教えて!goo限定 1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

こんにちは

 無線の受信感度について教えて下さい。
 受信の感度を示すのに「μV」という単位があるようですが、
 これはどうみればいいのでしょうか?

例)
 0.5~2MHz   1.5μV(NFM)2.5μV(AM)
 2~470MHz   1.0μV(NFM)2μV(WFM)1.5μV(AM)

 上記データはカムニス HSC-350 のデータです。
 数字が高いのはナニを意味するのでしょうか?

 また、以前質問を差し上げたことがあり、そのアドバイスから
 現在この機種と IC -R5 とで悩んでいます。初期投資は R5 が
 安いのですが、総体的には感度がよく明瞭で、使いやすく、
 維持費が安いものを、と考えています。

 よろしくお願いします。goo!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>その数値はアンテナが捉えた空中線の電圧です。



これは定義として間違っています。

たしかに、受信機はアンテナがないと、信号を捕らえられませんが、アンテナから受信機へ
届くまでに信号レベルは変わります。

「受信感度」は、受信機入力端で測定するしかありません。
信号発生器(SG:Small Signal Generator)からの信号を、直接受信機へ入れて測定します。
これが「受信感度」です。

一例ですが、VX-7のカタログを見つけてきました。
http://www.qtc-japan.net/2001/02_products/vx-7/s …

これで見ると、AM/SSB/CWはすべて「10dB S/N」、NFM/WFMはいずれも「12dB SINAD」と
注記されています。
「」内は測定法です。
おそらく、HSC-350にもこの注記があると思います。
どういう測定法であるかが注記されていなければ、数値の意味がありません。(^_^;))

1. 10dB S/Nの測定法
 信号入力がないときに、ボリュームをある程度上げるとザーッというノイズ(Noise)
 が聞こえます。
 これに、SGから信号を入れてやると、信号(Signal)が強くなるにしたがって、信号が
 鮮明に聞こえてきて、ノイズとの差が開いてきます。
 信号の強さに対するノイズの強さ(S/N比)が電圧比で3.16:1になったときが、10dBです。
 このときのSGの出力をμVで表示したものが上記の「感度」です。
 ですから、この数値が小さいほど・・・小さい信号レベルでもノイズとの開きが
 大きくなるので・・・「感度が良い」ことになるわけです。

2. 20dB SINADの測定法
 これは、前記のS,Nの他に歪:Distortionを測定数値に加えます。
 詳細は下記を参照ください。
http://www.cqpub.co.jp/term/signaltonoiseanddist …

3.dBμについて
 これも電圧レベルの単位です。範囲が広いので対数で表します。
 測定の世界では、dBmで表示されることもあるので、併記しておきます。
 0dBmは50Ωの終端に、1mWの電力が発生するときのレベルです。(m=mW)
     1μV   0dBμ  -107dBm
   10μV   20dBμ   -87dBm
  100μV  40dBμ   -67dBm
  1mV   60dBμ   -47dBm
  1V    120dBμ   13dBm
dBμの後に[V]を付けると分かりやすいですが、付けないのが正式表示です。

IC -R5 は検索したのですが、見つかりませんでした。

受信機の性能は、感度も大切ですが、それ以外にいろんな要因があります。
総合的に判定すべきと思います。

参考URL:http://www.cqpub.co.jp/term/signaltonoiseanddist …
    • good
    • 1

感度とはその受信機の能力を現す数値です



0.5~2MHz   1.5μV(NFM)
         ↑
       数値が小さいほど受信感度が良い
       

       2.5μV(AM)
         ↑
       数値が小さいほど受信感度が良い


しかしAMとNFMは感度の測定基準が違いますので単純に比較はできません

しかし機械を出荷前に受信感度等を測定して

0.5~2MHz   1.5(NFM)2.5μV(AM)
 2~470MHz   1.0μV(NFM)2μV(WFM)1.5μV(AM)
以下のものを良品をして出荷します

同じ受信機でも、良いの受信機に当ると -3μVとか良い機会にあたるこもあれば、規格ぎりぎりの1.5だったりします

この数値は受信性能の最低の保障ラインです

実際の機械を測定するとここの受信機によりかなり差がでますし殆どの受信機ではこの数字より良い数字がでます
    • good
    • 1

その数値はアンテナが捉えた空中線の電圧です。


μV(マイクロボルト)です。1/100万ボルトってことです。

その微弱な電波を捉えたことを検知できるだけなのか、音声が聞き取れるかどうかの区別は書いていませんね。
WFMとAMでは同じ微弱でもAMの方が聞き取り易さに勝っているでしょうね。

感度って表現するのは難しいのでその表記のしかた(何μVか)は一つの目安と考えましょう。
その数値がちょっとでも大きい機種が実際に聞いたときに聞き易いかと言えばノーでしょう。

信号処理の段階でノイズが載ることは十分にあります。
ある機種は受信後の処理がウマい為に音声がクリアだったりすることだってあります。
Camnis HSC-350がどうかは判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、必ずしも数値の大小で決まる訳ではないんですね。
IC-R5 の受信感度表記単位を見てみたら「dBμ」と、
これまた違った単位になっています。
うーん、よくわかりません。笑

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/12/06 14:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアマチュア無線機の受信感度について教えて下さい。

現在、ジムニーにスタンダードのft-7800、軽トラにヤエスのft-8100を装着して運用してるのですが、相手が同じ局長さん、同じ場所なのに受信感度が違います。何が原因かわかる方教えて下さい。ケーブル、アンテナは購入時期は違いますが、同じ使用のものを使っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

面倒でなければ無線機を一時的に交換してみてはどうでしょう。
受信感度が悪いのは、同軸から先なのか、無線機本体か分かります。
無線機が悪ければ、どちらの車でも、同じような感度になると思います。
まさかとは思いますが、電力が充分に供給されていなかったりして。
シガーライターからの受電の問題は良くあることだと思います。

QdBμV/mとdBμVとdBm

教えてください!
dBμV/mとdBμVはどういう関連があるのでしょうか?
また、数値的に換算できるのでしょうか?
dBμV/mをdBmに換算するにはどのように計算すればよいのでしょうか?
仕事上知りたいのですが理系ではない自分は理解できません・・・
どなたかお教えください!!!

Aベストアンサー

dBμV/mは電界強度です 空間の電波の強さを示します /m 1mあたりを意味します

dBμVは電圧です 1μVを基準にしたときの電圧です
20dBμV であれば 10μV になります

dBμV/m と dBμV は 他の条件を仮定しないと換算できません

なお dBm は1mWの電力を基準にした電力を示します 負荷抵抗・インピーダンスを仮定すれば 電圧としても求められます

QNQ法及びSINAD法による感度測定

FM無線機の感度の測定方法について質問です。
測定方法は下記の通りで合っていますか?。

NQ法
接続:SGをマイク端子等から無線機に入力し、スピーカー端子等へレベル計を接続し、出力を測定する。

(1)SGから搬送波周波数は無線機のものに合わせ、変調周波数1000Hz、20dBμVの正弦波を加え、70%変調状態とし
 その時のレベルを読む。
 ※70%変調状態は、周波数偏移が許容値の60%となる変調入力を加えた状態らしいので、例えば周波数偏移の許容値が5kHzであれば
  周波数偏移が3kHzになる入力に調整する
(2)SGを無変調にする。
(3)この時の測定値が、(1)で測定した値より20dB低い値となるようにSGのレベルを調整する。
(4)その時のSGのレベルが感度になる。

SINAD法
接続は同様で、レベル計の所に歪率計を追加する。

(1)SGから搬送波周波数は無線機のものに合わせ、変調周波数1000Hz、受信機入力電圧60dBμVの正弦波を加え、60%変調状態とし
 その時のレベル及び歪率を読み、その値を加算する。
(2)SGを無変調にし、その時のレベル及び歪率を読み、その値を加算する。
(3)再度SGから(1)の信号を加え、(1)と(2)の値が12dBとなるようにSGの受信機入力電圧を調整し、その時の受信機入力電圧が感度

で間違いないでしょうか?
間違っていた場合は、ご指摘頂けますと幸いです。
宜しくお願いします。

FM無線機の感度の測定方法について質問です。
測定方法は下記の通りで合っていますか?。

NQ法
接続:SGをマイク端子等から無線機に入力し、スピーカー端子等へレベル計を接続し、出力を測定する。

(1)SGから搬送波周波数は無線機のものに合わせ、変調周波数1000Hz、20dBμVの正弦波を加え、70%変調状態とし
 その時のレベルを読む。
 ※70%変調状態は、周波数偏移が許容値の60%となる変調入力を加えた状態らしいので、例えば周波数偏移の許容値が5kHzであれば
  周波数偏移が3kHzになる入力に調整する
(2)S...続きを読む

Aベストアンサー

使用されている測定器の概要が見えてきました。
まず、基本的な部分に付いて記載します。
コミュニケーションアナライザを使用されているのならば、基本的な機能を持っていますので、SGやレベル計などの表記は読み替えてください。
 ところで、メーカーと型名をお知らせください。アンリツかANDOあたりのラジ・コミであればまだ記憶にありますので・・・(以下ラジ・コミと表現します。)

1.SGの定常測定時のRF出力レベルは、20dB NQ感度測定では+30dBμだった筈です。
 RF出力+20dBμでは低過ぎますね。
2.SGののRF_OFF(断)の機能が無ければ、RF出力を最低にしてください。
 -123dBmとか-20dBμ出力程度には絞り込めると思います。
 RF接栓のコネクタを外す必要はありません。
3.感度測定を行う場合は、(1)ノイズ・スケルチをOFFにする(2)トーン・スケルチをOFFにするということは、感度測定の前提になります。
 以降はN・SQ、T・SQか、総称の場合SQと表現します。
4.通常スピーカ出力インピーダンスは8Ωです。携帯であれば16Ωもありますが、規定の抵抗負荷を接続します。
5.スピーカ出力をラジ・コミのAFinput に接続します。入力レンジは100K(HIGH)を選択してください。
600Ωのレンジ選択は間違いですが、8Ω//600Ωの負荷ですので、影響は少なく問題にはならないです。
 この信号接続時はAFinput の極性とSP出力の+とGNDは間違えないでください。

6.オシロを接続して波形観測するのは、接続系の問題やSQがオン動作していないか異常を監視できるからです。

*測定系のノイズ混入であれば、オシロを含め余分な接続を取り外し、シンプルな測定系でノイズの周り込みが無いか切り分けてください。

ワンポイントのアドバイスです。
普通音声帯域の線路インピーダンスは600Ωで規格統一されていますが、SPは8Ωで無線機のAF周波数帯域は0.3KHz~3.4KHzで非常に狭い帯域で制限が掛けられていますので、600Ωに固執する必要はありません。
また、負荷インピーダンスの影響ですが、通常100倍高ければ無視できます。
100KΩや1MΩ負荷は、8Ωから見たらHIGHインピーダンスなので、無視できるのです。
マッチングの問題も、±20%程度は誤差範囲で許容範囲なのです。
 

使用されている測定器の概要が見えてきました。
まず、基本的な部分に付いて記載します。
コミュニケーションアナライザを使用されているのならば、基本的な機能を持っていますので、SGやレベル計などの表記は読み替えてください。
 ところで、メーカーと型名をお知らせください。アンリツかANDOあたりのラジ・コミであればまだ記憶にありますので・・・(以下ラジ・コミと表現します。)

1.SGの定常測定時のRF出力レベルは、20dB NQ感度測定では+30dBμだった筈です。
 RF出力+20dBμでは低過ぎますね。
2....続きを読む

Q受信感度と「受信電力」「電界強度」の関係

物理学は素人でよくわからないのですが、電波の受信感度が「受信電力」と「電界強度」のどちらと関係しているのかを教えてもらえませんか。「受信電力」は距離の2乗に反比例し、「電界強度」は距離そのものに反比例するそうですが、受信感度はどちらと関係しているのでしょうか。つまり、受信感度は距離の2乗に反比例するのか、距離そのものに反比例するのか、どちらでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨は電波の受信について、距離との関係がどうかということだと思います。

電界強度との関係で、このことを理解しようとすると、アンテナの利得とかインピーダンスのことも考慮しなければならないので、説明が複雑にならざるを得ません。
もっと、直観的には、送信電力と受信電力の関係だけで理解するとよいと思います。

例えば、送信電力1kW(1000W)の電波を受信したとき、受信電力が1mW(0.001W)だったとします。 送信電力、アンテナなどの条件はそのままにして、距離を2倍すると、受信電力は距離の二乗に反比例し、1/4の0.25mWになるというのが理論です。

テレビなどで放送が受信できる範囲をサービスエリアといいますが、もし、周囲に障害物などが無く、無指向性の送信アンテナを用いると、サービスエリアは円形となります。 その半径を2倍にしたいのであれば、送信電力は4倍にしなければなりません。サービスエリアの面積は送信電力に比例することになります。

ちなみに「受信感度」という用語は本来、受信機の性能を示すもので、受信した電波の強さを示すものではありません。

ご質問の趣旨は電波の受信について、距離との関係がどうかということだと思います。

電界強度との関係で、このことを理解しようとすると、アンテナの利得とかインピーダンスのことも考慮しなければならないので、説明が複雑にならざるを得ません。
もっと、直観的には、送信電力と受信電力の関係だけで理解するとよいと思います。

例えば、送信電力1kW(1000W)の電波を受信したとき、受信電力が1mW(0.001W)だったとします。 送信電力、アンテナなどの条件はそのままにして、距離を2倍すると、受信電力は距離の二...続きを読む

Q占有周波数帯域幅と最大周波数偏移の求め方を教えて下さい。

占有周波数帯域幅と最大周波数偏移の求め方を教えて下さい。

FMの変調指数を5、周波数20MHzの搬送波を16kHzの正弦波信号でFMしたときの占有周波数帯域幅BFMと最大周波数偏移Δfを求めたいのですが、わからないので教えていただけませんか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

答えを教えるのは簡単ですが・・・。

↓の理論のところを見てください。
1.変調指数から最大周波数偏移を求める
2.次に占有周波数帯域幅(近似値)を求める

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E5%A4%89%E8%AA%BF

Qアマチュア無線で5Wで飛ぶ距離について

はじめまして、先日友人とアマチュア無線4級の免許を取りましたので友人と一緒にYAESUのVX-5の出力5Wのハンディー無線機を購入しました。ためしにどの程度飛ぶか試したところ500mくらいで会話が出来なくなりました。説明書通りパワーはハイパワーにし試みましたが全然飛びません。使い方が悪いのか5Wではその程度しか飛ばないものでしょうか?一台3万も出して買ったのでとても深刻です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電波を遠くへ飛ばすためには諸条件が揃わなければ実現しません。
apple-manさんの言ってみえる「タクシー無線」の場合、基地局であるタクシー会社の指令所に10m高位のアンテナマストの上にアンテナを上げめゲイン(利得)が高くしているため遠くに離れたタクシーと広範囲に交信できるのです。

このようにアンテナのゲインを高くすればもっと遠くへ飛ばすことが出来ます。
もし許されるなら外部アンテナを取り付けられることをお奨めしますが、携帯使用に限るという場合には純正品のアンテナをアンテナメーカーが販売しているハンディー機用の高ゲインのアンテナに交換されることをお奨めします。

ちなみにゲインdB(例 2.15dB)で表され、数字が大きいほど高ゲインです。 無線機に付属しているアンテナは大抵の場合0dB・・・つまり利得はありません。
高ゲインのアンテナを探されるならアンテナメーカーのカタログを参考にされると良いでしょう。

QdBm → V の変換方法

dBmをVに変換したいのですが、
以下の方法で正しいかどうかを見ていただけませんでしょうか?
もし間違っていたらご指摘の方をどうかよろしくお願いします。。。

※ちなみに50Ω系です。
(例)
「6.50dBm」→「?V」の場合

10log( P / 1mW )= 6.50
よって P=4.467mW
V^2=PR から、
V^2 =4.467*((10)^-3)*50
V ≒ 0.4726 

これは正しい計算方法ですか?

また、2つめの質問になってしまうのですが、
出てきた0.4726Vという値は0 to Peakなのでしょうか?
それともPeak to Peakになるのでしょうか。

皆様からのご回答をお待ちしております。。。

Aベストアンサー

計算は正しいです。
電力が1mWから6.5dBm(4.47mW)になる、つまり4.47倍の時
電圧は√(4.47)倍になります。つまり0.224V×√(4.47)=0.47V

QdbからμVへの変換方法

解析ソフトを使い脳波の波形の振幅(μV)をウェーブレット解析したらdBとして表示され、それを逆にdBからμVに計算式を使用しエクセルを使い変換したいのですが変換式を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

電圧ですから20logですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AB
EXCELでやるなら、
40dBμだったら 40÷20=2   10^2 = 100 で、100μVです。
40を20で割るのは20logだから。
10の2乗は、10のx乗の計算でlogから真値を求めるためです。

Q周波数確度ppmとは。

信号発生器(SG)のカタログに

   「周波数確度:50ppm」

とあります。この「ppm」とは具体的にどういうことを指すのでしょうか。
ppmというと大気汚染状態などで使用する濃度の単位ぐらいしか知りません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確度は発生可能周波数の全域にわたって絶対周波数誤差の発生周波数に対する
相対値が 50ppm=50/(10^6)ということです。

一方精度と言うと、同じ値を何回も測ったときのバラツキを言います。

Qトランシーバーの通信可能距離

こんにちは。

現在、KENWOODのubz_lk20というトランシーバーを所有しております。
http://www.kenwood.co.jp/products/home_audio/demitos/ubz_lk20/index.html

今回のご相談は、このubz_lk20の通信可能距離に関してです。

仲間と山で利用する事が多いのですが、50M~100Mでも「ザァ~」ってなってしまったり、全く通信が出来なかったりします。

故障と言うより、それがこのubz_lk20の限界のような気がします。

結論、無免許で利用できるトランシーバーだとこんなもんでしょうか?

それとも、本体次第で(メーカーなど)、通信可能距離は変わりますか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと変わり者で(^^ゞ、特定小電力トランシーバは趣味的にいろいろ集めている者です。

私もNo.2の方に同感。
50~100mで通信が難しいというのは、トランシーバ単体の性能からだけ言えば、なんぼなんでも短すぎる気がします。

ただ、No.2の方も触れられているように、稜線越しはもちろん超不利ですが、木立越しも「木々で相手が見えるか見えないか」みたいな状態だと、かなり通信可能距離が短くなる事はあります。
また、送受どちらかが、例えば高圧線鉄塔などの金属製構造物に非常に近い場所に居ると、「方角によってめちゃくちゃ飛んだり全然飛ばなかったり」なんていう経験はあります。それでも200mくらいなら普通は何とかなるんですが(^^ゞ

ちょっと気になるのは「無線機の保持方法」です。
一般的には、ベルトクリップで腰等に付けられるケースが多いかな…と思うんですが、私の経験上では、特小の周波数帯にとって最も電波障害になるのは、1番は当然金属物ですが、2番は「人体」です。

よく、山道などで先頭者が最後尾者に連絡を取る…などのシーンで、双方が腰の後ろに無線機を付けていると、
「先頭者は止まって後方を振り返って通信」
「最後尾者は前を向いて歩きながら通信」
で、双方ともアンテナと相手の間に『自分の身体』を挟む通信になりがち。
市街地だと、付近建物等の反射波で逆に問題ないけど、周りが開けた地形だとこの人体遮蔽?で到達距離が極端に短くなる…なんてことは良くあります。

なので、個人的には、山道などでベストの保持方法は、ザックの肩ベルトのなるべく上の方に無線機を取り付けて、できればアンテナが肩より上に出る…という持ち方です。
これだけでも、腰に付けるより200mくらいは有効距離が伸びる事が多いです。

クライミング練習なんかの場合はそういうわけにはいかんでしょうが、クライム中の人と稜線上の人との間の通信は、確かに特小では難しい場合があるので(オーバーハングなど有ると全然ダメなことも)、そういう時は下に通信指揮者を置いて、3点連絡するしかないですけどね。

>それとも、本体次第で(メーカーなど)、通信可能距離は変わりますか?

特小は、ご存じの通り出力規定が厳しいので(^^ゞ、メーカー間の差はそんなに大きくはないのですが、さすがにALINCOのロングアンテナシリーズは、それなりに通信距離は稼げますね。
http://www.alinco.co.jp/denshi/05/r100d_f4.html
http://www.alinco.co.jp/denshi/05/r20d_f4.html
http://www.alinco.co.jp/denshi/05/djp23.html など
ただ、ALINCOはアンテナが弱っちいので、山でヘビーデューティーに使うについては、人によってはちょっと不安感があるかもな…というところ。

また、受信感度の面では、本当はスタンダードの業務用特小機がナンバーワンなんですが、価格がやたら高いので(^^ゞ…
民生向けなら、私の比較経験の限りではこのシリーズがよろしかったです。
http://www.icom.co.jp/products/land_mobile/products/tokusyo/ic-4088/index.html

実は、ICOMのロングアンテナタイプは、私がまだ蒐集していないので、上には掲げませんでしたが、多分ICOMのロングアンテナタイプがクラス最強だとは思います。ICOMは受信音がきれいで、多少伝搬状況が悪くても相手が何を言ってるかは聞き取りやすい。その点では、ALINCOやKENWOODは設計に手を抜いているので弱いです。

見当違いのアドバイスも含むと思いますが、御参考までに。

ちょっと変わり者で(^^ゞ、特定小電力トランシーバは趣味的にいろいろ集めている者です。

私もNo.2の方に同感。
50~100mで通信が難しいというのは、トランシーバ単体の性能からだけ言えば、なんぼなんでも短すぎる気がします。

ただ、No.2の方も触れられているように、稜線越しはもちろん超不利ですが、木立越しも「木々で相手が見えるか見えないか」みたいな状態だと、かなり通信可能距離が短くなる事はあります。
また、送受どちらかが、例えば高圧線鉄塔などの金属製構造物に非常に近い場所に居ると、...続きを読む


人気Q&Aランキング