書架分類のことについて調べているのですが、教科書や参考書を見ても、詳しく載っていません。どなたか詳しく知っている方がいたら教えて下さい。あと、図書館や資料組織のことがよく分かるサイトがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

えーと,どういう文脈で出てきたのか分からないので,外していたらごめんなさいなのですが,「図書館資料の分類」とか「図書の分類」ではなく,あえて「書架」分類となっているところをみると,資料組織概説とかそのへんでしょうか。


仮にそうだとして,-yukoさんの回答に少しつけ足しておきましょう。

「書架分類」という言い方をする時は,しばしば「書誌分類」と対になる概念として考えられます。
つまり,
●書架分類=資料を書架に並べるための分類。
●書誌分類=目録にデータとして記録し,分類番号から検索できるようにするための分類。(カードであれば,その番号順に排列することで,分類目録ができる。コンピュータであれば,その分類番号がアクセスポイントとなる。)
ということです。

確かに,司書課程のテキストを見ても,書架分類という言葉自体は出てきますが,あまり詳しい説明はなかったりします。
おそらく,今日では開架式の図書館が多くなり,また分類法自体も書架分類と書誌分類の両方に使えるものが多い(NDCもそうです)ため,両者を意識的に区別する必要があまりなくなってきた,ということがあるのでしょう。
しかし,閉架式の場合は,書架上での排列は管理に都合のよい方式でやればいいわけで,別に利用者が引く目録で使われている方式と同じである必要はありません。
たとえば,レンタルビデオ店の中には,空のケースをカウンターに持っていくと,店員が集密書架からテープを出してくれる方式のところがありますが,この場合,空のケースが並んでいる棚そのものが目録になりますね。ジャンルや制作年代,対象年齢などで分類され,排列されています。
一方,書架(ビデオ架?)の中で並んでいる現物のビデオは,別に何順でもいいわけで,たいてい受け入れ順(ビデオに打たれた番号順)ではないでしょうか。
昔は,このような閉架式の図書館が多かったので,両者の区別も重視されたものと思われます。
現在では,両者の違いというと,実務上は
○書架分類は1つの資料に1つしか与えられない。書誌分類は必要に応じて複数与えることもできる。
○書架分類はラベルに書くので実際問題としてあまり長くできない。
ぐらいですので,ほとんど同じ場合が多いといってもいいかもしれません。

初心者向けで,書架/書誌分類についても比較的詳しいものとして,日本図書館協会から出ている「JLA図書館情報学シリーズ」の第9巻,柴田正美著「資料組織概説」をあげておきます(本書のUNIT42「書架分類と書誌分類」で4ページにわたって説明あり)
No.3で紹介された第一法規のテキストは,やや難しいかもしれませんが,図書館の現場のかたに愛好者が多いようです。
ちなみに,No.3の参考URLで紹介されているサイトを作成された吉田先生は,同シリーズの第10巻「資料組織演習」の著者の一人です。ここのサイトは大変勉強になりますね。特に書誌階層のページなど,非常に詳しく書かれています。

と書いてきましたが,そういう話ではなくて,単にNDCについて詳しく知りたいとか,そういったご質問だったのでしょうか。
    • good
    • 1

資料組織法について、一番詳しいと思われるサイトは、以下のサイトです。


(参考URLをご覧ください。)
図書館について、一番詳しいサイトは、日本図書館学会のサイトだと思うのですが、それでも情報が足りないようなら、図書館で分類番号の「010」の付近を探してみてください。
日本図書館学会→http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/jla/index.htm

ここからが本題です。
書架分類とは、図書を書架上に体系的に配列するための分類のことです。
書架分類には、固定式配列と移動式配列があります。

固定式配列は、「形態別、受け入れ順配列」のことで、図書を大きさ別に受け入れた順番に書架に配列していく方法です。この方法は、蔵書が少なく限定されたものだけが図書館利用者であった時代(かなり昔ですね。)にはそれで用が足りたそうです。今、この配列をしたら、恐ろしいことになりますね(苦笑)

移動式配列は、「主題の体系順配列」のことです。1870年にハリス(William T.Harris)が主題から記号で検索できる配列法として発表したものを元に配架する方法です。図書館で、913.6のように分類されて、配架されていますよね。それがこの移動配架方式です。

尚、以上の説明は、「資料組織法」(第一法規出版 ISBN:4474009568)の5ページから15ページを参考にしています。この本をご覧になられることをお勧めいたします。(長いため、かなりはしょって説明しているので…)

参考URL:http://www.tezuka-gu.ac.jp/public/yosida/soshiki …
    • good
    • 0

masumi-8197さん、こんばんは。


書架分類に関して詳しくのっているサイトを2つ見つけましたので、
リンクをはっておきます。
ここにのせるとそうとう長くなってしまいそうでしたので(^^;)
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/4/toshokan. …

↓おまけの洋図書分類表です。
http://www.jissen.ac.jp/library/guide-31.htm

参考URLのものと合わせてご覧になれば、完璧に分類できると思います。(^^)

参考URL:http://www.jissen.ac.jp/library/guide-30.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトを二つも見つけてくれて嬉しいです。今後の勉強で参考にしていきます。

お礼日時:2001/07/25 08:50

0:総記、1:哲学・・・


などの分類ですか?
「日本十進分類法」「NDC」で検索しては。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ一番よく使ってる図書館情報学の教科書は何だろうか?

アメリカ一番よく使ってる図書館情報学の教科書は何だろうか?

Aベストアンサー

最近の本だとこんなのがあります
https://www.amazon.co.jp/Guide-Electronic-Resource-Management-Sheri-ebook/dp/B01BUIIFAC/ref=sr_1_2?s=english-books&ie=UTF8&qid=1465479863&sr=1-2&keywords=%E5%9B%B3%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%AD%A6

ただ日本でも「一番使われてる○○学の教科書」と聞かれて返答するのは難しいと思います。

Q資料組織概説のオススメ本を教えてください。

現在私は図書館司書の資格をとるために勉強しているのですが、資料組織概説での課題で共同目録作業と集中目録作業の違いや意義について書かなければなりません。
しかし、なかなか参考になるような資料が探せなくて困っています。
何かこの課題についてオススメの書籍はありますか?
よろしくお願いいたしますm(._.*)m

Aベストアンサー

本題です。

>何かこの課題についてオススメの書籍はありますか?

こういう質問を時々このサイトでみかけますが,なかなか答えるのが難しい質問です。
なぜなら,その先生がどういう文脈(あるいは考え方)のもとにこの課題を出されたかがわからないからです。
「私が自分の授業でこの課題を出すとしたら,この本を薦める」という本はいくつかありますが,それがその先生の考え方と合致するかどうかはわかりません。
その点では,No.1さんの言われる「悲劇」には同意せざるを得ません(なるべく悲劇を生まないように注意しているつもりではありますが)。

そんなわけで,アドバイスその1は(No.1さんと同じになりますが)「担当教員にきこう」です。
ただ,この時期ですと冬休みでしょうから,聞くに聞けないかも知れません。

そこで,その2。
「教員に聞けたとしても,聞けなくても,図書館に行って探そう!」
>なかなか参考になるような資料が探せなくて困っています
だそうですが,実際に図書館に行って探してみましたか?
大学図書館や公共図書館で,014の近辺をブラウジングすれば,いろいろな文献があると思います。
その上で,授業で話されていた内容に合いそうなものを探してください。

さて,本当なら「あとは自分で探せ!」と言い切ってしまうところですが,せっかくなので少しヒントを。(ああ,甘いなあ)

まずは,資料組織概説の授業なのですから,『資料組織概説』という題名のテキスト(4つぐらいの出版社から出ています)を開いて,関係のある説明がないかどうか,探してみてください。(本当は,このぐらいのことは思いついてほしい)
たいてい,何か書いてあるんじゃないかな。
ただ,これはあくまでも概説のテキストなので,説明は「広く浅く」です。

あとは,レファレンスコーナーに行くと,図書館関係のハンドブックが何冊かあると思います。
これも,1冊で図書館情報学の全範囲を扱うので,どうしても広く浅くになりますね。

もっと詳しく知ろうと思ったら,「狭く深い」本にいくつか当たってみる必要があります。
キーワードは,まずはもちろん「共同目録作業」と「集中目録作業」です。
あとは,
……ほら,いくつもの図書館をネットワークで結んで,共同目録作業ができるようにしたシステムを,何と言いましたか?
それを取り扱った本に,何か書いてありそうです。
(仕事用の本は研究室に置いてあって,いま手元に全然本がないので,確認できませんが)

他にも目録関係の本を手にとって,探してみましょう。

No.1で紹介された「情報の科学と技術」を始め,図書館関係の専門雑誌を読むのは,悪くないですし,時間に余裕があればどんどん目を通しましょう。
ただ,資料組織概説を履修中の人がいきなり読んでも,ちょっと難しいんじゃないかな,という気がします。
こういった専門誌に載っている論文や記事は,それぞれの著者が各々の問題意識をしっかり持って,その上で書かれていますので,なにが問題なのかというポイントをきちんとつかんで読まないと,結局何が言いたかったのか今ひとつ分からない,ということにもなります。
そして,一つ一つの記事や論文に見えている問題意識は,通常非常に狭い範囲のものなので,主張していることを図書館全体の問題の中でどう位置づけたらいいのか,最初はなかなかつかめず,自分の意識の中で宙ぶらりんのままになったりします。
全体的な視野を養っていくには,月並みですが,まずは図書で学習することをお薦めします。たとえ時代遅れといわれようとも。

それに,最近の司書課程のテキストは,かなり頻繁に改訂されています。
そんなに「時代遅れ」と言われるほどひどいものは,少なくとも資料組織概説に関しては,ないと思います。
ただ,図書館にきちんと新しいものが入っているかどうか,そちらのほうが問題ですが…
それ以前に,お住まいの地域に公共図書館がなかったり,あっても小さかったりしたら,ちょっと大変ですね。
(一般に,公共図書館の蔵書をみてみると,蔵書数のわりに図書館情報学関係の本は比較的揃っていることが多いのですが…)

長くなってすみません。
最後に,(これだけ書いておいてこんなことを言うのもなんですが)その3。
司書課程なんだから,なるべく自力で探そう!

本題です。

>何かこの課題についてオススメの書籍はありますか?

こういう質問を時々このサイトでみかけますが,なかなか答えるのが難しい質問です。
なぜなら,その先生がどういう文脈(あるいは考え方)のもとにこの課題を出されたかがわからないからです。
「私が自分の授業でこの課題を出すとしたら,この本を薦める」という本はいくつかありますが,それがその先生の考え方と合致するかどうかはわかりません。
その点では,No.1さんの言われる「悲劇」には同意せざるを得ません(なるべく悲劇を生ま...続きを読む

Q【図書館】地域によって図書館のレベルの差に驚いた。 産まれて育ったところの区の図書館はクソショボくて

【図書館】地域によって図書館のレベルの差に驚いた。

産まれて育ったところの区の図書館はクソショボくて、小さいときに図書館に通う児童は頭が良くなると言われていたが区の図書館に置かれている本はショボくて読みたい本がなかった。

区の図書館がショボいだけで、市の図書館に行けば大きくて立派なのかと思ったら市の図書館の蔵書もショボくて読みたい本もなく建物自体も小さかった。

なにをこんな図書館で読みたい本があるんだ?

読みたい本があるのは大きい本屋くらいだった。

で、ふと違う市の図書館に行くことがあった。

置いている本が立派で、図書館で本を盗む人がいるというニュースの意味が分かった。

有名な文学家の全集や仏教徒が書いた書物の現代語訳とかあった。

親鸞が書き残した書の現代語訳とか。

道元の書物の現代語訳とか。

ビックリした。

これがみんなが言ってる図書館なんだと知った。

なんで自分が住んでる市営図書館はしょぼかったんだろう。

◯◯大全集とか置いてなかったぞ。

この差はいったいなんなんでしょう。

そして行った図書館の蔵書は殆どが立派な書物しか置いてなくて、家の近所の区の図書館は人気の小説とか置いてたり客集めしてたけど殆ど数がないので1冊入れて殆ど借りられていて図書館に行く意味すら分からなかった。

ここはなんでこんな凄い書物ばかり蔵書してあるのだろう。

アホみたいな人気小説を10冊買う金で立派な書物を1冊買っていってこんなに差が開いたってことなのか偉大な収集家が亡くなって寄贈されて立派な図書館になったのか。

自分が産まれた市とは比べ物にならないほど貴重な書物が並んでいる。

これなら学校行かずにずっと図書館に入り浸るっていう子が出ても不思議ではない。

この差ってなんだ。すごいぞこの図書館は。

貴重な書物だらけなのでカバンはロッカーに預けて入るらしい。家の図書館は貴重な書物がゼロなのでカバンのまま入ってよかったので差が違いすぎて興奮している。

【図書館】地域によって図書館のレベルの差に驚いた。

産まれて育ったところの区の図書館はクソショボくて、小さいときに図書館に通う児童は頭が良くなると言われていたが区の図書館に置かれている本はショボくて読みたい本がなかった。

区の図書館がショボいだけで、市の図書館に行けば大きくて立派なのかと思ったら市の図書館の蔵書もショボくて読みたい本もなく建物自体も小さかった。

なにをこんな図書館で読みたい本があるんだ?

読みたい本があるのは大きい本屋くらいだった。

で、ふと違う市の図書館...続きを読む

Aベストアンサー

単純に、自治体の財政の差だと思います。

Q図書館に関する事です

逐次刊行物とシリーズものの相違点は何か

Aベストアンサー

いちおう、学校で図書館に関して学んでいる者です。
ただ、専門ではないので答えに自信はありません(^^

逐次刊行物とシリーズ物の相違点ということですが、レポートでしょうか?
まぁ、参考になる程度に書いておきます。

逐次刊行物というのは、逐次=定期的に刊行されるもののことで、雑誌(月刊や週刊、季刊誌)などを指します。
シリーズものは「叢書」と呼ばれていて(ちょっと不確かですが)、定期的に刊行していなくても、シリーズとしてまとめられていればよかったはず。

レポートなら、ここで聞いたことを写すだけではなく、かならず文献を当たってください。#1の方も書いてらっしゃるように、日本目録規則に書いてあります。また、なかなかてに入らないとは思いますが、「図書館情報学ハンドブック」にも用語別の解説がありますので、図書館で探してみてください。
用語の意味を調べたいなら、ネット検索も有効ですから、がんばって調べてくださいね。

あ、後、人に質問やお願いをするときはもう少し丁寧に書かないと(聞かないと)知っている人でも教えてくれなかったりするとおもうので、損をしないためにももう少し気をつけるといいと思いますよ(^^;

いちおう、学校で図書館に関して学んでいる者です。
ただ、専門ではないので答えに自信はありません(^^

逐次刊行物とシリーズ物の相違点ということですが、レポートでしょうか?
まぁ、参考になる程度に書いておきます。

逐次刊行物というのは、逐次=定期的に刊行されるもののことで、雑誌(月刊や週刊、季刊誌)などを指します。
シリーズものは「叢書」と呼ばれていて(ちょっと不確かですが)、定期的に刊行していなくても、シリーズとしてまとめられていればよかったはず。

レポートなら、ここ...続きを読む

Q2007年度新設図書館は?

仕事で、新設図書館の設置状況を調べているのですが、どのようにすれば、わかるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

図書館のレフレンスコーナーで相談されましたでしょうか?
 資料を探す手伝いをし、必要なら取り寄せる仕事をするのは司書の重要な業務の一つです。まともな司書なら、図書館情報学の素養のない人が見て回ったり、検索しただけでは見落とすような本や資料を的確に探してくれるはずです。
 レファレンス窓口でどれだけのことをしてくれるかは、「レファレンス協同データベース」
​http://crd.ndl.go.jp/jp/public/​
などを見ればいいかと思います。
 もっとも、司書資格すら持っていない図書館員も多いですから、あたりはずれもあります。そのことを割り引いても一度聞いてみる価値はあると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報