「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10988196.html

この質問に私も回答したのですが、出された結論に誤りがあるかとも思われます。中学生が質問主だったのですが、私自身間違った回答をしたのかもしれません。その謝罪も兼ねて再度質問いたします。ご自由にご回答下さい。

質問者からの補足コメント

  • 質問した後、いろいろ調べて見ました。
    一つは、庭氏の「日本語文法概論」です。そこでは、「分かる、できる、見える、聞こえる」などは、対象を「が」を使って表す、と言うことがあるようです。
    「答えが分かる」「鉄棒ができる」「星が見える」「音が聞こえる」など可能の意味を含んでいる動詞(自動詞)では「が」を使うわけです。私はこれに「可能動詞」を加えてもいいと思っています。既に知っていたのですが、今回なぜかド忘れしていました。
     もう一つ、動作主は「に(は)」で表すと言うことです。「可能を表す文・受け身文・使役文の中で動作をする主体(=動作主)を表す。」(「日本語教師のページ」より)
     参考に、古い過去の質問を印します。「浅田真央にトリプル・アクセルが跳べるか」
    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10988196.html

      補足日時:2019/02/22 20:09
  • (私には)教会の時計台が見えた。と書かれた angkor_hさん。熱心に回答を続けられた hakobuluさん。その他の方か、舞いましたが、ご苦労様という意味を込めて、B・Aを差し上げます。ご了承ください。

      補足日時:2019/02/22 20:28

A 回答 (12件中1~10件)

>「見える」の動作主体は何でしょう。


動作主対などを持ち込めない動詞があるということではないでしょうか。「見える」は単にそうである/そう感得するという意味の動詞です。主体をむしろ排除する動詞で、この意味では、すでに動詞ではなく as if のようなもっと下位の品詞とも見られます。これに対し「見る」は主語に拘る、つまり主語を明確にすること無しには成り立たない動詞です。
区別が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。

お礼日時:2019/02/22 20:32

見える、可能ととらえても、二通りあるのでは?。


何の工夫も、何等かのしぐさの必用もなく目が開いてさえいれば見える(見ることが可能)。
隙間から除けば・・・等、何らかの工夫、しぐさをすれば見ることができる(見ることが可能)。
質問が「教会の時計台が見える」と限定なのに
私は教会の時計台が見える、ならば、ここからなら教会の時計台が見える、で考えることも否定できないはず。
個人的に感じるのは「は」主題の提示・・ということですが、限定の意味でも使われます、限定が強調に使われることも多いのでは。
主語だから、強調されて当然、これを逆に考えて、強調されているのが当然主語、と錯覚(私に言わせれば)しただけ?。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。

お礼日時:2019/02/22 20:32

#9です。



>元の質問の中心である「主語」のことです。

可能用法と考えた場合は、『私は教会の時計台が見える。』だと思います。
もっとも、

『私は目が良いので、夜でも 教会の時計台が見える。』

という文を「見ることができる」という能力可能の意味に解釈できると考えた場合ですけどね。
大辞泉の語釈、
2 見ることができる。「猫は暗やみでも―・える」
を素直にと言いますか単純に信じるとそうなるかと。
    • good
    • 0

#5です。



>だとすればこの「時計台が見える」はどういう構造になっているのでしょうか。

「時計台を見ることができる」だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

元の質問の中心である「主語」のことです。

お礼日時:2019/02/22 14:33

#5です。



>だとすればこの「時計台が見える」はどういう構造になっているのでしょうか。

「時計台を見ることができる」だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。

お礼日時:2019/02/22 20:32

>教会の時計台が見える


この文、につでしょう、表現されている内容で、主語になりえる可能性があるものは「教会」「時計台」「見える」だけですよ。
私が「教会の時計台が見える」というと・・・・、なんて余分な内容くっつければ、主語は変わりますよ。
相手は中学生、あなたの主張たぶん半分も理解できないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座いました。

お礼日時:2019/02/22 20:32

英語でも、you look healthy あなたは健康そうに見える。

という表現があります。look の主語は you, I のどちらでしょか。当然 you です。
英語では同じ look で両意を表せますが、日本語の場合、見る、見える、は全く異なる動詞であることを意識する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおり、「見る」と「見える」がちがいますね。「時計台を見る」は問題ないが、「時計台が見える」が分かりにくいのですね。「見る」の主格(動作主体とでも考えましょうか)は何を持ってきても(普通は目を持つもの)通用しますが、「見える」の動作主体は何でしょう。

