人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ひょっとこってどこの人ですか?

A 回答 (3件)

「ひょうきんな男」として日本中に登場するようです。

#2 さんのとおり、口をすぼめて「ふー、ふー」と吹いて火勢を強めようという表情の「火男(ひおとこ)」がおおもとと言われています。

これに対応する女性が、「おかめ」「おたふく」です。

↓ ひょっとこ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%82%87 …

↓ おかめ、おたふく
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8B …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
おかめとおたふくも教えてくれてありがとうございます

お礼日時:2019/02/04 23:49

日本人です



ひょっとこというのは、「火男」と書き、火を起こすために口で吹いている顔です
火男→ひょっとこ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

火男は初耳でした!
回答ありがとうございます

お礼日時:2019/02/04 23:49

日本

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2019/02/04 23:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

ヒトラーはユダヤ人を迫害したのは一体何故でしょうか。

Aベストアンサー

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂が広まってそれを信じた住民が暴走してユダヤ人を虐殺する事件なども起きました。もともと、ヨーロッパ世界ではユダヤ人を迫害する土壌があり、その理由はイエスを殺したからです。


彼らからすると、ユダヤ人は親の仇なのでしょう。
秀吉は、カトリックを「日本人を奴隷として売ったり、他の宗教を攻撃したから」と言う理由で、カトリックを迫害しましたが、ヨーロッパ世界のユダヤ人の迫害は、「イエスを殺したから」というものです。
日本人には理解できないとは思います。

前者の場合は、カトリック自身が奴隷売買や他の宗教への攻撃を止めれば、カトリックの弾圧も停止すると言う政策も可能ですが、後者の場合はその様な解決は成り立ちません。




その様に、当時のヨーロッパ社会は非常に深刻なユダヤ人への迫害の土壌が存在しました。

ドイツも当然その様な土壌が存在し、ヒトラーはそれを利用して求心力を高めたのかもしれませんが、実際のところは、ヒトラーのみぞ知る事です。

ヒトラー自身がユダヤ人を迫害する理由は諸説ありまして、例えば、幼い頃に取り立てに来たユダヤ人の金貸しが意地悪でそいつを憎んでいたからとかいろいろあります。


ただ、もともとヨーロッパ社会はユダヤ人を迫害する歴史を歩んでいます。これは元々は、イエスを殺したのがユダヤ人だからという理由になります。

十字軍の時代でも、特に理由はないが景気付けにユダヤ人を虐殺したり、血の中傷といって、「ユダヤ教徒がキリスト教徒の子どもを拉致誘拐し、その生き血を祝祭の儀式のために用いている」という噂...続きを読む

Q日本軍が中国国民党軍を追いかけ南京で虐殺を起こす。これは日本国が認めているのに、無関係の中国八路軍(

日本軍が中国国民党軍を追いかけ南京で虐殺を起こす。これは日本国が認めているのに、無関係の中国八路軍(中国赤軍)と支持者の子供が靖国神社放火て、放火は重罪て知らないの?

Aベストアンサー

戦争というのはどちらも都合の良い解釈をしますが事実を冷静に見れば解る事です。
しかし、21世紀に放火が正しいという国は無いと思います。
国内法に従って裁けばよい事です。どこの国にも変なのが居る。

Qなぜ戦後の日本人はGHQを疑わなかったのか?

日本は第二次大戦の敗戦後、価値観が180度変わり、旧軍を悪とみなす風潮になったとされています。マスコミも負けた途端言うことがガラッ変わりました。でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは国民も知っていたはずです。だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は素晴らしい!」みたいなことを言っても、「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」と疑ってかかるのが普通だと思います。なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。

Aベストアンサー

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で、国民を洗脳するための陰謀だ。」
と疑ってかかるのが普通だと思います。
なぜ当時の人は疑わずに180度違う価値観を受け入れてしまったのでしょうか。
 ↑
それを受け入れたのが、日本の支配層であり、
指導層だったからです。
多くの国民は、日本は負けたから悪者にされた、なんて
ことは百も承知でした。
そういう意見は総て封殺されたのです。

では、どうして指導層、支配層は受け入れた
のか。

表面だけ従うように見せておき、米国の
影響が無くなったら元に戻そう、と考えて
いたのです。

ところが、GHQが、洗脳工作に、当時盛ん
だった社会主義者を使ったので、彼らが
マスコミなどの要職に就き、
見せかけが本当になってしまいました。


■1945年7月に作成された対日心理作戦報告によれば、占領軍に友好的な
「自由主義者」として、野坂参三、鹿地亘らの共産主義者を挙げて活用した。

マッカーサーの政治顧問付補佐官であったエマーソンの米上院での証言によれば、
野坂らの提唱で設立された日本人民解放連盟の中国での
日本兵捕虜洗脳教育を対日心理戦に利用できると確信し、
WGIPのモデルとなった。

エマーソンは「日本国内の戦争反対分子を励まし、内部崩壊を早める」
よう提言し実行されたが、同証言で「共産主義の目的についての理解がなかった」
と弁明している。

日米合作の太平洋戦争史観とコミンテルン史観との奇妙な癒着が戦後の
「反日」歴史教育の土壌となり、戦後の「反日日本人」のルーツ、温床となった。

でもそれを疑う人っていなかったのでしょうか?
 ↑
勿論おりましたよ。
でも、そうした意見はマスコミが取り上げず
表にでることはありませんでした。
ネットがあれば出たでしょうが。




日本が負けてから政治もメディアも教育も、GHQの統制下にあることは
国民も知っていたはずです。
だからメディアがいくら「日本の軍部はこんなに悪かった!アメリカの民主主義は
素晴らしい!」みたいなことを言っても、
「今のメディアはアメリカに都合の良いことしか言えないよう統制されている。
これは占領政策の一環で...続きを読む

Qこの絵を説明して下さい!

この絵を説明して下さい!

Aベストアンサー

鍋に「バルカン トラブルズ」と書いている様ですね。

1900年初頭のバルカン半島は少数民族がひしめき合って、民族間の対立や列強国の干渉やらで、いつ戦争が起きてヨーロッパ諸国が巻き込まれてもおかしくは無い状態でした。

それで当時のバルカン半島は「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれていました。

その例えで「バルカン」という鍋が蓋を吹っ飛ばす程煮えたぎっているのを、ヨーロッパ列強国が大火傷しない様みんなで蓋を抑え込んでいようと、戦争を避けている情勢を皮肉った風刺画です。

それがサラエボ事件で全てがぶっ飛んでしまい、第一次世界大戦からベルリンの壁の崩壊までの間歴史に長いこと影響がありました。

Qこれって何の印?

こちらの湯呑についている印は、家紋なのでしょうか。
調べてみると上金蓮という名前で、宗派を気にしなくてよいものだそうです。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kumada/10007741.html
これは、家紋なのでしょうか。

Aベストアンサー

蓮の花を金で描いた文様ですね。家紋ではないです。
URLの参照先にあるとおり、仏壇へのお供え用です。宗派は特に問いません。

神道ですとちょっと微妙かな。神棚には合わないでしょう。

Q中国って神が発明されたのに竹の書物を使っていたのですか? 竹と紙の歴史が全くわかりません。

中国って神が発明されたのに竹の書物を使っていたのですか?

竹と紙の歴史が全くわかりません。

Aベストアンサー

その昔、紙を作るのにはとても手間がかかりました。
樹皮や古い布地から取った糸などから繊維を取りだし、すいて紙の形にしていたそうです。
数が少なく貴重な紙は特別な時に使い、送り状などには木簡・竹簡を併用していたのだとか。
木簡は紙より丈夫なので後に残したい内容のものにも使われていました。
下記のような理由もあったそうで…。

>紙が発明されているのになぜすぐ紙の時代にならなかったのか不思議ですが、美しい美術品のような竹簡に比べて紙はなんとも安っぽく、高尚なものを記すにふさわしくないと考えられていたのです。
http://chugokugo-script.net/rekishi/kami.html

日本では紙と木簡が一緒に伝わったはずですが、それでも両方を使っていた時代がありました。
現代の新商品などにも見られることですが、発明品によって一度にすべてが置き換わるのではなく、使い分けがなされることも多いのでしょう。

>日本に文字が入ってきたとき、中国では既に紙が普及しつつあり、紙と木簡・竹簡が併用されていた。日本もそれを踏襲し、比較的短い文書についてだけ木簡を使った。すべての文書に紙を使わなかったのは、当時まだ紙が高価だったためでもあるが、簡単に壊れない木の耐久性を活用した面もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E7%B0%A1

紙木併用
http://hiroba.nabunken.go.jp/home/tenji02_02.html

その昔、紙を作るのにはとても手間がかかりました。
樹皮や古い布地から取った糸などから繊維を取りだし、すいて紙の形にしていたそうです。
数が少なく貴重な紙は特別な時に使い、送り状などには木簡・竹簡を併用していたのだとか。
木簡は紙より丈夫なので後に残したい内容のものにも使われていました。
下記のような理由もあったそうで…。

>紙が発明されているのになぜすぐ紙の時代にならなかったのか不思議ですが、美しい美術品のような竹簡に比べて紙はなんとも安っぽく、高尚なものを記すにふさわしくない...続きを読む

Qヨーロッパで、第二次世界大戦を経験しなかった国を教えてください。

スイスは戦争してませんよね。
後どこの国がありますか。

Aベストアンサー

国家として参戦していないのは
・スウェーデン
・スイス
・スペイン
・アイルランド
・アイスランド
・ポルトガル
(小国は除きます)

但し、スウェーデン、スペインから個人でドイツ軍の義勇兵として参戦している者はいます
最後のベルリン攻防戦でノルウェー人、デンマーク人義勇兵で編制されたドイツの武装親衛隊ノルトラント師団にスウェーデン人義勇兵が参戦していました

スペイン人義勇兵はブラウ(青)師団として東部戦線を戦い抜いてドイツ軍からも高い評価を受けていました

一方、アイルランド人義勇兵がイギリス軍に参戦していました

アイスランドは国として参戦していませんでしたが
ドイツのUボート対策として米軍が国土を占領しました

Q坂本龍馬が、生きていたら、どんな形態の明治政府になっていたでしょう。

坂本龍馬が、生きていたら、どんな形態の明治政府になっていたでしょう。

Aベストアンサー

こんにちは。

彼は行動力の塊のような人物でしたが、政治的な力はありませんでした。
ですので、彼の活躍は歴史上の史実にあった以上の出来事はなかっただろうと考えます。
実際、一体どんなパトロンが背後についていて、あのような活躍ができたかもハッキリと分かっていません。

明治政府は現在の歴史通りの、薩長政治になっていたと思いますよ。
今でも官僚や政治家に高知出身者が一定数いるということが、彼の残した足跡ではないでしょうか。

ではでは(^_^)

Q織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。 今で言うと 代議士の有能な秘書。 身の回りの 職務をこなす

織田信長の小性 森蘭丸は 有名ですが。

今で言うと 代議士の有能な秘書。
身の回りの 職務をこなす 頭のキレる 信頼できる人間。

この時代だと 性の相手になる事も 普通らしく
寧ろ 現代とは 全く 認識も違い。
強く有名な武将の関係を 自慢すらする。

そこで質問

豊臣秀吉の右腕
石田三成も そのような 感じだったのでしょうか??

Aベストアンサー

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、或時、人なき所にて近く召す。日頃男色を好み給はぬに故に、人々皆奇特の思ひをなす。太閤問ひ給ふは、『汝が姉か妹ありや』と。長吉顔色好き故也。
(羽柴長吉は太閤秀吉の小姓で、比類ない美少年であった。太閤は、ある時、長吉を人のいない場所で近くにさし招かれた。常日頃、太閤は男色をお好みではないので、人々はこれを知ってみな珍しいことだと思ったのである。さて太閤が長吉に御問いになった内容はといえば、『お前に姉か妹はいないか?』という事であった。長吉の顔が美しいため姉妹がいればさぞ美人だろうと思ったためである。)

羽柴長吉は池田信輝の三男で、秀吉の近臣として「羽柴」姓を名乗るのを許可された人物です。 秀吉が、美少年を目の前にしながら、本人には興味を持たずその姉妹が美人だろうと考えるあたり、筋金入りの女好きであると共に男色には縁がなかったことを如実に表しています。

後世の伝説として、石田三成と秀吉が愛人関係であったと『石田軍記』には書かれています。 また、織田信忠(信長の嫡子、本能寺の変で横死)と秀吉が男色関係にあったという話がまことしやかに語られていた記録もあります。 当時の武将であれば男色趣味がないはずがない、という通念によるものと思われます。 実際は、豊臣秀吉は男色に興味を持たず女色一筋だった事が良く知られています。 有名な逸話としては、『老人雑話』に、以下のような記載があります。

羽柴長吉は太閤の小姓、比類なき美少年也。太閤、...続きを読む

Q天皇家の家紋は菊の御紋を採用しているのは一体何故でしょうか。 その由来、きっかけを教えて頂け無いでし

天皇家の家紋は菊の御紋を採用しているのは一体何故でしょうか。
その由来、きっかけを教えて頂け無いでしょうか。

Aベストアンサー

コピペ

高潔な美しさが君子に似ているとされ、梅、竹、蘭と共に
四君子とされた。

鎌倉時代には、後鳥羽上皇がことのほか菊を好み、
自らの印として愛用した。

その後、後深草天皇・亀山天皇・後宇多天皇が自らの印として継承し、
慣例のうちに菊花紋、ことに十六八重表菊が皇室の紋として定着した。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング