現在、TurboLinux6.0でWebサーバーを作ろうと考えています。

Apacheは既に動いています。

グローバルIPを

202.***.***.209 - 202.***.***.222 までもらいました。

ドメインは、

hogehoge.jp という形で取得済みです。

ApacheをインストールしているTurboLinuxにはグローバルIPの

202.***.***.211 を振ってあります。IPを打てば外からでもWebを見れるようにはなっています。

何とかドメインで閲覧できるようにするために、DNSの設定をwebminでやろうとしているのですが、まったく意味が分かりません。

設定方法を教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一度、O'REILLYのDNS&BINDtの書籍を読んだ程度で、DNSに対する実務的な経験はありません。

設定個所が多くあります。
詳細は、経験者にお願いするとして、

基本は、
/etc/named.conf
Webminでは、
順正(Webminでは"順引き")引きのファイルが、/var/named/hogehoge.jp.hosts
逆引きでは、/var/named/202.***.***.202.rev
のように理解しています。

Webminでは、'新規のマスターゾーンを作成'スタートすれば、順引き、逆引きのファイルと、named.confが自動的に作成されます。

いろいろ試されて、システムが構築できた暁には、

nslookup XXX.hogehoge.jp(正引き)
nslookup 202.***.***.*** (逆引き)
で正しく設定されているかを確認します。

Windowsのブラウザーからは、
http://www.ascend-tech.net/checksvr.phtmlなどのから、
XXX.hogehoe.jpを検索して確認がとれます。

ファイルは、それほど大きくはないのですが、その内容を理解するためには、専門書(冒頭のO'REILLYのDNS&BINDまたは、Software Designのバックナンバー、ちょっと古いのですが、1999年6月号を参照)を参照してください。

一般的には、セカンダリーのDNSをもうけるのですが、それぞれの事情があるとおもいます。WEBサーバを公開されるとして、社内システムと共通ですか?
ハッカーにアタックされないようにご注意ください。

Webminのユーザも比較的すくないと思い、DNSの経験者ではないのですが、おこまりのようですので、アドバイスいたしました。

ご健闘をいのります。

ojin
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ojin 様

今回もありがとうございます。

ご指摘の箇所のみのチェックで設定できたようです。

DNSサーバーの検索を、今回設定したDNSサーバーのIPにしたらドメインでもアクセスできるようになりました。

本当に何から何までありがとうございます。

>一般的には、セカンダリーのDNSをもうけるのですが、それぞれの事情があるとおもいます。WEBサーバを公開されるとして、社内システムと共通ですか?
ハッカーにアタックされないようにご注意ください。

社内システムというほどではなく、Apacheのテストの為に作った掲示板だけですので問題ありません。

社内用には、LAN内で別にサーバーを立てる予定です。

それでは、今後ともよろしくお願いします

お礼日時:2001/08/16 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング