会員登録で5000円分が当たります

【多汗症と認知症について質問です】多汗症のプロバンサインは抗コリン薬です。

コリンが減少すると認知症になるそうです。

ということは多汗症のプロバンサインを服用すると認知症になるリスクが高くなるということですか?

プロバンサインの抗コリンと認知症のコリンは違うコリンですか?

まさかフェザー社が多汗症改善と引き換えに認知症になるリスクを高める薬を作って売るとは思えないのですが、プロバンサイン服用による認知症になるリスクが上がることを医者は説明せずに処方している気がします。

認知症のリスクが上がらないと臨床試験で検査済みなのでしょうか?

A 回答 (1件)

1.


BMJ British Medical Journal (イギリス医師会雑誌)に

英国・イースト・アングリア大学のKathryn Richardson氏らによる症例対照研究の結果、うつ病、泌尿器系およびパーキンソン病の治療に用いられる抗コリン薬の使用が、将来的な認知症発症と強く関連していることが明らかとなった。
https://www.carenet.com/news/journal/carenet/45970
という報告があるようですので、おっしゃるとおり『認知症になるリスクが高くなるということ』は間違いなさそうです。
ただ、2018年4月25日号に掲載されたものということで、世界的に認知されるまでは、もう少し時間がかかるということなのでしょう。(特に日本の場合は)
製薬会社からの裏金やら妨害やらも想定できますので、いつまでかかるかわかりませんが。
過去の一例を見ると、たとえば、パキシル(パロキセチン)の危険性についての指摘は下記のような経過を辿っている。

2003年 6 月10日 イギリス 英国医薬品安全委員会(CSM)が「18歳未満の大うつ病性障害患者へのパキシル投与を原則禁忌」とする勧告。
同年 6 月19日 アメリカ 米国食品医薬品局(FDA)が 「18歳未満の大うつ病性障害に対するパキシル投与を推奨しない」 と発表。
同年 8 月25日 日本(厚生労働省)も「パキシルの大うつ病性障害への投与を禁忌」とした。

2.
>まさかフェザー社が多汗症改善と引き換えに認知症になるリスクを高める薬を作って売るとは思えないのですが、

彼ら製薬会社にとって、患者に副作用が及ぶことなど何とも思っていません。
お人よしの日本でこそまだ少ないですが、アメリカでは精神薬の副作用による多数の、そして巨額の賠償金が日常茶飯事に支払われています。
たとえば以下のような事例。

(抗てんかん薬ガバペンチンに関して)2003年に、ワーナー・ランバート(Warner Lambert)社(現ファイザー社)の医療情報担当者が、承認外の11の適応に効くと医師に宣伝し、適応外使用を勧めていたことを、1996年の内部告発と提訴をきっかけに、全米各地で団体訴訟が発生した。誇大宣伝などの独占禁止法違反で政府による調査が実施され、この結果、ファイザー社は2003年末に、4億2700万ドル以上の巨額の引当金を計上していた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%90 …
(少なくともアメリカで)製薬会社は、当初から多額の訴訟費用を予算に組み込んだうえで販売を開始するのが常識となっています。

3.
>プロバンサイン服用による認知症になるリスクが上がることを医者は説明せずに処方している気がします。

医者は基本的に製薬会社の太鼓持ち、と言われても止むを得ない立場の職業だと言えるでしょう。
製薬会社のセールスマンの言うことだけ信じて患者に薬を処方します。
そして、副作用が発現すれば、薬を増減したり、あるいは他の薬を追加する。
ですので、基本的に責任感に乏しい。
少なくともそれなりの勉強をしているわけですから、抗コリン薬が認知症を引き起こす可能性ぐらいは知っているはず。
その危険性を伝えれば、薬が売れなくなるので言わないだけです。
少なくとも自分の母親に処方することは、まず無いでしょうね。

4.
>認知症のリスクが上がらないと臨床試験で検査済みなのでしょうか?

精神薬全般に言えることですが、ほとんどすべてが見切り発車状態でしょう。
ほんの一部に、(たとえ偶然にしろ)それらしき効果さえ認められれば、有効性や危険性についてはほとんど考慮されません。
緑内障・前立腺肥大・心疾患・麻痺性イレウスなどの方に関しては禁忌としていますが、【警告】は、必要無い、という扱いです。
いずれ、【警告】欄が追加されるのではないでしょうか。
厚労省の指導が無ければ薬品会社が自主的に、こうした不利を記載することは絶対にありませんから、お役人に頑張ってもらうしかないですね。
まともな人が残っていれば、の話ですが。
すでにご存じかもしれませんが、下記動画もご参考まで。

https://www.youtube.com/watch?v=pJ5CrNrzEQk&list …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

みんなありがとう

困ったなあ

お礼日時:2018/10/08 21:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病での体調不良 専門家の方からのアドバイスも頂けると幸いです。

うつ病になり4年経ちますが、最近、お腹を下したり、腹痛に襲われたり、登山でもしてたのか?ってくらいの疲労感があります。

足が棒のような重い感じがします。

心拍数も早いです。

内科で全ての血液検査をしましたが、正常範囲でした。

甲状腺ホルモン値等も異常なしでした。

こんなに疲れやすくなるのって初めてです。

精神疾患から、身体が鉛の様に重くなり、疲れやすくなることってあるのでしょうか?

教えてください

Aベストアンサー

うつ病が悪化したのか、身体症状症を併発したのかもしれませんね。

患者さんから見れば、薬を服用するようになって、ある程度、症状が治まるものですから、そこからは悪くはならないと考えている方が非常に多いです。

しかし、薬を飲んでいるから大丈夫と考えて行動してしまう患者さんほど、さらに悪くなったりします。

今一度、生活スタイルを見直してください。薬で良くなっているから頑張っている部分を見つけ出し、解決、あるいは排除することによって元の状態にまで回復できるかもしれません。

なお、身体症状症は、その治療はうつ病の治療と同じですので、遠慮なく医師にご相談ください。抗うつ薬を増量したり、健康したりすることで解決できる場合があります。

Q偏頭痛を診て貰っている脳神経外科の院長先生に「いい加減働いたら?」って言われました。。。 結構前から

偏頭痛を診て貰っている脳神経外科の院長先生に「いい加減働いたら?」って言われました。。。
結構前から「今仕事はしているの?」→「いえまだしてません。」→「いい加減働いたら?」って会話が診察の終わりにあります。

先生は私が精神科に通院していて、薬を飲んでることを知っています。


しかし、両膝を怪我してることは知らなくて。。(;・ω・)


なんかいつもこのやり取りが嫌なんですよね。


どうしたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

医者に、両膝を怪我してることを話しましょう。
どこの科であっても受診するときは、自分の心身の情報を全部伝えるべきです。

「膝のことは頭痛と関係ない」と判断するのは医者です。
あなたが勝手に情報を選択して伝えたり、伝えなかったりするのは良くないです。

>どうしたらいいんでしょうか?

膝のことも精神科のことも頭痛のことも、それ以外にもなにか不具合があったら、それも全部医者に話してください。

Q双極性障害5年目になります。 2ヶ月前に、癲癇の疑いありという診断がおりました。 話は変わりますが、

双極性障害5年目になります。

2ヶ月前に、癲癇の疑いありという診断がおりました。

話は変わりますが、死にたい、死にたいと感じています。

どうしたらいいでしょうか

Aベストアンサー

ご質問から、双極性障害の症状の可能性が考えられます。
主治医の診察を受けられるのが良いと思います。
なお、ここでは医業に関する具体的なお話はできませんので悪しからずご了承ください。
ご参考まで。

Qデパスの効果・効能について

添付文書には『統合失調症における睡眠障害』という項目が含まれているようですが、「睡眠障害以外の統合失調症」には効果がないのでしょうか?
たとえば妄想などを弱める目的で処方される可能性もありますか?
http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/400315_1179025C1054_2_12#page=3

Aベストアンサー

デパスは、強力な鎮静・抗不安・筋弛緩の効果を有するくすりですが、直接妄想に対する効果があるわけではありません。

妄想が、興奮・不安・不眠などにより引き起こされている場合は、デパスにより妄想の軽減が期待できます。
また、妄想のために、興奮・不安・不眠が生じている場合、その興奮・不安・不眠を和らげる目的で使うことは意味があるかもしれません。

睡眠障害による不眠は、妄想を誘発し、妄想のためにさらに不眠になるということはよくあることです。
この悪循環を断ち切るため、そして妄想などを弱める目的で、デパスを処方する医者はいるでしょう。

Q健常者でも統合失調症になりますか?

健常者(発達障害が無く、家族、身内も健常者)、両親もいて虐待を受けたことが無いという人でも、統合失調症ってなりますか?

Aベストアンサー

>統合失調症ってなりますか?

色々な要素がありますので一概には言えませんが、環境によるストレスが原因で発症することは多いです。

>統合失調症にならないようにするにはどうすれば良いですか?

1.なんらかの問題を抱えているのであれば、その問題から逃げず論理的に分析し、冷静に解決策を模索する。

2.精神科・心療内科・メンタルクリニックなどの門をくぐらない。
たとえば統合失調症治療薬として、日本で一番売れているジプレキサという薬があります。
この医薬添付文書の冒頭には次のように(赤字で)書かれている。
【警告】
1. 著しい血糖値の上昇から、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の重大な副作用が発現し、死亡に至る場合がある~。
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/medley-medicine/prescriptionpdf/530471_1179044F4028_1_31.pdf
また、治験時には、0.46%(一万人当たり46人)が自殺を企て、そのうち0.14%(一万人当たり14人)が、実際に自殺している。
自殺したくなった人0.15%(一万人当たり15人)も含めると、0.61%(一万人当たり61人)が自殺に駆り立てられたことになります。
こうした薬を平気で処方するのが今の精神医療業界です。
幻覚・幻聴は0.53%
譫妄・妄想が0.28%
極めつけは、
統合失調症の発症が0.05%(一万人当たり5人)いる。
向精神薬全般に言えることですが、副作用に悩まされて服用を中止しようと思っても、かなり難しい。
特にジプレキサの禁断症状は最右翼と言われており、極めて危険なものです。
向精神薬の危険性について詳しくは下記動画でご確認をいただければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=nOG4ynmjRFo&list=FLsTR5Y4qteCIGGfOq4O5A2w&index=4&t=40s

>統合失調症ってなりますか?

色々な要素がありますので一概には言えませんが、環境によるストレスが原因で発症することは多いです。

>統合失調症にならないようにするにはどうすれば良いですか?

1.なんらかの問題を抱えているのであれば、その問題から逃げず論理的に分析し、冷静に解決策を模索する。

2.精神科・心療内科・メンタルクリニックなどの門をくぐらない。
たとえば統合失調症治療薬として、日本で一番売れているジプレキサという薬があります。
この医薬添付文書の冒頭には...続きを読む

Qうつの者です。 どこまで耐えればいいのでしょう? 薬も飲みました。もうこれ以上飲めません。 相談ダイ

うつの者です。
どこまで耐えればいいのでしょう?

薬も飲みました。もうこれ以上飲めません。
相談ダイヤル、その他色々電話して通話料が怖いです。

普通の病気だったら、救急があるけど。
もう、苦しいのに。
批判的なコメントは本当に辛いのでご遠慮ください。

Aベストアンサー

もしも、どうにもならないとまで思い詰めているのなら、思い切って入院治療を受けてみる
ことも考えてください。

私自身、入院に抵抗のあるタイプでしたが、毎日、誰かしら医師がいる。薬の変更も通院とは
比べられないほど早く変えてくれる。同じ悩みを持つ方々と生活を共にできるなど、いろいろ
とメリットがあります。

通常は3ヶ月が入院が目安ですが、薬の量を確定させるための入院なら2ヶ月以内で退院できます。
逃げ道はいくらでもありますよ。

Q心療内科・メンタルクリニック・精神科の薬は非常に危険

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイトでもよく目にします。
最終的に16種類の薬が試されたのですが、一向に改善しなかったばかりか下記のような症状が出ました。
・家族(母親・弟・祖母)に噛みつく
・裸で外に飛び出す
・犬の餌をボリボリ食べる
不登校と睡眠不足を改善しようと心療内科を訪れただけで、こうした状態になる危険性が実際にあるということでしょう。
彼女は「まったく覚えていない」そうです。
極めて重大なのは、こうした状況になることを医師が予期できなかった、こうした状況になっても医師は何の責任も問われていない、という点でしょう。

(参考動画 4:49頃)
https://www.youtube.com/watch?v=zbooXbUJxg0&list=PLgrh0f6hTIciMFPc2bFBFdKs88DPyYKcN&index=4&t=386s

と承知の上で薬を飲むのでしょうか。
仮に、医者が処方するのだから安全だろうと思って薬を飲むのであれば、それは間違っていると思うのですが、みなさんはどう思いますか?

たとえば下記動画の女子高生は中学3年生のときに不登校をきっかけとして心療内科に行きました。
そこで、抗精神病薬・抗うつ薬・抗不安薬などを処方されます。
はじめは4種類でしたが、効かなかったので、通院のたび色々と薬を変更されたとのこと。
セロクエル・デパス・メイラックス・ソラナックスのような薬品名は、このサイト...続きを読む

Aベストアンサー

完全にヤブ医者の被害ですが本人それ以上に多分保護者にも責任があります。薬が五種類を越えたらセカンドオピニオンの出番で、十種類出す医師は気違いです。
この件では医療過誤で医師を告発できます。

Q高2です。 心療内科か精神科へ行きたいのですが、親は心の病気やメンタルクリニックに対する理解が全くあ

高2です。
心療内科か精神科へ行きたいのですが、親は心の病気やメンタルクリニックに対する理解が全くありません。
以前うつ病の話をした事があるのですが、「甘えるな、そういう人は頭おかしい」と言っていました...(最低です。)

内科に行くと嘘をつこうと思ったのですが、保険証の利用通知(?)で何科に行ったかバレるそうです...

Aベストアンサー

ご質問から、
高校生でしたら、「スクールカウンセラー」が来ていることが多く、そうでない場合も「市役所、保健所など」で無料相談が受けられるようになっていますので、利用するのが良いと思います。
その結果、医療機関受診が必要と判断されれば「紹介状等」をいただけるようです。
ご参考まで。

Qうつ病になるか、ならないかって、その人の考え方次第ですか?

うつ病になるか、ならないかって、その人の考え方次第ですか?

Aベストアンサー

「うつ病」は、けっこう難しい病気で、例え医師であっても、内科や外科など、精神科でない医師の多くは誤解しています。

人生において、様々な失敗やトラブルをきっかけにして、気分が落ち込むことは誰でも経験することです。
多くの人は、その気分の落ち込みのひどいやつが「うつ病」だと考え、失敗やトラブルに対しての考え方次第で、うつ病になるか、ならないかが決まるって考えます。
しかし、これは全くの間違いです。

多くの人が経験する「気分の落ち込み」と、「うつ病」は全く違います。
もっとよくわからない病気です。
(精神医学的には、多くの人が経験する「気分の落ち込み」は反応性抑うつ状態に近いものです。)

「うつ病」は、アルツハイマー病や、大部分のがんと同様、現代医学ではまだ原因不明疾患の一つです。
その人の考え方次第で、うつ病になるか、ならないかは決して決まりません。

そして「うつ病」は誤解されることの多い病気で、素人の無責任な助言(「うつ病はその人の考え方次第」とか)が、さらにうつ病の方を迷わせることもよくあります。

Q精神科治療 世界の基準

統合失調症について日本の基準ではなく、世界の基準について知りたいです。

質問の発端は統計と実態について考えさせられることがあったので質問してみました。

統合失調症は全人口の100人に一人の割合だと、ざっくりと考えると1万人に100人・・100万人に1万人・・1億人に100万人・・50億人に5千万人と比例したとしての話です。

五千万人とまとまった数でいうとすさまじく多いと感じますです。

世界で患者が5千万人いたとして、実例で一例も治ったという報告が無いほうが逆に不自然感を覚えます。

統合失調症に一度かかると、国内では完治が認められておらず、寛解状態を保つことが最上の状態ということは理解しています。
その状態では一般と変わらない生活を送れることは間違いないとは思うのですが、たとえばイタリアはそもそも精神科入院はあまりなく、日本と大きく違うという話も聞いたことがあります。

日本の精神科治療が遅れているということを聞いたことがあるので、他の国の精神科治療は日本よりも進んでいるのか???と疑問を持ちました。

世界各国の精神科治療について興味があるのですが、英語が読めないので文献に手が出せません。

ご存知の方回答をお願いします。

統合失調症について日本の基準ではなく、世界の基準について知りたいです。

質問の発端は統計と実態について考えさせられることがあったので質問してみました。

統合失調症は全人口の100人に一人の割合だと、ざっくりと考えると1万人に100人・・100万人に1万人・・1億人に100万人・・50億人に5千万人と比例したとしての話です。

五千万人とまとまった数でいうとすさまじく多いと感じますです。

世界で患者が5千万人いたとして、実例で一例も治ったという報告が無いほうが逆に不自...続きを読む

Aベストアンサー

このことは過去に主治医に聞いたことがあるのですが、

世界的な調査は必要であると言えますが、自国の人口でさえ、把握していない国(中国、インドなど)が多く、
その統計は、全て医療先進国に頼らざるを得ない(調査規模がとてつもなく小さくなる)のだそうです。

また、入院に関しては、日本では一般の病院以外に精神科病院という病院が受け皿になっていますが、海外では、
病院以外に福祉施設が受け入れ先になっていますので、単純に精神科のベット数で考えられない面もあります。

さらに、日本の精神科治療のレベルについてですが、これまでに認可した薬で対応できているので、水準として
遅れてはいませんが、長らく薬の安全性(自殺防止)を優先させたために、他国に無いベンゾジアゼピン系の薬
の依存性について問題が生じていて、その対策に国が次々と対策をとっている段階であると言えますね。


人気Q&Aランキング