ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

グルクロン酸が含まれている食品やドリンクなどを教えてください。
グルクロン酸のはたらき(効能)なども教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

対策 二日酔い」に関するQ&A: 二日酔い対策

A 回答 (2件)

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?


「グロンサン」
医家向け医薬品では、
・グロンサン注
さらに関連医薬品では、
・グロナミン(グルクロン酸アミド)

効能に関しては、
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html
(ハイパー薬事典)
ここで「グロンサン」と入れて検索してください。

グルクロン抱合は肝臓での代謝で行われます。
特に薬物の代謝では重要です。

http://www.nifty.ne.jp/forum/fhonyaku/members/sc …
(薬の代謝)
ここに記載のあるようにグルクロン酸抱合体にすることで水溶性にして排泄しやくなるようになります。
http://homepage3.nifty.com/nikonikohome/drugbox/ …
(新生児・未熟児の赤ちゃんへのおくすりの影響)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hhhp/icterus/bilirub …
(ビリルビン代謝)

蛇足で過去ログにもありますが、二日酔い対策で飲酒する前に「グロモント」を飲んでから飲酒するとある程度効果があります。もちろん相当深酒すればべつでしょうが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.chugai-health.com/health/guronsan/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答、本当にありがとうございました。
ハイパー薬事典、これからも活用したいと思います。

お礼日時:2002/09/16 00:37

グルクロン酸は肝臓でホルモンや薬物などと抱合体をつくり、水に溶けやすくし、尿より排泄しやすくします。

要は活性のあるものを不活性化してしまう物質です。これによって人間の体内に蓄積をしないようにコントロールしているわけで、一時、グルクロン酸が入ったドリンク剤(グロンサンなど)が開発されましたが、グルクロン酸は外因的なものはこの様な作用は全くなかったのですが、たまたま疲労回復という効果があり、今のような肉体疲労などの医薬部外品になったそうです。
ですから、グルクロン酸が含まれている食品をとったところでその効果は期待できないと思われます。
参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

栄養士である姉から、至急調べてほしいとたのまれました。
姉はパソコンをもっていないので。
私は畑違いの分野で、色々なホームページを検索してもぴんと来ず
困っていたところでした。
さっそくのご回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/09/16 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグルクロノラクトンとは?

健康ドリンクにはよくタウリンが入っていますが、ドリンクの中にはグルクロノラクトン(大抵1000mg)が入っています。この成分の効果や一日の摂取量など教えて下さい。

Aベストアンサー

要は、身体の中を巡りめぐっていろいろな有毒物質と結合して、対外に排出される役割を持っています。
1日の摂取量は、0.3g~1.0gで1日3回がMAXですが、あまり摂り過ぎると生理機能が低下するようです。

Qパラニトロフェノールについて教えてください。

p-ニトロフェノールって炭酸ナトリウムで発色するんですか??
発色するのならなぜ発色するのですか??
詳しい方教えてください。お願いします!!

Aベストアンサー

構造の変化に関しては、No.1のご回答に述べられているとおり、H+がとれてフェノキシドを生じるということです。

こうなることによって、共鳴系に大きな変化が生じます。
すなわち、H+が取れる前には、主としてベンゼン環上に分布していたπ電子が、ニトロ基や新たに生じた-O^-を巻き込んで非局在化することになります。
たとえば、ベンゼン環とOの間やベンゼン環とニトロ基由来のNの間の結合に二重結合性が生じ、下記のような共鳴型が大きく寄与することになるために、可視領域に吸収を生じ、黄色に着色することになります。
Hは省略してあります。少々わかりにくいかもしれませんが、ご容赦ください。
    C=C     O-
   /   \   /
O=C     C=N+
   \   /   \
    C=C     O-

上記のような共鳴型が生じる理由として、フェノール性の-OHからH+が取れたことが重要であるということです。


人気Q&Aランキング