アルミニウムはアルツハイマー病の原因か」この文章が気になり、アルミ缶入り飲料水がとても心配になったので、少し調べました。
http://www.aluminum-hc.gr.jp/ ←(社)日本アルミニウム協会

・アルツハイマー病ではないが、透析痴呆症という痴呆の一種であること。
・透析治療中の患者が、腎臓障害のために、尿として排出できず、脳に残り痴呆症が現れたこと。
・腎臓機能が正常な人の日常生活ではまったく心配ないこと。
・1日あたりの摂取量は2.5~13mgで、人間が一生摂取し続けても影響のない量として、例えば50kgの人の1日当たり50mgの量を摂取しても健康に害はないとされていること。等々。

結論。アルミニウムは痴呆病の原因の一つであるが、健康であるならば通常の食生活では問題ない。

ん?不健康なら問題あるのか?今の生活環境では多くのストレスを受け、痩せたり、太ったり、髪が抜けたり、胃に穴が開いたり、…。
紫外線に極度に弱く、通常の生活でやけどを起こし、建物の塗料に含まれる溶剤に体調を崩す(シックハウス)人がいる。
こんな時代に「健康」である状態は難しい。なら、アルミニウムを摂取する機会をできるだけ少なくするべきなのではないか。

アルミ缶入りの飲料水等は、その特性から温度の変化を受け、長期間保存されます。この間、アルミニウムが溶出され続けるのではないでしょうか。みなさんの意見をお聞かせ下さい。

また飲料水を製造しているメーカーの方がおられましたら、アルミ缶に溶出しないように何か施しているのか、この問題に対して軽視しているのか、この辺についてもお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 アルミニウムが含まれた医薬品についてですが、制酸剤には、大抵水酸化アルミニウムと酸化マグネシウムが含まれています。

手元の胃薬コランチルA顆粒には1包1g中乾燥水酸化アルミニウムゲル400mgと、酸化マグネシウム200mgが含まれています。
 また頭痛薬のバファリンは1錠中アセチルサリチル酸0.33gにダイアルミネート0.15gが配合されていて、ダイアルミネートはアルミニウムグリシネート(グリシンのアルミニウム塩?)と重質炭酸マグネシウムの1:2の混合物だそうです。

 アルミ缶からのアルミニウムの溶出は心配しなくてよいと思います。アルミニウムは酸化アルミニウムの薄膜で保護されている上、アルミ缶では表面をプラスチックでコーティングしてあります。第一、アルミニウムが溶出するとしたらアルミ缶は長時間したら溶けてしまいますね。アルミの弁当箱が梅干で溶けたという話がありますが、昔は鉄分の多い粗悪なアルミニウムが使われていたためと思います。アルミニウムの金属は最近作られたものですが、自然界にはたくさん存在している元素です。土も酸化アルミニウムを含んでいます。太古の昔から、人間はアルミニウムを摂取してきたといってよいのではないでしょうか。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/30 19:13

MiJunです。


Zincerさんの回答をみて思い出しましたので、少し補足をします。

>ペレット状に成型された薬にはアルミニウム
タブレットではありませんが、顆粒・細粒で「アルミニウム化合物」の医薬品があります。
確かに一時問題になったように聞いてますが、厚生省(厚生労働省)で医薬品としての認可取り消しとのことはないので、一応問題はクリアーしているのではないでしょうか・・・?
この件に関しては、kawakawa教授が詳しいと思いますが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/30 19:10

#2 searchingboybさんの回答「アルミ塩になった薬も飲んでいるはずですが」を読んで思い出したことが1つあります。


定かではないのですが、ペレット状に成型された薬にはアルミニウム(おそらく酸化物)が使用されている(or いた?)と聞いたことがあります。もし、危険ならばそれこそ入院患者(決して健康とは言えません)の摂取しているアルミの量はどれほどになるのでしょうね?
かなり古い記憶ですので、もしデマでしたら訂正してお詫びを申し上げます。
どなたか製薬関係の方、ホロー願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。入院しないように日頃の生活習慣にも気をつけないといけませんね

お礼日時:2001/07/30 19:09

searchingboyさんの参考URLの関連質問で回答したものです。


少し気になったので、PubMedで「Aluminiumu*Demetia*Review」と入れて検索すると相当数の論文がHitします(内容未確認!)。
さらに「Japanese」で絞ると5件Hitしますが、その中で以下の論文が参考になるかもしれませんね?
==============================
Tanpakushitsu Kakusan Koso 1995 Aug;40(11):1738-43 Related Articles,
[A new inducible transferrin-independent iron uptake system involved with aluminum accumulation in the brain of patients with Alzheimer's disease].
Oshiro S.
===============================
ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。う~ん、難しい。

お礼日時:2001/07/30 19:07

>アルミニウムを摂取する機会をできるだけ少なくするべきなのではないか



私自身は気にしませんが、気になる人は、そのように心がけたほうが、精神衛生上良いでしょう。

「精神衛生上よい」というのは重要なことで、「もしかしたら危険かも」と心配に思いながら生活するよりは、少々手間やお金がかかっても「これなら大丈夫」と思っていたほうが、確実に健康でいられるはずです。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/gc4/kaho/column …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。気になりだすと、止まらないんですよね~

お礼日時:2001/07/30 19:06

この質問は以前にもありますが,アルミは関係ないようです.


水にはいろんな金属が入っています.アルミだけでなく,カルシュウムの多い水も問題です.
アルミは戦前から使われているのに,その人たちすべてが痴呆になったと思えませんが,戦前のアルミはいまより質が悪かったのですが.それでも痴呆が少なかったと思っているのですが,アルミ塩になった薬も飲んでいるはずですが。錫での膜も溶けることもあるので,長期に置くと溶けるという事もあります.これはアルミだけではないですね. 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=60836
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/30 19:05

さあ、どうなんでしょうね?私も知りたいです。


まぁ、少なくともアルミ鍋は使いたくありませんね。
欧米諸国ではアルミ鍋は禁止されている国もあるようです。
(日本では禁止されていませんが。)

高温、強酸性などの条件だとやばそうな気はしますよね(^_^:

それに、最近多いPETも本当に安全なのか気になりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。土、日で1つか2つかなと思っていたら、7つも回答を頂いているとは驚きです。

お礼日時:2001/07/30 19:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミ材 熱伝導率について

A1200Pの熱伝導率(kcal/(m・h・℃))が知りたいのですが、
WEBでは見つかりませんでした。ご存知の方ご教授願います。

Aベストアンサー

A1200Pは、純度99%以上のアルミなので、純アルミの

熱伝導率 : 0.566cal/(cm・s・deg) {237W/(m・K)}

より若干(数%程度)低いと考えてよいでしょう。

ちなみにA1200Pは、強度は比較的低いが、成形性、溶接性及び耐食性がよく、一般器物、建築用材、電気器具、各種容器、印刷板などによく使用されます。

Qアルミニウムの安全性(アルツハイマーを加速しないか)は確認されたのですか?

先日、「アルミとアルツハイマーの関係性は否定された」という回答を読みました。

アルツハイマー患者の脳にアルミが高濃度で蓄積されているのは事実で、不明なのは、それが「アルツハイマーの原因なのか、結果に過ぎないのか」だと理解していたのですが、無関係と証明されたのでしょうか?

「関係は立証できない」と「無関係が立証された」は違うと思うのですが。。。

いまのところ、アルミ鍋から溶け出す程度ならまあいいとして、膨張剤として「食べてしまう」のは不安で避けています。心配しすぎでしょうか?

Aベストアンサー

 1999年6月、カナダ保健省は「ALUMINUM AND HUMAN HEALTH(アルミニウムと健康)」と題する一般国民向け報告書を発表しました。「アルミニウムと健康」は、アルミニウムが環境中に普遍的に存在し、またさまざまな製品に用いられていることを指摘したうえで、成人1日当たり8mgのアルミニウムを食物から摂取していると述べています。

 アルミニウム摂取量に関しては、米国シンシナティ大学ケタリング研究室も同様の報告を行っています。薬品類に含まれるアルミニウム量はかなり多く、それに比べて食品などから摂取する量はわずかなものにすぎないことがわかっています。すなわち、水酸化アルミゲルなどの胃薬から摂取するアルミニウムの量は、着色料や発酵調整剤、プロセスチーズの防腐剤、ベーキングパウダーなど種々の食品に使用されるアルミニウム化合物を用いた食品添加物を含む食品の2~20倍も多く、またバファリンなどに代表される緩衝アスピリンでも2~4倍量に達するのです。
 
 わが国の(旧)厚生省は、WHOの基準からアルミニウムの健康に影響を及ぼすことがない最大量(最大無作用量)を1日当たり約50mgとし、この量であれば一生涯摂取しつづけても健康に影響はないと公表しています。しかしながら、1日50mgというのはあくまで健常人を対象とした安全量であり、高齢者など腎機能が低下している患者では、その安全域はさらに低いと考えられる。

 以上の量の範囲であれば、アルミニウムによるアルツハイマー病の危険性はまず無いと考えられているのが現状です。

 1999年6月、カナダ保健省は「ALUMINUM AND HUMAN HEALTH(アルミニウムと健康)」と題する一般国民向け報告書を発表しました。「アルミニウムと健康」は、アルミニウムが環境中に普遍的に存在し、またさまざまな製品に用いられていることを指摘したうえで、成人1日当たり8mgのアルミニウムを食物から摂取していると述べています。

 アルミニウム摂取量に関しては、米国シンシナティ大学ケタリング研究室も同様の報告を行っています。薬品類に含まれるアルミニウム量はかなり多く、それに比べて食品...続きを読む

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Qアルミ缶からアルミナ

 アルミ缶からアルミナを作りたいのですが、学校の実験室レベルの設備・器具ではどの様にすればよいのか教えて下さい(電気炉は陶芸用の1250度までの物があります)。できるだけ高純度のアルミナが作りたいので、精製方法なども教えて下さい。
 また、できたアルミナの純度を測定したいのですが、簡単な方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

参考ページ[1]に、アルミ缶を原料にアルミナ粉末を経て、アルミナ結晶(この実験ではルビー)を作る実験の解説があります。途中に電熱炉で加熱する工程がありますが、加熱温度は1100℃程度のようですのでお手持ちの電気炉で足りることになります。

この実験では最初にアルミ缶の塗装を焼き、サンドペーパーで表面を削った後に細かく切り刻み、(1)水酸化ナトリウム水溶液で溶かしてから濾過し、(2)硝酸を過剰に加え、(3)さらにアンモニアを加えて沈澱させています。(1)~(3)の操作の目的は純度向上にほかなりません。
ご承知かと思いますが、アルミ缶に用いられるアルミニウム合金には強度向上のためにアルミニウム以外の成分がいくつか入っています。そのうち水酸化ナトリウム溶液に溶けない成分は(1)の操作で除かれます。また(3)の操作でアルミニウムはAl(OH)3として沈澱しますが、アンモニアを添加しても沈澱しない成分はここで除かれます。

この沈澱を電気炉中で焼くことによってアルミナ(Al2O3)の粉末が得られます。danna2さんがご所望の「アルミナ」が「アルミナ粉末」の意味であれば、ここまでで作業は終了です。「アルミナ結晶」の意味であれば何らかの方法で固める操作が必要です。[1]のページではフラックス法を用いてアルミナ結晶を得ていますが、これも電気炉でできるようです。

粉末アルミニウムは発火の危険があるため、細かい粉末にすることで酸化するのは絶対に避けるべきです(例えば[2,3]参照)。細かくすればするほど危険度が増します。仮に発火の危険がないにして完全に酸化させることは事実上不可能ですし、高純度化のプロセスが含まれませんから原料のアルミ缶以上の純度にすることもできません。

さて得られたアルミナの純度測定ですが、学校の実験室レベルの器具で行うのは困難です。固体中の不純物の種類とおよその量を知る分析法にはX線光電子分光法やオージェ電子分光法、また固体を溶液にできるならプラズマ発光分析法などもありますが分析機器はいずれも高価なもので、通常は大学や企業でないと持っていないものです。
どうしても純度を測定したいのであれば、委託分析を受ける会社(例えば[4,5])にお金を払って分析してもらうのが現実的な方法でしょう。

[1] アルミ缶から宝石を作る http://www.ths.titech.ac.jp/~kouka/2001/Rubby/ruby.htm
[2] http://www.geocities.jp/hotei103/link31.htm
[3] http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/4097/seisitu-2-5.html
[4] 東レリサーチセンター http://www.toray-research.co.jp/
[5] 日鐵テクノリサーチ http://www.nstr.co.jp/nstr2.htm

参考URL:http://www.ths.titech.ac.jp/~kouka/2001/Rubby/ruby.htm

参考ページ[1]に、アルミ缶を原料にアルミナ粉末を経て、アルミナ結晶(この実験ではルビー)を作る実験の解説があります。途中に電熱炉で加熱する工程がありますが、加熱温度は1100℃程度のようですのでお手持ちの電気炉で足りることになります。

この実験では最初にアルミ缶の塗装を焼き、サンドペーパーで表面を削った後に細かく切り刻み、(1)水酸化ナトリウム水溶液で溶かしてから濾過し、(2)硝酸を過剰に加え、(3)さらにアンモニアを加えて沈澱させています。(1)~(3)の操作の目的は純度向上にほかなりません...続きを読む

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q【化学】塩化アルミニウム粉を肌に塗って大丈夫なんでしょうか?アルミニウムって吸収されませんか?

【化学】塩化アルミニウム粉を肌に塗って大丈夫なんでしょうか?

アルミニウムって吸収されませんか?

アルミニウムは人体に害なのでアルミ鍋は買わないという人いますよね。

その塩化アルミニウム粉を肌に塗って良いものなのか心配です。

Aベストアンサー

よく効く薬って、怖いですよね。
現在、認められている薬剤でも、
数年後には使えなくなる物がでるかもしれません。
例えば、赤チン。
私が子供の頃は、どこの家にも常備してある怪我の治療薬でした。
でも水銀の害がわかってから、使用されなくなりました。
(最近は、怪我の部位に消毒薬を塗ることすら勧めない見解もあります)
いろんな研究者がいて、いろいろな研究結果が発表されます。

制汗剤には、塩化アルミニウム。
即効性があるので、お医者さんも使うし、市販されているし、
まさか、害はないでしょ。
そう思いますよね。
アルミニウムが、アルツハイマーの原因になるという発表がされた。
でも、皮膚から吸収されにくく、吸収されてもたいした量じゃない。
と言う人もいますよね。

でもこの説、絶対かしら。
この先、長期に亘って使っても大丈夫なのかしら。
私は、使わなくてすむものなら、使わない派です。

研究者の間でも、意見が分かれることなので、
後は、自分の判断になります。
悩みますね。

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Qアルミ缶の塗装

アルミ缶の塗装を取る方法を教えてください。
できれば、酸塩基の薬品を使って取れれば幸いなのですが・・・

Aベストアンサー

濃硫酸に10分ほど浸しておくとコーティングが浮き上がって来ます。ピンセットではがして下さい。十分注意の上、作業して下さい。大きいものには不向きですが・・・。

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Q溶出

たんぱく質をイオン交換樹脂に吸着させ、これを食塩水で溶出したいのですが、
食塩水の濃度が濃い方が溶出されるのは何故ですか?

Aベストアンサー

> リジンやアルギニンなどの正電荷ばかりをもつタンパク質が酸性化または弱酸性化に溶けている場合、どうなるのでしょうか?
同じくアルカリまたは弱アルカリに溶けている場合どうなるのでしょうか?

酸性の場合とアルカリ性の場合、アミノ酸の何が変化するのかを考えれば単純な話です。
リジンやアルギニン(だけでなく全ての解離性残基)の側鎖電荷は、それらのpKa値に依存していることは理解されていますか?
例えば、リジンの側鎖pKa値は、10.5程度です。
pH > 10.5の場合と、pH < 10.5の場合、リジンの荷電状態がどう変わっているか?

タンパク質では、様々なpKa値を持つアミノ酸の集合体ですので、全体としての荷電状態をpIより上か下かで判断しているのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報