『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ヨガって痩せますか?

A 回答 (3件)

ヨガは有酸素運動です。


有酸素運動とは、酸素を使って脂肪を燃焼するといった働きがあります。
つまり回答として痩せますね。

他の有酸素運動は・・・ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳、トランポリン、ピラティス、フラフープ...さまざまあります。
そしてヨガは、女性の身体のラインを、美しく見せてくれるというヨガ特有の利点があります。
でも無理に身体の筋を伸ばそうとはしないで下さい。怪我の要因です。徐々にやっていって下さい。

最も痩せる事ができると、科学的に証明されている公式があります。
それがヨガなどなどの有酸素運動の前に、筋力トレーニング(呼称‐筋トレ)をやる事です。

筋トレで、成長ホルモンとアドレナリンがより分泌されます。
           ↓
そのより分泌された成長ホルモンとアドレナリンが、体脂肪の分解に重要な役割を果たします。
           ↓
そして次に有酸素運動(ヨガなどなど)によって酸素を使って脂肪をより燃焼してくれるというサイクルですね。
           ↓
それが【筋トレ】→【ヨガなどなどの有酸素運動】の順番です。
(でも、この公式は魔法の杖ではないですので...ただ痩せる事を、チョッと手助けをしてくれる公式だと思っていて下さい)
ですから、例えば筋トレで腹筋3回で、ヨガ3分をやります。
確かに筋トレ→有酸素運動ですけど、痩せないと思います。
今後、数を増やす事になる事を期待したいですね。

後ヨガの利点は、今まで伸ばしたことのない筋肉や筋を伸ばしてくれますから...
言葉での表現が難しいのですが【タコのような柔軟性】に気づかさせてくれます。
そのタコのような柔軟性が、さまざまな怪我の予防に役立つんですよ(もちろんヨガ自体も怪我の予防に役立ちます)
名前のようにクネ・クネ・クネ...とタコのように動ける身体です。
自分の部屋で一人でないと、恥ずかしくてできない動きでもありますね。
どのような体操にも適用して下さい。
(慣れた時に一度やってみて下さい)

筋トレとか、ヨガとかの運動する前にはウォーミングアップで軽く体操やストレッチを無理なくやって怪我の予防をして下さい。
そして運動が終わったらクールダウンといいまして、運動後のストレッチや体操を無理なくやって下さい。
そうしますとクールダウンでは、疲労物質の悪玉親分の乳酸を洗い流してくれるという利点がありますね。
つまり健康の身体をいつも維持できる利点が、ウォーミングアップとクールダウンにはあるんですよね(^。^)y-.。o○
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
筋トレとヨガですね。
うまく組み合わせてやってみます

お礼日時:2019/01/17 08:20

ヨガにはさまざまなポーズがありますが、それらのポーズをしたからといって痩せるわけはないです。



脂肪を減らさなければ痩せません。
ヨガをするだけで脂肪が減る、などということはないです。
食事のコントロールが必要です。

ジョギングや水泳をすると痩せる、とはいいません。
それと同じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ヨガだけでは痩せないんですね。
うまく組み合わせてやってみようと思います

お礼日時:2019/01/17 08:18

鶴ちゃんを見ればわかると思う。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
片岡鶴太郎さんですか?

お礼日時:2019/01/16 23:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペットボトルを簡単に早く乾かす方法をおしえてください

ペットボトルを簡単に早く乾かす方法をおしえてください

Aベストアンサー

何度も振って水気をよく切り、
ドライヤーの冷風などで空気の流れをつくってやると早く乾きます

ホースとか使って底のほうから外に向かう空気の流れを作るといいのですが

Q運動をする時、(ダイエット含め) 早歩きで30分2キロ歩くのと 遅く歩いて2キロ満たなくても1時間み

運動をする時、(ダイエット含め)
早歩きで30分2キロ歩くのと
遅く歩いて2キロ満たなくても1時間みっちり
歩くのでは、どちらが効果的でしょうか?

Aベストアンサー

有酸素運動のウォーキングは、酸素を使って体脂肪を燃焼してくれる利点があります。
そのウォーキングというのは、【ウォーキング】と、カタカナでカッコ良いように聞こえたりしますけど...

要は、例えば隣近所の友達と、家の近くの道をリラックスしながらペチャクチャしゃべりながら、
楽しみながら歩いている時の方が脂肪は燃焼しやすいんですよね。
ですので楽な気持ちで、遅くあるきながら2キロ満たさなくても1時間みっちり歩く方が体脂肪の燃焼には効果的です。

そこを逆に早歩きで30分2キロですと、
この早歩きというのは、筋肉を使おうと力みます。
筋肉を使おうとしますと、有酸素性運動ではなく無酸素性運動に早変わりしますね。
つまり糖質・脂質を原料にしてスピードとパワーの筋肉を作ろうとします。
そうしますと体重を減らすダイエットには不向きです。
でも足腰は筋肉で締まりますけどね。

ジョギングも有酸素運動で遅筋線維という筋肉群を活用です。
そのジョギングは、ゆっ~くり外の景色を楽しみながらの走り方です。

でも競い合うマラソンになりますと、筋肉をフルに活用ですので無酸素性運動で速筋線維という筋肉群の活用です。
(マラソンですから遅筋線維の持久性の筋肉群も活用してます)
そうしますと、筋肉が作られスピード・パワーの走りに適用です。
ですので女性のオリンピックの選手は、細いではなく足が筋肉で締っているんですよ(^_-)

ですので回答は...
・筋肉を多少なりともつけて締った足にしたいというなら早歩きで30分2キロですね。
・痩せたいという事だけを考えるなら遅く歩いて2キロ満たなくても1時間みっちり
歩くのがいいですね。

またその日の気分で、どっちかにするのもいいですよ。
無酸素性運動(筋肉が白色)+有酸素性運動(筋肉が赤色)が合わさった筋肉のピンク筋(白色+赤色のフィフティ・フィフティ)の活用です。
つまり水陸両用ですね(^。^)y-.。o○ 
でも疲れた日は、必ず休養日にして下さいな。

有酸素運動のウォーキングは、酸素を使って体脂肪を燃焼してくれる利点があります。
そのウォーキングというのは、【ウォーキング】と、カタカナでカッコ良いように聞こえたりしますけど...

要は、例えば隣近所の友達と、家の近くの道をリラックスしながらペチャクチャしゃべりながら、
楽しみながら歩いている時の方が脂肪は燃焼しやすいんですよね。
ですので楽な気持ちで、遅くあるきながら2キロ満たさなくても1時間みっちり歩く方が体脂肪の燃焼には効果的です。

そこを逆に早歩きで30分2キロですと、
この...続きを読む

Q165㎝、55.6kgの高校一年女子です。 私は現在ダイエットをしていて、目標50kgなのですが、5

165㎝、55.6kgの高校一年女子です。
私は現在ダイエットをしていて、目標50kgなのですが、50キロまで落として筋トレなどをするか、今しているダイエットにプラスして筋トレをしながらダイエットをするかどちらがいいと思いますか?
筋トレといっても腹筋ぐらいですが、、

Aベストアンサー

ダイエットにプラスして筋トレをした方がいいですよ。
筋トレをしますと、成長ホルモンが分泌が強まります。
その成長ホルモンが、体脂肪を分解してくれますので、体脂肪の消費には効率がいいですね。

でも、そこをまた細かくいうと筋トレをした後に、有酸素運動(ウォーキング・ジョギング・なわとび・ヨガ・サイクリング...)がいいですよ。
【筋トレ】→【有酸素運動】ですね。
筋トレにより分泌を強める成長ホルモンとアドレナリンがより分解しやすくしますので、次の有酸素運動でより燃焼してくれます。
これは科学的にも証明されていますよ。
ですから回答は、今しているダイエットに、プラスして筋トレをして下さい。
よくをいいますと、【筋トレ】→【有酸素運動】がダイエットには、お得なんですよねぇ(^○^)

自分としては、だんだんと筋トレは、腹筋の他にも初めは1回からでもいいですので入れてもらいたいですね。
それは、女性だからこそ将来の美の為にも、体全体的にバランスのとれた体系づくりを気にしてもらいたいからです。
腹筋だけですと、アンバランスの筋肉状態になりやすいです。
そうしますと怪我の要因もあります。

いちよ自分の体重だけの負荷の筋トレを書いときますね。
参考になればかと思います。
もし「あのグ~のどっかのお兄さんが進めて来たのを、チョッと試しにやってやるかぁ!」の気持ちになりましたらやってみて下さい。
回数と時間は、自由に決めて下さい。

【筋トレ】自体重でのトレーニングです。
●スクワット…足を肩より少し開いて、腰の上げ下ろしです。
●腹筋…仰向けになり、膝は立てて置き、胸の裏側の背中から頭を上に上げ、目線はおへそです。そして胸から頭を上下させます(ゆっくりや、早くや、時たま止まって下さい)
●背筋…仰向けになり、腰を上げます。余裕があれば、片足も上げて下さい(この形で数秒~数分です)
●腕立て伏せ…うつ伏せになって、手を肩より少し開いて床に置き、膝を上げ、体を上下させます。
●首筋トレ…仰向けになり、首だけを上げます。左右上下に動かすといいですよ(この形で数秒~数分です)
●カカトの上げ下ろし…壁に手を置き足の親指に力を7割入れて、他の指に3割力を入れてカカトを上下します。(慣れて来たら片足づつやりますと効果的です)
 (このカカト上げの筋トレは、ねんざの予防にも役立ちますよ)
今日はこれと!これと!にしようという自由な具合でやっても有効ですよ。
疲れたら休養日にして下さいね。
その休養日に、身体の中で筋肉がつくられるんですよねぇ。
※運動する前は、ウォーミングアップ(運動前の準備体操とストレッチ)とクールダウン(運動後のストレッチ体操)もやった方が健康的ですよ(^。^)y-.。o○
(ストレッチは痛いのに無理して伸ばさないで下さい。徐々に柔らかくしていって下さい)

ダイエットにプラスして筋トレをした方がいいですよ。
筋トレをしますと、成長ホルモンが分泌が強まります。
その成長ホルモンが、体脂肪を分解してくれますので、体脂肪の消費には効率がいいですね。

でも、そこをまた細かくいうと筋トレをした後に、有酸素運動(ウォーキング・ジョギング・なわとび・ヨガ・サイクリング...)がいいですよ。
【筋トレ】→【有酸素運動】ですね。
筋トレにより分泌を強める成長ホルモンとアドレナリンがより分解しやすくしますので、次の有酸素運動でより燃焼してくれます。
これ...続きを読む

Q身長が153cmしかないのに46kgもあります。これはデブですか?

身長が153cmしかないのに46kgもあります。これはデブですか?

Aベストアンサー

写真もなしに外見で判断するデブかガリかの判断なんてできなくないですか?

Qなわとび100回→ウォーキング20分→なわとび100回の方法を時間ある時に、行っていますが、 少しで

なわとび100回→ウォーキング20分→なわとび100回の方法を時間ある時に、行っていますが、
少しでも効率よく脂肪、燃やせますか?

Aベストアンサー

なわとびとウォーキングは、有酸素運動です。
有酸素運動とは・・・体脂肪を酸素を使って燃焼してくれます。
確かに効率よく脂肪を燃やしてくれそうなんですけど、
チョッとだけ、そこにワナがあります。

燃やす、つまり燃焼というのは脂質や糖質の体脂肪で、分解されているものが、燃焼されます。
そして、その分解は自然に生きている以上少しながらでも人間の身体は体脂肪を分解しています。
その自然に少しづつ分解している分を、ウォーキングとなわとびをプラスした凄まじい燃焼効果で燃焼しようとしていたという事が、今までだったんですね。

つまり分解されたまだ少ない体脂肪を、ウォーキングとなわとびでイッパイに燃焼しようとしてます。
どうしても分解した脂質・糖質が少ない分、十分に燃焼できなく空回りしてしまいますね。

そこで効率よく脂質と糖質の体脂肪を、分解→燃焼できる方法を聞いて下さい。
【筋力トレーニング(呼称‐筋トレ)】→【有酸素運動(なわとび、ウォーキングなどなど)】のやり方です。
筋トレで体脂肪を、より分解して、有酸素運動でその分解された体脂肪を、より燃焼するといった具合ですね(^.^)/~~~

★その筋トレとは・・・
●スクワット…足を肩より少し開いて、腰の上げ下ろしです。
●腹筋…仰向けになり、膝は立てて置き、胸の裏側の背中から頭を上に上げ、目線はおへそです。そして胸から頭を上下させます(ゆっくりや、早くや、時たま止まって下さい)
●背筋…仰向けになり、腰を上げます。余裕があれば、片足も上げて下さい(この形で数秒~数分です)
●腕立て伏せ…うつ伏せになって、手を肩より少し開いて床に置き、膝を上げ、体を上下させます。
●首筋トレ…仰向けになり、首だけを上げます。左右上下に動かすといいですよ(この形で数秒~数分です)
●カカトの上げ下ろし…壁に手を置き足の親指に力を7割入れて、他の指に3割力を入れてカカトを上下します。(慣れて来たら片足づつやりますと効果的です)
 (このカカト上げの筋トレは、ねんざの予防にも役立ちますよ)

こういうやり方がありますよ。
一番痩せたい所の筋トレを選んで、
例えば「今日は腹筋と首筋トレの2つやろうかなぁ~(^_^)/~」と選びながらやると面白く飽きがこないと思いますね。
たまに「全部やろう!(^◇^)」と余裕を見せるのもお得ですね。

臨機応変に楽な気持ちで楽しみながらやる事が、長続きさせるコツです!
それに毎日はやらなく、疲れた日は休養日にして下さい。
その休養日に、身体の中でダイエットには欠かせない筋肉がつくられるんですよねぇ(回数と時間は、自分に合うように決めて下さい)

★その有酸素運動とは・・・
【有酸素運動類】
●ウォーキング
●ジョギング
●自転車
●なわとび
●エアロビクス
●水泳
●ヨガ(ヨガとピラティスは、図書館とか本屋に専用の参考書があります)
●ピラティス
●フラフープ
●ステッパー (道具が必要です)
●エアロバイク(道具が必要です)
●踏み台昇降 (道具が必要です)
●トランポリン(道具が必要です)・・・等々です。
ヨガとピラティスが、女性の身体をラインを美しく整えてくれそうでおススメしたいですね。
この有酸素運動も「今日は、ウォーキングやろう」とか「今日は、ヨガをやろう」とか、その日の気分で色いろ選べますよ。

でも無理は禁物です。無理しますと怪我の恐れがありますからね。
※運動する前は、ウォーミングアップ(運動前の準備体操とストレッチ)とクールダウン(運動後のストレッチ体操)もやった方が身体が健康的になりますよ。
(ストレッチは痛いのに無理して伸ばさないで下さい。徐々に柔らかくしていって下さい)

なわとびとウォーキングは、有酸素運動です。
有酸素運動とは・・・体脂肪を酸素を使って燃焼してくれます。
確かに効率よく脂肪を燃やしてくれそうなんですけど、
チョッとだけ、そこにワナがあります。

燃やす、つまり燃焼というのは脂質や糖質の体脂肪で、分解されているものが、燃焼されます。
そして、その分解は自然に生きている以上少しながらでも人間の身体は体脂肪を分解しています。
その自然に少しづつ分解している分を、ウォーキングとなわとびをプラスした凄まじい燃焼効果で燃焼しようとしていたと...続きを読む

Qウォーキングは疲れないと効果がないでしょうか?

今年の9月頭から週に2〜4回、1回1〜4時間ほど、日によって違いますが大体週3の2時間程度ウォーキングしてます。
普段あまり運動はしませんが、もともと健脚なので?、どれだけ歩いても歩いた〜という実感とか疲労は感じず、生来筋肉痛にもあまりなりません。

ウォーキング中、体温が上がって身体がじわじわ熱くなる感じはあり、
ウォーキング始めてから(普段の体温)低体温が平熱まで上がり、寝付きの悪さが治ったくらいしか体感はありません。

でも、こういう運動って疲れないと(あまり普段使わない筋肉を動かしてないということで)効果ないんでしょうか?
いつもより早歩き大股を心がけてウォーキングしてましたが、もう少しペースを上げるべきでしょうか?

Aベストアンサー

効果というのはダイエット効果のことでしょうか? それとも一般的な健康効果でしょうか? いずれにしても、それだけ歩けば効果がありますよ。実際、体温が上がるのを感じているんでしょう? それが代謝の上がった証拠です。それとも、何か他にも期待しているんですか? もし、ダイエットをしているということなら、身長と体重を教えてください。

ウォーキングで満足できないなら、階段昇降を勧めます。近所に神社仏閣などの長い階段があれば、それを何回か往復するといいです。全身の筋肉がバランスよく鍛えられます。

Q筋トレを始めようと思ってます。一番運動に適した時間とはいつですか? また、オススメの筋トレがあれば教

筋トレを始めようと思ってます。一番運動に適した時間とはいつですか?

また、オススメの筋トレがあれば教えてください

Aベストアンサー

一般的には夕方がベストと言われてますけど、早々時間を作れるタイミングでもないので、悩ましいところです。
少なくとも寝起きすぐや、空腹時、食後すぐなどはやめておきましょう、食後は2~3時間空けたほうがいいと言われています。
寝る前だと寝付きが悪くなったりするので、それにも気をつけましょう。

筋トレはどこか一箇所を鍛えればいいと言うものではありません、アンバランスな体型になりますし、全体を鍛えるよう色々な動きを取り入れましょう。
どこの筋肉を使って、何を鍛えているのかを意識しながらするのが良いです。
筋肉を付けるための栄養補給もきちんと摂取しましょう。

個人的にはスクワット、それもブルガリアンスクワットなどが良いんじゃないかと思います。
腿から尻にかけての筋肉は非常に大きい場所なので、ダイエットなどには効果的ですし、ヒップアップも望めますからね
https://toremo.jp/archives/5385

Q毎年マラソンを走っているおっちゃんです。年のせいか?代謝が悪くお腹回りの脂肪が落ちません。代謝を上げ

毎年マラソンを走っているおっちゃんです。年のせいか?代謝が悪くお腹回りの脂肪が落ちません。代謝を上げる方法があれば誰か教えてください。

Aベストアンサー

年のせいもあると思いますが、マラソンをずっと続けているのもありますね。

マラソンを走るには、エネルギーを節約して走れる燃費の良いカラダが好都合です。がんがん脂肪が燃える体ではすぐエネルギーが枯渇してしまい、長時間の持久運動は大変です。そのためジョギングやマラソンなどを日課にしている人は、代謝が下がり、脂肪が落ちにくくてため込みやすい省エネな体へと適応していきます。

↓有酸素運動で代謝が低下していく事ついて、こちらに詳しい解説があります。

●有酸素運動で減量した人が“リバウンドしやすい”のは科学的な理由があった
https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/15/040200001/072700033/

●有酸素運動は筋肉減らす、筋肉の常識
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO81101440Z11C14A2000000?channel=DF260120166503

↓質問者さんと同じような体験談のブログを見つけたので併せて紹介しておきます。

●走れば走るほど痩せにくくなる!! 〜「ランニングでダイエット」の罠
https://www.ttcbn.net/bodynmental/83318

マラソンでは強い筋力は不要ですし、筋肉は重くて持久運動の妨げになります。そのため、軽くてエネルギー源になる脂肪はよく溜め、重くて邪魔な筋肉は減っていき、付きにくくなるわけです。特に、毎日走っていたり、1時間以上有酸素運動を続けていたりすると、その影響は顕著です。マラソンが趣味であればしかたのないことですが、上記は頭の隅にでも入れておいてください。


一方、強度の高い無酸素運動いわゆる筋トレでは脂肪の代謝が上がります。

GH(成長ホルモン)と言って脂肪を強力に分解するホルモンがあります。これは脳下垂体前葉から分泌されるのですが、20代半ばからどんどん分泌量が低下します。そのため30歳ぐらいから、生活習慣を変えなくても脂肪の分解が進まず、どんどん脂肪は付きやすくなっていきます。しかし、筋肉に強い負荷をかけるトレーニングをすると、トレーニング直後から成長ホルモンの分泌量が亢進し、安静時の脂質代謝が飛躍的に上がります。10代以上に成長ホルモンの分泌量は上がりますし、数時間、長くて48時間後まで脂質の代謝が上がったという話もあります。

また、成長ホルモンだけでなく、強度の高い運動にはEPOCという反応もあります。
EPOCというのは、運動を終えた後もエネルギー消費が高い状態が持続する効果のことで、ウェイトトレや激しいHIITなどをおこなったあとは、運動後16時間にわたってエネルギー消費が高い状態が続いたというデータもあるそうです。

筋トレをすると、この2つの効果で脂肪が燃えていきます。
ただし、筋トレと言ってもある程度の決まりがあります。

1.10RM(約10回程度しか反復できない負荷で)3セット以上。
2.セット間のインターバルは短めにする。30秒~1分。セット間3分以上休むと代謝を上げる効果は著しく低下する。
3.下半身、胸、背中等の大筋群の種目を中心に行う。

単純にウェイトトレーニングのことです。一般的に筋トレと言われている、自重での腕立て伏せや腹筋やスクワットでは、とくに1の条件を満たせないため、あまり効果がありません。

12年間にわたって10,500人の被験者を追跡した2015年のハーバード大学の研究でも、ウエイトトレーニングを行った人々が有酸素運動のみを行った人々の2倍の腹部脂肪を落とす結果となったと紹介されています。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/oby.20949

残念なのは、この記事を日本で紹介しているサイトはどこもウェイトトレーニングを「筋トレ」と訳してしまっていること。たしかに筋トレですが、筋トレの要件は筋肉に重い負荷をかけることなのに、「簡単なスクワットを毎日やりましょう」なんて効果の無さそうな結論で終わっているサイトが多いです。
自重でも多少の効果はありますが、適切に荷重した場合とそうでない場合では、効果にだいぶ大きな差があるので注意してください。ジム行ってマシンやバーベルを活用したほうが脂肪が落ちる効果は劇的です。


筋トレ以外に、HIITでも脂肪は良く落ちます。

WORKOUT.SCIENCE
https://workout-science.com/hiit/

HIITとは、強度の高い有酸素運動です。ランニングでもHIITはできますので、マラソンをしていたのであればスムーズに挑戦できると思います。ジムで筋トレする時間が無いようなら、まずはこちらから試してみると良いと思います。特に決まったやり方が明らかになっていないため、いくつかサイトを参考にして自分に合ったペースを見つけると良いと思います。

HIITのやり方 | 全力ダッシュで持久力・ダイエットに効果あり!
https://eageful.com/hiit/

NAVER 1回20分でジョギング4時間相当!?HIITトレーニングとは?
https://matome.naver.jp/odai/2141044085380680601

ランナーズNEXT インターバルトレーニングで得られる効果
https://goo.gl/kyehb8

ただ、たくさんマラソンのみをやってきたとしたら、特に上半身の筋肉量が低下していると思われますので、ジムに行くか自宅にダンベル等を調達して筋トレも行なうことをお勧めします。

ちなみに食事制限も脂肪を落とす基本ですが、どんな方法であれ、痩せると脂肪だけでなく、筋肉も分解されて減っていきます。体重がたくさん落ちても、大部分が筋肉の減少で脂肪は僅かしか減っていないのが普通です。普通はそれほど体脂肪率は下がりません。お腹もあまり引っ込みません。唯一、ウェイトトレなどの強度の高いトレーニングをダイエットと並行して行った場合は、筋肉から分解されたアミノ酸を再度筋肉に同化させる作用が生まれるため、筋肉を落とさず脂肪だけを優位に落としていく事ができます。


筋トレ、インターバルトレーニング、いずれにしても脂肪は「短時間しかできない強度の高い激しい」運動ほどよく落ちます。30年ぐらい前までは、軽い有酸素運動を長時間行うことが脂肪燃焼に効果的だと言われていましたが、現在はそれは全く逆効果であることが科学的にも明らかになっています。散歩やウォーキングで代謝が上がったりなどしません。

年のせいもあると思いますが、マラソンをずっと続けているのもありますね。

マラソンを走るには、エネルギーを節約して走れる燃費の良いカラダが好都合です。がんがん脂肪が燃える体ではすぐエネルギーが枯渇してしまい、長時間の持久運動は大変です。そのためジョギングやマラソンなどを日課にしている人は、代謝が下がり、脂肪が落ちにくくてため込みやすい省エネな体へと適応していきます。

↓有酸素運動で代謝が低下していく事ついて、こちらに詳しい解説があります。

●有酸素運動で減量した人が“リバウンド...続きを読む

Q私はお腹に脂肪が優先的に付いてしまいます。体脂肪を余り落としたくないのですが、お腹周りの脂肪を落とし

私はお腹に脂肪が優先的に付いてしまいます。体脂肪を余り落としたくないのですが、お腹周りの脂肪を落としたいです。志望燃焼をお腹周りに集中させる方法を教えて下さい

Aベストアンサー

事情お察ししますが、脂肪に部分痩せはなく、全身から徐々に落ちます。腹筋してもそこだけ脂肪が落ちるわけではありませんが、もし腹筋がたるんでいるなら、見た目は良くなるかもしれません。
 幸運をお祈りします。

Q43歳 身長157センチ 67キロです デブすぎます。 本気で痩せたいです。 長続きするダイエット方

43歳
身長157センチ
67キロです
デブすぎます。

本気で痩せたいです。
長続きするダイエット方法を教えてください

Aベストアンサー

貴女の身長からすると51kgから52kgが適正体重ですね。

この体重に30を掛けたのが、貴女の1日の摂取Calです。

51×30Cal=1530cal

この1530Calが貴女の1日に取るべきCalです。

この1530を3食で割ると一食で510calになります。

マヨネーズ大さじ一杯のCalは100calです。

カップラーメンとかには、Calが記載してありますから、、、。

私の知人は、身長158cmで85kgありました。

ご主人が1年の海外出張の間に、なんと52kgに変身しました。

空港に出迎えに行った時、ご主人は奥さんに気がつかなかったそうです。笑

その減量方法は、運動。

自転車で痩せたそうです。

どこに行くにも自転車。車には一切、乗らなかったそうです。

1年経った頃には、50kmも自転車で行動してたそうです。

自転車だとガソリン代も掛からず節約にもなったとか。

買い物、子供の学校、舅姑への顔見せ等々。

とにかく、すべて自転車。

やはり、痩せるには「運動」ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング