっと生活をしたいので、中国語を生かしつつ日本で働けるフリーランスの翻訳家を目指して現在翻訳学校のネット講座を受講中です。

フリーランスの通訳になるには、まず翻訳会社のトライアルに合格する必要があると思うのですが、ネットで色々な翻訳会社のトライアル受験資格をみると、「フリーランス翻訳経験4年以上」等書いてあるところがほとんどです。フリーランスの翻訳家になるために受けるトライアルだと思っていたのに、その受験資格にフリーランス翻訳経験が求められるとしたら、みなさん最初は一体どうやってフリーランスの仕事をもらったのでしょうか?

あくまで、企業内翻訳ではなくて、フリーランス翻訳家を目指しています。フリーランスの翻訳家になるための初めの第一歩のところがわからないので、経験者の方教えてください。

Aベストアンサー

現在、日本は翻訳家が多すぎて、すでに仕事をしている人も仕事が減ったり、原稿料を下げて仕事をもらったりしています。中国語は英語についで翻訳家が多いですから、たとえトライアルに受かっても仕事が来るとは限らない、ということは覚えていてください。

さて、トライアル受験資格がない場合、
1 ボランティアで翻訳する。
2 ボランティアに等しい低賃金で仕事をする。
3 翻訳会社でチェッカーをしながら翻訳もさせてもらう。
といったことで経験を積むことができます。

また、海外の翻訳会社は日本の会社よりはトライアルが受けやすい、受かりやすいので、中国で仕事を始めてしまう方がよいかもしれません。

Q文章に関する質問です。 古典と呼ばれるような本を読んでいるときによく思うことですが、時代が古かったり

文章に関する質問です。

古典と呼ばれるような本を読んでいるときによく思うことですが、時代が古かったり、漢文の日本語訳などの意味がほとんどわからないものばかりで読んでも理解できません。
「而るを況んや算なきに於いてをや。」など、その都度読みや意味を調べたりしますがキリがないです。

こういった本をしっかりと理解した上で楽しめるようになりたいです。
そのためのコツや、勉強(必要な知識、書籍、方法)など必要なことはありますか?

こういう文を多読し慣れていくしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

>やはりわからない言葉はその都度調べて、自分なりに解釈するということを繰り返していくしかないってことなんですかね?

これ「だけ」に終始しないほうがいいですね。

英語でも、単語や構文や熟語とかそういった緻密な読み方と別に
ひたすら読み流す「多読」も必要だともいわれています

たとえば、漢文や古文であれば、現代語訳や対訳と対になっているタイプの本や
参考書もでていますから
そういうものをパーッと読んで経験値を増やすというのもいいと思いますよ。
>而るを況んや算なきに於いてをや
は書き下しであって、日本語訳(笑)もとい、現代語訳ですよね。

原文を読んで訳を読んでもいいですし
なれないうちは先に訳文でもいいです。知っている話のほうが読みやすいということもありますよね

外国語と思っていないといいつつ、ご自身も「日本語訳」と書いていらっしゃる。

そして、その例文でいえば「しかる」も「いわんや」も、漢文ではものすごく良く出て来ますでしょう?
たくさん読むとこれは覚えて置いたほうが、とか、その中で覚えていくということができますから。
そうすると、一語一語引かずとも済むでしょう。

そうすると算なき、とくれば
なんらかの、算段、戦略、準備、そういったもののことを言わんとしてるというのは
なんとなく読めてくるのではないでしょうか。

きちんと調べながら読んだり、暗記だけでもだめ
意味もわからず読み流すでもだめ。

あと、たくさん読んで慣れてきたら
自分で文章を作ってみるのもいいですよ
気が向いたときに文語や漢文で一行日記でもいいので。

それこそ、最初のうちは完全にアソビでもいいのですよ

「而るを況んやオタクに於いてをや」とか
まあ好き勝手つくれますわね
さあこの前の部分はどうしようか…。
ちょっとした大喜利気分です。

楽しんで読めば、めんどくさいという気もなくなると思います。

>やはりわからない言葉はその都度調べて、自分なりに解釈するということを繰り返していくしかないってことなんですかね?

これ「だけ」に終始しないほうがいいですね。

英語でも、単語や構文や熟語とかそういった緻密な読み方と別に
ひたすら読み流す「多読」も必要だともいわれています

たとえば、漢文や古文であれば、現代語訳や対訳と対になっているタイプの本や
参考書もでていますから
そういうものをパーッと読んで経験値を増やすというのもいいと思いますよ。
>而るを況んや算なきに於いてをや
は書き下...続きを読む

Q翻訳家になるには?

日英の翻訳家について質問です。

(1) 翻訳家になるには、やはりスクールで勉強しましたか?
(2) 翻訳の仕事は、どの様にしていますか?(派遣?企業で正社員?フリー?など・・・)
(3) スクールを卒業された方は、どの様にして仕事を探しましたか? また、学校では仕事を紹介していただけましたか?
(4) 年をとっても出来る仕事でしょうか?

上記の質問、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ただ、英語が好きなだけでは翻訳家にはなれません。いくら、英語が好きでも 日本語でも読むのが億劫なものを
英文を読んで訳すというのは 苦痛だし、ものすごい根気が必要です。

>(1) 翻訳家になるには、やはりスクールで勉強しましたか?
スクールに入るか、誰かについて徹底的に指導してもらう必要がありますね。

>(2) 翻訳の仕事は、どの様にしていますか?(派遣?企業で正社員?フリー?など・・・)
色んなパターンがあると思いますが、多くは自宅待機で 不定期に仕事が来る程度でしょうか。しかし、来る時は 集中したりしますね。

>(3) スクールを卒業された方は、どの様にして仕事を探しましたか? また、学校では仕事を紹介していただけましたか?
スクールによっては仕事の斡旋をしてくれるところもありますし、通訳とは別に 専門の業種に従事してて 翻訳のトライアルを受けて翻訳家になる場合もあります。

>(4) 年をとっても出来る仕事でしょうか?
年齢は関係ないでしょう。ボケたら終わりですが。


それでは、問題を出します。もし、調べても解けないのなら、翻訳は諦めた方がいいかもしれません。


先ずは、中学レベルの易しく短いですが、和訳にてこずる英文です。

Is your sister younger or older than you?


次は 高校レベルの少し難しい文ですが、最初の英文よりは和訳しやすいと思います。

A journey across America is a journey through a bewildering array of scenery and cultures that leaves the traveler with a host of conflicting impressions and opinions.

次は 少し意地悪な問題です。私たちが日本語の文章を読んでても時々英文が挿入されることがあるように、英語の文章にも稀にラテン語やフランス語が混じることがあります。
そこで、これは英語でないので訳せないというのでは プロとして通用しません。そこで恐縮ですが、フランス語の文です。

Il se tenait debout les poing sur les hanches.

これを英語に直訳してみます。

He kept himself standing the fists on the hips.

これを自然な英語にすると

He was standing with arms ******.

そこで、******に入る英単語を当ててみてください。

次は、英語の質問に英語で答える問題です。質問を読むにはそれほど難しくありませんが、
(2)の問題を除けば、英語力だけではどうにもなりません。

(1) What is the difference between nylon and vinyl?

(2) How is a plane moving, when it is flying over the sky?

(3) Here is a pentagon, which is 10 square inches. What millimeter is its each side, then?

(4) Billy borrowed $1.000 from a bank with interest at 17% per year. How much interest will the debt bear after seven weeks?

次の問題です。

(1) ミケはその魚を食べたかった。
(2) ミケはその魚を食べたがった。

(1) 飛行機は飛んでいる。
(2) 飛行機が飛んでいる。

それぞれ(1)と(2)の文の違いを英語で説明してください。

最後の問題です。次は3つの文を対比させながら (3)の文にある 助詞の“や”について英語で説明してください。

(1) 私の町には犬と猫を飼っている人は多い。
(2) 私の町には犬か猫を飼っている人は多い。
(3) 私の町には犬“や”猫を飼っている人は多い。

ただ、英語が好きなだけでは翻訳家にはなれません。いくら、英語が好きでも 日本語でも読むのが億劫なものを
英文を読んで訳すというのは 苦痛だし、ものすごい根気が必要です。

>(1) 翻訳家になるには、やはりスクールで勉強しましたか?
スクールに入るか、誰かについて徹底的に指導してもらう必要がありますね。

>(2) 翻訳の仕事は、どの様にしていますか?(派遣?企業で正社員?フリー?など・・・)
色んなパターンがあると思いますが、多くは自宅待機で 不定期に仕事が来る程度でしょうか。しかし、...続きを読む

Q学生時代に読んだ本、読んでおきたい本

ただいま大学1年なのですが、どんな本を読んでおいた方がいいですか?おすすめできる本がありましたら、教えてください。
ちなみに、この3ヵ月で読んだのは「国家の品格」「博士の愛した数式」「風の男 白洲次郎」で、あまり長い本は苦手で、読むスピードは遅い方だと思います。

Aベストアンサー

「大国の興亡」ポール・ケネデイ
「文明の衝突」サミュエル・ハンチトン
「銃・病原菌・鉄」ジャレド・ダイヤモンド
どれも、分厚い本です。
私は、これらの本をおすすめしますが?
要らんお節介かも知れませんし、他の人はどんな本が良いか尋ねてみたいと質問されたこととは思いますが、大学生になれば自分で読みたい本を探すべきです。
新聞の本の広告とか、新聞の書評とかをみる。本屋に行って何か面白そうな本はないか探してみるべきだと思いますよ。

Q翻訳家になるには?

私は病院で働く社会人2年目です。
資格は放射線技師という資格で、病院ではレントゲン等の撮影をしています。
ずっと英語に興味があったので、家で子育てと両立できる在宅の仕事というところに引かれて翻訳家になりたいと思うように。
できれば自分の今の仕事を生かせるような翻訳をしたいと思っています。実務翻訳の分野でしょうか。でも、放射線技師は医者のしごととは違うので、医者ほど医学が詳しいわけでも、薬剤師のように薬に強いわけでもありません。多少、医療機器のことを知っている程度です。それでも、実務翻訳家として今の仕事を生かすことはできるのでしょうか?

また翻訳家にはTOEICのテストを受けたほうがいいとか聞きますが、専門学校があったり、留学をしてなるという方もいるようで、いろいろな方法があるのでしょうか?
翻訳家になりたいのですが、どのようになったらいいのかがよくわかりません。やっぱり専門学校に入るのが一番なのでしょうか?
専門学校や通信でも、いろんな学校があって、それぞれどう違うのかもよくわかりません・・・。どんな基準で、決めるのでしょうか?
翻訳家になるにはどうしたらいいのでしょうか?

私は病院で働く社会人2年目です。
資格は放射線技師という資格で、病院ではレントゲン等の撮影をしています。
ずっと英語に興味があったので、家で子育てと両立できる在宅の仕事というところに引かれて翻訳家になりたいと思うように。
できれば自分の今の仕事を生かせるような翻訳をしたいと思っています。実務翻訳の分野でしょうか。でも、放射線技師は医者のしごととは違うので、医者ほど医学が詳しいわけでも、薬剤師のように薬に強いわけでもありません。多少、医療機器のことを知っている程度です。それ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
翻訳学校に週に1回通って勉強を少ししたことがあります。
そもそもの英語力が足りないのがよーく分かったので、今は中断してますけど。

フリーの実務翻訳になるには、翻訳会社のトライアルを受けて、合格すればその会社に翻訳者として登録できます。
ただし、すぐ仕事が来るかどうかは分からないみたいです。
フリーの方は、何社か登録してらっしゃるみたいですよ。

翻訳者を目指すのに参考になる本がいろいろ出ていますので、アマゾン等で「翻訳者」と、本の検索してみては?

No.1の方が挙げていらっしゃるアメリアに登録だけはしています。
登録するとメールで仕事の募集案内が流れたりします。(通勤も在宅も、英語以外の言語もあり)
サイトにも募集広告が載っています。自分をPRする文も載せられるみたい。
勉強中の人向けの記事もあるし、翻訳関係の情報に触れるには良いと思います。

募集要項を見ると「TOEIC850点または同等レベルの方」などの記載をしばしば見かけます。全部ではないけれど。

留学は、「日本語→英語」をやる人には良さそうですが、必ずしも必要なのかというと、そうでもなさそうな気がします。
「英語→日本語」の場合は留学しなくても大丈夫です。
英文を良く読解できて、日本文を上手に書けて、調べものが出来れば。

専門学校は、私は「通える場所」「通える日時」「翻訳専門」などで選びました(^^;
通信教育は続かない人間だし・・・・。

通学だと先生の経験談を聞けたり、他の生徒たちを見て自分の相対的なレベルが分かったり、人の訳文を読めたり、といった利点があると思います。

翻訳学校は英語力を上げるよりも、翻訳のルールやコツを学ぶのが主な目的だ、と感じました。
(課題をやっていれば多少は英語力アップしますが)
たいていどこの翻訳学校でも、入門クラスは試験なしで入学できると思います。
上のほうのクラスに途中から入る場合だと、試験やレベルチェックがあるかもしれません。

でも専門学校に行かないと「翻訳者になれない」わけではないです。
トライアルを受けるのに学歴や資格が必要なわけではありませんから・・・・。

「翻訳者」でログ検索するといくつか関連情報がありますが、最近のではこんな話題がありました。
私も書いてますが、No.3の回答は詳しいですね。
  ↓

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1621444

こんにちは。
翻訳学校に週に1回通って勉強を少ししたことがあります。
そもそもの英語力が足りないのがよーく分かったので、今は中断してますけど。

フリーの実務翻訳になるには、翻訳会社のトライアルを受けて、合格すればその会社に翻訳者として登録できます。
ただし、すぐ仕事が来るかどうかは分からないみたいです。
フリーの方は、何社か登録してらっしゃるみたいですよ。

翻訳者を目指すのに参考になる本がいろいろ出ていますので、アマゾン等で「翻訳者」と、本の検索してみては?

No.1の...続きを読む

Q最近読んだ本 2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

最近読んだ本

2016年に読んだ本で、オススメなのありませんか??

Aベストアンサー

『君の膵臓をたべたい』 住野よる
『朝が来る』 辻村深月
「羊と鋼の森」宮下奈都

Q翻訳家になるには?

 特に半導体技術に興味と知識があるのですが、英文翻訳家になるにはどのようなプロセスがいいのでしょうか?実務についていらっしゃる方、是非とも回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず関連の企業に就職して資料を翻訳する部門で働き、仕事に慣れ、業界にコネクションもできたところで、翻訳家として独立されるとよいと思います。

Q世阿弥関係の能で松風の現代語訳が必要です 翻訳本がありますか?

世阿弥関係の能で松風の現代語訳が必要です 翻訳本がありますか?

Aベストアンサー

#3さんのおすすめの小学館の『新編日本古典文学全集』、またはそれ以前にでた『日本古典文学全集』の『謡曲集』がおすすめです。
いつもなら、古典本は#1さんおすすめの新潮社のものが好きなのですが、『謡曲集』は、行間に入っているセピア色の注の内容が、訳はほとんどなく演者の動きが中心で、訳本としては使いにくくて意外でした。今まで使ったものは、原文を読みながら訳が見られて良かったのですが。
そのほか、一番表現が練れていて演劇の台詞風にまとめてあったのが、
『日本の古典16 能・狂言集』 河出書房新社 田中澄江 他 訳
です。
これには原文はなく、読み物として読めるような現代語訳を工夫してあるシリーズのようです。ただ、完全な訳ではなく、初めの 村人にいわれを尋ねるくだりなどは、訳さずに省略してあったりしますので、完全さを求めるならやはり小学館かなと思います。
図書館にどれが置いてあるかにもよりますけれど。

Q翻訳家になるには?

私は以前から翻訳の仕事に興味があり、今から翻訳の勉強をはじめたいと思うのですが、翻訳家になるためにはまず何をすればいいのかわかりません。翻訳の仕事をされている方にお話をききたいです。お願いします!

Aベストアンサー

どの分野の翻訳をするかによって勉強方法は変わってきます。主に文芸翻訳、映像翻訳、産業翻訳の3つがあり、それぞれ非常に異なった特徴を持っています。さらに、日本語から他言語への翻訳なのか、他言語からの日本語への翻訳かによっても違ってきます。

翻訳家になるためには...まずその言語と言語の背後にある文化を勉強をすることです。そしてそれと同じかそれ以上に大切なことは、日本語の言語と文化理解能力を上げることです。ただこれは言語的センスのあるなしに影響するので、センスが足りない場合はより多くの勉強を必要とします。

余裕があれば、翻訳家養成コースに通われることをオススメします。通信もあります。というのは、私自身はいままで翻訳の勉強をしたことがなく、仕事へのコネがなかったため、仕事を取るのに大変苦労しました。色々な会社のトライアルというテストを受け続けて、地道にやってきた結果、やっぱりコースを取るべきだった、という結論に達しました。コースを受けながら、自分のやりたい分野や得意な内容が分かってくると思います。私の専門は英日産業翻訳(産業用機械のカタログや取扱説明書などが多いです)です。

Keep going, never look back, and don't lose sight of the goal!

どの分野の翻訳をするかによって勉強方法は変わってきます。主に文芸翻訳、映像翻訳、産業翻訳の3つがあり、それぞれ非常に異なった特徴を持っています。さらに、日本語から他言語への翻訳なのか、他言語からの日本語への翻訳かによっても違ってきます。

翻訳家になるためには...まずその言語と言語の背後にある文化を勉強をすることです。そしてそれと同じかそれ以上に大切なことは、日本語の言語と文化理解能力を上げることです。ただこれは言語的センスのあるなしに影響するので、センスが足りない場合は...続きを読む

Q人生が変わった本(この本は死んでも読むべき本)を教えてください.

世の中本がありすぎて良書がわかりません。
みなさんの意見きかせてください。
これだけは本当に読んだ方がいい!!
人生変わる!!
っていうのまってます。

Aベストアンサー

こんにちわ、
【…これだけは本当に読んだ方がいい!!人生変わる!!っていう…】

わたしが お勧めの本は、「私が愛した本」 出版社: 和尚エンタープライズジャパン です。

(財)禅文化研究所・発行、の「信心銘」 に始まり、アラン・ワッツの 「タブーの書」出版社: めるくまーる、まで…、

『…読んだ方がいい!! 人生変わる!!』っていう 168冊の良書を 教えてくれてます。

この 「私が愛した本」の なかに “お望みの本”が 在ると 感じました。

参考URL:http://www.kt.rim.or.jp/~oshobook/list.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報