教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

トリチウム(三重水素)について電気分解をして、トリチウム(三重水素)単体にすれば、他の水素同様ガスとなり上空に登ります。そうすれば、地域経済への影響は最小限に抑えることができませんか?
実際、地球大気上層では宇宙線の影響により膨大な量のトリチウムが生成されていますし、トリチウムによる影響はなくなるのではないでしょうか?

gooドクター

A 回答 (11件中1~10件)

>それは水蒸気ですよね?


>水素そのものは反応しませんので水にならず、分子量が低すぎますので地球の小さな引力では拿捕できませんので、そのまま大気圏外へ抜けるのではないでしょうか?
 →成層圏で宇宙線と大気中元素との核反応で生成した天然トリチウムは,対流圏へ移行し,もっぱら雨として地表に降下する。
 2次宇宙線と大気成分との核反応で生成したトリチウムは大気中で安定な化学形にすみやかに変化する。大気中には水素,炭化水素,水蒸気などの化学形のトリチウムが存在しているが,核反応で生成したトリチウムの大部分は酸化物(トリチウム水)になると考えられている。
 だそうです。九大の研究論文からの引用ですけどね。
    • good
    • 0

新型コロナの治療薬が造れないか探る必要があると思います。

海洋に流すより、これらの研究を行うべきです。
    • good
    • 0

> そういった、余剰電力を使えば良くないでしょうか?



そもそも九州の余剰電力を福島に回す為には、電気の基幹系統にノイズばりばりのソーラー電力を流さなきゃいけないじゃない。

そして、その余剰電力で一日何トンの水を電気分解できるか計算してみた?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どのくらいになりますでしょうか?

お礼日時:2021/04/22 00:47

トカマク型核融合炉で燃やせば


https://www.qst.go.jp/site/press/40480.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も資源としてのアイデアには賛成です。ただ、分離して保管しようという話はアイデアとしても聞きませんね。12年が半減期ですので夢の核融合炉が完成する頃には普通の水になっているかも知れませんね。

お礼日時:2021/04/22 00:23

やってやれなくはないがやる意味がない、むしろ逆効果です。



長い時間をかければ軽い水素ガスは上空に上がっていくはずですが、拡散や対流の効果は無視できません。というか短い時間スケールではそっちのほうが主です。

単純に軽い分子が上に行くなら、逆に比重1.5ある二酸化炭素は下に落ちて然るべきですが、二酸化炭素は地表付近にだけあるわけじゃありません。上空にもかなりの濃度で検出されます。

以下の資料は、海洋に放出した場合と、水蒸気のかたちで大気中に放出した場合を比較しています。人間の被ばく量は大気放出のほうがはるかに大きくなります。水素ガスとして放出してもこれと大差ないものと予想されます。
https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>水素ガスとして放出してもこれと大差ないものと予想されます。
これは流石にありえないのではないでしょうか?
良いデータが見つからないので私の予想にしか成りませんが、
空気の平均分子量(29)、水蒸気(18)、二酸化炭素(44)。
一方、トリチウム(3)と空気と比べて分子量が一桁違います。
水蒸気とは全く比較ができないかと思いますがいかがでしょうか?
イメージとしては拡散もあるだろうけれど、水中で発生した泡のように空気中を漂うことなく上へ勢いよく上がるのではないでしょうか?

水素のデータが欲しかったのですが見つからず、CO2についてはデータがありました(https://www.nies.go.jp/whatsnew/2013/20130121/20 … )が、地表付近のほうが遥かに高濃度になっています。これと逆のことが水素の場合起こると予想しています。

また、水素は水蒸気と異なりそもそも、動植物は水素を取り込むことができませんので、食物連鎖に入り込まないなど事実上無視できるかと思うのです。
水蒸気であれば吸い込めば一定程度は人体に取り込むでしょうが、水に溶けない水素(トリチウム)は体に入ることなく、窒素ガスのようにほとんどそのまま外に排出されるイメージです。
例えば、トリチウム入の水(水蒸気)が体に入れば、人体の様々な器官に行き、血肉になれば数年は体に残ると思います。動植物でも同様でタンパク質の水素分子にでもなってしまえば、人体に取り込まれる可能性が上がります。しかし、水素の場合、肺に入っている時間は数秒程度で排出されるため事実上リスクが無視できると思うわけです。また、水に溶けないため海洋生物には影響がないと考えられるかと。

お礼日時:2021/04/22 00:16

>水素というのは水の素と書きますが、水蒸気とは全くの別物です。

そのため上空で冷却されても大地には戻らないでしょう。

 そうですか? 実際問題地球に降り注ぐ宇宙線が大気と衝突することで膨大なトリチウムが発生し、そのうち対流圏にある1/3が雨となって下降してくると聞いています。であるならば大気中に放出された水素が同じようにトリチウム水となって下降してくることは十分考えられると思うんですが、どうなんでしょう。
 それに水素放出案は2013年からのALPS委員会の中で、前処理やスケール拡大の中で研究開発が必要、技術的成立性が低いということでポシャッたと思ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは水蒸気ですよね?
水素そのものは反応しませんので水にならず、分子量が低すぎますので地球の小さな引力では拿捕できませんので、そのまま大気圏外へ抜けるのではないでしょうか?

技術的な成立性についてはNo7さんのURLを見ると爆発がリスクだそうです。現代では水素社会のため当時よりも格段に水素生成技術は進んでいますのでおそらく解決しているかと思います。もし、解決ができていないのであれば、海外では余剰電力を電気分解をして水素を貯める設備がすでに実用化していますのでそういった先進事例から学べばよいかと思います。

お礼日時:2021/04/22 00:20

一旦上空に上っても雨になって大地に戻ってくるだけで。

中韓からの「海に流すなー」が「空気を汚すなー」にかわるだけ。漁業者は救われるかもしれないけれど、拡散度合いからいったら日本中の農畜産業から文句が出そうだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水素というのは水の素と書きますが、水蒸気とは全くの別物です。そのため上空で冷却されても大地には戻らないでしょう。

水というのは水素と酸素からできています。水素の同位体がトリチウムです。化学的には水素とほぼ同じだと考えていただいて大丈夫です。
そして水素は軽いため放出すると上空へと登ります。また、水素は水に溶けないですので雨となって大地には落ちないでしょう。雨雲の発生する場所よりも上空へ登ることで雨になって地上に落ちることもないかと。もっと言えば、そういった上空では宇宙放射線により常に放射線濃度が高い場所ですので常に放射性物質が生成されている場所でもあります。大気が汚れるといっても放射線の多い大気にわずかに加えるだけですので誤差のうちかと思います。
韓国は知りませんが中国は水素放出について言及していましたね。ちなみに昔は経産省も言っていましたが続報が分からず気になっています。

お礼日時:2021/04/21 12:27

出来るかもしれませんが、膨大な


費用がかかりそうですね。
それは電気料金に跳ね返りませんか。


そもそも、トリチウムは自然界にも
存在します。

今回の排出は自然界の濃度よりも薄い
のです。

だから、問題無いと思います。

そもそもですが、同じ事は世界中
やっているわけです。

日本は一年前に、世界に説明しており
何の異論もありませんでした。

今更どうのこうの言われる筋合いは
無いのです。

しかも、中韓に至っては、日本より濃い
トリチウムを排出しているのですから
文句を言う資格など皆無です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

資格があるところが言っているのでしょう。しっかりとその資格を研究してらいいと思いますwきっと興味深い話がどんどん出てくることでしょう。中韓にも将来的にはこの様な方法で処分をしてもらうことを目指してもらうべきかと思います。言っていないところは自国で汚染問題を抱えてたりしますしね・・・

電気代については余剰電力、例えばソーラーなどは余剰電力をしてている状態です。こういったものの活用もいいかと思います。また、効率よく水素を発生させることはこれからの水素社会では必要になるでしょう、こういた分野への投資がすすめば、経済活性化と同時に原発の処理も進みよいかと思います。また、将来融合炉ができても汚染水の問題は発生しますのでそのための処理方法への投資にも役立つかと。

お礼日時:2021/04/21 12:19

電気分解するのに原発何基稼働しなきゃなんないのか???

    • good
    • 1
この回答へのお礼

原発ではなくソーラーの余剰で良くないですか?九州などではソーラーの発電電力が捨てられている状況です。また、これからの水素社会、余剰電力が余っている状態です。そういった余剰電力で水素製造を行えば将来的に原発不要の社会になるかと。そのための投資として考えてもよいかと。

お礼日時:2021/04/21 12:15

その電気分解のエネルギーどこから供給するの?



水 1 L から発生する水素分子の量は以下の通り
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/questio …

水を電気分解する為のコスト以下の通り
https://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/energ …

処理水の貯蔵量は以下の通り
https://www.tepco.co.jp/decommission/progress/wa …

上記の情報から計算できるでしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

九州などでは再エネ、特にソーラーの発電量多すぎてそれを幹線に流すと周波数が崩れて困る、そのため、一時的に電気を捨てている状況と聞きます。そういった、余剰電力を使えば良くないでしょうか?

お礼日時:2021/04/21 12:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング