「心理分析のできる本」斎藤勇
という本の出版者とそのホームページ(あれば)教えて欲しいです。

あと、ほんのタイトル(もしくは作者、著者名)を入力するだけで、
出版者や、その他の情報が手に入れられるページなどはないでしょうか?

A 回答 (1件)

こんばんは。



その本は正確には「心理分析ができる本」という
タイトルのようですね。

下記URLへどうぞ。
あまりにも有名な「アマゾン・ドット・コム」の
日本のHPです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
こんな遅くにすいません。

>あまりにも有名な「アマゾン・ドット・コム」
知らなかったです・・・
教えてもらってありがたいです。

ホント、ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/03 01:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代を舞台にした小説でオススメの本や作者(下記の作者以外で)を教え

江戸時代を舞台にした小説でオススメの本や作者(下記の作者以外で)を教えてください。
フィクションからノンフィクションまでよろしくお願いします。


(宮部みゆき・畠中恵・藤沢周平・池波正太郎・山本周五郎・門田泰明・宮尾登美子)

Aベストアンサー

久生十蘭  「顎十郎捕物帳」

都筑道夫  「新顎十郎捕物帳」
        「なめくじ長屋捕物さわぎ」シリーズ
        「女泣川ものがたり」
        「風流べらぼう剣」

柴田錬三郎  「御家人斬九郎」

Q本の著者にコンタクトを取るには???

最近あるサイトで
「感銘した本があれば、著者にコンタクトを取り、会いに行く」
という記事を見て(以下、参照)
私も著者に直接コンタクトを取って話がしたいなと思うようになりました。
しかし、どうも相手に迷惑がられるのではと思うと
踏ん切りがつきません。

http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/ho/008/


(1)本当にそんな気軽に著者が一般人に会ってくれるものでしょうか?

(2)著者の連絡先が判らない場合
著者とコンタクトをとる方法は出版社に教えてもらう以外に考えつかないのですが
そんなに気軽に教えてもらえるものでしょうか、、、、

(3)実際にコンタクトに成功した人がいればどの様にしたのか教えていただけないでしょうか?(プライベート?、仕事関係?)

その他、ご存知の事や、自身の経験があれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>一日にこのような問い合わせは何件もあるのが普通なのですか?

ありますよ。多いのは手紙ですが、
電話でもたまにあります。
住所教えてくれとクレームになることもありますし。
1日に何件あるかは計算したことないので
わかりませんが、私のいた部署では電話だと出版直後に反響が大きければ十数件くらいあったと思います。
もちろんない日も多かったです。ある時はかさなるので。
ただこれも編集部によっては慣れてなかったり
人によっては冷たくあしらうということも
あるので…。1回目うまくいかなかったら日をあけてまた挑戦してみてください。
しつこくならない程度に。
あと午前中の電話は人が編集部にいないので
やらないほうがいいです。

>まずはメール等で、無名な著者からコンタクトしてみようと思っています。

そうですね。ただメールよりは手紙、手紙よりは
電話のほうがいいですよ。
無名でも会ってもらえるか、返事をもらえるかは
その人の性格にもよりますので諦めないでくださいね。

困ってるんですという相談ぽい内容のほうが
返事をもらえる可能性は高いかと思います。
あとは単純に感動しましたが、いくつか質問があります
という形式でもいいかと。

根気よく頑張ってくださいね。

>一日にこのような問い合わせは何件もあるのが普通なのですか?

ありますよ。多いのは手紙ですが、
電話でもたまにあります。
住所教えてくれとクレームになることもありますし。
1日に何件あるかは計算したことないので
わかりませんが、私のいた部署では電話だと出版直後に反響が大きければ十数件くらいあったと思います。
もちろんない日も多かったです。ある時はかさなるので。
ただこれも編集部によっては慣れてなかったり
人によっては冷たくあしらうということも
あるので…。1回目うまくいかな...続きを読む

Q本「海鳴りの日々」 著者:大久保武雄

本「海鳴りの日々」 著者:大久保武雄 どこで購入できますか?

Aベストアンサー

新品として書店にある可能性はゼロです。

この『海鳴りの日々 ― かくされた戦後史の断層』は、1978年(昭和53年)の発行で、出版元の海洋問題研究会も、ほかに『霧笛鳴りやまず ― 橙青回想録』を出しているだけです。

Qこの本の著者とタイトルを教えてください。

だいぶ昔に読んだ本です。
作家は女性でした。

あらすじは、確か、OLをしている主人公の女性の家に彼が転がりこみます。どうしてこんな展開になったのかは覚えていません。
その事によって、彼女の家族に変化が生じます。いままでそんなことしたことないのに、母親は髪を綺麗に整えたり、父親は家の建具などを直したりします。
そして、どうしてそんな展開になったのか忘れましたが、主人公はそんな彼と別れます。
そのうちに母親(母親か父親のどちらか覚えていませんが)が亡くなります。
一年か二年が経過して主人公は彼と再会しますが、彼とはやりなおさない。あのときとは違うなんて事を思います。
すみません。わかりにくくて。何しろ覚えていないものですから。だからこそ読みたいのですが、
タイトルが分からないのです。
これだけの手がかりで本のタイトルが分かりましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 多分向田邦子さんだと思うんですが、題名は分からない。初めて会ったときに、主人公のOLが彼に嘘をついてしまったことで、二人の間がなんとなくずれていくんじゃなかったでしょうか。

Q死刑囚と著者が対談する本のタイトル

探している本があります。
私の覚えてる限り「生と死」か「死と生きる」のようなタイトルだった気がするのですが、
ネットで検索しても出てきません。
内容は、死刑囚と記者(たぶん著者)のノンフィクションの対談本です。
7月中旬くらいに朝日新聞で、大沢たかおと女性作家が本の紹介をしながら進める対談で、
そこで紹介されて知りました。

その部分だけでもとっておけばいいのに、何事もなかったように捨ててしまいました。
もしお分かりの方がいらしたら、教えてください。

Aベストアンサー

「死と生きる」 池田晶子、陸田真志著

ではないでしょうか。
新潮社より出版された本です。
現在のところ、絶版になっているようです。

参考URL:http://shinchosha.co.jp/cgi-bin/webfind3.cfm?ISBN=400104-X,http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30509017


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報