こんにちは。
 え~、今回は皆さんの本の処分方法についてお伺いさせてください。
 どうもそろそろ我が家は本の置き場がなくなってきたようで、
山積みされた本を見ながら、「どうにかして処分しなけりゃな」と考えています。
この間も300冊ほどブックオ○に売り払ったのですが、ど~も古本屋やブックオ○
のような所に売るのも空しい気分がしますね。尤も、こちらは不要になったから
売るわけで、買い値にガタガタ言えた筋合いではありませんが、にしても二束三文。そこでまとめて図書館にでも寄付しようかなと考えているのですが、
そういう処分の仕方って皆さんどうお考えになるでしょう。
手放したくない書籍も多数あるのですが、
図書館になら思い切って寄付できるかなと…。
というのも、読みたくなったら図書館に足を運べばいいわけで、
保管場所としてちょうどいいかと・・・(^_^;)
今回処分したい本の量は単行本が5000冊程度、
文庫本・新書が3000冊程度でしょうか。
どうしても手放したくない本もあるのですが、図書館に寄付したら皆さんもただで
読め、私も読みたくなったら借りに行けるという…。
 皆さんはどのように本の処分をなさっているのでしょうか。
私の今回考えている本の処分法に関するご意見と、皆さんの本の処分法をお聞かせ願えれば幸いです。桜井君のところのように、車が20台分ぐらいとめられるような広い敷地があればよかったのですが…(^_^;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

 本好きの方が亡くなったりすると、家族の方が残された本の処分に困ることが多い様ですね(-_-;)


 自分の愛着のある本が、いつかどこかで、それを求めている人の役に立ってほしいと願っているのならば、古本屋さんに買い取ってもらうのが一番だと私は思います。
 ブックオ○さんの場合は、その本にどんな価値があるかはお構い無しで、外見(よごれていないかとか、新しさとか)とかで値段をつけ、一定期間で売れなかったモノは容赦なく廃棄処分にされます(もっともそれをまた拾い集めて古書店に持っていく専門の方‥タテバまわりといいます‥もいらっしゃるのですが)。いったい日本全国でどれだけの貴重な価値ある本が彼等の手によってちり紙にされたかを考えると、大袈裟でなく背筋が寒くなる思いがします。
 古書店であれば、自分のところで売れなかったり、そのお店の得意分野でない本でも、古書店組合加盟のお店であれば「市」(正式には交換会)で交換しあうことで、巡り巡って必要な人のとどくような仕組みになっています。
 ただ書架に置かれているだけの図書館の本と違って、古書店にはその分野の本を求めていそうなお客のリストもありますし(その中には図書館や大学の研究室もある)、目録やインターネットで本好きのひとにお知らせするノウハウもあります。
 まあ、古書店も本を捨てないわけじゃあないですが(っていうか、大量に捨ててますが)、その場合も、専門的知識や経験に基づいて判断してくれてるとおもいますので、まだ諦めもつくってもんです。
参考文献は:
「街の古本屋入門」(志太三郎著、KG情報出版)
(絶版になってなければいいんですが…)

参考URL:http://www.kosho.or.jp/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 >本好きの方が亡くなったりすると、家族の方が残された本の処分に困ることが多い様ですね(-_-;)
 
私も実は「俺が死んだらこの本を売って、暫く食いつないでくれ」と言っているのですが、どーも、この状態で死んだら、葬式の翌日には確実に古本屋に並んでいそうな雰囲気なんですよ。ですので、私の家の場合、家族の者はあまり困らないのではないかと…。(-_-;)

>自分の愛着のある本が、いつかどこかで、それを求めている人の役に立ってほしいと願っているのならば、古本屋さんに買い取ってもらうのが一番だと私は思います。
 
あー、そう思われますかpapuaさんは。図書館に寄贈という思いが90%ありましたが、そういうご意見を伺うと、「古本屋さんに走るか」と思い直してしまいますね。私が「図書館に」と思うのも、まさに、「読みたい人に役立ってもらえれば」という思いがあるからなのです。
 その他、随分詳しい情報を有難うございました。大変勉強になりました。これから充分考えて、本の処分を考えたいと思っております。

お礼日時:2001/08/11 01:58

私だったら、まず古本屋にいって売ってきますね。

でも、また読みたいと
いうなら図書館をおすすめします。私の父などは、
「あと30年したら、この本を図書館に寄付するぞ!」
などと言っています。
ブックオ○には私も売りにいったことがありますが、前の人が書いているように、ちょっと汚れていると「こちらは売り物にならないんですが、当店で処分しますか、それともお持ち帰りになりますか?」などといわれます。そしたらもってかえってきて図書館に寄付、という手もありますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お盆休暇でずっとコンピュータから離れており、お礼が遅くなりました。申し訳ありません。m(__)m

>私だったら、まず古本屋にいって売ってきますね。でも、また読みたいと
いうなら図書館をおすすめします。

そうですね。タイプによって処分方法を分けるのも手ですね。古本屋さんならそれなりに古本の価値を認めてくれるかもしれませんからね。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2001/08/17 17:18

こんにちは。

私の場合ですと多くの人が答えているのと同様に某古本屋に売ることが多いです。
でも汚れが目立ったりした本はそのまま捨ててしまいますね、まあ仕方ないという感じで。
あとは私のマンションの玄関ホールのところにご自由にお持ち下さいというコーナーがありまして、
そこに適当に並べておきます。意外とだれか持っていくんですねえ、何日間かすると必ずなくなっているのでびっくりです(笑)。そういったところでしょうか。
それとですねえ、この質問に対して多くの方の回答を読んでとても参考になりました。特に、某大手古本屋は捨てにいくところだという回答です。まあ確かにそうですねえ、
アルバイトがやっているから本の価値なんてみわける能力なんてありませんよね。
古本屋の事情というか内情みたいなこともわかって、とても参考になりました。
それにしても5000冊とかはすごいですよねえ。私は全部合わせて1000冊程度ですが(苦笑)。
なかなかいい質問をしていただいて感謝しております。ありがとうございました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お盆休暇のためずっとコンピュータを離れておりました。お礼が遅くなり申し訳ありません。m(__)m

>あとは私のマンションの玄関ホールのところにご自由にお持ち下さいというコーナーがありまして、
そこに適当に並べておきます。意外とだれか持っていくんですねえ、何日間かすると必ずなくなっているのでびっくりです(笑)。

面白いコーナーが設置されてるんですねぇ。リサイクル・リユースの精神っていいものです。ひょっとすると住人の方ではなく、その筋の人が持って行ってる可能性もあるのでしょうか。ま、いずれにしても一旦手放した方からすれば誰が持って行っても構わないわけですが…。(^_^;)

>アルバイトがやっているから本の価値なんてみわける能力なんてありませんよね。

そうですね。新しいかボロかが値踏みの唯一の判断基準のようですから、価値ある古本はやはり古本屋さんに持って行った方がいいみたいです。

>それにしても5000冊とかはすごいですよねえ。

ウ~ン、中には買っただけで読んでない本も交じってるようで…(^_^;)
特に全集物。ドストエフスキー全集なども半分ぐらいしか読んでません。(^_^;)
「またいずれ読むかな」と思ってずっと手元に置いているのですが、学生時代以来ほとんど手にとっていませんね~。(汗汗)

>なかなかいい質問をしていただいて感謝しております。ありがとうございました。

そんなふうにお礼を言われると照れます。
ご回答有難うございました。

お礼日時:2001/08/17 17:10

私の場合は,古本屋,@niftyの会議室等で売る・譲る、


どうにもならない物は紙資源にしてもらう・・です。

ところで、図書館に寄付ですが、図書館とて全ての本を
半永久的に保存するわけでは無いので,
何かの時に処分されることも考えた方がいいと思います。

少しぐらい金がかかっても保存しておきたいなら、
トランクルームに預ける手もあるかも知れません。
私はまだ使ったことないですが、いつか使うかも・・・と
考えてます。

参考URL:http://www.terrada.co.jp/practice/trunk/hon.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 >ところで、図書館に寄付ですが、図書館とて全ての本を
半永久的に保存するわけでは無いので,
何かの時に処分されることも考えた方がいいと思います。

ええ、そのことは十分承知しております。私も図書館に行く機会が多く、
その度に廃棄処分となっている書物と出会いますからね。
「あ~、これなら廃棄処分も仕方ないよな~」と思いますので、
仮に私の寄付した本が廃棄処分になっても、それはそれで仕方ないだろうと…。
その上で、日頃一番世話になっている図書館に寄贈したいなと考えているのです。

参考URL、行って参りました。大変参考になりました。有難うございました。
でも、どうでしょう? 私はこれは正直「高い」と感じました(私って貧乏?)。
ご回答有難うございました。暑い日が続きます。どうぞご自愛ください。

お礼日時:2001/08/11 01:45

ブックオ○は、本を売りに行く所ではなく、棄てに行く所です。

あぁいった店は、古本買い取りでなくリサイクルと言っているはずです。だから買い取りの受け付けにいる
人もたぶんパートかアルバイトだと思います。そういう人
に持ち込まれる本の価値をちゃんと見分けろと言ってもムダです。
逆に古本屋さんは、全く違う世界です。
例えばこんな話があります。ある古本屋さんが古本屋さんばかり集まる「市」にいったんです。段ボールいっぱいにはいった本を次々に値を付け、一番高く買った人が落札ということになるわけですが、結構どれも捨て値のような値段で落札されていったそうです。ところがある段ボールにきた時、突如として3万という高値をつけた人がいる。当然その人が落札したわけです。その人はしかし箱の中から一冊の本を取り出すと、周りの同業者に残った本はあげると言ったそうです。つまり数多ある古本のうち、いつ値打ちのある本が出てくるかじっと見ていて、見逃さず値をつけ、目的の物を手に入れ、あとはクズだけと判断したというわけです。
まぁ図書館や学校に寄付するのもいいですが、いつかは棄てられる運命です。(だいたい棄てる目安は決められていますからね)ひょっとしたら、あなたの蔵書の中に、何処かで売りに出ないかと、待ちに待ってる人がいるかも。
まずは一番値打ちのありそうな本を、ちゃんとした古本屋さんでいくらの値がつくか数軒回ってみたらいかがでしょうか。一番高値の所へ全てを持ち込んでみたら....。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ブックオ○は、本を売りに行く所ではなく、棄てに行く所です。あぁいった店は、古本買い取りでなくリサイクルと言っているはずです。だから買い取りの受け付けにいる人もたぶんパートかアルバイトだと思います。そういう人に持ち込まれる本の価値をちゃんと見分けろと言ってもムダです。

う~ん、なるほどなるほど、明快なご回答、気分爽快です。《棄てに行く所》という発想、言われてみればそのとおり。まさに《リサイクル》と言って憚らないようですからね。私の所に本を受け取りに来た店員さんが予想以上に若くて、「えっ、これで本の値踏みができるの?」と思ったものですから、ブックオ○にはそうそう本は売れないなと…。ムダなことはしないように心がけます、ハイ。(^_^;)

>まぁ図書館や学校に寄付するのもいいですが、いつかは棄てられる運命です。(だいたい棄てる目安は決められていますからね)

ええ、このことは承知しております。棄てられて当たり前ですからね、これだけの出版量なのですから。で、棄てる目安というのはどのくらいの期間なのでしょう?
あんまり早く棄てられても困りますね…(^_^;)。
 ご意見、大変参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2001/08/11 01:34

ブックオ○は、とおんでもない本が、安かったりしちゃうので、買いに行ってますです。

が、売るのは、昔ながらの古本屋さんですなー。家の近所の古本屋さんは、自分が買うより、古本市に出したほうが、これは高く売れるよ、なんて言って、市に出したりしてくれるからありがたい。価格が高いのも嬉しいけど、ほら、専門的っていうか、色のある古本屋さんに行ったほうが、好きな人に読んでもらえそうだし、ね。
手元に残しておきたい本は、絶対置いとくべき。だと思うぞー。
あ――― 図書館が欲し――――――――い!! おいらでござる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 おお、良心的な古本屋の知人をお持ちで、うっらやましい…。
やはりブックオ○は古本の価値を認めていないのですね。安いので私も
度々利用させてもらってますが、ど~も、古本の価値そのものは分かっていないんじゃないかと疑っておりましたが、やはりそうでしたか。この間売り払った本は
そういうのを入れておかなくてよかった…(^_^;)

>手元に残しておきたい本は、絶対置いとくべき。だと思うぞー。

売るなら残しておきますが、図書館等に寄付するならもう思い切って手放そうかと考えてるんですよ~。いつでも借りて読めるし…。夜中目が覚めて、「ど~しても
今読みたい!」と思うような本だけを何割か残して、あとはもう潔く・・・。
図書館に寄付しても好きな人に読んでもらえそうですしね…。
ご回答有難うございました。暑い日が続きます。どうぞご自愛下さい。

お礼日時:2001/08/10 20:15

私は古本屋(BOOK OFFとか)オークションで売ってます。


価値のある本だと、BOOK OFFとかだと見た目の奇麗さだけで値段がついてしまい
割安になってしまうので、オークションで本当に欲しがっている人に高く売りつけちゃいます(笑)

でも、また読みたくなったら・・・というのには向いていないかもしれませんね・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。
 BOOK OFFはやはり見た目のきれいさだけで値段がついてしまうのですか。
 どうもそうではないかと思っていたのですよ。古くて価値のある本を見抜くには
ちょっと若過ぎるのではないかなと…。私も今後は価値のある本はオークションにでもかけることにして・・・(^_^;) でも繰り返し読むという本はほんとに少ないですよね。好きな作家でもそんなに繰り返し読むということは…。まぁ「読む時間がない」「次から次へと読みたい本が出てくる」ということもあるでしょうけどね。
ご回答有難うございました。暑い日が続きます。どうぞご自愛下さい。

お礼日時:2001/08/10 19:16

本ってすぐ増えちゃうんですよねぇ。


私も最近はブックオフなどに売ってばかりですが、以前は学校の図書館に
寄付していました。ただ、大学の図書館は基本的に学術的資料しか置かな
いので難しいのではないかと思います。小、中、高校の図書室であれば読
み物も多く置いているので、かなり引き取ってくれるのではないでしょう
か。ただし、小、中、高校の場合は読みたくなっても借りに行くことが出
来ない場合が多いです。なので、どうしても手放したくないような本だけ
は市立(県立)図書館へ寄贈された方が良いのでは?
さすがに8000冊もあると分類だけでも大変でしょうが、そのように分散し
て寄贈するのが適当ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。
 そーなんですよねー、本って、油断してるとすぐに山のように…。
気がついてみると寝る場所もなかったりなんかして…(^_^;)
で、「捨てろ、捨てろ」の大合唱。「分かっちゃいるけど~とやら」
そうですねー、小、中、高の図書館も悪くないのですが、彼らが読んでくれそうな
本はあまり持ってないのですよ(^_^;)。強いて言えば高校生ぐらいなら何とか…。
それにやはり自分が借りに行けないというのが痛いですねぇ・・・(^_^;)
貴重なご意見、大変参考になりました。有難うございました。
暑い日が続きます。どうぞご自愛下さい。

お礼日時:2001/08/10 18:23

本の処分先にはいろいろありますが、自宅保存に値しない程度の単行本類なら古本屋が一番だと思います。

他の処分先は交渉、仕分け、引き取ってもらえない本の処分と手間がかかります。読んだら古本屋に処分する・・に徹すれば手間がかからず
楽です。例え20円でもゼロか20円かと考えるべきです。

手間がかかっても構わないのであれば、処分先(寄付先)として次のようなところが考えられます。

1.地元の図書館
2.地元の大学
3.町内の自治会、婦人会など(子ども会の資金調達に使う)
4.日系ブラジル人会や海外の日本人学校など
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 こんにちは。
 今回は《自宅保存に値しない》のも含めて、思い切ってある程度
処分しようかと考えているんです。中には後ろ髪を引かれるような本も…(^_^;)
でも古本屋やブックオ○に売るなら、「もう二度読まないだろう」と思われる本だけを、と。図書館になら2~3割程度を手元に残して、後は全部…。その中で寄付に
応じてくれない本は古本屋行きと…。それも叶わぬ場合には廃棄と…。
日頃図書館にお世話になっている私としてはmartinbuhoさんのご提案下さった中では1.が最もいいかなと考えております。選択肢はいろいろとあるようですね。
ご回答有難うございました。暑い日が続きます。どうぞご自愛下さい。

お礼日時:2001/08/10 17:59

私もブックオ○に売ってますよ。


家の近くの図書館で本のリサイクルみたいなこともやってますけど、
(図書館でリサイクル用の棚に置いてくれる)
なにしろ本は重いですから、車がないと運べません。
その点、着払いで受け取ってくれる宅本便はやはり楽ですよ。
そういった経費があるから二束三文でしか売れないとあきらめてます。

しかし、5000冊ってすごいですね。
私は基本的に小説は文庫(と新書)しか買わない。
手放したくない本だけ残して後は売る。
をモットーにしておりますので、今、家にある本は本棚いっぱい
(文庫は前後2列になってます)+ダンボール5箱分ぐらいです。
…そろそろまた減らさないと、新しいのが買えない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こんにちは。
 そうですか、kamonohashiさんもブックオ○に…。
ふと思ったりするのですが、町の古本屋さんに売るのとブックオ○と
どちらが高い買い値をつけてくれるのでしょうね。
また、ブックオ○の買い専門の店員さんってどの程度古本の価値が
分かっているものなんでしょうね。古本屋さんの方が古本の価値を
分かってくれていそうで、ついそちらに買ってほしくなったりするのですが…(^_^;) 
 
>なにしろ本は重いですから、車がないと運べません。
その点、着払いで受け取ってくれる宅本便はやはり楽ですよ。

私の場合、店員さんが取りに来てくれましたよ。
ま、尤も、取りに来る行為自体にも「経費」がかかっているということになるのでしょうが…。にしても、ホント、二束三文ですよね。
ブックオ○が一等地にどんどん巨大店舗を出せている訳も分かるような気が…(^_^;)
ご回答有難うございました。暑い日が続きます。どうぞご自愛下さい。

お礼日時:2001/08/10 17:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図書館では何冊本を借りればよいでしょうか

図書館で本を借りたいのですが、何冊借りるのが良いでしょうか。

Aベストアンサー

期限期間内で読み切れるぶん。

Q図書館員や図書館が舞台の小説

図書館員が主役や主な登場者だったり、図書館が主な舞台として出てくる小説はありますか?

図書館戦争みたいなSF系でなくて、現実的なものです。

Aベストアンサー

「おさがしの本は」(門井慶喜)図書館のリファレンス・サービスをしている男性が主人公。図書館にやってきた副館長は図書館閉鎖派。彼の主張に反するために、リファレンス・サービスをかってでるが、難問で……というお話です。

Q図書館におばあちゃんの知恵袋という本はあるのにおじいちゃんの玉袋という本が無いのは何故ですか?

図書館におばあちゃんの知恵袋という本はあるのに、おじいちゃんの玉袋という本が無いのは何故ですか?

Aベストアンサー

みんなババアの知恵には多少なりとも興味はあるでしょうが、ジジイのもう使い物にならない玉袋に興味があるのは一部のド変態だけだからです。そんでその変態たちは、マーケティングのターゲットにするにはあまりにも絶対数が少なすぎるからです。

あなたが年寄りになって、もう死ぬ以外にやることがないくらいヒマになったら、そういう本を自分で書いてみましょう。当然自費出版というかたちになるでしょうが、わたしは買います。あなたが男なのか女なのかはわかりませんが。

頑張ってください。

Q図書館の本で以前あって現在ない本は何処へ?

図書館の本で以前置いてあって、現在はないものはどうなっているのでしょうか?また同じくツタヤなどのDVDなんかでも以前あって今はないのはどうなっていますか?

Aベストアンサー

うちの町の図書館は1年に一回整理し、不要本は、ほしい方に無償放出します。
(この日は平日の昼間なので、ビラ情報でしかないですが。)

本は基本的に図書館で買ってもらうと決めていますので、
結構な量の本を買ってもらってきましたが、その本が
3年もあることはまずないですね。
人気のある本ならボロボロになる前に、持ち去らせていますし、
人気のない本は整理で処分されていくようです。

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報