お礼日時:2019/02/22 14:09

#3です。



>、2の用法では主格が「私」になる、とすれば「時計台が」の「が」は何でしょうか。

「見える」という能力の対象でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

だとすればこの「時計台が見える」はどういう構造になっているのでしょうか。

お礼日時:2019/02/22 12:22

>>ご回答ありがとう御座いました。

どうして主語が書かれていないのでしょう。

英語と違って、日本語の場合、話の前後で主語が解る場合には、主語を書きません。
昔からの日本文化で有って、そういう物では有りませんか?。
    • good
    • 0

わたしも若干曖昧性を残したまま回答しました。


少し切り口を変えて考えてみたいと思いますが、『教会の時計台が見える。』には2通りの解釈があるという考えに変わりはありません。

大辞泉を確認すると以下のようになっている。
「見える」
1 目に映る。目で確認できる。「今夜は星も―・えない」
2 見ることができる。「猫は暗やみでも―・える」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/210883/meaning/m

1は【自発的用法】ではないかと思います。
『屋上に上がれば、(自動的に)教会の時計台が見える。』
「自動的に見える(目に映る)」主体は「教会の時計台」でしょう。
「山頂で夜空を見上げれば満点の星が見える」も同様。

※【自発的用法】とは、自動的な動作を表わす語に適用する用法。たとえば、
「流れる」

㋐液体がある方向へ道筋をなすように移動する。「川が―・れる」
㋑水滴などが筋となって伝わり落ちる。「汗が―・れる」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/163538/meaning/m …
といった言葉と同じような用法とお考えください。
「自然に~する」「自動的に~する」といったニュアンス。
「自発用法」と言ってしまうと、問題がややこしくなるので、「的」を付けてこのように表現しておきます。

2は【可能用法】と思います。(可能動詞ではなく)
『私は目が良いので、夜でも 教会の時計台が見える。』
「見ることができる」という能力可能の意味。
むろん、主語は「私」です。
「猫は暗やみでも魚が見える」の主語が、「魚」ではなく「猫」であるのと同様。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、「見ゆ」という後が成立したときの「ゆ」は「ゆ・らゆ」の「ゆ」(後の「る・らる」であり、「れる・られると同じく、自発・可能・受身・尊敬の意味は持っていたと考えられます。(古い時代に「尊敬」としてつかったか どうかは不明)ただ、1の用法をでは、主格は「川」や「汗」となりますが、2の用法では主格が「私」になる、とすれば「時計台が」の「が」は何でしょうか。この辺に答えがありそうな気がします。

お礼日時:2019/02/21 20:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。 『私は教会の時

『教会の時計台が見える。』という文、主語は『時計台が』らしいのですが何故でしょうか。

『私は教会の時計台が見える』のように、『見える』のは『私』などの人?であって、時計台は見られる方なのでは?と思ってしまいます。

中学2年生レベルで解説お願いします。

Aベストアンサー

学校の国文法では、
『教会の時計台が見える』の主語は『教会の時計台』
と教えられます。
ちなみに『私は教会の時計台が見える』は間違いで『私には教会の時計台が見える』が正しい文です。『私には』は『見える』の修飾語であり、主語ではありません。

Qこの写真の「令」は間違いでは?

写真の「令」の縦棒の最後が、どう見てもハネ上がっているように見えますが、止めるのではなかったでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

新聞には、「縦棒」の最後は「止め」でも「ハネ」でも良いと書いてありましたよ。

Q【が】についての質問です。 外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。 ☆質

【が】についての質問です。
外国人の友人からこのような質問があり、答えられずに悩んでおります。

☆質問
1.〔答えは、100円ですよ〕と〔100円が、答えですよ〕とは言えますが〔答えが、100円ですよ〕とは言えま…すか?
〔もし、次の標的が自分だったらどうしよう〕とかは言えますが、何ででしょう…?
【が】が使える理由についてご教示ください。

〔答えが100円ですよ〕
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕

Aベストアンサー

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに使う。
・100円は何ですか?
という設問に対応している。

A と B はどちらもあり得るシチュエーションなので、どちらも間違ってはいません。
ただ、B のように「100円は何ですか?」と問われるようなシチュエーションは稀であるため不自然に感じられるだけです。
稀なシチュエーションとは、たとえば、
・100円を私にくれると言ったのですか?
・いえ違いますよ。〔答えが、100円ですよ〕と言ったのです。
といった会話の場合など。

