位置情報で子どもの居場所をお知らせ

最近、教えて!gooや様々な掲示板等でよく見かけるのですが、「でわでわ」という言葉ですが、正確には「ではでは」ではないんでしょうか?
また、「こんにちわ」も「こんにちは」が正しいはずですが・・・。
それとも、わざとそのように使っているんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ひょっとして、私の事ですか???(^^;



ボクは、わざと使っています。
なぜなら、左手だけで打てるから(ローマ字入力です)。
右から左に つつつつ~~ っと打つとD-E-W-Aなので・・・。
パチッ、パチッ と言う感じで打てるんです。
これは、qwerty(クワティ)配列の問題で・・・(言い訳です)


フレーズ的には、単純な「言葉遊び」(のつもり)ですよ。
やはり、「日本語が乱れている」と言われる昨今、気になりますかぁ。

失礼いたしました。m(_ _)m
でわでわ(ではでは)(^^;
    • good
    • 5
この回答へのお礼

>これは、qwerty(クワティ)配列の問題で・・・
そんな理由もあったとは。
正しいものが分かっていての「言葉遊び」ならいいんですが、うちの上司は真剣に「こんにちわ」だと思い込んでましたから、困ったものです。
どーもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/08 20:02

既出の回答とダブりますが,語源を考えると,「(それ)+で+は」となり,「で」は助動詞「だ」の連用形,「は」はもちろん格助詞の「は」です。


となると,現代仮名遣いでは「助詞の「は」は,「は」と書く。」というルールですので,「ではでは」が正統的な書き方ということになるでしょうね。
「でわでわ」を使っている人は,わざと発音通りに書いている場合が多いと思います。
真剣に「でわでわ」が正しいと思っている人は,いたとしてもまだそんなに多くないでしょう。
さらに発音自体くずれて,「であであ~」なんて書いている人もいますね。
(あと,私の感覚だと,「ではでは」と書かれると普通に発音し,「でわでわ」と書いてあると尻上がりに読みたくなります。私だけかもしれませんが。)

「こんにちは」は,決まり切った表現になっていて,名詞「今日」+助詞「は」という語源意識が薄れている人も多そうなので,わざとではなく「こんにちわ」と書いている人もいるでしょうね。
(上司さんのように。)
しかし,公式の文書では「こんにちは」「ではでは」のほうがいいと思います。
(あ,そもそも公式の文書に「ではでは」なんて書かないか。)

であであ。(^^)
    • good
    • 6

音韻としては「でわでわ」が正しいのですが、表記は「ではでは」が好ましいとされていますね。



学校えゆきました。

みたいなのは読みづらいですから。
僕の場合は「ではでは」です。

ではでは。
    • good
    • 5

言い訳ですが。

(笑)

以前『ではでは』=『DE.HA.DE.HA』と聞いてきた友人がいたので「でわでわ」にしました。

彼曰く
『「では」なら「DE.WA」って違和感無いけど「ではでは」は何故か変な感じがする』
との事でした。

まぁ、こんなヤツ他にはいませんでしょうけどね(笑)
    • good
    • 3

それでは→では→ではでは


今日は→こんにちは

成立した経緯を考えると、おっしゃるとおりです。
わざと使っているのか勘違いしているのか、見分けるのは難しいでしょうねえ。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「だわ(は)」と「でわ(は)」の使い方について

「だわ(は)」と「でわ(は)」のの使い方がよく分かりません。
たとえば
・○○も○○だわ、□□も□□だわ、~
・俺は○○なんだわ。
・(最後の挨拶で)ではでは。
・こうなのでは?。
などなど(上が合っているかどうかは分からないですが。)

テンプレートのような使い分けの方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

【でわ】は通常使用しません。地名とか人名です。

最後につく【だわ】は方言かな?
~である。~だ。などの言い切りと同じですね。

途中につく【だわ】
例)子供だわ、大人だわ、うるさい。
でも同じ言い切りができます。→子供だ、大人だ、うるさい。

【だは】になると、【だ】までが主語になると思います。
従って【は】が助詞。
めったにないパターンだろうと思いますよ。


【ではでは】は、それでは失礼します。などの、【それでは】から派生した口語表現だと思いますよ。

Qメールの終わりに「ではでは。」と書く人の意識

最近、年代性別に関わらず「ではでは」で終わるメールをもらうのですが、
なんとなくいい印象がありません。

使ってる人はどういう気分なんでしょうか?

「ではでは」には、忙し気、調子いい、こなれた風?、というイメージしかないんですが、もっと別の肯定的なイメージを持ってる人はいますか?

あと、おやじっぽい感じもします‥。しませんか?

「では、明日また…」とか、「では次回お会いできるのを‥」は違和感ありません。「では」だけを2回くり返すのが、いやです。

そう思ってる人いませんか?

Aベストアンサー

むかし、インターネットの前の
パソコン通信の時代では、
このような顔文字がつくられました。

ではでは(^_^)/~~

さすがに顔文字ははばかれるということで、
言葉だけが残っているのではないでしょうか。

私はバイバイのように、便利に使っています。
ちなみに、始まりは「どもども」です。

当然ビジネスでは、使えませんが。

Q「こんばんは」「こんばんわ」どちらが正しいですか

今さら聞きにくいことですが、「こんばんは」の「は」と「こんばんわ」の「わ」のどちらが正しいですか。語源は「今晩は寒いですが如何お過ごしですか」等から来ているため「こんばんは」でも間違いでないと思っていますが如何でしょうか。小学生の教科書ではどちらを使っていますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは です。
わざとこんばんわと書く人も多いみたいですが・・・
ちゃんと書いたほうが日本語として凛としていて綺麗ですよね。
というかいくらなんでも「こんばんは」と書けない大人がいると子どもとして情けなく思います。

語源がわかっていらっしゃるのなら
疑うこともないのでは・・・?

参考URL:http://gogen-allguide.com/ko/konbanwa.html

Q「よいお年を」に続くのは「お迎えください」ですか。それとも「お送りください」ですか?

タイトルのとおりです。それとも二つとも間違いでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年末におくる言葉ですね。
「良いお年をお迎え下さい」が正解です。

今、ちらっと検索したら、今年の残り数日を良い年としてお過ごし下さいのような、
ちょっとへんてこな文脈で覚えてらっしゃる方がけっこういらっしゃるんですね。
その意味で使うなら、「お送り下さい」よりも、「お過ごし下さい」だけど、
「良い年末をお過ごし下さい」もちょっと変な気がします。

似たようなQ&Aを発見したので、おまけで記載させていただきました。

参考URL:http://www.hatena.ne.jp/1105010059

Q~するわ?~するは?

ずっと気になってますので教えてください。
例文として出しますが「物を散らかすわ、食べ物をこぼすわ」のように「~するわ、~するわ」という文章がありますが、このときの語尾の「WA」は「わ」なのでしょうか「は」なのでしょうか。

私はずっと「わ」を使っていたのですが「は」を使う人が多いみたいなので「は」が正解なのだろうか、と気になっているのです。

Aベストアンサー

これは、終助詞の「わ」です ( ^^
感動・詠嘆、または軽い主張・念押しの意味を持つ言葉です。

ちなみに、「こんにちは」は、「今日はよいお日和で‥」などの省略形ですから、この場合の「は」(係助詞)は、「わ」と書いてはいけません。

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Qこんにちわ、こんにちは、どっちが正しいの?

メールのやり取りで最初の挨拶に私はずっと「こんにちわ」が正しいと思って使ってきました。ところが友人たちからくるメールは全部「こんにちは」で来ます。

私はそのまま変えることはなかったのですが、あまりにも全部が全部後者でくるので、本当は私の間違い?と思い後者に改めました。
でも最近あるブログのやり取りを見ていたら全員が「こんにちわ」だったのです。
ちょっと嬉しくなり、「私、正しかった?」と自分に問いかけました。
でも本当はどちらが正しいのでしょうか。こだわる私は正確なことを知りたいのです。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

A No.6です。
質問者さまは混乱されているでしょうから整理します。
国語の決まりとしては「こんにちは」「今日は」です。
ただし最近は、「は」が助詞としての意識が薄れてきているので「わ」派が増加しています。
どちらを使っても自由ですが、「こんにちわ」を使って、人から「こんにちは」に直されることはありえます。

喋り言葉を記述した「コンニチワー」「コンチワ」「チワー」などは「わ」で表記することが一般化しています。

Qよいお年を っていう挨拶は年上の人に(エライ人)にしてもいいですか?

向こうからよく言って来るんですが
こちらも 良いお年をーって言って応えていいものですかね。

Aベストアンサー

「お年」だと、相手の年齢を連想させます。

正しくは「よい年をお迎え下さい」で、十分尊敬表現になっています。目上の人に対しても、これでOKです。

Q「充分」と「十分」の使い分け教えてください

題名のとおりですが、どう使い分けるのか知りたいです。

たとえば、「私はじゅうぶん満足した」のときは、十分でいいんですよね???

どちらをどう使い分けるのか教えてください。

Aベストアンサー

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。
☆この二つの文字の違いは何か?
【十】:1・2・・・・・・と来て数が満ちる。
  原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。
     九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。
     更に9+1は十分大きい ⇒ 数が足りている状態。 
  ☆数詞、段階を踏むデジタルな思想です。
【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。
  原意:長い、高い から 成長した大人、肥満、肥大、振る舞う、 
     などを意味するようになり、現在に至っています ⇒ 充ちる(満ちる)。
  ☆基本は動詞、切れ目なく満ちる、満たす、果たす、アナログ的思想です。
【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。
  【十分】の発音はshi2fen1   【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。
  【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 

さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。
 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。
 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。
    としたいところです。
  
【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。
 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc)
ついでに、
  「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。

いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。

そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。

国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。
私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。
☆「十分」「充分」の意味が混同される原因は(推測です)、
 ・漢字本来の発音の違いが日本語では区別し難いため、便法で漢字音を決めた。
 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。
...続きを読む

Q「風邪をひく」 ひくの漢字は?

「風邪をひく」 ひくの漢字は
引く
であってますか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合っています。
「風邪を引く」が本来の言い方で、「風邪に罹(かか)る」とは言いません。
「風邪」は本来「ふうじゃ」と読み、病気・症状の名前ではありません。
「風邪(ふうじゃ)」は邪気のうちの一つです。
漢方の概念で「風・寒・暑・湿 (および燥・火)」の四(ないし六)種の邪気があり、そのうち風邪を体内に引き入れることによって、「感冒」(一般に『かぜ』と言っている症状)を発症するのです。
その「風邪」の語を後に「かぜ」と読むようになったわけです。
「風邪を引く」「風邪を引き込む」と言い、「風邪に罹る」とか「風邪を患(わずら)う」などと言わないのはその名残です。


人気Q&Aランキング