ロベルトバッジオや中村俊輔って創価学会員って本当でしょうか?。
 中村俊輔は創価系の学校に通っていたわけでもないですよね?。しかし、何故に創価学会に入会する事になったんでしょうか?。そして、ロベルトバッジオはイタリア人なのにこの宗教と出会う事になったんでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

詳しくは分かりませんが、中村選手は両親が熱心な


学会員のようで、その影響でというか子供の頃から
そういった環境だったのでしょう。学会の広報誌に
インタビュー記事が出ていることもあったらしい
です。あと、これは本当か分かりませんが
トルシエが日本代表に選ばなかった理由のひとつ。
フランスでは創価学会はカルト宗教のひとつとして
認識されているとのこと。だからトルシエは
「カルト信者なんか選べねーよ」と言っていたとか
いないとか・・・。
あくまでも、噂ですけどね。

バッジョは度重なる大怪我でスランプに陥っている
時に(彼は若い頃から引退するまで膝の怪我に
悩まされ続けていた)この宗教に出会って救われた
らしいです。しかも、彼はこれを仏教だと思ってる
みたいですね。昔はお忍びで創価大学に練習を
教えに来てたこともあったらしいです。

僕は読んでいませんがバッジョは本を書いています。
やはり潮出版から発行です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4267016 …
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4267016 …
    • good
    • 1

どちらも本当です。


No.1の方の補足です。
中村選手の場合は、両親が熱心。
俊介自体はそれほどでもないと思います。
バッジオも本当。
No.1さんの違うのは、
創価学会は、仏教そのもの。
仏教以外のなにものでもありません。
大学に来たのも、全く忍んでません。
スポーツ紙が報道しないだけです。
かなり堂々と来てましたよ。予定通りだったし。
出会いについては、自伝を見ると大体わかります。
バッジオが日本に来て試合し、活躍した時のインタビュー
で、創価学会の会長にこのゴールを捧げるといった主旨のことを言ったのは有名。テレビにしっかり映ってました。通訳は訳さなかったけど。
サッカー選手では、ヴェルディ森本、FC東京加地、ガンバ新井場などが学会員ですね。もっといるけど・・・。
ついでに、野球だと、岩隈、今度ジャインアツに入る野間口が有名でしょうか。
    • good
    • 0

 バッジョ選手は創価学会の会員です。


 いきさつは雑誌に書かれていた記憶がありますが、なにぶんW杯アメリカ大会頃の記事でしたから記憶が・・・

 彼がクラブでキャプテンとしてゲームに出る時、漢字で「必勝」と書かれた腕章を付けていました。
 また、一時は「引退は日本で」なる噂もあったと思います。「いつ来るのか?」という期待はあったけど、結局母国で現役を全うされました。

 以上、曖昧な記憶に基づく回答です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッジョの来日で・・

先日バッジョが来日していましたね。大ファンなのに全く知らなかったのでサイトで知って驚きましたー。で、サイトで写真は見たものの、スポーツニュースは全くチェックできなかったのです、見ていた方、記者会見の模様が流れただけなのでしょうか?

他に今後インタビューの模様が流れる番組などあるんでしょうかねぇ?

Aベストアンサー

確か今週のスカパーの「Friday Soccer Show #6」で独占(?)インタビューを放送するような事を先週言ってましたね。

Q中村俊輔選手の移籍について

多分アンケートのカテに移されそうだけど、あえてこちらで質問します。
中村選手は移籍先がまだ決まっていませんが、どのチームにいればいいと思いますか?レッジーナへの残留、希望のスペインへの移籍、或いは紙面をにぎわしているグラスゴー・セルチックへの移籍・・・
自分はセルチックがいいと思います。イタリアよりもレベルが落ちるけど、スコットランドでは常勝のチームですし、ストラカン監督(元スコットランド代表の名選手)は非常に高く評価してポジションを約束しているということです。リーグの中堅チームに移籍して勝利を得ることを四苦八苦するよりも、レベルの高いチームメートとともにプレーすることが、今の彼のためにもなるし、勝ち癖をつけることも日本代表にとっていいことだと思っています。もちろんレンジャースとセルチックしかヨーロッパの舞台で通用しないリーグのレベルは高くないと思いますが、彼がセルチックに移籍するとなったら、皆さんはどう思いますか?
また私の意見に否定するとしたら、どの選択がいいと思いますか?是非意見が聞きたいと思います。
ちなみに私は皆さんの意見を尊重しますので、一々反論したり、難癖をつけたりしませんので、率直な意見をお願いします。

多分アンケートのカテに移されそうだけど、あえてこちらで質問します。
中村選手は移籍先がまだ決まっていませんが、どのチームにいればいいと思いますか?レッジーナへの残留、希望のスペインへの移籍、或いは紙面をにぎわしているグラスゴー・セルチックへの移籍・・・
自分はセルチックがいいと思います。イタリアよりもレベルが落ちるけど、スコットランドでは常勝のチームですし、ストラカン監督(元スコットランド代表の名選手)は非常に高く評価してポジションを約束しているということです。リーグの中...続きを読む

Aベストアンサー

この質問は僕もしようかどうか迷っていました(笑)ですので、是非答えさせてください!
僕もセルティックに移籍をすべきと考えています。チームには申し分ありません。よい監督、よい選手、よい環境(スタメン確約、チャンピオンズリーグ2回戦からなど)があります。ただリーグに問題がある気がするんです。個人的ですが、中村の技術はリーガ、セリエなどでも十分にやっていけると考えています。それを多少なりともレベルが低いリーグに行くのはもったいないと思うんですね。個人的に中村がリーガの舞台でプレーしているのを見たいということもありますが・・・(笑)
ただ今までの日本人のどうこうをみているとコンスタントに試合にでている方がその相乗効果で代表にもいい影響を及ぼしているように思うんです。質問者さんもいっている勝ち癖もそうです。なのでやっぱりセルティックがいいのではないでしょうか??

QバッジョのPK

現役時代、ロベルト・バッジョはPKをかならず左隅に蹴っていたと思います。どんなに読まれていても左隅に蹴り込み決めていた、はず。それには何か理由があったと思うんですが、誰かわかる方いれば教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>現役時代、ロベルト・バッジョはPKをかならず左隅に蹴っていたと思います。

バッジョの200ゴールという動画で数えてみました。
すると、左に蹴った確立(決まったもののみ)は5、6割程度でした。僕ももっと左に蹴っていたイメージが強かったので意外でした。

Qオシムが中村俊輔に望むこと

本日4月3日のスポーツ各紙では、ペルー戦での中村のプレーに不満を抱いている趣旨の発言をオシム監督がしたと報じています。オシムはどんなことを俊輔に望んでいるのですか。私はサッカー素人でしかもTV観戦しかしていません。

Aベストアンサー

かつて中村俊輔を外した日本代表監督のフィリップ・トルシエは、
中村に対して「おまえはジダンか?ジダンのつもりなのか?」と批判したといわれています。
能力以上のことをやろうとして、かえってチームとしての機能を減殺してしまう、チームとしての流れを止めてしまう、ことが問題なのではないでしょうか。その結果として、セットプレーを除く、試合の全体の流れの中での貢献が少ないということでしょう。ペルー戦の後半の終盤がオシム監督の理想に近い形のようですので、比べてみるといいかもしれません。

私が個人的に思うのは、中村俊輔は確かにすばらしいFKを持ってはいますが、前を向いてプレーする、相手に向かってプレーするという姿勢に欠けている点です。フィジカルが弱いのでそうなるのは仕方ないですが、マスコミが言う司令塔とかトップ下とかいうのとはかけ離れたプレースタイルに感じます。試合を見れば、プレッシャーを避けてサイドに流れるか、後ろに下がってプレーすることが多いことに気づくはずです。多くの試合では、FKくらいしか見せ場がありません。ダイジェストだけだと中村俊輔なら何でもできるように思えてしまいますが、それは間違いだということをW杯が証明してしまいました。

特に中村俊輔の欠点がより先鋭化されるのは、チーム力が互角か相手の方が上だった場合です。最近ではACミランとの戦いがありましたが、ここでは中村が攻撃を仕掛ける際にボールを奪われて相手の速攻の起点となるシーンが多く見られました、日本では報道されなかったかもしれませんが。こうなると守備力のない中村は足手まといにさえなってしまいます。イタリアでは活躍できなかった理由のひとつでしょう。
ちなみに、スコットランドはリーグレベルが低く、しかも中村所属のセルティックはその中でダントツ1位なので、ほとんどの相手は雑魚同然です。セルテッィクが強豪であることを考え合わせると、Jリーグで活躍するよりも簡単だといってもよいかもしれません。オシムも、高原が所属するブンデスについては敬意を表していますが、スコットランドについては明言してません。従いまして、誤解を恐れずに言えば、いわば弱いものいじめをしているスコットランドでは、中村の欠点が表面化しにくい状況にあるといえるのではないかと思います。オシムはスコットランドでの活躍をそれほど評価していないのではないでしょうか。

結局、オシムは、中村にもっと判断を早くして前に向かってプレーすること、自分が何かしようというばかりでなく他人を生かす黒子役のプレーもして欲しい、当然それらは試合の流れの中でやってほしい、ということではないでしょうか。

かつて中村俊輔を外した日本代表監督のフィリップ・トルシエは、
中村に対して「おまえはジダンか?ジダンのつもりなのか?」と批判したといわれています。
能力以上のことをやろうとして、かえってチームとしての機能を減殺してしまう、チームとしての流れを止めてしまう、ことが問題なのではないでしょうか。その結果として、セットプレーを除く、試合の全体の流れの中での貢献が少ないということでしょう。ペルー戦の後半の終盤がオシム監督の理想に近い形のようですので、比べてみるといいかもしれません。
...続きを読む

Qロベルト・バッジョの記念試合

少し前に、ロベルト・バッジョが「味の素スタジアム」で8/6に引退記念試合(?)
を行うと発表されていましたが、その後どうなったのでしょうか?
ニュースを検索したのですが、古い記事しかなく、中止になったとも実行されるともわからず、
味の素スタジアムのHPをみると、8/6は「少年サッカー」の予定が入っていました・・・。

Aベストアンサー

ロベルト・バッジョは、プレーや人間性や日本好きなとこには感動的な選手ですから是非とも日本で引退試合をご覧になりたいですよね。

非常に残念ですが、中止になりました。

バッジョの所属するブレシアとの契約が今月限りで切れることが関係あります。
そこでブレシア側から日本での試合を2試合やれるチームがあれば、やりたいと言ってました。
しかし、東京V以外のチームで名乗りが無く、やむをえなく中止といった形になった経緯がございます。

やはりイタリアは遠くまで来た以上、金銭的な利益を求めるプロチームなんですね。
今度レッジーナが日本に来る理由もそれがあります。

私としては、金にこだわらず、ファンサービスとしてやって欲しかったな。

Q中村俊輔について

中村の獲得に動いているクラブはあるのですか?

Aベストアンサー

参考に

http://blog.livedoor.jp/newsscrap/archives/51057021.html

Qインテルのイントロ挿入

どこのメーカーのPCのCMでも、必ずと言っていいほどCMの最初か最後にインテルのイントロが挿入されています。
PCメーカはどのような契約になっているのでしょうか。
・インテルがメーカにお金を払ってる?
・メーカがインテルにお金を払ってる?
・インテルCPUを使う時の条件契約?

Aベストアンサー

ANo.1です。

「インサイドインテル」(ティム・ジャクソン著)という本に詳しいのですが、
下記サイトに一部引用されています。

http://yokohama.cool.ne.jp/pawncaptor/nikki/990309.html

「(前略)インテルインサイドのロゴをインテルの意向に沿った目立つ形で広告にとり入れたコンピュータ会社に対しては、宣伝費用の一部を負担することにしたのである。契約の条件は、インテルからマイクロプロセッサを購入した個々のメーカーに対し、購入額の三パーセントを「マーケティング開発資金」として提供するというものだった。(以下略)」

また、下記サイトに
「(前略)“Intel Insideプログラム”(広告費の一部をインテルが負担するもの。最大で半分をインテルが負担すると言われている)(以下略)」という記述が見られます
http://ascii24.com/news/i/tech/article/2003/02/20/641976-000.html?geta

なお、もともとこのキャンペーンは、日本で行われた
「Intel in it」キャンペーンが原型で、
日本発の世界的キャンペーンとして有名です。

ANo.1です。

「インサイドインテル」(ティム・ジャクソン著)という本に詳しいのですが、
下記サイトに一部引用されています。

http://yokohama.cool.ne.jp/pawncaptor/nikki/990309.html

「(前略)インテルインサイドのロゴをインテルの意向に沿った目立つ形で広告にとり入れたコンピュータ会社に対しては、宣伝費用の一部を負担することにしたのである。契約の条件は、インテルからマイクロプロセッサを購入した個々のメーカーに対し、購入額の三パーセントを「マーケティング開発資金」として提供する...続きを読む

Q中村俊輔やボーズはなぜスタメンでない?

中村俊輔やボーズはなぜスタメンでない?

サッカーのワールドカップ
なぜスタメンでない?
あとホンダはmfなのに、fwよりも前のポジションらしいですが、そんなのありなのですか?

Aベストアンサー

ボーズ=森本ということでいいんですよね?

選手起用に関しては、結局は「監督がそう決めたから」となってしまいますが…。
俊輔はスタメンでなくて正解だったと思います。
途中出場してから明らかに日本代表の、全体のプレイ(特に攻撃)のスピードが落ちましたから。
もしこの交代が、オランダが躍起になって攻撃する必要がなくなり、そのために日本が攻守の速い切り替えを求められなくなった時間帯で点差を広げさせないための起用だとしたら。
つまり、もう点を獲ることよりは試合を落ち着かせることを優先する、“敗戦処理”みたいな形での起用だとしたら。
岡田監督ってすごい冷徹だけどよく考えてるな、と思います。
または、わざわざ途中出場させて「ほら、お前が出てもダメだったろ」と納得させ、おとなしくさせる意図だったかもしれません。
どちらも仮定の話ですが。

森本は、ポスト役になって岡崎に走り込ませる、または玉田のドリブルからラストパスを受ける、という2トップの形なら、スタメン起用もあると思いますが。
攻撃に偏った役目を追えるのがせいぜい1人しか割けないという状況だと、スタメンどころか途中出場も難しいでしょう。
個人的には少しでも出場させてほしいと思うのですが。

あと本田のポジションですが、ありです。
戦術としては他の方も書いているとおり、あえて専任のFWを置かないノートップという方法だと思います。
ガンバ大阪はJリーグでFW5人を先発させたことがありますし、サンフレッチェ広島ではDFの1人がキックオフと同時に最前線へ上がってFWとしてプレイしたことがあります。
サッカーという球技ができあがったばかりの頃には、MFというポジションさえなかった時代もあったそうです。

ボーズ=森本ということでいいんですよね?

選手起用に関しては、結局は「監督がそう決めたから」となってしまいますが…。
俊輔はスタメンでなくて正解だったと思います。
途中出場してから明らかに日本代表の、全体のプレイ(特に攻撃)のスピードが落ちましたから。
もしこの交代が、オランダが躍起になって攻撃する必要がなくなり、そのために日本が攻守の速い切り替えを求められなくなった時間帯で点差を広げさせないための起用だとしたら。
つまり、もう点を獲ることよりは試合を落ち着かせることを優先する...続きを読む

Qバッジョが日本で試合?

今年の8月9日にバッジョがいるブレシアが来日し、FC東京と親善試合をするって、どこかのHPで見たんですが、本当かどうか、知っている方教えてください。

Aベストアンサー

FC東京のHPには情報及びスケジュールはありませんでした。
でも、1st終了後なので親善試合もあるかもしれません。
セリエAもシーズン終了していますので。

参考URL:http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml

Q中村俊輔

セルテッィクに移籍してからさらに強くなってきてるんですが、「中村俊輔はすごい」的なスポーツニュースをよく見ます。

たしかにスコットランドではMVP(昨シーズン?)を獲ったので、そう言われても良いかもしれませんが、
前のW杯の状態を振り返ってみると、私が特別すごいとは思いません。
ぶっちゃけた話、みなさんはどう思いますか?
理由もつけてお願いします。
また、「中村俊輔はすごい」と取り上げるスポーツニュースについて、どう思いますか?

Aベストアンサー

僕は中村選手がすごいということに間違いはないと思いますよ。
少なくとも昨シーズンはリーグでは安定したプレイでチームを牽引し、CLではマンU相手に素晴らしいFKを二本決めています。
ストラカン監督も「攻撃の70%は中村がクリエイトしている」と語るように名実ともにセルティックのエースとして代えのきかない存在です。

ただ、日本のメディアの持ち上げ方はやはり行き過ぎというか、問題があるとは思いますね。
FKは間違いなく世界のトップクラスであることは間違いないと思いますが、流れの中でのプレイはトップクラスのリーグで通じるかと言われればお世辞にもそうとは言えないでしょう。
実際にCLや強豪国との対戦ではほとんど見せ場を作れていないように感じますし。

とはいえ、やはり今の日本では代役をこなせるような選手はいませんし、
日本のエースとして一番世界に名が知られているのは中村選手だと思うのでメディアが騒ぐのも無理は無いと思います。
ともあれ、やはりこのような評価は人によって意見が分かれるところだと思うので、メディアがなんと言おうと自分自身のモノサシを持ち続けることが大切だと思いますよ。

僕は中村選手がすごいということに間違いはないと思いますよ。
少なくとも昨シーズンはリーグでは安定したプレイでチームを牽引し、CLではマンU相手に素晴らしいFKを二本決めています。
ストラカン監督も「攻撃の70%は中村がクリエイトしている」と語るように名実ともにセルティックのエースとして代えのきかない存在です。

ただ、日本のメディアの持ち上げ方はやはり行き過ぎというか、問題があるとは思いますね。
FKは間違いなく世界のトップクラスであることは間違いないと思いますが、流れの中...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報