4月からオーパに変えたところ、エアコン不使用時の外気温(吹き出し温度)が生暖かい事がずっと気になっていたのですが、夏になってあまりに熱風が出るので、車載用のデジタル温度計で測ったところ、2~30分ほど走行すると温度が上昇し始め10度前後加温されることがわかりました。今日の外気は25度程度で、窓を開けると涼しいのですが、窓を閉め、ファンを回していると、35℃を少し上回る風が出てきます。このまま行くと、20度の時、30℃の風が出るのかもしれません。エンジンルームの熱などの影響を受ける事はわかるのですが、こんなに高くていいものでしょうか?エアコンの負荷もよけいにかかるようで、とても無駄な気がしています。断熱処理の限界なのでしょうか。他の車ではどの程度なのでしょう。
ディーラーの点検では「同型車と同じ」とのことでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

外気の取り入れ口は、ボンネットのあるタイプの車両では通常ワイパーアーム取り付け部分近くの、ボンネットとフロントガラスの間の部分にあります。

エンジンルームほどではないにしろ、直射日光のある場所ではかなりの高温になることは事実です。また、エアコンシステム自体の構成による加熱もあります。もっとも一般的な構成ではブロワーユニット→エアコンのクーリングユニット→ヒーターユニット→各吹き出し口という順で空気が流れています。もちろん温度調節をクール側にいっぱいにした場合は、ヒーターコア(小型のラジエーターのようなもので、エンジンの温水を利用して暖房します)への温水の循環をとめるか、ダンパー(可動する板で空気の通路を切り替えるもの)を使用してヒーターコア部分に空気が通らないようにしていますが、それでもヒーターコア自体はかなりの熱を持って(温水が循環していなくても、熱伝導でコックより先にも熱が伝わります)いますので、その近くを通過する空気を暖めます。したがって外気導入にしておいても、少なからず、外気より高い温度の空気が出てきます。ためしにエンジン始動前のエンジンが冷えた状態で、外気導入で送風し温度を測り、その後エンジンを暖機して比べてみてください。

確かにおっしゃるとおりで、このような構造はエネルギーの無駄です。しかし、現在のシステムでは冷房システムとの組み合わせにより、どのような状況でも快適なエアコンディショニングを行うために、少々の無駄には目をつぶっているというのが実際です。

かなり昔は乗用車でもクーラーはクーラー単独で、ヒーターはヒーター単独でまったく別のシステムとして付いていた(ダッシュボードの下にクーラー専用のユニットが付いていた)時代もあり、この方が効率としてはいい(ただしクーラーに外気導入の機能はない)のですが、快適さや使い勝手の点で、現在のシステムの方に分がある(このタイプのクーラーでは助手席側に吹出し口があるものが多いので、助手席では寒いのにほかの席では暑いなどという状況がよくありました。また、冬場に窓の曇りを取るためによく使用する。クーリングユニットで除湿し、その後ヒーターで加熱し適度な温度の、乾いた空気を供給するなどという芸当もできません)ため、現在ではほとんど姿を消してしまいました。

ちなみに、バスなどの大型車ではクーラーとヒーターはまったく別のシステムとして存在しているのがほとんどです。これは車内空間が広く、冷房は上から暖房は下からという理想的な配置をするスペースが十分あること、暖房にエンジンの熱を利用せず(大型バスでそれをやるとエンジンがオーバークールになってしまう)独立したヒーターユニット(多くは灯油や軽油を燃料とする一種のファンヒーターです)を持つためや、冷房も大型バスでは冷房専用のエンジンを持つものも多いなど、空調設備を設置するに十分なスペースがあるためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に回答いただきありがとうございました。
車種によっても差が大きいのかなと思いました。
また、他の人から聞いたところ、「この車は、常時温水が流れている」とのことでした。(内気循環でも5度ほど加温されて出てきます。)
走行燃費は盛んに宣伝されますが、この辺のところは情報がなく、次回買える事があれば、もっと考慮したいと思います。

お礼日時:2001/08/11 18:28

>最近の車の省エネ感覚はどうもわかりません。



エアコンなんか使わないのが省エネ
車なんか使わないのがもっと省エネ
    • good
    • 0

車種によって違うと思います。

原因は狭いボンネット内にある外気導入管の位置の問題ではないでしょうか。実際にその車を見た事はないのでハッキリは言えませんが、普通、乗用車のボンネット内は暑い車だと真夏で走行中60~70度ぐらいまで上昇します。渋滞中ですと80度まで上がる場合もありますよ。
これは車種によって違いますが、最近の車はデザイン上、空気の取入れが制限されている車が多いですから(グリルが小さい等)夏は苦しいですよね。
あまり気になるようなら、違う車屋さんでも見て貰って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
当地も先日は30度以上の日が続き、その時は42~43度の熱風が出ていました。最近の車の省エネ感覚はどうもわかりません。

お礼日時:2001/08/08 21:42

俺が乗ってるマーク2もそんなもんです。


あついっす。
しかもエアコンが壊れてて最悪~(笑)
窓全開です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
当地も先日は30度以上の日が続き、その時は42~43度の熱風が出ていました。最近の車の省エネ感覚はどうもわかりません。

お礼日時:2001/08/08 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外気温度計の線延長

以下のような外気温度計を付けます。
これの外気センサー(たぶんサーミスタ)の線長が足りません。

http://www.kashimura.com/goods/car/clock/ak57.html

2mほど延長したいのですが、(現在3mを5mにする)そのようなことをした方いますか?
どのような線を使いましたか?
温度誤差などはありましたか? どの程度?

なお、線をカットしてつなぐ(半田接続)のでメーカーの保証はなくなるのは承知。
メーカーに問合せしましたが、回答得られる(ま~想定してましたが、、)

もちろん同じメーカー、機種でなくても結構なので(たぶん後付外気センサーならたぶんどこでも同じようなサーミスタなので)、実施した方、参考に教えてください。

Aベストアンサー

似たような商品の配線を切断してつないだことありましたがぜんぜん問題なく動いていました。

取り付け場所の問題の方がでかかったです。
(エンジンルームの熱気が来るところだと意味がなかった)

Qタイヤの空気圧は外気温と関係してますか?

タイヤの空気圧は外気温と関係してますか?

Aベストアンサー

気温というか 路面温度で大きな影響を受けます。
サーキット走行など 連続高速走行と横G掛けるのでタイヤ温度が上がるので
ウオーミングUPRAN後に調整します。
一般走行ならその季節で 適正空気圧に調整すればOK 気にする人でも1週間毎チェック程度で十分だと思います。 気にしすぎないほうが良いです。

ガススタの持ち運べる空気タンクのゲージなど 狂ってることが多いので
正確な エアーゲージを自身で持っていた方が良いですよ。

Q車で外気入れる派ですか?

車で外気を入れる入れないの切り替えスイッチありますが、
外気を入れるのが好きな方にお聞きします。

入れる方が好きなのは何故ですか?

Aベストアンサー

フレッシュエアーを導入させるため、
 内気循環=CO2二酸化炭素だらけじゃない?
冬場など、外気導入で走行していれば、エアコンなしでも、ヒーターのみ外気導入でガラスは、曇らない
内気循環では、曇ります。
今どき、雨天時ガラスが曇ってる車は、内気循環のままで 使い方を理解していない

内気循環に切り替える場合は、長いトンネルや 前に ディーゼル車がいて 排気が臭い場合、でも最近の車なら エアコンフィルター装備されているので、ボッシュの良いフィルターを付けていれば、ディーゼル排気も臭くなく、内気循環の切り替えも必要なくなります。

およそ常時、外気導入のまま使ってます。(オートエアコンが外気導入をほぼ選びます)

Q「平成27年度税制改正前」とか「平成27年度税制改正後」とかありますが、

「平成27年度税制改正前」とか「平成27年度税制改正後」とかありますが、これはいつ改正されたものなのですか?
自家用車の重量税についてです。5月から減税措置が外れた車があるそうですが、50%とそれ以外すべても含まれますか?

Aベストアンサー

>5月から減税措置が外れた車があるそうですが、50%とそれ以外すべても含まれますか?

対象は平成26年3月31日以前に新車新規登録等した自動車で
同一型式でも類別区分番号で減税対象とならない車種があります。
車検証を見ながら型式、類別区分番号で一度調べてみては?
重量税:平成27年5月1日実施
http://tax.helmjapan.co.jp/wtax.cgi

その上で減税対象、金額がどのように変わったのか調べるといいです。
平成26年度税制改正に伴う自動車重量税の変更について(H26.4.1から)
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikumi/zyuuryouzei.pdf

QエンジンOIL・ATFの適温は何℃ですか?

現在私はRV車サーフに乗ってます。 ガソリン車です。 高速道路及び峠道を走る機会が多く、又スピードを出す為、エンジンやATにかなりの負担がかかっていると思われます。 走行中表示パネルのエンジン温を見ると中間付近で、温度が上昇していなく見えるものの、感覚的にパワーダウンが感じられます。
と、いう事でOILクーラー及びATFクーラーを取り付けようと考えているのですが、冷えすぎてオーバークールが心配です。 エンジンOIL・ATFの適温は何℃でしょうか? 教えて下さい。
私の住んでる所は、山形県で夏異常に暑く、冬は非常に寒い所です。

Aベストアンサー

多分何も必要ないと思いますよ

一般的に一番水温、油温が上がるのは
渋滞にはまったときです
高速走行時はむしろ夏場でも低めになります
高速走行って言っても、回転数はせいぜい4000回転位ですよね?

峠道でも、ロー、セカンドのままでレッドまで引っ張るとかを
しなければ気にするほどではないと思いますよ

ちなみに適温は
水温で70~80度(100度超えるとやばい)
油温で80~90度(120度超えるとやばい)
と言われています
ATFはわかりません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報