こんばんは。少し複雑な話なのですが、どうかいいアドバイスをお願いします。
 実は、私はA会社の所長を勤めておりました。私個人が会社の営業店舗をBさん(大家)から賃貸し営業する対価として、会社と契約し、給料・店舗家賃とは別に店舗内装費(投資分)を月々もらっておりました。
 Bさん(大家)には当初からそのことを話しており、私の定年がきたら次の所長に代わるが、店舗内装費の多額の借金もあるので、契約はそのままでお願いしたいと申しておりました。
 そのため、契約書には「転貸借をみとめる。ただし契約を更新する」、また、覚書には「転貸借をしたときには、賃料の増額ができる」と記載してありました。
 そして、このたび私が定年を迎え、新しい所長が就任したわけですが、やはりBさんは(大家)家賃の増額を申し出てきたのです。しかしながら、調べてみると、私が賃貸している店舗の家賃は隣の店舗と比べて高かったのです。
 私としては借金の返済もありますので賃料はこのままでお願いしたいと申し出たのですが、それでは契約が違うと、へんな条件をいろいろつけられております。
 最初は話のわかる大家だったのですが、営業に必要な設備の交換には文句をつけ、4年前にも新しく入居した隣の店舗の賃料条件と同じだといわれ大幅な賃料改定がありました。
 私としては今まで契約上、違反することはしていないと思っております。
 また、今度の件について、私の権利等を新しい所長に譲渡することも考えましたが、新しい所長は貨車の事務的な所長であり、会社としてもその意向です。
 私の考えが間違っているのかもしれませんが、何かいいアドバイスがあればお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

店舗や飲食店等では「造作譲渡契約」をよく利用します。

これは法的には借家権の譲渡です。家主に転貸借を認めてもらうよりこの方が法的にスッキリします。但し、造作譲渡をする場合には、家主の承諾を要しますので、造作譲渡承認料の提供が必要でしょうね。

つまり、会社としては二つの契約をするのです。一つは質問者と内装費残額相当の造作譲渡契約、二つ目は家主と建物賃貸借契約です。造作譲渡承認料は、一般に旧賃借人が負担するのですが、これは会社に負担させればよい。また、会社が資金的に困難な場合は、三つ目として、質問者と会社間で残額相当に付き、金銭消費貸借契約を締結することです。

なお、当該営業所の保証金については、家主と直接授受しても、また造作譲渡契約を経由して家主に渡しても、話し合い次第です。但し、会社は新規契約扱いですから、事前に家主に契約の趣旨を話し、新規賃貸借条件を詰めておくことです。

賃料が高いの、安いのという事は、その後ユックリ料理していけばよいのですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q覚書の収入印紙に付いて

収入印紙について質問です。
会社で支払いが滞っているお客さんがいるのです。
つもりつもってかなりの額になっており、回収できない分の仕入を会社が借入して補っている状態です。
早く回収して、会社の借入金も返済したいのですがそのお客さんもお金が無いようでまだまだ回収に時間がかかりそうです。
会社は借入金の利息を負担しているのでかなりの損害が出ています。
そこでそのお客さんから損害賠償として支払いの遅延利息を頂くことになり、その証明として覚書を作成しました。

そこで質問です。その覚書には、

1.今までの未払金額○○円があることを認める
2.未払金に対する遅延利息○○円を支払う

といった内容が書かれていますがこの覚書に収入印紙は必要でしょうか?
また、必要だとしたらいくらの印紙を貼ればよいのでしょうか?
どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

♯3です。

>相手が金融機関から担保力いっぱいに借入をしていても効果はありますか?

現在、他にめぼしい資産がないということですね。了解です。

ところで、そうした状況にありながら、ご質問者が「債務弁済承認契約書」を作られるのは、今後、お客さんの資産回復が見込まれ、そのときに備えて進行中の時効を中断しようとされているのですよね。

そういうことならば、印紙税は余計にかかりますが、いっそ金銭の準消費貸借に切り替えた方が時効期間が長くなるので、これも一策だと思います(2年→5年)。

また、もし本当に、将来、資力の回復が見込めるのであれば、そのときには公正証書も多少は意味が出てくると思いますが、いかがでしょうか。

いずれにしても費用が余計にかかります。事情も判らぬまま差し出がましい口をききまして申し訳ございませんでした。

Q転貸借における転貸人の賃料不払い

 今、店舗を借りている友人がいます。その店舗は転貸借です。
大家さんがXに店舗用の部屋を貸し、Xが私の友達に
大家さんの「承諾を得て」転貸借契約をしました。
1つの店舗を2つに仕切った片方を「又借り」したそうです。

 そして、問題は「Xが大家さんに6ヶ月分の賃料を払っていない」そうです。
大家さんから転借人である友達に家賃のことについて相談を受けました。
 現時点ではまだ賃貸借契約、転貸借契約は存在しています。
大家さんから直接、転借人に家賃の請求はできるとして、
転借人は大家さんに直接、家賃を渡そうと思っているそうですが、
今までの不払いになった家賃6ヵ月分はどうなるのでしょうか?
 転借人が支払期日に転貸人Xに払った賃料は、
大家さんに対して「もう、払いましたから。」と言えるのでしょうか?

 そして、賃貸借契約が転貸人の賃料不払いにより解除された場合、
賃貸借契約の消滅によって転貸借契約も運命を共にし
消滅するとは聞きましたが、
現時点で賃貸借契約が解除された場合、
その6ヶ月分の賃料不払い分の運命はどうなるのでしょうか?
 転貸人の無資力というその危険は、
大家さん持ちとなって、大家さんが「賃料不払い」として転貸人に請求するのですか?
それとも、転借人である友達が「6か月分の家賃を返してよ!大家さんに払うから!」
と転貸人に言うべきですか?

 これからの方針としては、3者の合意で転貸借契約を解除して
直接、大家さんとの賃貸借契約を新たに結びたいそうです。

 転貸借契約が解除された場合、
今まで不払いになった家賃は、大家さんもち?転借人もち?の質問です。


 どうぞ、よろしくお願いします

 今、店舗を借りている友人がいます。その店舗は転貸借です。
大家さんがXに店舗用の部屋を貸し、Xが私の友達に
大家さんの「承諾を得て」転貸借契約をしました。
1つの店舗を2つに仕切った片方を「又借り」したそうです。

 そして、問題は「Xが大家さんに6ヶ月分の賃料を払っていない」そうです。
大家さんから転借人である友達に家賃のことについて相談を受けました。
 現時点ではまだ賃貸借契約、転貸借契約は存在しています。
大家さんから直接、転借人に家賃の請求はできるとして、
転借人は...続きを読む

Aベストアンサー

>今までの不払いになった家賃6ヵ月分はどうなるのでしょうか?

まず結論を。
支払義務があるのは転貸人X氏で、大家はX氏に支払要求を行うべきで、転借人には支払義務は発生しないと思います。


契約書の条項がどのようになっているかどうかわかりませんが、転借人が大家に直接支払うようにした後に転貸人から支払要求を受ける可能性があると思います。この点を潰しておかないと、最悪二重に負担することになりかねません。

手順を踏むならば
1.大家が転貸人に支払督促
2.異議はでないでしょうから、そのご大家が転借人が支払う家賃を差し押さえる
ということを行えば、すっきり行くと思います。
こうしておいてから、既存の賃貸借契約と転貸借契約を解除して、転借人と大家の間で新規に賃貸借契約を締結すると良いと思います。


>大家さんから直接、転借人に家賃の請求はできるとして

とありますので、後半部分は不要だったかもしれません。

Q領収証の収入印紙の金額が違ったら

こんにちは。
相手の会社への支払いとして手形を譲渡しました。
そのときにいただいた領収証に貼ってある収入印紙の金額が違うことに気づいたのですが・・・
500万円を超えている場合で1,000万円以下は2,000円の収入印紙を貼ると思うのですが、1,000円分しか貼ってありません。
これは相手の会社に言うべきことですよね??
消費税分も含めた金額で収入印紙の金額って決まるんですよね??
頼りない事務員に教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>これは相手の会社に言うべきことですよね…

あなたには脱税を摘発する資格はありませんから、あえて言うことはないでしょう。いやな事務員と思われるだけです。
印紙の額が足りなくても、領収証としての効力に代わりはありません。

>消費税分も含めた金額で収入印紙の金額って…

消費税額が明記されている場合は、税抜き価格を基に印紙が決まります。消費税額が明記されていなければ、税込価格で判断します。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/7124.htm

Q店舗賃貸借契約解除に伴う内装の明け渡し

テナント経営をしています。
借主が半年以上滞納して、どこかに雲隠れして連絡が取れない状態です。
契約書には2か月以上滞納した場合、契約解除できるとあるので、借主の自宅に契約解除書の内容証明郵便を送り(借主の家族が見る)、契約は解除しようと思っているのですが、借主が直接お金をかけた内装のことについて教えてください。

店舗を貸す前に取り交わした契約書に…
「明け渡しするときは、室内の内装及び備品等を現状に復したうえで引き渡しする」とあります。

ということは契約解除して、そのままの状態の内装で次に借りたいと言っている人に店舗を貸しても問題ないのでしょうか?
もし、問題があればどのようにしたらよいか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正式な手順をというと、契約解除・家賃支払い・明け渡し請求の裁判をしなければなりません。契約書に「2ヵ月以上滞納した場合は契約解除できる」と記載してあっても、それが確実に有効であるとは言えません。有効に契約解除させるためには、合意により解除するか、裁判によるものでなければなりません。

まずは、連帯保証人に滞納していることと、本人と連絡を取れないかを確認してみて下さい。そして、本人と連絡がとれるようであれば、早急に退去するように説得してもらってください。
内容証明郵便の内容としては、滞納している金額を提示しその支払い要求と、書面到達から○日以内に未納分の支払いがない場合は、契約解除をするという意思表示をしておいて下さい。そうすれば、質問者さんの方から契約解除の意思表示をしたということが証明されます。
その店舗の職種にもよりますが、借主がしていった内装が今後のためにもなるようでしたら、内装や残していった備品などは所有権を放棄したものとみなし処分します、と記載しておけばいかがでしょうか?

これで相手方から何も連絡がなければ、訴訟をすることになります。

質問者さんの質問に直接回答することにはなっていませんが、質問の内容のことを心配するよりは、正式に契約解除をし物件を明け渡しさせることが重要です。借主と連絡がとれるようになれば、その時に内装や備品のことをお話しされればいいし、借主と連絡がとれなければ、裁判中でその内装等について主張をすることになります。
何となく、質問者さんは契約解除の通知だけ出せば、あとは勝手にできると思ってしまっているかもしれませんが、そうではありません。

滞納をし、連絡が取れなくなった借主と、どのような手順で契約解除と明け渡しをさせるか?ということが、それほど難しい問題だということです。
ただ、2ヵ月滞納であれば無理だと思いますが、6ヵ月分以上滞納しているのであれば、契約解除は裁判所でも判断してくれるでしょう。(というより、被告は欠席するだろう)
まぁ、判決が出ても、最も厄介な問題点は、その後のことですが。

ただ、あくまで裁判は他に手段がない場合のことです。借主の家族と会うことができれば、その方を味方に引き込んで交渉するのも方法であり、その方が損失は少ないでしょう。
敷金は何ヵ月分くらいあるのでしょうか?
それによっても違いますが、滞納分と相殺しても滞納分の方が多いということでしたら、それを免除するかわりに内装や備品をそのままにするということで交渉するのもいいと思います。(内装や備品が次の人にも利用できそうなものであれば・・・ですが)
敷金の方が滞納分より多くても、早めに対処するようにしましょう。裁判なんてやっていると何ヵ月もかかってしまいますので。
質問者さんには、借主に滞納分を請求できる権利や原状に戻して返却するように要求する権利がありますが、その全てを実現させることは無理なことが多いです。それができれば、滞納なんてしないです。ある程度、質問者さんの方が妥協することで交渉をスムーズにさせて、合意によって退去させるということが最善であることが現実的で、損失も少ないです。

正式な手順をというと、契約解除・家賃支払い・明け渡し請求の裁判をしなければなりません。契約書に「2ヵ月以上滞納した場合は契約解除できる」と記載してあっても、それが確実に有効であるとは言えません。有効に契約解除させるためには、合意により解除するか、裁判によるものでなければなりません。

まずは、連帯保証人に滞納していることと、本人と連絡を取れないかを確認してみて下さい。そして、本人と連絡がとれるようであれば、早急に退去するように説得してもらってください。
内容証明郵便の内容...続きを読む

Q工事請負契約書に貼る収入印紙の金額についての質問です。

工事請負契約書に貼る収入印紙の金額についての質問です。
請負代金額¥10,185,000-
うち取引に係る消費税及び地方消費税の額¥485,000-
上記の場合、契約書に貼る収入印紙の金額は1万5千円でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

『消費税の課税事業者が消費税及び地方消費税(以下「消費税額等」といいます。)の
課税対象取引に当たって課税文書を作成する場合に、消費税額等が区分記載されているとき
又は、税込価格及び税抜価格が記載されていることにより、その取引に当って課されるべき
消費税額等が明らかとなる場合には、その消費税額等は印紙税の記載金額に含めないことと
されています。』
http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm

ということで、請負に関する課税対象となる契約金額は
9700000円ですから、収入印紙は10000円になります。
印紙税の一覧表は税務署においてますから、最寄りの税務署でもらうなり、
ネットで引っ張り出してくるといいでしょう。

Q貸店舗の契約解除か家賃値上げをしたいです。

貸店舗の契約解除か家賃値上げをしたいです。

一般的な契約方法(借地借家)でテナントを貸している者です。
次回の契約時に貸し店舗の家賃の値上げをしたくアドバイスを頂きたいです。

1階が貸し店舗で飲食業。2階が私共の住居です。
1階のお店の騒音が毎日、酷く困っています。(遊びに来る友人達もうるさいと言います)

不動産屋を通してある程度の音は仕方がないと思いますが、あまりにも酷い音と振動に関しては何度も改善を申しているのですが、2~3ヵ月後には元通りに。いたちごっこ状態です。
その他にも敷地内のタバコの吸殻や店の前で店長含め従業員達が酔っ払い夜中に騒ぎ近隣に迷惑行為。契約外の敷地に勝手に自動販売機を設置。など色々と問題を起こす会社です。
社長に文句を言うのですが、反省をしているのかどうか解かりません。

前回の契約の1年前には、正当事由を述べ、解約を申し出たのですが、相手が改善を約束したので再契約をしました。
ですが、結局はうそを付かれた感じです。(夜中に店頭で騒ぐ行為やタバコの吸殻などは改善しましたが)

次回の契約は解除が1番の希望です。
それが無理なら、最低でも家賃値上げです。
最悪は相手が応じなければ私共の持ち家ですが、私達が引っ越すしかないかもと考えています。(私共、家族が毎日の騒音、振動によるストレスを理由に引っ越す場合、条件などの提示はできますか?)

簡単な説明ですが、このようなケースの場合、家賃の値上げなど出来るのでしょうか?
仲介不動産屋も当てに出来ません。

なにか良い知恵やアドバイスをいただけないでしょうか?

宜しくお願い致します!

貸店舗の契約解除か家賃値上げをしたいです。

一般的な契約方法(借地借家)でテナントを貸している者です。
次回の契約時に貸し店舗の家賃の値上げをしたくアドバイスを頂きたいです。

1階が貸し店舗で飲食業。2階が私共の住居です。
1階のお店の騒音が毎日、酷く困っています。(遊びに来る友人達もうるさいと言います)

不動産屋を通してある程度の音は仕方がないと思いますが、あまりにも酷い音と振動に関しては何度も改善を申しているのですが、2~3ヵ月後には元通りに。いたちごっこ状態です。
その...続きを読む

Aベストアンサー

普通は契約書にそういった場合の対処方法が書いてあるはずですが・・・

うるさいから家賃値上げというのは無理ですが、
「周りに迷惑をかけて改善されない場合、契約を解除する」という項目はあって当然です。
1度忠告しても改善されなかったのですから契約解除は妥当でしょう。

もし契約書に書いてなかったのなら改めて契約書を作成し契約しましょう。

Q収入印紙の金額について

家を新築することになったのですが、工事請負契約書に収入印紙を貼りますよね。その金額の質問です。
契約する金額は1700万円なのですが、業者さんには1万5千円の収入印紙と言われたのですが、職場で聞くと、1千万~5千万円は、2万円分の印紙と言われました。
正しくは、いくらでしょうか?

Aベストアンサー

本来ならば工事請負契約書の場合、1700万円の契約であれば収入印紙は2万円分が必要ですが実は軽減されることがあります。
建設業法第2条第1項に規定する工事の請負で、
契約金額が1千万円を超え、
平成9年4月1日から平成19年3月31日まで
の間に作成されるものは印紙税額が軽減されます。

早い話、今ならお得です!  って感じ。
よって1万5千円の収入印紙を持っていけばOKです。

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/H/H010000#2

Q店舗契約更新前の家賃滞納(借主)

飲食店として借りて、あと6ヶ月で4年の契約期間が終了して契約更新となります。(家主は不動産屋)
今まで30年以上更新して営業してまいりましたが、最近の物価値上がりの為採算が採れなくなり家賃の支払いが出来ない状態になりました。
保証金は家賃の約10ヶ月分以上あります。次の更新は諦めております。
この保証金を家賃に充当して貰うよう家主にお願いしましたが、拒否されました。理由は「現状復元の費用に当てるため」とのことですが、店舗の現状を復元する為には保証金の1/3以下の費用で出来ます。
この家主は他の物件も持っていて、借主が出て行くときには「家主の指定した業者でなければ復元工事は認めない」といつももめています。契約書にはその記載はありません。
以上のような状態ですが、家賃を保証金で充当してもらう方法は違法でしょうか?
また、契約期間満了まで家賃を滞納した場合、どのような結果が予想されるでしょうか?
説明が下手で申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

問 「満了前に立退きを要求される可能性があります」
とありますが、要求された場合は内容証明とか裁判になってすぐ立ち退きする事になるのでしょうか?
または、立ち退きを要求されてからどれくらいの期間で実際に立ち退かなければならないのでしょうか?

答 立退き請求の前提として賃貸借契約の解除がなされますが,継続的契約が信頼関係の破壊により解除された場合には,即時解除が可能です。
 そこで,立退き請求を受けたら,(別に内容証明郵便や裁判によらずとも,)法律的には,立退き要求されたその日に出て行かなければなりません。

 ただ,実際には,その日にすぐ出て行くことはできずに,準備ができるまで居座ることが多いのですが,立退き要求された時点以後の占有は,権原のない不法占有になりますから,これに対しては大家から,家賃相当額の不当利得返還請求(民法703条・704条)を受けることになります。

 この不当利得返還請求は期限の定めのない債務ですので,請求された時点から履行遅滞になり(民法412条3項),法定利率(年6%:商法514条)による遅延利息が付いていきます。

 この返還請求額についても,支払がなければ,大家は,敷金から充当することになります。
 

【民法】
http://www.houko.com/00/01/M29/089.HTM 

問 「満了前に立退きを要求される可能性があります」
とありますが、要求された場合は内容証明とか裁判になってすぐ立ち退きする事になるのでしょうか?
または、立ち退きを要求されてからどれくらいの期間で実際に立ち退かなければならないのでしょうか?

答 立退き請求の前提として賃貸借契約の解除がなされますが,継続的契約が信頼関係の破壊により解除された場合には,即時解除が可能です。
 そこで,立退き請求を受けたら,(別に内容証明郵便や裁判によらずとも,)法律的には,立退き要求されたそ...続きを読む

Q収入印紙の金額について

はじめまして。
収入印紙の金額について教えてください。

家の解体を知人に頼まれ、個人的に行う事になっています。
工事請負契約書を書き収入印紙を貼る段階なのですが、金額がわかりません。


費用)100万円
税金)5万円
の工事となります。

ネットで検索したのですが、税金を金額に含めるか否かで確信が持てません。

No.7102 請負に関する契約書の
100万円以下のもの 200円 に該当するのか
100万円を超え 200万円以下のもの 400円 に該当するのか
どちらが正しいのでしょうか?

詳しい方、金額を教えていただければ幸いです。


知人は「簡易的な書類でいいから収入印紙は不要」と言っているのですが、収入印紙を貼らない場合不具合が生じる恐れはありますか?


なお、役所等には届出をして、解体した木材等はきちんと処理をお願いする事になっております。

Aベストアンサー

契約書の書き方によって変わります

費用100万円消費税5万円とするのであれば、100万円なので200円の印紙

http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7124.htm

>知人は「簡易的な書類でいいから収入印紙は不要」と言っているのですが、収入印紙を貼らない場合不具合が生じる恐れはありますか?

脱税行為で後で咎められます(^_^;

Qオフィスの賃料増額請求に対する対応について

都心にある築十数年のオフィスビルに賃借人として8年ほど入居しておる会社の者です。
先日、契約更改を前にして、ビルの賃貸人から現状の約30%強の賃料増額の申し入れがありました。増額の理由は近隣相場に比して現状の賃料が安くなっているからとのことでした。
100坪ほどのオフィスのため30%の増額は年間にするとかなりの金額となります。
ちなみに私のビルの契約形態は、賃貸人、賃借人、転借人(私)の3者が存在しております。
いわゆるサブリース契約です。
確かに現状の賃料は近隣の新規募集賃料と比べると、30%ほどの乖離があります。
もちろん相場との乖離がある以上は、一方的に現状維持を主張するのも虫のいい話かもしれませんが、まだまだ景気は先行き不透明で、一介の中小企業の立場としては、できるだけ固定費増のリスクは抑えたく、できれば現状の5%程度で先方と合意をしたいと思っております。

ネットなどで調べると、まず任意交渉を行い、それで合意に至らなければ、次に調停を行い、
それでも双方が合意をしなければ、裁判で適正な賃料を決定するということになるだろう
と言うところまではわかりました。もし下記に関しておわかりになる方がいらっしゃったらどうぞ下記に関してアドバイスをいただければと存じます。

1)賃料増額請求訴訟を起こされた場合、裁判所ではどのようにして適正価格が決まるのか?
2)最近の判例の傾向はどのようなものか?
3)そもそも多数の物件を抱える不動産会社がいちいち訴訟を起こしてまで、テナントとの関係を悪化させてまで、増額請求を強硬に行うものか?

ちなみに当方は従業員100人に満たない中小企業です。
また、先方は業界では大手とは言えないかと思いますが、ある程度の規模と名前のある不動産会社です。
以上何卒よろしくお願い申し上げます。

都心にある築十数年のオフィスビルに賃借人として8年ほど入居しておる会社の者です。
先日、契約更改を前にして、ビルの賃貸人から現状の約30%強の賃料増額の申し入れがありました。増額の理由は近隣相場に比して現状の賃料が安くなっているからとのことでした。
100坪ほどのオフィスのため30%の増額は年間にするとかなりの金額となります。
ちなみに私のビルの契約形態は、賃貸人、賃借人、転借人(私)の3者が存在しております。
いわゆるサブリース契約です。
確かに現状の賃料は近隣の新規募集賃料と比...続きを読む

Aベストアンサー

1.適正価格
  近隣の同程度の規模、築年数及び同じビル内のテナントの賃料から算出することが多いです。

2.判例の傾向
  妥当な賃料であれば貸した方が有利な判決が多いですが、実際にはそこまで行かずに、「テナント側がノーペナで退去する」か「申し出の9割方承諾する」ような「和解」の例の方が多いです。

3.2に関連しますが、「和解」の結末が多いので訴訟に至らず弁護士が入った時点で話し合いによる解決にもって行くことになると思います。
  ある程度の規模の不動産会社は相応のスタッフがいますから、「いちいち訴訟云々」は冗談ではなく、実際にやるところも多いですよ。

土地柄(繁華街に近い等)にもよりますので一概には言えませんが、住宅用の賃貸借物件と違って「居抜きで使うことが少ない事業所用」の物件は近隣のテナント料に合わせる傾向は強いです。
同じビルの他のテナントの入居状況によっては(たとえば空きがある)、5~10%でも話し合いは可能と思われますが、他も満室のような例だと相手も強気になると思います。

一度弁護士に相談されるべきです。

私の申し上げた例は東京23区・横浜市周辺・さいたま市周辺での経験に基づくものですので、ご質問のビルの地域には当てはまらないかもしれませんので念のため。

1.適正価格
  近隣の同程度の規模、築年数及び同じビル内のテナントの賃料から算出することが多いです。

2.判例の傾向
  妥当な賃料であれば貸した方が有利な判決が多いですが、実際にはそこまで行かずに、「テナント側がノーペナで退去する」か「申し出の9割方承諾する」ような「和解」の例の方が多いです。

3.2に関連しますが、「和解」の結末が多いので訴訟に至らず弁護士が入った時点で話し合いによる解決にもって行くことになると思います。
  ある程度の規模の不動産会社は相応のス...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報