『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

昔見たことある日本製紙の広告に、「紙を使うと森林が破壊されると考えている方は多いかもしれない。しかし、日本製紙は製紙のために森林を伐採すると、伐採した分以上の植林をしている。
したがって、紙を使うと森林が増加される。」のようなことが書かれていました。
紙を使うことと森林が破壊されることは直結しない、というのは本当ですか?それとも、植林をしている製紙会社は日本製紙だけですか?

A 回答 (3件)

規模の問題もあります、紙の需要が増えれば森林の再生速度を上回る操業になりますから、操業量をコントロールする必要があります。


日本の製紙会社が使っているパルプやチップの生産地は針葉樹がアメリカやオーストラリア、広葉樹がベトナムやオーストラリア、チリ、南アです。この中だとベトナムがまずいですね、熱帯雨林は表土が薄く、伐採して表土が露出すると、雨で流出してはげ山になる可能性が大きいです。温帯の樹林は表土が保たれますから再生が期待できます。

こういう話は割りばしにもあります、元々、割りばしは植林維持のために間引かれた間伐材を使っていましたが、外食産業がが急伸したときに国内の間伐材では足りなくなって、輸入しましたが、配慮無く無秩序に輸入したため、一部で森林破壊を起こしてしまいました。現在は大手の外食産業が割りばしを使っていないのでこういうことはなくなりましたが、こういう話は報道されません。
    • good
    • 0

同じ論調でいえば、「石油・天然ガス・石炭は、かつて地球上で太陽エネルギーを受けて育った植物に由来するものなので、再生可能エネルギーだ」ということになりますね。



数億年かけて出来上がったものを、2~300年で使い尽くしてしまう「生成・消費の時間密度のアンバランス」が問題なのです。
「太陽光発電」のような「リアルタイムで生成して消費する」なら「再生可能」といえるでしょうが、それだと絶対量が足りません。
    • good
    • 0

一つ大事なことが抜けている。


時間である。
森林が最低限回復するまで何十年かかるか。
さらにそこにあった生態系がまがりなりにも戻ってくるまで、何十年あるいは何百年かかるか。
その間にどれだけの森林が失われるか。

増えているか減っているかはその関係の中で語られなければならない。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q永住可能な巨大人工衛星は現代の技術で製造可能ですか?

地球を回る人工衛星や居住可能な宇宙ステーションは半世紀前から実用化されており、今の生活になくてはならないものとなっています。
それでは、宇宙ステーションよりさらに大きい、人間が永住できる直径数百メートル程度の球形の巨大人工衛星を製造することも現代の技術では可能なように思えるのですが、どうでしょうか。

個人的には、予算の問題さえクリアすれば(おそらく10兆円以上かかるはずで、予算が通る可能性は限りなく低いでしょうが)、作れそうに思います。

Aベストアンサー

球形だと居住性は犠牲になりますね。
遠心力で重力を発生させるにしても、場所によるムラができてしまうからです。
数百メートルではそれほど活動スペースは広くありません。
なので、訓練を受けた人向けになります。

あと、別に球形である必要はありません。
ISSも球とは似ても似つかない形でした。
むしろアニメに会ったようなドーナツ型の方が現実味があります。
隔壁を多くしておけば、スペースデブリなどに撃ち抜かれた際、閉じてその部分を隔離するだけで済むからです。
中で何か事故があったときも同様。
円筒形もちょっとそういうのには無力かな。

あと、「永住」ということについては、何をもって永住とするかの定義が示されていないのでパスします。
それこそ地球上にのように、ということなら、地球環境をほとんど引っぺがして持ってくる必要があります。
地球同様の循環系を維持するために
・エネルギーをどうするか
・物質は何をどのくらい詰め込めばよいか
・生き物は何をどのくらい連れて行けばよいか
・地球における災害は人口地球の事故だが、自己修復能力を持たせた方がよいのか
・閉鎖系と人間とのかかわりについて
・・・
明らかにしなければならないことが山ほどあるからです。
「永住」の定義によって許容範囲は大きき変わります。

球形だと居住性は犠牲になりますね。
遠心力で重力を発生させるにしても、場所によるムラができてしまうからです。
数百メートルではそれほど活動スペースは広くありません。
なので、訓練を受けた人向けになります。

あと、別に球形である必要はありません。
ISSも球とは似ても似つかない形でした。
むしろアニメに会ったようなドーナツ型の方が現実味があります。
隔壁を多くしておけば、スペースデブリなどに撃ち抜かれた際、閉じてその部分を隔離するだけで済むからです。
中で何か事故があったときも同様。
...続きを読む

Q過去の実験で論文を書くことはいけないのですか。

自分で実験を行わず、過去に行われた実験に対して、別の解釈を加える論文は存在していけないのでしょうか。
矛盾のある解釈を指摘し、別の解釈をする行為は、論文として発表できないのでしょうか。ユレイタスの翻訳担当者から、普通の論文ではなく、ショートコミュニケーション論文に変更するように言われています。
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

天文学では他人の観測結果の利用は日常らしいですよ。
また測定の誤りを指摘する論文や、
自分の結果との矛盾を指摘する論文は物理でも
日常的です。

ワトソン&クリックのDNAの発見も、他人や先達のの実験結果の
再解釈が大きいですよね。

誰の実験なのか、論文に書いとけば良いと思います。

Q気温の5度は、10度の半分ですか?

昨夜のNHKテレビで、気象予報士が次のような説明をしました。
「札幌は最高気温が10度でした。東京は5度で、半分でした」
質問は、この ”半分” の使い方は、正しいですか?

Aベストアンサー

0から始まる数列ならたしかに半分ですが、気温はマイナスがあるので単純に半分とは言えないですね。

Q万有引力についての質問です。 全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたので

万有引力についての質問です。

全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたのでしょうか?

自分の考えとしては、地球などの天体だけが引力を持っていても、つじつまは合うんじゃないかと思います。
地球にあるものは、全て地球の中心に向かって引っ張られてるのは、リンゴが木から落ちることでわかりますが、地球が引っ張っているだけでなく、リンゴも地球を引っ張っているのはどういう理由でそうなったんでしょうか?地球がリンゴを引っ張っているだけでもおかしくはないと思います。

例えば、地面にある離れたボールとボールがなにもせず、引力だけでくっつくのを見たことないですし、そういう話も聞いたことがありません。
もしかして、そういう実験をして、もうすでに証明されているんでしょうか?

自分は、数式などがわからないので、言葉だけで中学生に教えるつもりで、説明してくれたら、ありがたいです。詳しい方、是非お願いします。

Aベストアンサー

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ読みで時速60Kmまで加速したとき、途中のメータ読みで、時速20Km、時速40kmのときの速度は、どうして分かるのか。そのときは加速し続けていたので、一定の速度という状態のときはなかった。 加速中は速度は測れないというよりは、例えば、0.5秒間でのタイヤの回転数をカウントできて、タイヤの外周の長さが分かれば、タイヤ外周×0.5秒間での回転数×(2×60×60)で計算したのを、0.5秒間の時速としてもいいだろうと考える方がまともでしょう。 この数式は、0.5秒間での回転数×(2×60×60) で、同じ状態が1時間続いたならばどれだけ回転するかを計算しています。たぶん、小学生でも分かる数式です。

ジェットコースタなどで上から落ちていく場合、長い下り坂を自転車に乗ったままこがずにブレーキもかけずに下る場合、どんどんとスピードがあがります。こういう状態を加速中といいます。速度が上がるのは、下の方向に引力が働き続けるからと言われています。 止まっているモノが動き出す、動いているものの速度が変わる、動いているモノの方向が変わるのは、そのときに力が働いたからだと言われています。 そのような運動に関わる力は、次のように定義されています。
(F =物体にかかる力。m =物体の質量。)としたときに、 F =m×α (ただし、α=物体に働いた加速度)
数式そのものは、単純なかけ算ですから、小学生でも分かります。 ただ、質量に加速度をかけるというイメージがピンとこないことはあるいかもしれません。円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来るようなものと思うのが、とりあえずは良いと思います。 加速度αが一定で変わらない場合、ものの質量も一定ならば、F =m×α ですから、力も一定となります。 そして、時間が経過すると、経過時間をtとすると、 t経過後には、速度は α×t だけ変化します。(単純に言えば、α×t だけ速度が上昇します) 小学生でも分かる数式だと思いますが、この数式も分からないと、この先の説明は難しいです。

《円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来る》という考えは、ビルのような大きなものでも、虫眼鏡でようやく見える小さなものでも同じに適用できるということも示しているのです。 (0.1ミリ未満の物体には体積はない)と考える根拠がないからです。 電子顕微鏡でようやく確認できるような小さなものにも、大きさも、質量もあると考えた方が妥当です。
空を東から西に移動していく太陽や月でも、観測は難しくても、0.1秒間でも移動していると考えた方が妥当です。
鉄球と羽毛を落下させる実験があります。
https://gigazine.net/news/20141105-feather-drop-biggest-vacuum-chamber/
重力加速度を実測する実験もあります。(通常、大気の中で計測しますので、乾電池などの空気抵抗の影響の少ない物体を落下させて測ります)
https://www.3bs.jp/pdf/UE1030300j.pdf
落下させる物体が、重くても、軽くても、羽毛のようなものでも同じように重力加速度が働くのならば、アルミの粉や小麦粉の粉でも、なん十トンもある鉄塊でも、同じ重力加速度が働くと考えるのが妥当です。
しかし、火星や土星付近を飛ぶロケットに働く地球の重力加速度は、とても小さいです。2つの物体間の引力は、2つの物体の質量だけでなく、2つの物体との距離にも関係しています。

ニュートンが提案した万有引力は天体観測結果と数学をつかって導き出した結論だそうです。小学校の計算では出せません。ただ結論は、つぎの数式です。
2つの物体が互いに引き合う力の大きさ(引力)Fは、2つの物体の質量m1とm2の積(m1×m2)に比例し、物体間の距離rの2乗に反比例する。 比例定数をGとすると、 F=G×(m1×m2)÷(r×r) と表される。
Fを表す単位をN(ニュートン)とし、質量m1と質量m2を表す単位をkg(キログラム)とし、距離rを表す単位をm(メートル)とし、比例定数をG(万有引力定数)を表す単位は( m3 kg−1 s−2 :m3はmの3乗・立方メートル、kg−1は(/kg)、s-2は(毎秒・毎秒 /(s×s))で、Gは、0.00000000006674 です。

1000kgの2つの物体の距離が1mの場合、Fを計算すると、66.74ミリNになる。 1Nは、9.80665で割って得た答えの0.102kg重という地球上の重力になるので、66.74ミリNは、地球上の重力に換算すると 6.674mgに相当する。 1m(メートル)の距離にある1トンの2つでさえも6.8mg(ミリグラム)重の力です。アルミの一円玉の1/150程度の力ということです。
地面にある離れたボールとボールやガラス板の上のステンレス球でも、そこに働く引力はとても小さいので、動くのを期待するのは難しいでしょう。 動くのを観察できないから、引力は働かないという考え方は妥当ではないです。

証明というのは、すべてのものについて一つ一つやるものではなくて、簡単に立証できるものについてやって、《「その立証したものと条件が異なる場合には、同じにはならない」というような妥当な推論が可能である》のではなければ、立証できたことを一般化していいのです。 
昨日は確かに男性であると確認できているのならば、今日は確認しなくても男性なのです。 気温や体重が変わっていても、昨日確認できていれば、それでいいのと同じようなものです。 鉄の塊は水に浮かびませんが、形状を船や中が空洞の球にすれば、水に浮くことがあって、そこに浮力の計算方法を発見できて、いくつかの実験でその計算方法で良いことが確認できれば、タンカーでも、深海潜水艇でも、ただの鉄の塊でも、浮力の計算はできるのです。

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ...続きを読む

Q星の光は「今の光」ですよね?

夜空の星は、月や太陽など相対的に近いものを除いて、近いものでも数年前に発せられた(反射した)光が届いていると聞きました。「あなたは今、過去の星の姿を見ているんだよ」と。

でも不思議です。まさに見ている光は「今の光」ですよね。過去に発せられたとしても。身の回りの物にさえぎられているのですから。

過去の光なら、たとえば新しく建てられた建物の中から星の光が見えても、おかしくないのではないでしょうか。

Aベストアンサー

何処を原点に してるのか?の違い・・

今って 何時なんだ?くらい・・

あなたの質問した今は 質問文に「今」と書き込みしてる時間まで ・・

それ以降は過去になる・・

それが 星の光に置き換えられた場合 光を発した星からの距離で 昔の光だとも言えるし あなたの言う 今の光にも なるだけ・・

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q絶対温度 Kの必要性

セルシウス温度+273が絶対温度になるということですが、そしたら絶対温度Kという単位は不要なんじゃないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり絶対温度(K)が便利です。例えば・・・

○ 気体の体積 (ボイルシャルルの法則)
 まあ、「風船の大きさ」ですね。暖めると風船が大きくなることはご存知でしょう。これは、暖めたことで風船の壁に内側からぶつかる原子の運動速度が上がったためといえます。
その場合、もし、20℃から40℃に暖めた場合、大きさは2倍になるのではなく、293K→313Kの比による、約7%大きくなります。
(もっとも、実際には風船の場合はゴムの張力の影響があり、また、完全に冷やしても本当に体積が0になるわけではない(特定の温度で液体や固体となって急に体積が減るが、一方でさらに冷やしてもそれらの体積より小さくならない)のでそれぞれ誤差になることには注意が必要です。)
○ 信号の電子機器の内部雑音 (熱雑音)
 コンピュータや無線機器は、「半導体」(シリコンなど)という物質を使って、小さな信号を大きく増幅することを繰り返しながら動作しますが、この際に問題になるのが「内部雑音」です。半導体は入ってきた信号を増幅するとともに、自分内部で無関係な変動信号(雑音)をわずかながら加えてしてしまうため、入ってくる信号があまりに小さいと出てくる信号が無意味な雑音ばかりになってしまうという欠点があります。
 その内部雑音の原因は、半導体自体の原子の熱振動であり、雑音の強さはまさに半導体の絶対温度に比例しますので、20℃から40℃に上昇した場合も2倍になるのでなく、約7%増加します。
 このような熱振動による雑音を避けるために、より良い半導体を探す研究も続けられていますが、特に小さな電波の信号を扱う天文などの世界では、手っ取り早く半導体を液体窒素などで猛烈に冷やしています。(20℃(293K)から、-190℃(83K)に冷やすと、雑音は本当に1/3.5・・ケルビン温度の比率・・に減少します)

さてさて、いかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり...続きを読む

Q宇宙は無限大の時間、存在していると考える人がいないのはなぜですか?

宇宙は150億年前にビッグバンによって誕生したと、多くの物理学者は考えています。
でも、そうなると地球の年齢が50億年なので、宇宙が誕生してから3分の1もの期間、地球が存在していることになります。
地球に比べると宇宙は果てしなく広いのに、存続時間は3倍程度しか変わらないのは納得できません。
宇宙の年齢は150億年でなく少なくとも京、垓といった膨大な時間、もしくは無限大の時間、存在していると考えることはできないのでしょうか。

Aベストアンサー

昔は定常宇宙論が主流でしたよ。
アインシュタインだって宇宙項で宇宙を定常なものに
しょうと努力しました。

宇宙膨張とかCMBとか、都合の悪い事実が見つかる度に
修正をよぎなくされて、しぼんでいっただけです。

今の観測結果を綺麗に説明できるモデルを発明すれば
復活するかも。だいたい、宇宙の殆どを占めるダークマターも
ダークエネルギーもなんだかさっぱり分かってないので、
将来大どんでん返しがあるかも(^^;

しかし、時間スケールと空間スケールは連動しなければ
変と思うのは何故でしょう?
根拠がわかりません。

Q無農薬野菜には発がん性がある?

最近読んだ分子生物学者三石巌さんの著書「医学常識はウソだらけ」の中で、「農薬を使わずに作物を育てていると土壌の中で増えた細菌が空気中の窒素を使って硝酸を作り、これが作物の中に入り込むと亜硝酸となる。この亜硝酸が体内のアミンと結合すると発がん物質になる・・・従って無農薬野菜には発がん性がある。」という趣旨のことが書かれています。未発酵有機肥料が持つ硝酸態窒素の危険性については承知していましたが、土中細菌による亜硝酸のことは初耳です。有識者のご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

はい、あります。ただそれは無農薬でも農薬を使っても一緒。無農薬だと野菜の防御反応が強まりますから多少は強いかもしれませんが、その差はわずか。確か2000年代に英国の研究で無農薬野菜と農薬を使った野菜で栄養的に有意な差はないという研究結果が出ていたはず。
 そもそも硝酸態窒素→亜硝酸→発がん性物質生成(ニトロソアミン)説なんて現代ではほぼ否定されていると思うんですがね。実際、ヒトの体内で硝酸態窒素から亜硝酸は生成されるわけですし、土壌細菌があろうがなかろうが一緒。それに化学肥料を使っているからといって土壌細菌がないわけでもないですし。

 ちなみに日本じゃ野菜に「無農薬」って銘うって販売すると違法なんですが、このセンセイはそれはご存じなんでしょうかね。「無農薬野菜」なんてどこで買うのか。

Q地震によって沈んだプーレートはどうなっているのでしょうか? またプレートが沈むことによって地球は小さ

地震によって沈んだプーレートはどうなっているのでしょうか?
またプレートが沈むことによって地球は小さくなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

地震でプレートは沈みません。
話は逆で、異なる運動をするプレート同士の境界線に歪みがたまって、地震となります。

地震がプレート運動を生むのでなく、プレート運動の一部が地震なのです。

太平洋プレートの場合、プレートはハワイあたりの火山で作り出されます。
その後アメリカと日本の両方向に広がっていき(他の方向にも広がりますが)、アメリカの手前で北アメリカプレートと出会い、日本の付近でユーラシアプレートと出会います。
その結果、太平洋プレートは横に広がることができなくなり、下に進路を変えることになります。(上に変えるとアルプスやヒマラヤのような山脈を作ることになる)

このようにプレートは、生み出され、移動し、沈むという、ベルトコンベヤーのような動きをしています。
したがって、ベルトコンベヤーの長さが変わらないのと同様、沈み込みによってプレートが縮小することもありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング