お世話になってます。
HDMLの

<A TASK="GO" DEST="スクリプト名" POSTMETHOD="POST" POSTDATA="email=$(email:esc)" LABEL="送信">

というタグの$(email:esc)(…というより”:esc”)にはどういう意味があるのでしょう?
$emailはフォームから入力されたデータが入っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

$変数名は、正式には$(変数名:esc)と書きます。


これは、URLエンコードされます。
反対に$(変数名:noesc)とやると、URLエンコードされないそうです。

参考URL:http://k-tai.impress.co.jp/column/ezweb/2000/10/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー、よくわかりました。
参考URLの方も、とてもためになりました。
書き込み本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/07/29 02:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキー溝

機械的な用語をわかりやすく解説してくれるサイト、知りませんか?
たとえば、「キー溝」って何?

Aベストアンサー

検索したところ、「もの作りのための機械設計工学」というページを見つけました。
「キー」「キー溝」については、「5.3 軸と回転体の固定」に載っています。

参考URL:http://www.nmri.go.jp/eng/khirata/design/index_j.html

Q${parameter:-word} と ${parameter:=word} の違い

bashのパラメータ展開で

${parameter:-word} と ${parameter:=word}

の違いが何なのかよく分らないのですが、何が違うのでしょうか?

http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_bash/man1/bash.1.html

Aベストアンサー

 :-の方は、parameterの値が変わりません。:=は変わります。どちらもparameterに既に値が入っている場合は何も起こりません。
 別の言い方をすると、:=の方はこの後bashが(子プロセスとして)起動するプロセスの環境変数にも$parameterがwordになりますし、:-はなりません。:=は何らかのプログラムを起動するスクリプト内で空っぽならデフォルト値を設定するというような用途に使用します。
 以下、bashですけど$が出てきまくると紛らわしいのでプロンプトを%とします。

% echo ${SAMURAI:=LAST}
LAST
% echo ${DORA:-YAKI}
YAKI
% echo $SAMURAI
LAST ←さっきのでSAMURAIにLASTが代入された
% echo $DORA
   ←さっきのでDORAにYAKIが代入されていない
%

Qモーターシャフト、キー溝寸法について

古い旋盤のモーターが壊れたため、新しいモーターを選択していたのですが、どうゆう訳かキー溝寸法だけが一致しません。
ちなみにモーターは、
3.7Kw、4P、50/60Hz、200V、JIS C4210
で、年式は分かりませんでした。

この条件のモーターは、枠番号が112Mで、キー溝は8mmとなっていますが、搭載されていたモーターのキー溝は7mmでした。

いろいろ調べた所、旧規格の寸法ではないかと思われるのですが、資料が見当たりません。

参考になりそうなサイト等ありましたら、教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 こちらはフライス盤の専業です。休み明けに品物を欲しいということで、格別に忙しいわけではないのですが連日仕事をしているところです。ということで詳しい規格などに付いては今は省略して、肝心な部分だけ回答しておきます。丸5日も回答が無いままというのは情けないと思います。私は最近あまりここを定時巡回しなくなり、1週ぶりくらいに見ました。
 
 とにかくその新しいモーターを取り付けて動かすには、キーに少し加工を施す必要があります。
 シャフトの径とキー(キー)溝の幅や深さにはJISに定められた規格が有ります。その表はウェブにもあると思いますが、今は探さないでおきます。7ミリは旧規格ということですが、今でもその寸法のキー材は市販されています。そう言えば20年ほど前に当方でモーター・シャフトが折損して、モーターそのものを交換した時にも、ほぼ同じことをメーカーから言われたことがありました。
 ともあれ、8ミリのキーの上部(ギアなどにはまる部分)を7ミリに削り落とす必要があります。形状としては凸型のものを作ることになります。深さもある程度の精度が要りますし、両側から等寸で削らないと具合が悪いので、やはりフライスの作業になるでしょう。
 大した仕事ではないですから、1000円ももらえない(或いはいくら単価を吹っかけても1000円が限度)と感じます。良心的なフライス屋の知り合いがいるなら、その程度ですぐにやってもらえると思います。いざとなったら「一円を探せ」というのもありかも。

 こんにちは。
 こちらはフライス盤の専業です。休み明けに品物を欲しいということで、格別に忙しいわけではないのですが連日仕事をしているところです。ということで詳しい規格などに付いては今は省略して、肝心な部分だけ回答しておきます。丸5日も回答が無いままというのは情けないと思います。私は最近あまりここを定時巡回しなくなり、1週ぶりくらいに見ました。
 
 とにかくその新しいモーターを取り付けて動かすには、キーに少し加工を施す必要があります。
 シャフトの径とキー(キー)溝の幅や深...続きを読む

Qmakefileの文法で、$(TEST : .o = .lst )の意味は?

makefileの文法で、下記構文の意味を伺いたく質問させて頂きました。

$(RM) $(TEST:.o=.lst)

どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>$(RM)

マクロRMに設定された内容に展開する。
例えば、

RM = /bin/rm

と定義されていた場合、

bin/rm

に置き換えられる。


>$(TEST:.o=.lst)

マクロTESTを展開する際に文字列.oを文字列.lstに置き換える。
例えば、マクロTESTが

TEST = test1.o test2.o

と定義されていた場合には、

test1.lst test2.lst

に置き換えられる。

Qフランジ形軸継ぎ手の軸径

JISを利用しての軸径のけっていで、軸径を仮決定したあとキー溝を考慮するして決定するとなっているのですが、どういうふうに考慮するのかよくわかりません。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

キー(+キー溝)のJIS規格があって、それぞれ軸径に応じた呼び寸法と公差が決められています。独自に設計してもOKですが、キーなどは規格品がありますので、それを利用するのが常識です。

Q正規表現で、htmlタグの td height="100" → td style="height:100px"できますか。

正規表現をつかって、htmlタグの td height="100" になっているところを td style="height:100px"に一発変換したいのですが、
正規表現の書き方がわかりません。
また、100にかぎらず、200、250など、そこの値はばらばらなのを一発変換したいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

秀丸エディタでは置換ダイアログで

 検索(S):「td \fheight\f="\f[0-9]+\f"」
 置換(E):「td style="\1:\3px"」

として、正規表現にチェックを入れて実行すれば
置換できますよ。

Q歯車と軸の固定方法

http://store.shopping.yahoo.co.jp/dendouki/khk-msgb1-60.html
このような、歯車と軸を固定するためのネジ穴がない歯車を軸に固定するにはどのようにするのでしょうか。
軸は外径20mmのアルミパイプの予定です。

Aベストアンサー

#2です。
歯車で動力を伝達するのは大きなトルクや高速回転の場合です。
この手の機械用の歯車は、常時潤滑してないと歯がボロボロになってきます。ですから、ギアボックスなどに密閉して半分油に浸かるようして、使用します。
それに対して、タイミングプーリーは、相手がゴムのベルトのため潤滑は不要です。ただ、多少の伸びはでるのでテンションを必要としますが。今の車にも多く使われています。昔はチェーンだったですけどね。
Vベルトでは同期が難しいのでこういう歯型のベルトとプーリーにしています。
言われているような使い方にはぴったりの動力伝達方式ですね。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dendouki/mtb-p14s5m100a.html

QUNIXシェルプログラミング ${@+"$@"}

「入門UNIXシェルプログラミング」という書籍に以下のような記述がありました。
どうも矛盾しているようで、理解できないのですが、シェルに詳しい方、解説をお願いできないでしょうか。よろしくお願い致します。

以下の文章が、もし「"$@"は""に、"$*"はNULLに置き換わります。」なら理解できるんですが・・・
誤植では、ないですよね…?

(以下引用)--------------------------------------------------------
$*をダブルクウォートで囲むと、1つの文字列になります。$@をダブルクォートで囲むと、それぞれ別々の文字列であると解釈されます。
それならいつでも、「"$@"」を使えば混乱がなくていいじゃないか、と思われるかもしれません。
ところがこれにはこれで落とし穴はあるのです。
位置パラメタに何の値もセットされていない場合、つまり、渡すべきパラメタが何もない状態のときには、"$@"はヌルに、"$*"は""に置き換わります。
ヌルの場合はパラメタとして処理しませんが、""は「何もないパラメタがある」として処理します。どちらを選択しなければならないかは、状況によって判断しなくてはなりません。
一般的には、前節で説明した${variable+value}の形式を使うのが最適でしょう。
${@+"$@"}
こう書くことで、位置パラメタに何もセットされていない場合には何もしない、という条件を作れます。

「入門UNIXシェルプログラミング」という書籍に以下のような記述がありました。
どうも矛盾しているようで、理解できないのですが、シェルに詳しい方、解説をお願いできないでしょうか。よろしくお願い致します。

以下の文章が、もし「"$@"は""に、"$*"はNULLに置き換わります。」なら理解できるんですが・・・
誤植では、ないですよね…?

(以下引用)--------------------------------------------------------
$*をダブルクウォートで囲むと、1つの文字列になります。$@をダブルクォートで囲むと、それ...続きを読む

Aベストアンサー

この記述は、パラメータ無しの時の "$@" の展開が昔と今では違っていることを踏まえて無いので一部意味不明になってます。

例えば、引数が、a "b c" d という3つの文字列のとき、"$1" は a, "$2" は "b c", "$3" は d になります。
"$@" は、a "b c" d の3つの文字列になり、"$*" は、"a b c d" と1つの文字列になります。引用符で囲まず、単に $@ や $* と書くと、a b c d という4つの文字列になります。

で、引数の個数がゼロのとき、"$*" は "" (空文字列) という1つの文字列、つまり "$*" は引数の個数に関係なく常に1つの文字列になります。これに対して、"$@" は「空」つまりゼロ個の文字列に展開されます。

つまり、シェルスクリプトの引数をできるだけそのまま子供のコマンドに伝えるときには、"$@" を使えばいい訳です。これで、引数の個数がゼロ個であれ、たくさんであれ、引数が引用符で囲まれていても常に、親スクリプトの引数と同じ物、同じ個数が子コマンドに渡ります。

ところが、昔の/bin/shでは、引数がゼロ個の時の "$@" は空でなく "" という1つの空文字列に展開されるという仕様でした。このため、「できるだけそのまま子供のコマンドに伝える」という場合には、${@+"$@"} と書く必要がありました。現在のほとんどのshでは、"$@" でOKです。もしかすると古い仕様のままのshがあるかもしれませんが。

この記述は、パラメータ無しの時の "$@" の展開が昔と今では違っていることを踏まえて無いので一部意味不明になってます。

例えば、引数が、a "b c" d という3つの文字列のとき、"$1" は a, "$2" は "b c", "$3" は d になります。
"$@" は、a "b c" d の3つの文字列になり、"$*" は、"a b c d" と1つの文字列になります。引用符で囲まず、単に $@ や $* と書くと、a b c d という4つの文字列になります。

で、引数の個数がゼロのとき、"$*" は "" (空文字列) という1つの文字列、つまり "$*" は引数の個数...続きを読む

QExcel2010で第2軸

Excel2010で2つのデータで散布図を作成し、
片方のデータを第2軸に設定します。
この状態で, 第2軸に設定した方のX軸と第1軸に設定した方のX軸が
別で設定されてしまいます。

例えば、同じX軸を共有して2つのデータを示したい場合、
2つのデータを別々にX軸の範囲などを設定する必要があります。

Excel2003では, 第1軸のデータと第2軸のデータで
X軸を共有していたため、このような問題はありませんでした。

どうすれば、第1軸と第2軸のX軸が連動されるように出来ますでしょうか?

Aベストアンサー

>片方のデータを第2軸にした状態で、且つ第2横軸をなしにした状態でX軸を対数表示にしてみてください。
そうすると基本軸の方だけ対数表示になってしまい、基本軸と第2横軸は連動しなくなってしまいます。

この場合は、基本軸の設定変更ですので、Excel2010ではデフォルトの設定の第2軸とは別の軸になります。

>両方とも対数表示にしたい場合には一つずつ対数表示にして、且つ第2横軸をなしにする必要があると思うのですが、これは合っていますでしょうか?

基本的に、軸の間隔が変更される(例えば対数軸に変更する)ような変更を加えた場合は、軸ごとに設定されるので、いずれの軸も同じ設定にする必要があります。
一方、軸を「なし」に(あるいは軸を選択してDeleteで削除)した場合は、その軸が表示されないだけで元の軸の設定がそのまま引き継がれますので、両方の軸を対数表示したい場合は、いずれの軸も書式を設定する必要があることになります。

Qawkで複数ファイルをよんで$1$2と参照できるでしょうか?

awkで複数ファイルをよみこんでファイル1の$1ファイル2の$2と参照したりできないでしょうか?

Aベストアンサー

>この場合file1とfile2のデリミタを指定するには

デリミタが同じ","の場合
gawk -F, '{A=$1;getline < "file2";print A,$2}' file1

file1が","で、file2が" "の場合
gawk -F, '{A=$1;FS=" ";getline < "file2";print A,$2;FS=","}' file1
(行が読まれる時点でのFSの値で区切られます)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報