【初月無料キャンペーン中】gooドクター

日本語を勉強中の中国人です。「峠」という日本の国字についてお伺いいたします。境目と頂きと2つの意味があるようですが、字形(山、上、下)からどのようにその意味を正確に理解するのでしょうか。ひとつはまだ最高点という意味ではなく、境目ということで、もうひとつは最高点で、少し矛盾するように感じました。

「とうげ。山道をのぼりつめて、そこから下りになる所。上りと下りと境目。
勢いが最も盛んな時。物事の絶頂。」

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • みなさん、親切なご回答、ありがとうございます。峠と頂きは違う場所を指すのでしょうか。すみません、No.7まで拝見いたしましたが、まだよくわかりません。

      補足日時:2021/06/04 17:10
gooドクター

A 回答 (9件)

>もう1つ頂点の意味としての「峠」があるのですが、



ですから、
それは峠道(とうげみち)の一番高い地点(頂点)であって、
峠の頂点までは上りの坂道、頂点を過ぎると下りの坂道です。

ものごとの「峠を越す」とか「今夜が峠」などと言いますが、
峠道の頂点にたとえたものです。


>それは「山頂」と同じ意味になるのでしょうか。

峠道の頂点は、その付近の山岳の最高標高地点(山頂)とい
うことではありません。
山越えルートは山麓や山腹の、なるべく勾配の緩いルートを
通ります。わざわざ山頂を通る険しいルートは通りません


参考地図(GoogleMap):
 栃木県の日光・中禅寺湖から、群馬県の沼田方面へ通じる
「金精峠」付近。国道120号・日本ロマンチック街道の一部。
https://goo.gl/maps/6ZGsmLvWfoeb7nnD6

「金精峠(2024m)」は国道120号のその付近の最高地点。
「金精山(2244m)」と「温泉ヶ岳(2333m」の間の最も
低い地点です。峠道の頂上ですが、山の頂上ではありません。

※現在は峠の地下を「金精トンネル」が真っすぐ貫いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご丁寧に教えていただき誠にありがとうございました。理解できるようになりました。助かりました。

みなさん、もう一度拝見いたしました。理解できました。心から感謝いたします。

お礼日時:2021/06/07 21:05

>峠と頂きは違う場所を指すのでしょうか。



ちょうど良い絵がありました。
https://images.app.goo.gl/fHea1Xn2pPZQyPpq6

峠道は、左と右のピーク(山頂)の間の低い部分(鞍部)を通っています。
その峠道の最高地点、上り坂と下り坂の境目が峠です。

山の向こうへ行くとき、低いところを通る道があるのにわざわざ山頂を通って行きたいという人はいません(山頂制覇が目的でない限り)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。境目という意味の「峠」は理解できました。もう1つ頂点の意味としての「峠」があるのですが、それは「山頂」と同じ意味になるのでしょうか。

お礼日時:2021/06/07 14:53

山があって其処を越えなければ向う側に行けません。

山の一番低そうなところを通って越える道があります。それを峠道と言います。これは陸地なら世界のどこにでもあります。上海市内には当然無いようですが、少しでも高いところを通れば、上り下りの坂道はあるでしょう。中国でも奥地にゆけば目のくらむような峠道があります。揚子江の上流に行けば、世界的に有名な峠道があります。
    • good
    • 1

峠 上り下りの道のあるところ。


 ついでに言えば「裃」(かみしも)上下が分かれている衣服。洋服なら普通だが、昔の和服ではなかった。
    • good
    • 0

峠には旅行者や荷車が行き来しますから、標高が低い方が楽なので、峠道は鞍部(あんぶ、山の間のくぼんだ所)を通過しています。

    • good
    • 1

「峠」は、山を越える「道路の最高標高地点」を言います。

山の最高標高地点(山頂)ではありません。
峠までは「上り坂」、峠から先は「下り坂」。逆方向も同じです。

参考までに。信濃国(長野県)と上野国(群馬県)の国境を越える中山道(国道18号)の碓氷峠。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%93%E6%B0%B7 …

この峠は標高960メートルです。ここが国境(県境)であり、峠の最高標高地点でもあります。道路の両脇の山は1000メートル以上あります。
    • good
    • 1

矛盾しているようには感じません。



山の尾根などを横切るような形で作られた道の「最高点」を峠と言うことについては問題ないでしょうか?

「最高点」に達する前は登ってきているしその後は降っている、局面や行為の変化がその場所で起きるわけですから「最高点」=「境目」で矛盾しません。
    • good
    • 1

峠は登山道で山頂へ登るんではなく、一般の人が通って


山の向うへ行くときの、その道の最高点のことです。
そこまで上ってきて、峠から下りになる境目(分岐点)でも
あるんです。
最高点と境目は、矛盾しません
「「峠」について」の回答画像2
    • good
    • 1

峠には、上りと下りがある。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング