食べると不老不死になるという、人魚の肉。
あれはどこの部位?
サカナ部分だとすると、赤身?白身?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

高橋留美子作の人魚の森より...(いいのかぁこんなんでぇ)



 基本的には、どの部分でも良いようです。

>サカナ部分だとすると、赤身?白身?
 この部分は意味不明ですが、
 主に食べていた部分は、尻尾の部分の様です。
 また、絵柄からの判断ですが、白身の様です。

 こんなんでいいのかなぁ??
 
    • good
    • 0

元は「八百比丘尼」、「白比丘尼」伝説です。



 5世紀ごる、若狭国で山の中で異世界に招かれた父が、おみあげに人魚の肉をもらいます。それを子供の娘が食し、800年ないしは400年生きたという伝説です。
室町時代中期には一般に知られていたそうです。

創作かも知れませんが、味は甘露だそうです。「笈埃(きゅうあい)随筆」(江戸時代中期、京都、万屋百井塘雨著)

問題の肉ですが、
九穴の蛇、ニンカンという魚を食べたともいわれ、実際のところ山椒魚ではないかとしています。

参考:「人魚の系譜 愛しき海の住人たち」笹間良彦著、五月書房
ISBN4-7727-0292-X
    • good
    • 0

一言で人魚といわれても上半身が女性のマーメイドだけが人魚じゃなくて、上半身が魚のマーマンていうものも存在します(?)し、あぁ、これは海外の話ですね。



国産人魚としては聖徳太子の頃からいる(?)わけでして、

ミイラの化石とかありますよね。
もっとも猿の上半身に鯉のしっぽをつけたまがい物だって説が有力らしいですけど、

それっていわゆる淡水魚(?)な訳ですから赤いか白いかっていわれても…うーん…
    • good
    • 0

人魚の肉というのはジュゴンの肉なんじゃないですか?



沖縄の新城島(あらぐすくじま)には人魚神社があり、昔はジュゴンが獲れたそうで、首里王府にはジュゴンの肉を献上していたそうです。以前にNHKの番組でやっていました。下の参考URLのページの下の方にも新城島のジュゴンの肉の記事が載っています。

ジュゴンは哺乳動物なので、まあ赤身なんでしょうね。もっとも昔のことなので干し肉にしていたようです。ジュゴンのことは、例えば、
http://www.hoops.ne.jp/~sea-jugon/about.html
に載っています。

参考URL:http://www.okinawatimes.co.jp/~o-times/spe/yuku9 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人魚

人魚はほ乳類ですか、それとも魚類ですか? はたまた両生類でしょうか?
お答えください(できたら理由も書いてください)。

Aベストアンサー

体外受精をする哺乳類(?)
サカナのようにメスは体外に卵を出し、オスはそれに精子をかける、
というのを、何かの漫画で見た記憶があります(主人公が凄く悲しそうな台詞を言っていた記憶が…)。
人魚のオスはマーマンといわれていますが、マーメイド(上半身が女性で下半身がサカナ)と同じ種族かどうかもわかりません。
何年か前に、フランスで、三叉戟を持った半漁人が現れて、海水浴に来ていた、女性を追い掛け回したというのがありました、また、下半身が人間の女性で上半身はサカナという生物の死骸も見つかったことがあるようです(SUNの記事なので眉唾ですが)。
現在知られている、生物群に分類できるかどうかは、本物が見つかって、捕まるまでのお楽しみですね。

Q瀬戸内海を中心とする人魚の伝承・伝説・民話

世界では多くの人魚の伝説などがありますが、日本には
無いのでしょうか?
瀬戸内海を中心とする人魚の伝説
などはありますか?

Aベストアンサー

日本の人魚伝説と言われて、すぐに、昔古典で読んだ、「八百比丘尼伝説」を思い出しました。場所は覚えていないので探したらありましたよ。

↓不老長寿伝説 八百比丘尼
http://www.town.ano.mie.jp/bunka/yaobikuni.htm

ところが、この「八百比丘尼伝説」は東北から九州まで50もの市町村にあるのだそうです。
↓八百比丘尼の サミットとオペラ
http://www.town.ano.mie.jp/bunka/opera.htm

面白く感じたので、日本の人魚についてもっと検索してみたら、次のサイトを見つけましたよ。

↓リンク集<人魚伝説>
http://www.kaidan.net/site/ningyo.htm
※怪談ねっと http://www.kaidan.net/ より

Q人魚姫

人魚姫は種類の違う動物の人間の王子様を好きになります。
魔女にたのんで、自分の美しい声と引き換えに人間にしてもらいます。
でも、王子様は人魚姫の気持ちに気づかずに、人魚姫とはちがう動物の人間の娘と結婚します。
王子様と結婚できないと、人魚姫は泡になって消えてしまいます。
それを心配した人魚姫のお姉さんたちは、魔女に頼んで自分たちの美しい髪と引き換えに剣をもらい、
人魚姫にわたして王子を殺すようにいいます。
人魚姫は王子を殺すことができなかったので、海に身投げをして天国へ行きます。

人魚姫は『罪』について書かれていると思うのです。
人魚姫は王子さまを独占しようとして、良心=美しい声と引き換えに人間になるという『悪魔との取引』を指しているのではないでしょうか。
お姉さんたちの美しい髪=良心、人魚姫と同じようにお姉さんたちも悪魔と取引をしてしまいます。
泡になった人魚姫を見て、お姉さんたちは喜んだんでしょうか。
王子様に恋をする人魚姫、これは階級制度に悩んだ上流階級の人々以外の人々の悲しみを描いているのではないかと思うのです。
悲しむお姉さんたちは人魚姫のように自殺してはいけないといっているのかなあと思ったのですが。

これは『不幸の連鎖』、大きく捉えると『食物連鎖』と同じではないでしょうか。
いろいろな解釈ができると思いますが、他にどんな捉え方ができるんでしょうか。
学校の宿題ではないです。ちょっと考えたら気になってしまったので、質問しています。

人魚姫は種類の違う動物の人間の王子様を好きになります。
魔女にたのんで、自分の美しい声と引き換えに人間にしてもらいます。
でも、王子様は人魚姫の気持ちに気づかずに、人魚姫とはちがう動物の人間の娘と結婚します。
王子様と結婚できないと、人魚姫は泡になって消えてしまいます。
それを心配した人魚姫のお姉さんたちは、魔女に頼んで自分たちの美しい髪と引き換えに剣をもらい、
人魚姫にわたして王子を殺すようにいいます。
人魚姫は王子を殺すことができなかったので、海に身投げをして天国へ行...続きを読む

Aベストアンサー

お邪魔します。
いろんな解釈があっておもしろいですね。
わたしは絵本を読んだぐらいで人魚姫の話は大まかなあらすじぐらいしか覚えてませんが参加させてください。

まずアンデルセンの人魚姫は横に置いといて(いきなりこれかいと怒らないでね)西洋の人魚について。
西洋では人魚はエッチな姿で船乗りを誘惑する魔女のように捕らえられてきました。そして美しい歌声で船をおびき寄せては沈没させる魔物です。(この辺は下半身鳥のセイレーンとごっちゃになってますが)

これを考慮しますと

1 人魚姫は王子様を誘惑、船を沈没させようとした。しかし失敗、逆に魔法返し?により自分が王子に誘惑される。
2 なぜ王子は助かったのか?死にそうになった瞬間、彼は「助けて神様」と叫んだと思われる。神が魔物に勝った瞬間である。
3 敵(人間)に捕まった仲間を助けるために姉様たちは髪をきる。これは髪を切ることで胸があらわになりお色け度UP=誘惑魔力のUP
4 しかし魔物は神に勝つことはできなかったのである。 
ああ、ロマンの欠片もない解釈ですみません。
アンデルセンはNo.#1さんのように失恋の痛手で書いたと思いますが、元になった話には宗教的な要素は含まれていたと思います。(上の解釈は全然別として)

ちなみにもうひとつ。
人魚は信仰や倫理をもたない魔物です。人魚が人間になるためには人間と結婚して魂を譲り受けるしかないともいわれています。

お邪魔します。
いろんな解釈があっておもしろいですね。
わたしは絵本を読んだぐらいで人魚姫の話は大まかなあらすじぐらいしか覚えてませんが参加させてください。

まずアンデルセンの人魚姫は横に置いといて(いきなりこれかいと怒らないでね)西洋の人魚について。
西洋では人魚はエッチな姿で船乗りを誘惑する魔女のように捕らえられてきました。そして美しい歌声で船をおびき寄せては沈没させる魔物です。(この辺は下半身鳥のセイレーンとごっちゃになってますが)

これを考慮しますと

1 人...続きを読む

Q人魚のモデルジュゴンについて

ジュゴンは人魚のモデルと言われていますが
どこをどうしたらあれが人魚に見えるんですか?
むしろまだイルカのほうが人魚っぽい気がするのですが・・・昔の人は目が悪かったのでしょうか?
それとも昔の人魚はジュゴンのように太かったのでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。

確かに、「あれが人魚・・・」と、私も思ってしまいました(苦笑)
通説としては、授乳をする時に、抱きかかえて授乳をする様が人間のように見えたので、人魚をイメージしたとありますが、実際にその授乳をするシーンは、未だ確認はされていないそうです。

でも、昔の日本の文献の人魚は、どちらかと言うとジュゴンっぽいですよ。何となくずんぐりむっくりだし・・・
http://www.ax.misty.ne.jp/~kinjo/tyousa089.htm

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1999news/02/images/053_01.jpg

西洋の人魚も、モザイク画などに出てくる古代の人魚は、どちらかと言うとずんぐりむっくりですしね。

実際にインド洋沖でタンカーが、親子揃って泳ぐジュゴンを水死体と間違った・・・と言う話もあるくらいですし、波間をゆったりと漂いながら、緩やかに親子揃って泳ぐ姿などは、確かに太目の人と勘違いしそうですね。
http://fenv.jp/20030331/project/dugong200005/fund.htm
イルカなどは背びれがあるから、人魚のイメージとしては、やはりなりにくかったのでしょうね。
人間のような質感と丸くて何も無い背中・・・そして、あたかも人間に似ているゆったりした仕草に、「海に住む人々」を連想したのではないかと思います。

ご参考になれば幸いです。

おはようございます。

確かに、「あれが人魚・・・」と、私も思ってしまいました(苦笑)
通説としては、授乳をする時に、抱きかかえて授乳をする様が人間のように見えたので、人魚をイメージしたとありますが、実際にその授乳をするシーンは、未だ確認はされていないそうです。

でも、昔の日本の文献の人魚は、どちらかと言うとジュゴンっぽいですよ。何となくずんぐりむっくりだし・・・
http://www.ax.misty.ne.jp/~kinjo/tyousa089.htm

http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1999news/02/images...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報