■2■
「は」の基本的用法は「主題提示」です。
「〇〇は△△」は、〇〇という主題を提示した上で、それに関して△△であると述べている。
「〇〇についてコメントを述べる」という構造なので、

【「〇〇は△△」は、〇〇について△△という コメントを表明したいとき に使う】

C.
〔答えは、100円ですよ〕は、答えについて「それは100円だ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「答え」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

■3■
〔明日の天気が雨だったらどうしよう〕
〔明日の天気が雨〕(+条件)という構文。

「明日の天気が雨という状態であること」を表わしている。
・いつ(何日)が雨ですか?
という設問に対応している。

■4■
以下の比較がわかりやすいかも。

[ 桜がきれいだ ]
「桜がきれいという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何がきれいですか?
という設問に対応している。

[ 桜はきれいだ ]
桜について「それはきれいだ、というコメント」を表明したいときに使う。
・「桜」について、あなたのコメントを述べてもらえませんか?
という設問に対応している。

因みに、以上で申し上げてきた「設問」は「暗黙的な設問」の場合も多い。
特に聞かれなくても、そういう設問があったという前提で答える形になる場合も多い、という意味です。
あくまで、構造をわかりやすくするために想定された「設問」、というふうに捉えていただければ。

■1■
「〇〇が△△」は、△△という述部の主格が〇〇であることを示している。
つまり、主と述が直接的な関係にあることを表現していることになります。
「直接的な関係」なので、

【「〇〇が△△」は、あるひとつの状態を表したいとき に使う】

と定義することができる。

A.
〔100円が、答えですよ〕は、「100円が答えという状態であること」を表わしたいときに使う。
・何(円)が答えですか?
という設問に対応している。

B.
〔答えが、100円ですよ〕は、「答えが100円という状態であること」を表わしたいときに...続きを読む

Q国文法の助動詞と日本語教育文法の接辞と語尾について

国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)とされています。
ナ形容詞(国文法の形容動詞)の場合はいずれにしても語尾(スフィックス)ですが、
イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、語尾でしょうか。

Aベストアンサー

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

  丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思うのですが、日本語文法
  では何に位置付けられているのかを知りたいのです。

というところで、「丁寧体を表現するだけなので、接辞ではなく語尾だと思う」とありますが、ここも「繋辞ではなく」なのでしょうか。

大事な用語が違っていては、何が何だかわからなくなります。

ああ、もっと後の「コメント」で、

  この形容詞(イ形容詞)に用いられる「です」は形容詞(イ形容詞)の語尾(sufix,
  суффикс)なのか、繋辞(copulă, связка)なのかという質問です。

とありますね。「語尾(sufix」ということは、「語尾=接辞(suffix)」ですね。これではっきりしました。
しかし、この「です」はどう見ても、二つの名詞を「繋いで」はいないので、「繋辞」ではありえないでしょう。

井口厚夫の説明がわかりやすくていいですね。コピュラでなく、活用語尾とも言えない。形容詞普通体の、独立できる形にくっついているだけですから。
しいて分類するなら「接辞」でしょうか。

それにしても、

  いろいろな考え方のご紹介は結構ですので、「赤いです。」の「です」を助動詞
  という用語を使わずに外国人にどう教えるのかについてだけご存知の方のご説明
  をお願いします。

という最後のコメントは強烈ですね。

「どう教えるか」という観点から言えば、この「です」の品詞論・形態論的位置づけをごちゃごちゃ考える必要はない、でいいんじゃないですか。そんなことを学生に言う必要もないし、教師も悩む必要はない。
「形容詞の後について「丁寧」の意味を加える」、と言えば終わりです。

日本語学としてこの辺の形態論を教えるなら、何か適当なことを言わなければなりませんが、「日本語文法」での定説・通説などないし、例外的な用法なので例外として扱うのがいいでしょう。

そう言えば、初めの「日本語(教育)文法」とは何を指しているのか、という問いへのお答えはないのですね。まあ、いいですけど。

saburoo

まず、初めの質問の、

  国文法の助動詞「です」は、日本語文法では名詞文の場合は接辞(コピュラ)
  とされています。

で、「接辞(コピュラ)」は、「繋辞(コピュラ)」の間違いだったということですね。
その後の、

  イ形容詞(国文法の形容詞)の丁寧体(敬体)に付ける「です」は接辞でしょうか、
  語尾でしょうか。

のところも、「繋辞でしょうか」となるはずだったのですね。
わかりました。
それなら、話はいくらかわかりやすくなります。

次に、「質問者からの補足コメント」の中で、

...続きを読む

Qこのカードはどこででも使えない

このカードはどこでも使える。
の否定は
このカードはどこででも使えない
でしょうか。

Aベストアンサー

No.9でコメントした者です。

 連投の形になりますが、まったく別の考え方が浮かんだもので……。
 詳しくは下記をご参照ください。
【どこでも どこででも 教えて!goo】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12442791113.html

 ことば会議室の識者がやり取してもよくわからないのだから相当のな難物、と諦めかけていたのだが、妙なことを思いついてしまったんでメモを残す。ツッコミはやさしくお願いします。

 まず、品詞分け(めったにしないんだけど)から考えるべきなのでは。
「どこでも使える」の「どこでも」は、2種類ある。ひとつは、「どこ+で+でも」の「で」が省略された形。もうひとつの「どこでも」は「どこ+で+も」という考え方をするべきでは。
 で、まず辞書で「でも」をひいておく。
(略)

⬛︎「どこ+で+でも」の「で」が省略された形
 まずはこちらから。
 説明の都合で「どこへでも行ける」「どこにでも貼れる」をあわせて考える。

1)どこででも使える → どこでも使える
2)どこへでも行ける → どこでも行ける
3)どこにでも貼れる → どこでも貼れる

 3つを比べてみるとわかるが、これは「同音脱落」ではない。「助詞の省略」だろう。
 助詞を省略することで意味やニュアンスがどうかわるのかを考える気はない。両方とも同じように使える、以上のことはお好きな人がどうぞ。あえていえば、省略したほうがカジュアルでな感じで話し言葉っぽい。それ以上はパス。
 個人的には、フォーマルな感じで書き言葉っぽいほうがいいと思うが、それもケースバイケースだろう。「どこへでもドア」だと相当おかしい(笑)。
「助詞の省略」に関して詳しくは下記をご参照ください。
【学者の言葉〈1〉──無助詞文あるいは助詞の省略】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2295.html
 簡略版は下記?
【日本語の無助詞の文についての質問です】
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1091194150

⬛︎「どこ+で+も」
4)A店で(も)使える。B店で(も)使える……どこで(で)も使える
5)北海道へ(も)行ける。海外へ(も)行ける……どこへ(で)も行ける
6)金属に(も)貼れる。ガラス面に(も)貼れる……どこに(で)も貼れる
 ※右側のように(で)を入れると強意だろうか。(で)がなくても意味は通じるが、あるほうが語呂がいいかもしれない。
 
〈2)どこでも行ける〉と〈5)どこへも行ける〉を見比べれば、違いはすぐにわかる。
〈3)どこでも貼れる〉と〈5)どこにも貼れる〉を見比べれば、違いはすぐにわかる(当方の知識だと簡潔に説明するのはむずかしいが)。
 ところが、〈1)どこでも使える〉と〈5)どこでも使える〉は形が同じなので見分けがつかない。これが混乱のものだろう。
 まあ、「どこででも/どこでも」の場合はどちらも同じように使えることにかわりはないけど(泣)。

 ちなみに、1)〜6)を見比べていると、もうひとつ妙なことに気づく。
 下記のような使い方が自然なのでは。

 どこへも行けない  ……否定文
 どこ(へ)でも行ける……肯定文
 どこにも貼れない  ……否定文
 どこ(に)でも貼れる……肯定文 
 
 つまり、質問者が最初に考えた肯定/否定の考え方が復活している。あれ? 肯定/否定の関係が逆になってる?
 いずれにしても、「どこでも/どこででも」の場合は「で」が重複しているので、語感が働きにくいのでは。

 もうひとつちなみに、個人的な語感で書かせてもらうと……(たまにはいいよね)。
「どこ(で)でも使える」の否定は……。
 全否定なら「どこでも使えない」になる。↑の肯定/否定の考え方をするなら、否定文で「どこででも」を使うのはおかしい気もするが、実際にはどちらももOKだろう。個人的には、こうは言わない。
「このカードは使えるところがない」くらいじゃないだろうか。
 部分否定なら「どこででも使えるわけではない」だろうか。個人的には、こうも言わない。
「すべての店で使えるわけではない」「使えないところもある」くらいじゃないだろうか。
 このあたりは個人的な語感の問題なので、強く主張する気はない。

No.9でコメントした者です。

 連投の形になりますが、まったく別の考え方が浮かんだもので……。
 詳しくは下記をご参照ください。
【どこでも どこででも 教えて!goo】
https://ameblo.jp/kuroracco/entry-12442791113.html

 ことば会議室の識者がやり取してもよくわからないのだから相当のな難物、と諦めかけていたのだが、妙なことを思いついてしまったんでメモを残す。ツッコミはやさしくお願いします。

 まず、品詞分け(めったにしないんだけど)から考えるべきなのでは。
「どこでも使える」の「...続きを読む

Q「一人」は訓読みで「ひとり」 「二人」は訓読みで「ふたり」 では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言

「一人」は訓読みで「ひとり」
「二人」は訓読みで「ふたり」
では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?やはり「みひと」?
平安時代どの様に人を数えていたのか知りたいです。

Aベストアンサー

>では「三人」やそれ以降は訓読みでなんと言うのでしょうか?
みたり、よたり、いつたり、むたり、ななたり、やたり、ここのたり

Q繋がる の可能形

繋がる の可能形は何ですか。繋がられるですか。

Aベストアンサー

何だかいろいろ錯綜していますね。

まず、可能形(可能動詞・可能構文)というのは、すべての動詞についてあるわけではありません。

   可能構文は意志的な行為について述べるため、通常、主語は有情物であり、
   動詞は意志動詞に限られる。
                『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

例えば、自然現象である「雨が降る」「雷が鳴る」は、
   ×雨が降れる  ×雷が鳴れる
とは言えません。

人間の非意志的な動作、例えば「財布を忘れる」も、
   ×財布を忘れられる
で、可能形は使えませんが、「嫌なことを忘れる」なら、「忘れよう」と努力して、
    嫌なことを忘れられた/忘れられない
のように可能形が使えます。

「つながる」も、
    この路線は地下鉄につながっている
では非意志ですが、
    世界の人とつながろう!
のような用法なら意志動詞です。

「意志動詞」というのもよく分からないところがありますが、ある動詞が意志動詞かどうかというよりも、用法ごとに考えるべきでしょう。

さて、「つながる」の「可能形」ですが、ひらがな単位でやるよりも、形態論の分析はローマ字を使ったほうがいいでしょう。

   可能構文の述語動詞は、動詞の語幹に可能の接辞をつけて作られる。可能構文は、
   動詞の語幹に接辞「-e-ru」(I型動詞の場合)や「-rare-ru」(Ⅱ型動詞、「来る」
   の場合)が付加した派生動詞によって表される。
           『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

「つながる」は五段動詞(I型動詞)ですので、
   tunagar -u → tunagar -eru つながれる (「つながられる」は受身形)
です。
  例 世界の人々とネットでつながれると思ったのだが、なかなかうまくつながれない。

「可能動詞」という言い方は、五段動詞の場合、助動詞「れる・られる」の付加による
   よむ → よまれる
の形ではなく、普通は「よめる」が可能を表す形として使われるので、それを「よむ」とは別の独立した動詞として名付けたものでしょう。(すみません。この辺の事情はよく知りません。)

この「よめる」という形は、ひらがな単位での分析では「よむ」から作ろうとすると無理があるので、可能形とは呼びたくないのでしょう。

上の、ローマ字を使った(つまりは音素表記?)なら、語幹に「れる」ではなく「-e-ru」をつければいいわけです。

なお、大辞林などが「可能動詞」を付記していないのは、「つながる」の多くの用法が非意志的なものだからではないでしょうか。上に書いたように、ある動詞の用法全体が意志的(つまり可能動詞がありうる)あるいは非意志的であるとは言えないので、その動詞の「可能動詞」が[ある/ない]とどちらかに決めることは難しいのです。

以下は補足的なことです。

「つなぐ」「つなげる」の可能形は、
   tunag -u → tunag -e-ru (可能動詞)  (「つながれる」は受身形)
tunage -ru → tunage -rare-ru (元が一段動詞なので「可能動詞」はない)
です。
この二つの「つなげる」は、上は「つなぐ」の可能形(可能動詞)で、「~できる」の意味を持ち、
下は単なる他動詞です。
   恥ずかしくて手をつなげない。(つなぐことができない)
   コードとコードをつなげる。(結びつける・延長する)

可能の「れる・られる」について、いまだに国語辞典などが「五段動詞は未然形に「れる」がつく」としているのはちょっと驚きでした。
   読まれる 書かれる 泳がれる 死なれる 解かれる 持たれる 言われる 切られる
などを可能の意味で使われると、誤解が生じるのではないでしょうか。(もちろん、普通「読める・泳げる」が使われる、とは注記してありますが。)

saburoo

何だかいろいろ錯綜していますね。

まず、可能形(可能動詞・可能構文)というのは、すべての動詞についてあるわけではありません。

   可能構文は意志的な行為について述べるため、通常、主語は有情物であり、
   動詞は意志動詞に限られる。
                『現代日本語文法2』p.278(くろしお出版)

例えば、自然現象である「雨が降る」「雷が鳴る」は、
   ×雨が降れる  ×雷が鳴れる
とは言えません。

人間の非意志的な動作、例えば「財布を忘れる」も、
   ×財布を忘れ...続きを読む

Qおめこ

「おまんこ」と同じで

女性性器の俗称
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/33025/meaning/m1u/%E3%81%8A%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%93/
という意味であることは周知の事実と思われます。

ただ、「女子」という熟語に「めこ」という読みがあることは寡聞にして知らなかった。
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/217277/meaning/m1u/%E5%A5%B3%E5%AD%90/
そこで質問ですが、
「おめこ」の「めこ」は「女子」の読みからきたものでしょうか?
そうだとした場合も含め、この「お」は尊敬語または美化語のうちどちらでしょうか?
それとも「おめこ」自体が元々ひとつの単語ですか?

Aベストアンサー

全国マン・チン分布図

松本 修著
インターナショナル新書

今年発売されたおまんこやちんちん、ちんぽなどについて
なぜそのように呼ばれているのか
全国ではどのように呼ばれているのかの
名著です

この本の中では
おまんこでもちんぽでも何でも
いくらでも出てきます

もう外に出てこの言葉を使ってもいいくらい
いくらでも出てきます

さて
「おめこ」ですが
簡単にいうと
「お」は敬称

お月様とかお母様のように
頭に「お」をつけます

で、「め」ですが
女々しいという風に
めは女性の表現ですね

地方によっては
「めんちょ」などとも言います
ここでも「め」が使われています

最後の「こ」は
「どさんこ」や「ちびっこ」などのように
これも敬称で
可愛いものの最後に「こ」をつけるのですね

ある意味「女子」でも同じことですから
正解といえば正解ですね

幼女の性器は
ふっくらとしておまんじゅうに似ているところから
昔はまんじゅうとも呼ばれていて
そこに敬称の「お」がつき
最後に可愛いので「◯◯っこ」がつき
「おまんこ」ですね

ですから、大人の女性では
「おまんこ」はふさわしくないかもしれません

詳しくは
上記の本をお読みください

全国マン・チン分布図

松本 修著
インターナショナル新書

今年発売されたおまんこやちんちん、ちんぽなどについて
なぜそのように呼ばれているのか
全国ではどのように呼ばれているのかの
名著です

この本の中では
おまんこでもちんぽでも何でも
いくらでも出てきます

もう外に出てこの言葉を使ってもいいくらい
いくらでも出てきます

さて
「おめこ」ですが
簡単にいうと
「お」は敬称

お月様とかお母様のように
頭に「お」をつけます

で、「め」ですが
女々しいという風に
めは女性の表現ですね

地方に...続きを読む

Qこの画像の文章、おかしくないですか? 「忘れられた」が正しいと思いますが、どうして「忘れた」なのでし

この画像の文章、おかしくないですか? 「忘れられた」が正しいと思いますが、どうして「忘れた」なのでしょうか?

Aベストアンサー

船を擬人化した表現ではないですか。
船自身が自分の意思で進むことを忘れたような、と言いたかったのでは。

Qじ と ぢ の発音

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10916160.html

に関連して、じ と ぢ の発音は区別されていたのでしょうか。例えば万葉仮名では異なる文字が割り当てられていたとか。

Aベストアンサー

区別されていたようです。割り当てた漢字が異なります。
じ 自士仕慈盡貳兒爾珥耳茸餌時
ぢ 遲治地膩尼泥
https://japanknowledge.com/introduction/keyword.html?i=375


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング