教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

先日マスクをしていない乗客を搭乗拒否した件で、
そもそも公共交通機関がマスクを強制してよいのですか?
またマスクをしていないという理由で搭乗拒否できるのでしょうか?

※法律に詳しい方、知っている方限定で回答お願いします。
※知らないで自分の見解を書き込む事は絶対にしないでください。

質問者からの補足コメント

  • ならダメですよね。
    現在日本では政府もマスクは強制ではなくお願いですし、他の公共交通機関もマスクを強制している会社はありません。
    寧ろ逆に搭乗拒否は客側が損害賠償請求できそうな感じですね。
    そもそもマスクに科学的根拠がありませんから。
    また無症状者から伝播も全く根拠がありません。
    降機させるだけの科学的根拠もありませんからね。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/25 12:23
  • >bokerenjer
    動画に騒いだ様子はありませんが、騒いだ根拠はあるんでしょうか?

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/25 12:32
  • >satoumasaru

    威嚇って意味が分かりませんが、
    根拠もなくマスクを強制して聞き入れなかったら降機させたって事ですよね。
    また航空法にもそのような強制は許されていないようですから。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/25 12:38
  • >その後の他の乗客・乗務員に対する迷惑行為で降ろされたのだと、と言ってました
    >厳しい法律があるのです
    ↑自裁どのような迷惑行為があったのですか?
    そもそもそれは降りろと理不尽な要求によって起こったことでしょう。
    また厳しい法律とは何ですか?

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/25 19:27
  • >sandaba
    >マスクを強制するかどうかは基本的には個々の航空会社の決めることです。

    ↑航空会社が勝手に決められることではありません。
    デタラメな回答はご遠慮くださいね

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/25 20:59
  • >toshiyaku0817
    ↑デタラメな回答は止めてくださいね。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/25 21:00
  • >bokerenjer
    >はじめはマスクの着用を拒否されても飛行機は出発したのです、その後の迷惑行為により降ろされたのです

    ↑ですから迷惑行為は根拠もなくマスクを強制された事に対しての結果でしょ。

    >また厳しい法律とは何ですか?

    ↑No1の方は航空法に基づいた内容でその判断は裁判でしか判断できないと言っています。
    あなたとは全く異なる見解ですよ。
    大丈夫ですか?あなた?

    No.7の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/26 12:02
  • ddeana
    >航空会社が旅客にマスク着用を強制できるかできないかといったら法律的にはできます。

    ↑できませんよね。
    航空法にそのような記述はありません。
    「規律の維持のために必要な限度」と記載がありますが、その判断は裁判に委ねられます。
    今回のケースではそもそもマスクになんら科学的根拠もなく当人も感染しているわけではない上に、無症状者ですから裁判になれば航空会社にマスクを強制するだけの科学的根拠は一切ありません。

    知らないのに法律的には出来ますというデタラメな回答は止めてくださいね。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/09/26 12:05
gooドクター

A 回答 (9件)

根拠はこれだけです。



航空法第七十三条の四
機長は、航空機内にある者が、離陸のため当該航空機のすべての乗降口が閉ざされた時から 着陸の後降機のためこれらの乗降口のうちいずれかが開かれる時までに、安全阻害行為等をし、又はしようとしていると信ずるに足りる相当な理由があるときは、当該航空機の安全の保持、当該航空機内にあるその者以外の者若しくは財産の保護又は当該航空機内の秩序若しくは規律の維持のために必要な限度で、その者に対し拘束その他安全阻害行為等を抑止するための措置(第五項の規定による命令を除く。)をとり、又はその者を 降機させることができる。

マスク着用が規律維持に必要な行為かどうかは、裁判してみないとわかりませんけど。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

そもそも公共交通機関といっても企業であり、客を選ぶ権利があります。


そして飛行機に乗って目的地に行くのは運送契約で、運送約款が適用されます。
その客も運送約款に同意して搭乗しているわけです。
約款の有効性は今年4月の民法改正施行で完全に認められています。
https://www.flypeach.com/fm/conditions_of_carriage
約款は契約内容を表したもので、第10条には降機させる根拠が書かれています。例えば
(b) 他の旅客に不快感を与え又は迷惑を及ぼすおそれのある場合
(c) 当該旅客自身又は他の人の安全又は健康に危害を及ぼすおそれのある場合
(d) 航空機若しくは物品に危害を及ぼすおそれのある場合
(e) 当社係員の業務の遂行を妨げ、又は、その指示に従わない場合
航空機内の秩序や安全を保つために航空法のお墨付きも与えられていますが、もともと機長以下係員には機内の安全や平穏を保つための管理権があり、乗客はそれに従う義務を負うのです。
ですからマスク着用のお願いが遅いと反発するのもどうかしてるし、席の移動を拒否するのもおかしいのです。
マスク着用を強制出来るか出来ないかの議論ではなく、又本件では強制はしておらず、協力を求めた訳で、それは他の乗客が不快感や不安を覚えないための措置な訳です。
それこそ公共交通機関であるからこそ、限度を超えたわがままは許されず制限を受けるのが法的には筋が通っているのです。
    • good
    • 2

飛行機に限ってお話します。



航空会社が旅客にマスク着用を強制できるかできないかといったら法律的にはできます。
予めカウンターで「マスクを着用しない人は搭乗できません」という規定が書かれたボードを置いておけば、その規定に基づいて、最初から拒否できるそうです(弁護士が認めています)。
航空チケット購入時に、航空会社の運送約款に同意する契約が乗客との間に成立している乗客は航空会社の搭乗条件を順守する必要があるというもので、これは全世界ほとんどの航空会社が加盟しているIATA(国際航空運送協会)も同意しています。よってIATAもマスク着用の義務または要請に旅客は従う必要があるというスタンスです。
要請であっても利用規約に含まれることを多くの方がわかっていないのではと思います。

ピーチアビエーションはHP上でもマスクの着用要請を明記しています。要請であって義務ではないからつけなくては良いというのではなく、要請を受託したということは利用規約にのっとって搭乗することを了解したことになるのです。利用規約を守らなかった今回のケースは航空会社が損賠賠償を請求できる対象になりえるのだそうです(これも弁護士さんがラジオで言ってました)。
離陸前CAとの会話の中で当該旅客は「マスク着用のお願いはお願いは承りました。でも、それはしません」と言ってました(Youtubeで画像で確認しました)。正当な理由があって着用できないのではなく、お願いはわかったけど私はしません。と言ってました。これがそもそも間違いです。航空券を買った時点で利用規約に追加されたマスク着用の要請も受託していることを彼はわかっていません。受託したけど拒否しますはないのです。受託しないなら航空券を購入してはいけません。

しかし今回のトラブルは、マスクの着用拒否それ自体よりも機長の指示に基づいて命令書を示した客室乗務員に対して、「やれるものならやってみろ」と取られるような態度を乗客が示したということが問題でした。
Youtubeなどに上がっている動画は命令書が出る前のものしかないので(離陸前)、離陸後どのぐらい態度が問題だったのか確認はできませんが、報道によれば、機長が出した命令書は2通。1つは離陸後に機長がまず出した命令書で「大声を上げるなどの行為をやめること」というもの、そしてもう1つが緊急着陸後飛行機から降りることを促すものでした。
マスク着用拒否した後の行為が、全体として航空機内の秩序を乱したと、機長により判断されたわけです。
この回答への補足あり
    • good
    • 3

>自裁どのような迷惑行為があったのですか?


今更ですか、既に皆さんが回答してます、皆さんの回答見ても納得出来ないのですか?
はじめはマスクの着用を拒否されても飛行機は出発したのです、その後の迷惑行為により降ろされたのです

>また厳しい法律とは何ですか?
No1さんが回答しています
No1さんへのお礼で『ならダメですよね。』とありますが、それで納得したのじゃないの?
この回答への補足あり
    • good
    • 1

マスクそのものより


大声あげたり等をして
航空の邪魔為たから
逮捕送検
死刑です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

マスクを強制するかどうかは基本的には個々の航空会社の決めることです。

しかしそのような明示的ルールがあるなら、搭乗前にマスク拒否している時点で乗せなければ済むことなので、ここまで話はこじれませんでした。

件のマスク拒否男はそうではなく、No.1の方が挙げている「安全阻害行為」を働いたため強制降機させられています。

報道によれば、マスクをしないなら周囲の客から離れた席を移るようにとCAに言われてそれを拒否しています。さらにCAのみならず他の乗客とも言い争い大声を出していたとされます。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

>動画に騒いだ様子はありませんが、騒いだ根拠はあるんでしょうか?


何の動画?、ソースを明示してください

私も そのニュースはテレビで見ましたが、番組のコメンテーターの弁護士さんがマスクの着用拒否で降ろす事は出来ない、その後の他の乗客・乗務員に対する迷惑行為で降ろされたのだと、と言ってました
ハイジャック防止の観点から機内での言動には厳しい法律があるのです

余談として、あの男性の捨てゼリフには笑っちゃったけどね
この回答への補足あり
    • good
    • 1

直接の原因はこれですよ。


   ↓
男性はその後も要請を聞き入れず、「非科学的だ」「要請するなら書面を出せ」などと言って乗務員を威嚇、大声をあげたため、新潟空港で臨時着陸。機長が乗務員を通じて降りるよう求め、男性が応じたという。関西空港には予定の約2時間15分遅れで到着した。

機内でマスク拒否し「非科学的だ」と乗務員威嚇
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200908-OY …
この回答への補足あり
    • good
    • 2

直接の原因は騒いだからですよ

この回答への補足あり
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング